こんばんは^^朝からジメジメとザ・梅雨という天候となっているここ鹿嶋地方です。こんな梅雨空が続いてますが、今週末は猛暑となる予報が出ているのでちょっと身構える必要がありそうです。


さて、「子どもの頃に脳の劣勢を決めるのは時期尚早」ということですが、子どもの脳機能の障害として広汎性発達障害やADHD、学習障害があります。今は障害を持っている子供を早期に選り分け治療を開始するというのが医学や教育の世界でスタンダートとなっているようです。

このような傾向は病気の改善及び、教育環境の正常化などにメリットとなる反面、子どもの可能性を失わせてしまうというデメリットも持ち合わせています。

メリットとしては薬を飲ませることや教室を分けることにより、学校教育や家庭での苦労が軽減されることや、本人の病気の進行及び不快症状(落ち着かないなど)の軽減に役立つこと、本人に合った教育プログラム、生活環境を保持しやすいことなどが挙げられます。

逆にデメリットとしてあるのが、本人の可能性を消失させてしまう恐れがあるということです。子どもの脳は成長過程であり、その成長のスピードは個々で異なります。当然、精神的にアンバランスになったり、興奮度が強くなる、落ち着かない、集中できないなどの状況が作り出されることがあります。これらは脳の異常ではなく、成長過程であるということが要因であることも多々あることから、その段階で「発達障害」という病名を宣告されてしまうと、「自分は病気なんだ」「他の人と違うんだ」という劣等感を抱かせてしまうこととなるので、将来の可能性を著しく抑制させてしまうことになりかねません。

よって、明らか障害がある場合を除き、なるべくクラス分けや薬は使わずに様子を見てあげるというスタンスが必要なんじゃないかと個人的に思っています。

なぜこのようなことを書いたのかというと、自分が子供の頃に明らかに多動で落ち着かな子がいたのですが、25歳の時に偶然再会した時に全く普通の社会人になっていたという経験があるからです。もちろん、このような経験は一例だけではなく何例も見てきています。

私の経験だけでは例が少なすぎるので、当然、子どもの発達障害全てに対して今の方法が間違っているということではありません。なので、今後は大規模な追跡調査を国にして頂き、今後の指針を作って頂き、より本人が活躍できる社会になって欲しいと思っています。







ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





149864441tet6226.jpg





こんばんは^^朝からジメジメとした不快な感じとなっているここ鹿嶋地方です。肌がべとつくのが何とも言えないくらい嫌ですね。。


さて、「出血、痛み、異臭」ということですが、この3つの症状何だかわかります?これはガンの主な症状になります。ガンは正常な細胞が変化してガン化し、次第に大きくなる過程で出血、痛み、異臭が出やすくなります。

まず出血ですが、ガンは言って見れば死肉です。肉が腐った状態のもので、しかもその死肉が血液を吸って巨大化していきます。腐った肉が血を吸えば当然漏れ出しやすくなるので、大腸がんであれば下血、胃ガンなどでは吐血、下血、肺がんでは血痰、子宮では不正出血などが生じやすくなります。

次に痛みです。こわはガン細胞が神経を圧迫又は刺激するので痛みが生じます。組織内にがんが留まっている場合には痛みが生じないケースが多いのですが、リンパや他の組織に広がると痛みが出やすくなります。消化管内でも痛みが出にくい傾向がありますが、飲食物の通過障害などが生じるとイレウスなどが発生して痛みが生じます。

最後に異臭です。出血の時にも書きましたがガンは肉が腐ったものなので異臭がします。胃ガンだとゲップが腐敗臭になったり、大腸がんだと便臭が異常なくらい臭くなります。子宮系のガンでも異臭のするおりものが出るなどの変化があります。その他、全ての末期がんでは独特の体臭がするようになるといわれています。

その他、デルマドロームなどの皮膚疾患(原因不明の湿疹や黒ずみ)もガンのサインとしてよく知られています。

これら症状は全てのガン患者に見られる訳ではなく、全く無症状の方もいれば、如実に出る方もいます。共通するのが、末期になるほど特有の症状が出やすく、初期ほど何も出ないという傾向があります。


ちょっとした腹痛で「ガンかも…」と怖がる必要性はありませんが、いくつか症状が重なるといった場合には、速やかに専門の病院にて検査を行う必要があります。ガンは初期ほど治癒する確率が高くなります。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」



1498472207fwe357.jpg
写真の中に生き物がいます。分かりますか?


こんばんは^^今日は朝からとてもいい天気になりましたね。とはいっても、今後は崩れて日曜日は雨という予報が出ています。なぜ日曜が…という気分になりますね。


さて、「胃腸が弱い方の貧血症状の改善」ということですが、貧血がなかなか治らないという方いませんか?もしかしたらその原因は胃腸にあるかもしれません。

胃腸が弱い方の貧血の原因は、ズバリ「食事からの栄養吸収不足」です。血液は食事から得られる鉄やタンパク質が材料になりますが、胃腸が弱いとその材料が不足してしまうことや、分裂を促すビタミンの吸収、生成が低下してしまいます。

よって、改善法は鉄剤を一生懸命補うよりも、胃腸の働きを向上させるということに重きを置く必要があります。なぜなら、胃腸の機能が低下している場合、いくら鉄剤を補っても吸収されないので貧血が改善されないことや、血液以外の栄養物質も同時に不足していることが考えられるので、体全体の栄養状態、健康状態を改善するということに繋がるからです。

鉄だけを補うという行為は正に木だけを見て森を見ずという状態なのです。

・胃もたれしやすい
・沢山食べると具合が悪くなる
・冷たい物を摂ると胃もたれする、下痢をする
・肉や卵、乳製品が苦手
・体の調子がいつもアンバランス
・下痢や便秘が多い
・お腹が空かない時が多い
などがある方は、胃腸が弱い傾向があるので注意が必要です。

胃腸の機能が低下している理由は先天的な体質が多く、次にストレスによるもの、飲食の不摂生によるもの、心身の疲れ、老化や小児といった順に多くなります。

基本的にはその理由によって違いますが、胃腸の機能が低下してそこに貧血があるという場合には
・心脾顆粒
・加味帰脾湯
・ニンジンヨウエイトウ
・十全大補湯
などを用いることが多くなります。もちろん、体質やその時の状態によって異なりますのでこれが全てではありません。


もし、胃腸が弱く、それに伴う不快症状で悩んでいる…というのであれば、一度漢方療法を試してみては如何でしょうか。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




1498211rr265969.jpg
大量のタマネギが届きました!これはありがたい。





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ