FC2ブログ
Category : 漢方
こんばんは^^朝からとても暖かい陽気となりましたここ鹿嶋地方です。春を通り越して夏になっちゃはないかちょっと不安になるほどの気温でしたね…。


さて、「ブログの更新に積極的じゃなくなった理由」ということですが、最近(去年の秋くらいから)、ブログを更新するのがおっくうになっています。以前はよほど何か都合が悪くない限りほぼ毎日更新していたのですが、このところめっきりそのやる気がなくなってしまいました。

その理由が「グーグル先生」です。

そう皆さんが知ってる大手IT企業、検索で利用しているGoogle先生です。

私のブログ更新と何の関係が?ということですが、我々薬局がブログを書く理由は一つです。そう「集客の為」です。それ以外ありません。もちろん、既存のお客様のため、漢方を知らない人のために広げたい、困っている人を助けたいというのもありますが、それも集客に入ります。

この集客の為にブログを書いている訳ですが、集客に繋げるためにはグーグル先生に「検索上位」で拾って頂かなくてはなりません。例えば「腹痛 原因 漢方」と検索した時に少なくとも3ページ以内に入らないと誰の目にもそのブログあるいはHPは入らないといっても過言ではありません。目に入らなければ集客に繋がらないということになります。

なのでグーグル先生に検索上位にしてもらうというのが大前提なのです。

ちょっと前までは当ブログ、お蔭様ですが漢方関係の検索でかなり上位に来ていたのですが、あの事件以降全く拾ってもらえなくなってしまったのです。

あの事件とは…

そう健康、医療関係の「フェイクニュース」事件です。

ニュースサイトが意味不明で全く根拠のない記事を上げていたことが大問題になりましたよね。それによってグーグル先生も信頼度の低い健康、医療系の記事を取り上げなくなったのです。

その中には訳の分からないサプリメントや化粧品、健康器具も含まれていました。そして我々個人店も一緒にされてしまったのです。

もちろんSEO対策などを専門家に依頼している場合などは今でも検索上位に掲載されていますが、お金をかけていない、しかも信頼度の低いとされる個人店のブログやHPは、訳のわからないサプリメントアフィリエイトサイトと同様の扱いとなり検索上位には浮かび上がることはできません。

ちょっと理不尽ですよね。

ちょっと理不尽ですよね。

大事なので2回言ってみました。

一生懸命書いてるのに涙。。


まー、訳の分からない情報サイトが増えすぎたのでそれを守るための措置なので仕方ないのかな…と思っています。けどやる気は湧きませんね。だって書いても評価してもらえないから。

とはいえ、楽しみに閲覧して下さる方がいらっしゃるのも確かです。本当にありがたい話です。なのでなるべく有意義な記事を今後も書いていきたいと思っています。

ということで少しずつアクセルを踏んで行こうかな。グーグル先生を見返し、SEO対策なしでも検索上位になるように頑張ってみようかなとも思っています。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
こんばんは^^朝からザ、小春日和といった素晴らしい陽気となりましたここ鹿嶋地方です。春の訪れは本当に素晴らしいものですね!


さて、「アレルギーと風邪の併発」ということですが、ここにきてまた風邪が流行してますね。流行っているのが胃腸風邪と恐らく細菌性の風邪です。

これに伴いスギ花粉によるアレルギーも過渡期を迎えています。そして、この花粉症と風邪を併発しているという人も…。

この場合、鼻炎や咽頭痛、リンパの痛み、だるさがひどくなり、症状が治まったと思っても今度は咳や後鼻漏に悩まされる…といったことが多く、不快な症状が強く出て、しかも治りにくいという状況が作り出されます。

特に鼻炎の症状が憎悪して鼻のかみすぎで鼻の下が赤くなる、鼻の穴が切れるなどの事態に発展することも。

対策としてはきちんと病院で治療すること。そして補佐として漢方薬などを症状緩和に役立てることです。漢方薬はギンギョウサンや柴胡桂枝湯、小柴胡湯、葛根湯加川弓辛イ、荊芥連翹湯などその人体質、症状に合ったものが適応になります。

それ以外にも
・寝る前にマウスウォッシュで喉を洗ってから眠る
・板藍茶で口内、咽頭部を殺菌
・スカーフなどで首を温める
・過労や睡眠不足はしない
・体を冷やさない
・消化が良くバランスの取れた食事をする
・花粉への暴露を減らす
なども大事になります。

とにかく花粉症の方は風邪は絶対にひかない!という気合が必要になります。以上を徹底していればその精度は確実に増します。


冒頭にも申し上げたとおり、春は本当に素晴らしくおめでたいシーズンですが、花粉症をお持ちの方は逆に辛い季節になってしまいます。花粉症は体質によって発生するのでどうしようもない…という側面もありますが、工夫次第で軽快することもあります。その工夫には漢方療法、生活習慣の改善もあります。みやわきではそれを提案できますのでぜひご相談下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_3013.jpg
こんばんは^^朝からちょっと風が冷たく感じる一日でした。春は日によって気温差がありますので衣服などで調整して自分自身を守る必要があります。


さて、「漢方薬の処方は千差万別」ということですが、皆さん漢方薬はどこで入手されてますか?今は病院や薬局、通販など様々な入手方法があります。

それぞれ、病院の先生、薬局の店員、通販の相談員などに相談し、それによって自分自身の症状や体質に合ったものを処方してもらうというのがほとんどだと思います。

通常、薬というと同じ症状であればどの病院、薬局であってもさほど違いはありませんが、漢方薬となるとタイトルにある通り「千差万別」となります。

その先生の考え方、捉え方によって大きく異なります。また、勉強してきた内容、流派、専門かどうかなどによっても異なります。

今日も面白いことがあり、同一の症状で2つの病院と当店とにかかりそれぞれ漢方薬を処方してもらったというお客様がいらっしゃいました。

まず当店からは
・桂枝加竜骨牡蠣湯+玄武顆粒(田七、プラセンタ、紅参、杜仲などが配合)

病院Aからは
・抑肝散

病院Bからは
・十全大補湯


それぞれ処方されました。

面白くないですか?同じ訴えなのにこの違い。


何が正しくて何が間違っているかは誰も分かりません。患者さんは本当に困惑すると思います。

これに対する当店の答えも分かりません(笑)

がしかし、これが漢方の特徴なのです。一番大事なのは「見立て」何が原因なのかを見抜き、見合った漢方薬をおすすめすること。それができればどんな流派でもいいのです。

見合った漢方をおすすめできるかどうかは普段より何が原因なんだろう→どのくらいで治るのだろう→漢方処方が適当なのだろうか?→適当なら処方決定→効果の有無→処方の見直し→まとめて次回に生かす

ということがしっかり出来ているかどうかです。これが出来ていて、精度(治癒の割合)が向上していっているのであれば問題ありません。

それは患者自身でも確認することができます。見極める点はちゃんと真剣に考えてくれているかどうか、そして改善の道筋を提示しているか、改善しているかどうかです。

ぜひ参考にして下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_29bnfg89.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ







FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ