こんばんは^^朝から真冬に舞い戻ったかのような寒い一日となったここ鹿嶋地方です。明日も引き続き寒いようなので、体を冷やさないように注意したいですね。


さて、「3月のニュースレターは寝汗です」ということですが、今回のニュースレターは寝汗特集です。漢方の世界では寝汗は盗汗といい、健康にとってリスクのある汗をことをいいます。具体的には寝起きに倦怠感や不安感、頭痛などを伴い、汗がべたべたとした不快なもので、臭いもきついという特徴があります。

誰でも寝入りばなや興奮するような夢をみた時には汗をかくものですが、この汗は健康な人でもかく自然なもので盗汗とはいいません。また、風邪を引いている時や一時的に心身の緊張や疲れを伴う時などにも寝汗をかきますが、こちらも一時的であれば問題ありません。

異常な寝汗が出るということは、精神的にアンバランスになっている時や、体力が低下している時、ストレスや老化などによって体の冷却液が不足している時、飲みすぎ・食べ過ぎなどによる影響や、結核やバセドウ氏病、更年期障害などが原因のことが多いです。

このように異常な寝汗は体の状態がアンバランスになっていることが多いので、初期のうちに自らの生活を見直して改善しなければなりません。異常すぎる汗の量+倦怠感が伴う場合には深刻な病気の可能性もあるので、なるべく早く精密検査を受ける必要があります。


深刻な場合を除き、体のバランスが崩れたことによって生じる寝汗は生活習慣の見直しと漢方薬で改善することができるので、お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





1488190852xxx090.jpg
こんばんは^^今日は湿度が高くちょっと気持ちの悪い一日となりました。が、春三番の強風は吹き荒れることはなかったので、その点では助かりました。


さて、「糖尿病と睡眠の関係性」ということですが、昨日のためしてガッテンみました?NHKの健康番組ですが、その内容で「 最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎」という放送がされていました。

最新報告!血糖値を下げるデルタパワーの謎

番組によると、なんと睡眠薬を用いることで血糖値を下げることができるということです。以前から睡眠と血糖値には深い関連性があるとされてきましたが、それが科学的に証明されたということでしょうか。

興味のある方はHPをご覧になってみて下さいませ。





こんばんは^^朝からとても気持ちのいい天気となったここ鹿嶋地方です。何となく一歩一歩春に近づいているような陽気になってきていますよね。


さて、「化学物質過敏症という病について」ということですが、皆さんこの病気についてご存知ですか?数年前よりニュースなどに取り上げられることが増えたので知っている方が多いかと思いますが、まだまだ知らない人の方が多いのではないでしょうか。

まずこちらをご覧ください
他人の服に残る柔軟剤は「毒ガスの苦しみ」 理解されない化学物質過敏症の患者

化学物質過敏症の原因はよく分かっていません。症状は自律神経系を始め、アレルギーや呼吸器系、消化器系、循環器系、免役系、生殖器系など多岐に渡ります。

ご紹介した記事で話題になっているのが柔軟剤です。現代では流行しているということもあり、柔軟剤で香水のような香りのものが数多く出回っており、使用している人も多いという現状があります。

一方で、スメルハラスメントという言葉が生まれ、体臭はもちろん、柔軟剤や香水の匂いに対して否定的な声が多く聞こえられています。

現代はツイッタ-などの文化が浸透してきており、個人の意見が尊重されるようになりました。それにより、住みにくくなったのか住みやすくなったのか分かりませんが、様々な細かい点が話し合われ是正されるという風潮があります。これに対しては否定も肯定もしませんが、皆が住みやすい社会になれば問題ないと思ってます。

話を化学物質過敏症に戻します。まず柔軟剤に限って言えば、嫌な人もいるということならば規制してもいいのではないかと思います。特に匂わせなければならない理由もないですし、世の中のメリットデメリットを考えると、困っている人がいる以上使用しない方がいいに決まってます。

世の中全ての臭いを規制することはできないと思いますが、出来ることから始めるということは重要な事だと思います。


漢方薬にて化学物質過敏症を治して欲しいという接客をしたことがないので分かりませんが、敏感になりすぎていることが要因のように感じられるので、神経の高ぶりを抑制する抑肝散や柴胡加竜骨牡蠣湯などを使いつつ、陰虚や腎精不足などがあれば保水力や腎性を高めるものを追加していくというような方法がいいのかな…と考えます。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




1487755453vsvb666.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ