Category : 健康
こんばんは^^朝のうちは涼しかったものの、午後から急にムシムシと暑くなってきたここ鹿嶋地方です。明日は先週の土日同様に暑い日が戻ってくるようなので、しっかり暑さ対策をする必要がありそうです。


さて、「本屋に行かずに本を読めるって本当に素晴らしい」ということですが、今更何言っちゃってるの?なんていわないで下さいね。

最近つくづく感じるのです。本屋さんに行かずに、しかも読んだ方のレビューやある程度の内容が分かる、本のネット販売や電子書籍の素晴らしさを。

だって、昔は本屋さんに行き、ある程度立ち読みして「何となく面白そうだな」と思ったものや、巷で話題になっているもの、ベストセラーになっているものを何となく買って読むという程度しか手段がなかったので、失礼ですがあまり面白くないものをチョイスしてしまうことが多々あり、それにより本から遠ざかってしまうということが何度もありました。

それに比べて今はネットでゆっくりと本を選ぶことができます。しかも、レビューが丁寧なのである程度面白さや内容が分かるので外れを引くことがまずありません。

パジャマに着替えて寝る体制に入ってからでも購入して読むことができる幸せッタらありません。

本を読むと言葉のボキャブラリーが増えますし、
・創造性が豊かになる
・語彙力アップ
・集中力アップ
・感受性アップ
・文章力アップ
・コミュニケーション能力アップ
・ストレス解消
・認知症予防
・思想形成に役立つ
・多角的思考の確率
など、様々な効果が得られます。

とにかく、良質な本を読むとその世界に完全に入り込むことにより、脳が一時的に活性化するのが分かります。恐らくβエンドルフィンが大量に分泌されています。自分が経験することなく、その経験が出来てしまうのです。こんな素晴らしいことはありません。


スマホで読むのはちょっとしんどいですが、タブレットを買いamazonにクレジットカードを登録し、キンドルをダウンロードするだけでOKです。もちろん、リアルな世界を一生懸命生きるのがモットーですが、たまには本の世界に没頭するのもいいことだと思います。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_083vnth2.jpg
こんばんは^^今日はずっと曇りで寒い一日となりました。明日はもっと寒くなるようなので、今夜は十分温かくしてお休みくださいね。


さて、「子供は外で遊ぶもの」ということですが、皆さんの子どもさんは外で遊んでいますか?

現代の子どもにはアレルギーや低体温という症状が増えていますが、その原因の一つとして外遊びの減少が関係しています。何故かというと、人の免疫や皮膚の強弱は少々時代の過ごし方で半分くらいが決まってしまうのです。

幼少時期というのは心身が成長する時期です。もちろん免疫細胞や皮膚細胞も成長しています。その時期に温室でぬくぬくと育った場合と、気温の変化、天候の変化、雑菌などが大量にいる場所に触れて育ったのでは、どちらが強靭な体に成長できるか即想像できるかと思います。

答えはもちろん後者です。

例えば、定期的に対外試合を行っているサッカー部と、いつも身内だけでミニゲームをやっているチームとでは、いざ本大会での実力が段違いになることを想像してもらえば容易に理解出来ると思います。

ヒトの免疫や体力、脳のストレス耐性、内臓など、全ての器官が度重なるストレス刺激によって強くなっていくのです。これは現代の若者を見ればよく分かります。今まで「怒られる」というストレスを感じたことがないゆとり世代は、上司に一度だけ叱られただけですぐにやめてしまうという事例が数多くあります。

体罰は悪いのは当たり前ですが、今の学校では「怒ること」さえもNGとしている風潮があるようです。私は親ですが、むしろ悪いことをしたらしっかり叱ってもらい、悪いといいうことを認識するという教育と、ストレス耐性を高めて頂きたいと思っています。もちろん我が家では悪いことをしたらこれでもかという程叱ります。

ということでちょっと道を外れましたが、子供は外で泥だらけになって遊ぶことにより大人になってからの慢性病を予防することが出来ます。全ては子供のためなので、部屋にこもってゲームばかりさせずに、毎日外で遊びつつ、喜怒哀楽を明確にしストレス耐性を高めるということをしてみては如何でしょうか。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_fdfbbe0665.jpg
こんばんは^^寒さになれたつもりでいたのですが、やっぱり外に出ると寒いですね。あっつい風呂が待ち遠しく感じます。


さて、「吹き出物やニキビの正体」ということですが、皆さん悩まされていませんか?

ニキビってなんで出来るのですか?という質問をよく受けるのですが、答えは簡単肌表面から脂質の分泌が高まるからです。

そしてその脂質が空気に触れて酸化(腐る)します。

酸化すると細菌のエサになり患部に細菌が増殖します。

その細菌に免疫細胞が集まってきて炎症が引き起こされます。

以上がニキビのメカニズムです。


ではなぜ脂質の分泌が亢進するのでしょうか。

答えはホルモンの過剰です。

皮脂を増やすホルモンとしてあるのが
・男性ホルモン(主にあごの周辺に出来やすい)
・黄体ホルモン(女性の高温期に分泌が高まる・頬やおでこに出来やすい)

これらホルモンの分泌が高まる原因は
・ストレス(ストレスは男性ホルモン分泌を亢進させる)
・乳製品や動物性タンパク質、脂質、甘いものの食べ過ぎ(エネルギー過剰となりホルモンの生成が高まる)
・運動負荷(男性ホルモン分泌を高める)
・睡眠不足、不規則な生活(炎症を抑制させるホルモンの分泌が低下する)
・腸内環境悪化(免疫の攻撃性が高まる)

などによります。高齢の方や幼児にニキビがないということを踏まえると、ニキビが出る根本原因はほぼ「エネルギーの過剰」が原因となって出ると考えられます。

これを踏まえて考えると、運動をしている大食漢の男子学生が一番ニキビが出やすいのが頷けます。


改善法としては原因の逆をするようにします。
・ストレスフリー
・筋トレはほどほどに
・動物性タンパク質は少な目にして緑黄色野菜をたっぷりと
・睡眠は嫌という程たっぷりと
・便秘や下痢を改善する
・バランスの取れた手作りの食生活を送る
・ジャンクフードなどは控えめに
・甘い清涼飲料水は×

漢方薬では皮脂の分泌を抑制する
・サイコカリュウコツボレイトウ
・清上防風湯
・荊芥連翹湯
・竜胆瀉肝湯
・排膿散及湯
・抑肝散加陳皮半夏
・因チンコウ湯
・加味逍遥散
・小柴胡湯
・ヨクイニン
・防已黄耆湯
・五涼華
・五行草茶
などの中からその方に合ったものを選ぶことが多くなります。


お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_06ew32.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ