Archive
こんにちは^^毎日不安定な天候が続いてますね。 本日ここ鹿嶋市で花火大会が行われるはずだったのですが、天候不順の為明日順延になってしまいました。(今日暇になってしまった・・・)


ということで「夏の肩こり」と言う事ですが、夏に限って肩が凝るといった方いませんか!?多分結構そういった訴えの方多いと思うのですが、夏に肩が凝りやすくなる理由について、簡単に書いていきたいと思います。


漢方の世界では、肩こりなどの「凝り」や「痛み」は肝鬱やオ血、痰オ、血虚、陰虚といって血管収縮、血液の濃縮、余計な水分、血流の不足などが原因となって引き起こされているものと考えます。


その中で夏限定で悪化するものといえば、『陰虚、血虚』という症状です。


夏は過剰な水分発散、エネルギーの消耗、胃腸の弱りなどが起きやすくなり、それにより『陰虚、血虚』という状態に陥りやすくなります。

陰虚、血虚とは簡単に言えば、血中水分量や血や栄養そのものが不足した状態です。

これらが減少してくると、血そのものの流れが悪くなり、各所の筋肉や組織に潤滑に栄養が流通しなくなります。


この状態が改善されないで続くと、よく使うところや弱いところに症状が現れてきます。

例を挙げると、運動選手などでは膝、各所筋肉。デスクワークをする人では肘、肩、目。立ちっぱなしの仕事の方などはふくらはぎや足の裏などに凝りや違和感、浮腫、痛みなどが発生します。


漢方での治療はと言いますと、血流を良くするもの、陰虚症状を改善するもの、血虚症状を改善するもの、余分な痰などを取り除くもの、筋肉の緊張を取り除くものなどをその方、その症状に合わせ用いるようにします。

一番のクスリは十分な睡眠、体を十分に休める事、水分補給、食事は日本食中心でバランス良く良く噛んで、果物を積極的に、ストレッチ、ぬるめの入浴でリラックス、冷房はなるべく避ける、ストレスから遠ざかるなどが重要です。


と言う事で良い週末を!!
こんにちは^^各地で『ゲリラ豪雨』と呼ばれる、突然ものすごい豪雨が降るといったような異常気象が続いていますね!ここ鹿嶋地方も例外ではなく、今朝7時頃と先ほど午後2時頃との2回に渡って、突然のものすごい豪雨に襲われています。  早くスカっとした穏やかな晴れの陽気が来ると良いですね!


と言う事で「花粉症に対してのお便り」と言う事ですが、本日メールにてお問い合わせありました。詳細について携帯電話での通信でしたので、あまり詳しく書けなかったのでこちらに書いていきたいと思います。


お問い合わせの内容の一部で、「花粉症の対する漢方薬はいつ頃から飲み始めれば良いのでしょうか?」とい事項がありました。


答えは「その人によって違う」と言う事です。
●症状が出てから頓服的に服用する方
●症状が出てから一日三回きっちり花粉が飛ばなくなるまで服用する方
●花粉飛散が始まる1~2ヶ月前から服用を始められる方
●一年中鼻炎症状があるため一年中服用する方
などまさに人によって服用方法は千差万別です。

その人に一番よく効く、さらに安上がりで済む服用方法が一番なのではないでしょうか。その服用方法に至るのには、まずこちらで提案し、その後はアドバイスをしながら適時お客様自身が調整する事を当店では行っています。

当然漢方薬の内容も千差万別で、一言に花粉症といっても、用いる漢方薬は20種類以上に渡ります。その中からその方に合ったものを選び、1種類の場合もあれば4種類くらいになる場合など様々です。


用いる漢方の方は、よく病院などで処方される漢方薬(店売り取り扱いのものは量が少し少なくなります)、中製薬(中国より輸入している特殊な漢方薬)、各種健康食品(体質改善、免疫調整)などを駆使し鼻炎症状を改善します。

処方名の方は、一概には言えませんので記載する事は出来ませんが、一般的に『鼻炎にはこの漢方薬』と呼ばれるものから、専門家から言わせれば「えっこんな処方を!?」と呼ばれるものまで、その方の体に合っていると思えば使い分けます。


と言う事で簡単な花粉症に対するお答えとなります。


くれぐれも大雨にはご注意下さいね!良い週末を!!
こんにちは^^ここ鹿嶋地方、今日は朝から急にザ~っと大雨が降ったり、そうかと思えば急に晴れたり、そして又雨となんとも面白い天候となっています。

店の方は静かな感じとなっているので、本日は昼間っから映画の感想なんて書いてみようかと思います。


その映画のタイトルとはそうです「崖の上のポニョ」です。

宮崎駿監督の映画は昔から大好きで『風の谷のナウシカ』や『千と千尋の神隠し』などが自分の中では宮崎映画の最高傑作だと自分は思います。(その他も好きですが)


と言う事で今回はポニョです。

見終わった感想は、???とハテナが多い映画だな~と思いました。全編ファンタジーというような内容で、現実との狭間があまりない映画という印象を受けました。

見始めて何処までが現実でどこからが夢の世界なのか良く分からないなと思っていたのですが、物語が進んでいくうちに「あっそうか!」「海の中は魔法の世界」ということが前提で進んでいたのです。

もちろん陸上の世界は現実の世界で進んで行くのですが、海の中やポニョの周りは魔法だらけなので殆どファンタジーの世界なのです。

そう理解してみてみると、「意外に良く考えて作られていやがるぜ!」と思います。

映像の方は暖かい感じでいい感じです。さすが宮崎映画という感じになっています。



最後にこの映画のメッセージですが、至って単純!子供に対してと映画と思っていましたが、全ての人に向けてメッセージが発せられていると思いました。

『好きという素直な気持ちを大切に』 『遊び心、心の余裕を大切に』 『ストレスや環境破壊について』

と言う事を言いたいのかな~なんて思ったりしています。

足の悪いおばあちゃん達も「しがらみのない夢のような世界」にいると体の悪いところは全部良くなるかもね!というストレス社会に対する思いが感じられました。


特に主人公とポニョとの関係、思いが、あまりにも純粋で、一途で、単純である事に強くそのメッセージを感じました。現代人ってあまりにも色々考えすぎなのかな~なんて考えたりもしますね。何事も単純で簡単で良いのかもしれませんね!


こんばんは^^いや~ジメジメしてますね、、湿気で体がふやけてしまいそうな湿度が続いているここ鹿嶋地方であります。暑さの方がさほどでない為、不快指数はさほどではありませんが、肌がベトベトして気持ち悪いは間違いありません。


さてタイトルの「貧血気味の方が急増」と言う事ですが、当店の漢方相談にてそのようなお客様が最近急増しているのです。


学生の方からお年寄りまで様々な年齢層の方々がいらっしゃっているのですが、皆さんに共通する症状が
●食欲がいまいち、食が細い
●運動するとふらふらする
●顔色が悪い
●午後になると微熱っぽい感じがする
●からだがだるい
●月経が遅れる
などがよく聞かれる症状です。

この貧血のような症状、この時期特有のものなのです。

当たり前と言えば当たり前で、単純に言うと夏と言えば汗をかきます。汗をかくと言う事はそれだけエネルギーを発散していると言う事になります。もちろん筋肉が消費するエネルギー量も増しますので、筋肉消費カロリーと発汗だけ考えても、他の季節に比べると明らかに体のエネルギーを消費している事が分かります。

それだけエネルギーが必要な夏に、冷たい清涼飲料水の過飲で胃腸を冷やす、もしくは先天的要因で「胃腸が弱く体力が落ちた夏は食欲が無くなる」というような方では、飲食物からの栄養吸収が滞るので貧血様症状が起きやすくなるのです。


よく秋は「食欲の秋」と言いますが、この言葉の中には「夏に失った栄養分を取り戻し寒い冬に備える」という意味合いがあるのかな~なんて思ったりもします。


『暑い夏ほどがっつり食べる!!』と言う事が健康を維持するには大事になってきそうですね!


最近は中学生などでも「ダイエット」なるものをしてる生徒が多いようです。
夏休みで厳しい部活動をしているにも関わらず、ダイエットなどしていては貧血っぽくなるのは必然と言えそうです。熱中症などにかかる可能性もありますので、外見云々も良いですが、命に関わる事もありますので「夏のダイエットは大変に危険」と、特に運動する方は頭に入れて置いたほうが良いでしょう。


と言う事で又明日頑張りましょう!!
こんにちは^^ここ毎日ジメジメした日が続いてますね。今週いっぱいこのようなジメジメしたハッキリしない天候が続くと思うとちょっと気分も湿りがちになりますよね。


と言う事で「嘘のような本当の話」と言う事ですが、当店の常連さんで血糖値がかなり高め(尋常じゃないほど)の方がいらっしゃるのですが、その方に「漢方でどうにかならないか!?」とのご相談を受けました。


ちょっと危険な血糖値でしたので、高価な品物ですが、当店にしかない特殊な漢方薬をお勧めさせて頂きました。



お勧めさせて頂いて3日後、そのお客様がスゴイ形相でご来店になりました。

「あれ・・ なにか悪い反応でも起きたのかな!?」

恐る恐る「いらっしゃいませ」と言ったところ

お客様 「おい!半分に下がったぞ!!」と思いっきりの笑顔でそう言いました

自分 「血糖値がですか?」

お客様 「そうだよ!」


多分食生活のほうもちょっと乱れていたと思うのですが、この急激な下がりっぷりにはちょっとビックリです。 


皆様のお役に立てれば幸いです。
こんばんは^^いや~オリンピック白熱してますね! 星野ジャパンは惜しくも残念な結果になりましたが、やはり女は強し!女子ソフトボールは見事な金メダルを獲得しましたね!400mリレーでも日本男子史上初となるメダルの獲得となりました。

素直に「感動をありがとう」という気持ちでいっぱいになりました。


さてタイトルの貧血と言う事ですが、一般的によく言われているのが鉄欠乏性貧血です。


主に食事の片寄りや胃腸虚弱、消化器官からの出血(胃潰瘍や痔など)や月経過多、悪性腫瘍によって生じる事が多いようです。


急な消化器官出血や月経過多による鉄の損失の治療には、やはり病院での検査、治療が第一という事になりそうです。

漢方での治療と言う事になりますと、胃腸虚弱、腎虚(骨髄での生成不足)が原因となっている場合と言う事になります。更に消化器官出血などでも原因によっては十分漢方での治療も可能です。


貧血症状としてよく言われているのが

●爪がスプーン状になる、もろい
●動悸息切れ、息が吸いづらい感じがする
●口内炎、舌炎、口角炎が頻繁に起こる
●めまい、立ちくらみ
●肌が黄色っぽい、青白い
●ものが飲み込みずらい(食道の委縮)
●足がむずむずする
●氷を食べたがる

などの症状が起こりやすいと言われています。


重要なのはその原因です。

消化管出血などはその原因を検査し根本から改善する事が必要になりますし、悪性腫瘍などの可能性もありますので、やはり専門の医療機関にて検査することが第一歩となります。

そこで急を要するものでもないし、腫瘍も考えられないといった場合に漢方薬が選択のひとつとなります。

漢方の世界では、貧血は「血虚」といって血が虚している状態ととります。その治療法も確立されており、原因あっての症状ですので、その方、その症状によって使う方剤は多岐にわたり、治療は比較的うまくいく事が多いです。

特に鉄欠乏貧血に関して言えば、「胃腸を強くする薬+血を増す薬」という素晴らしい組み合わせをもつ、イスクラ産業から発売されている「帰脾錠」という漢方薬がよく適応します。



体の色々なサインを読み取って対処できると良いですね!


と言う事で良い日曜日を!!



こんばんは^^今日は秋を思わせるような涼しさでしたね! 夕方半そでで外にいると肌さむい感じがしたのを思い出します。


さて目の疲れにと言う事ですが、一般的によく考えられる目の漢方薬といえば「杞菊地黄丸」があまりにも有名ですが、当店ではもうひとつ目に良い漢方があります。


「紅サージ」という天然のビタミンE、Aを主成分とした健康食品です。


目の疲れというのは、「血流の悪化」から生じる場合が多々あります。
●眼圧が高い
●目に熱を持ちやすい(眼やにやものもらい、乾きなど)
●目に痛みを生じる時がある
●頭痛、関節痛など慢性的な痛みを生じる場所がある
●イライラしやすい
などがある場合、血流の悪化が目の疲れの原因となっている場合があります。


そのような血流の悪化が原因の目の疲れの場合に「紅サージ」が効果を発揮します。

上手に選んで目の疲れを和らげられれば良いですね!


と言う事で良い週末を!!


こんばんは^^連日のものすごい夕立ちに見舞われているここ鹿嶋地方です。夏ってこんなに雷雨になりましたっけ!?それにしても連日ものすごい雷や雨になっています。


ということで昨日のついでにビタミン特集です。

今回は神経ビタミンについて書いていこうと思います。



神経ビタミンと言えば、ビタミンB1、B12です。この神経ビタミンが不足すると、(不足するのは主にB1)

○疲労倦怠感が強くなる
○神経過敏になり不安感やイライラが強くなる
○動悸、脈が飛ぶ感じがする
○めまい
○息切れ
○かすみ目
○不眠症
○悪性貧血
○人が多いところが苦手になる

などの症状が出やすくなります。





ではなぜ神経ビタミンが不足するのかという事ですが、

●食事の偏り、加工食品過多、糖分摂取過剰
●過度の緊張、ストレスを受け続ける環境
●常に不安感やイライラがある過敏な性格
●過酷な頭脳労働、肉体労働
●胃腸虚弱(ビタミンB12は胃粘膜から生成される)

などが考えられます。



食事で補うとすると

B1
○パイナップル
○パセリ
○芽キャベツ
○もやし
○モロヘイヤ
○豚ひれ肉
○豚もも肉
○うなぎ蒲焼

B12
○魚介類
○レバー(鶏、ブタ、牛)
○卵
○牛乳

などが有効なようです。



漢方でのアプローチになりますと

●胃腸虚弱なら胃腸を強くするもの(香砂六君子湯など)
●神経薄弱なら血を増すもの(帰脾錠、プラセンタ製剤、各種補腎剤など)
●体の流通が悪いなら(冠元顆粒、各サイコ剤など)
●直接神経ビタミンを補給する(レバー製剤、プラセンタ製剤など)
●過剰な熱の存在がある場合は(各種清熱剤、滋陰剤など)
●過剰な水分の存在がある場合は(各種去痰剤、利水剤など)

などが漢方を用いる上で良く用いられる対処法です。


神経ビタミン不足の見極めのポイントは、神経を使った後、緊張した後、頭をフル回転させた後、長時間の運転の後などにきまって具合が悪くなる、気が遠くなるといった場合はその不足が原因のひとつとなっている場合があります。


上手に自己管理して体の不快症状が起こらないようにしたいですね!


と言う事で今週ももう少し頑張りましょう!!
こんばんは^^いや~熱後半とはいえ本当に真夏のような暑さが続いているここ鹿嶋地方であります。天候の方も不安定で、昨日の夜はいきなりものすごい雷雨が降り出しビックリしたのを思いだします。


さて「夏の疲れの原因の一つ」と言う事ですが、夏と言えば「暑さ」「汗」ですよね。当然暑い中で動けば、気温が低い時と比べると筋肉の疲労度は全く違ってきます。


夏場は、その疲れた筋肉や各所(皮膚や内臓)の炎症の処理などで、かなりの栄養素を奪われてしまうのです。(知らず知らずのうちに)



特にビタミンB群の消費は必須であり、それらの不足が一番考えられるのが夏の暑い季節なのです。
それらが不足すると

●目が異常に疲れる
●粘膜があれやすくなる
●考えがまとまらない
●何をしてもすぐ疲れてしまう
●人と接するのが極端に嫌になる(特に初対面の人)
●肩こり、神経痛、筋肉痛、腰痛の悪化

などが考えられます。(なんか自分に置き換えてみると思い当たる節がいくつも・・・)

一般的に言われる「夏ばて」という症状ばかりですね!


過剰な暑さによる攻撃から体を守っているが為に、その防御に栄養が使われているので、いつもの量の栄養が各所(内臓や脳)に行かないために、それが各不快症状となってあらわれて来ているのだと思います。


対処法としては、
●とにかく休める時は時間を作ってでも休む(これが一番です!)
●食事はバランス良く日本食中心に!(たまには肉類やウナギが主でも良いですよ)
●加工食品や糖類、アルコールは控えめに(ビタミンB群を消費してしまいます)
●風呂は温めでゆっくりと(深い眠りを誘います)
●ストレスから遠ざかる(神経ビタミンを消費します)


以上日常生活での対処法になります。

各種漢方薬も有効です。


夏ももう少し頑張っていきましょう!!
こんばんは^^いや~今日は蒸し暑かったですね! 全国各所では、大雨や雷雨になっている所があるようです。夏の雷雨は突然やってきますので気をつけたいものですね。


さて心の病の原因ということですが、心の病と言うと鬱っぽい症状から不安、不眠、慢性疲労などに至るまで様々なものが現代医学ではその範疇にはいるのもと思います。

その心の病が今急増しているという事を、ニュースなどで見たり聞いたりする事が最近多くないですか?


自分なりにその原因というものを少し考えてみました。


その原因のひとつに「刺激が多すぎる」と言う事が挙げられそうです。


刺激とは、目から入る刺激、耳から入る刺激など五感を通じて入ってくるものや、対人関係のストレス、環境によるストレスなど体や心作用する刺激の事全てをさします。


テレビをつければものすごい光の量(明るすぎる)やガチャガチャと聞き取りずらい番組、パソコンをつければ全く規制されないアダルトサイトやものすごい量の情報、映像が目からの刺激となって入ってきます。

東京などでは道を歩いていても騒音、人の多さ、過剰なネオンなどで常に刺激が付きまとってきますし、排気ガスなどの臭いも刺激となって追い打ちをかけます。

そこに対人関係によるストレス、仕事がうまくいかない、家族への不安、加工食品などの過剰摂取による刺激などが重なり、それぞれが積もり積もっって耐えきれなくなった時に「心の病」となって表れるのだと思います。


刺激がなぜ良くないのかと言いますと、一般的に上に書いたような刺激は交感神経ばかりを刺激します。そうなると血管は収縮し、体は常に緊張し、そうすることによって脳や重要器官に栄養を送ることによって体を維持しようとします。

短期間なら全く問題ないのですが、長期に渡ると体の栄養が枯れ果てる状態、もしくは体の過度の緊張により栄養がうまく体を循環できなくなります。

そうなると脳がSOSのサインとして「刺激から遠ざかりなさい」という事で様々な不快症状となって表れてくるのです。


大事に至る前の体の防御反応というところでしょうか。

刺激がない世の中もさびしい感じがしますが、ありすぎるのも良くないんですよね。。


上に書いた事はすべての人に当てはまるというものではありません。すべての人に当てはまったら東京の繁華街には誰も住めなくなってしまいます。(笑)

生まれ持った素体の強弱が大きく左右してきます。
「自分はあまり強くないかも」と思ったら「刺激」に対して防御したほうがいいかもしれません。俺は体力には自信がある!という方も油断せずに養生していった方が懸命なのではないでしょうか。10代、20代は、元来弱い傾向の方でも皆さん元気な方が多いので注意が必要です!



と言う事で連休明けで辛いですが頑張っていきましょう!!
こんにちは^^「すごしやすい陽気」という言葉がピッタリのここ鹿嶋地方です。お盆も終わり、涼しい日が増えてくるにつれ、少しずつ秋の足音が聞こえてきた感じがします。


このお盆休み、お陰様でとてもいいゆっくりとした休みを満喫する事が出来ました。

オリンピック日本代表頑張ってますね~!


北嶋選手連覇に続き、柔道、フェンシング、各種球技と見所盛りだくさんですね!さらに男子100M決勝では、ジャマイカ代表のボルト選手世界新記録での優勝など連日飽きることなくテレビに釘付けになっています。

いや~本当に「真剣勝負」って色々ドラマがあり面白いですよね!


そのゆっくりとした時間が流れたお盆休みの中、もちろん当店は休みだった訳ですが、恒例(嬉しい恒例です)ですが、家の玄関から漢方薬のご購入のためにお越しになったお客様が多数見えました。又携帯メールでのお問い合わせもありました。


本当はお客様の休み中には店を開ける事も考えるのですが、家族や自分の体の事を考えるとやはり休みとした方が・・となってしまっています。



という事でお盆明け、本日から通常通り営業となります。
休み明けでぼけぼけですが、宜しくおねがいます!
こんばんは^^いや~オリンピック柔道谷選手準決勝敗退残念でした。決勝まで簡単にいけると思っていたのですが、、、いや~スポーツは何が起こるか分かりませんね。

と言う事で「迷子の子猫ちゃん」という事ですが、一週間くらい前から家の周りを夜中になるとニャ~ニャ~子猫の鳴き声がしていました。


1日目2日目
誰か拾うだろう、そのうち家に帰るだろうとほっといたのですが、さすがに3日4日ともなると声も弱り果て弱々しくなってくるのを聞いていると、いてもたってもいられ無くなり、夜中に懐中電灯をもって子猫救出作戦開始!


しかし近寄ると一目散にどこかに隠れてしまい全く捕まりません。


大捜索から一夜明けた朝、隣の家の倉庫と壁の間に挟まって動けなくなっている子猫を発見!


木の棒を入れてみると、その木の棒を伝わってはい上がってきます。


はい上がってきた所をご用です。


シャム猫っっぽい感じの可愛い野良っぽくない子猫です。


「早速飼い主を捜さないとな~」なんて話していたのですが、


「私実家で飼う!」と嫁が手を上げ一件落着です。


と言う事で、お盆に帰省するまでうちでお預かりとまりました。



犬四匹と猫一匹。動物園のような騒がしさの我が家となっています。




ということで又来週よろしくお願いします。
こんばんは^^本日8時8分よりオリンピック開幕です!!

4年に一回のスポーツの祭典を思いっきり楽しみましょう!


ということで今日はオリンピックで頭がいっぱいなのでブログはこの辺で
こんにちは^^今日は本当に暑いですね!鹿嶋地方この夏一番の暑さを記録しました。日中ちょっと外に出た時に車の温度計を見たのですが、なんと35℃と表示されていました。


ということで、乳児の皮膚炎と言う事ですが、ついこの間ちょっとした出来事がありました。


自分も2ヶ月ちょっとになる子供がいるのですが、先週の週末にちょっとした用事で、妻が土日と続けて外食をしたのです。

一度は家族で中華料理、もう一度は友人と日本料理で外食したそうです。


変化があったのはその翌日です。

なんと赤ん坊の皮膚に湿疹が出来ていたのです。まだそんなにひどくはなかったのですが、顔の一部とお腹のあたりに赤い小さな斑点が出来ています。

結構皮膚の強い子で、今まであせもやおむつかぶれさえも出来た事は無かったのですが、たかが2度続けた外食だけで皮膚炎が起きるなんてとても驚きました。


「なんでその外食が原因って分かるの!?」

という質問がありそうですが、自分も確実にそれが原因という保証はありません。(検査したわけではありませんので)

しかし母乳は母親の飲食物から生成されており、母親の口から入った飲食物に乳児に良くないものがあった場合、かなり薄められるものの、確実に母乳へと移行するものばかりなのです。


良くないと思われるものは、飲食物店などで使われるラード類や食品添加物、塩分などの過剰摂取です。(細かく調べると間違いなく原因となるものが沢山添加されています)


乳児の湿疹の原因は多岐に渡り、これとは違う原因のものもありますが、まず疑った方が良いのは母親の食事内容です。もちろんストレスも然りで、ストレスにより各消化器官の動きが鈍っていると、飲食物の毒性を中和する事が出来なくなり、湿疹の原因となるものが母乳へ移行しやすくなる事も原因の一つです(乳母はプロラクチンの影響でイライラしやすくなる)。


「全て手作りでやると面倒で余計にストレス溜まる」という意見が聞こえてきそうですが、そこは可愛い赤ちゃんの為!頑張って良い食事して、ストレスを溜めない生活をして良い食事(母乳)を赤ちゃんに沢山与える事が大事です。


と言う事で、今日も一日お疲れさまでした。
こんばんは^^今日も一日良く晴れているここ鹿嶋地方です。「夏休み」と呼ぶにふさわしい今日この頃ですね! 日中はとても暑いのですが、夜になるとぐっと気温は下がり、快眠できるとても過ごしやすい日が続いています。


ということで、腎を弱らせるものと題して簡単に書いていきたいと思います。



漢方で言う腎は現代医学で言う「腎臓」と必ずしもイコールでは無いのですが、「ほぼ同じ」と解釈して良いと思います。



腎臓の仕事はといいますと、
①血中の余計なものをこしとって尿として排泄する。
②各種ホルモンの分泌(血圧を調整するものや炎症を抑えるもの、ストレスホルモンなど)
③体内水分量の調整
などが一般的に考えられます。


腎が弱ると上に書いた仕事が出来なくなりますので、過剰な水分が排出されなくなりむくんだり、血中に排出されない老廃物が溜まり体中の機能に影響を及ぼしたり、ホルモンの分泌が弱くなり炎症が起きやすくなったり血圧が上がったりという様々な事が起こってきます。


胃は良くしゃべる臓器(チョットした事で具合が悪くなる)  肝臓は沈黙の臓器(機能が低下してもなかなか症状としてあらわれない)などとよく言われますが、腎臓はその中間くらいでしょうか、目がむくんだり、尿量が減少したり、顔色が黒っぽくなったりと言うような症状は、腎の機能が原因となっている事があるようです。




本題ですが、弱らせる原因と言う事になりますと、
「仕事をさせすぎる」 「血液の質の低下」この2点がその原因となっている事が多いようです。

まず「仕事をさせすぎる」という事ですが、無機塩類の取りすぎ(ナトリウムやカリウム、カルシウムなど)やタンパク質(肉、魚類)などを取りすぎると、過剰な分の排出のために労力を要するので腎が疲れます。口からはいる物の取りすぎ(病院の薬も込み)、運動不足(燃焼しない為)は良くありません。

次ぎに「血液の質の低下」ですが、糖の取りすぎ(甘い清涼飲料水、甘すぎる飲食物、飲酒、夜の果物など)は一時的に血糖値を急上昇を引き起こし、その時に腎細胞を傷つけます。さらにストレスを受け続けると血糖値の上昇が続きますので、それも同様に腎細胞を傷つけます。飲酒の習慣、カフェインの過剰摂取、睡眠不足が続く、働き過ぎによる過労、遊びすぎによる体の酷使などがある場合も血中水分量の不足を招き腎に負担をかけてしまします。


以上かなり簡単になりますが、原因の一つと考えられる「要素」と言う事になります。上に書いた以外にも重要なのは、腎以外の臓器による腎への影響と言う事も考えられますが、長くなりすぎるため今回は割愛したいと思います。




何事も「過ぎる」ということは良くないみたいですね。

適度に、足りる分だけというのがどんな事でも基本となるのですね!


こんばんは^^ここ鹿嶋地方は、雨が降りそうで降らないという微妙な感じとなっていますが、東京や千葉などは、大雨が降っており浸水や電車が止まる、マンホールに吸い込まれるなどのとんでもない被害が出ているようです。

この時期の夕方の雨は雷雨となり大雨となることが多いですよね。くれぐれも被害に合わないように気を付けたいものです。


さて今日の日記は、F2Cブログの企画にありました「幽霊っていると思う?」という何とも面白そうな企画に乗って自分も書き進めて行きたいと思います。


まず、、幽霊って 笑  久しぶりに聞いた気がします。


小学生の頃などは「心霊特集」や「あなたの知らない世界」などの怪しげな番組が多数放送されていましたよね! 子供心にドキドキワクワク冷や冷やしながら見ていたのを思い出します。

結構こう見えても子供の頃は恐がりで、怖い心霊番組などを見た夜は怖くて眠れなかった事を、今でも鮮明に思い出すことが出来ます。

そう!目に見えないものが「怖い」と思い始めたらもう止まりません。 風でカーテンがふわっと動いただけでも「霊の仕業!?」などとビクビクしていた時もありました。


もちろん怖がっていたわけですからその当時は、幽霊が存在すると「信じていた」という事になります。



時は過ぎ・・・・



今は全く持って信じておりません。ハイ自信を持って信じておりません。個人的意見ですが、、、

そのきっかけは、あまりにもそれを商売として人を騙して生計を立てている人が多い事です。身近にも何人も遭遇した事があるのですが、「30万円で除霊できますよ」「あの人といると不幸になりますよ」などと言っては結局最後は「金」を要求してきます。

人の幸せを願っての事なのに、そんな大金を請求するのはあまりにもおかしいと自分は思いますね~さらに彼等は何一つ具体的に現実(未来や過去も含み)の事を言い当てられません。(あやふやな事ばかり)


さらに小言を言わせてもらうと、心霊云々はまだ「脳」というものが完全に解明されていない時代のもので(今も完全に解明されている訳ではありませんが)、今となっては人間の心、性格、魂に至るまで全て「脳」で作り上げられている事が良く知られています。

「脳の一部が損傷すると、性格が180℃変わる場合がある」という事は良く知られる事であり、人間の性格や心などが、脳によるものという事を決定ずける一つの興味ある話です。


自分は死んだ人間や動物、物などは、生きている人間や動物などの心の中にだけ生きていけると思っています。


でもいると思っている方が心が豊か!?というか面白い感じがしますけどね~笑



ということで、今日は漢方とはかけ離れかなり脱線した話となりました。


※かなり個人的偏見が強い内容となっています。何人も誹謗中傷するもの、考え方を押しつけるようなものではありません。


こんばんは^^本当に『真夏』といった蒸し暑い感じとなっている鹿嶋地方です。蒸し暑いとかけて、最近本当に「虫」が多くなってきました。田舎ならでは!?かもしれませんが、ちょっと窓を開けると虫が大量に入ってくる「虫暑い」夏となっています。


夏と言えば虫ではなくて、薬局で夏限定で売れるものと言えば「水虫薬」です。


老若男女問わず、結構悩んでいる方が多いのではないでしょうか。


夏になると、水虫部分や周辺が汗をかくようになり、患部がよく聞く『蒸れる』と言う状態になります。その状態が続くと、湿気や熱を好む白癬菌が住みやすい環境となるため、一気に増殖し暴れ出します。


真夏は水疱をもって皮が破れたり、痒みが増のですが、それ以外の季節は多少皮が虫食い状態にはなるのですが、その他の症状はさほどではないと訴える方が多いのが現状のようです。

白癬菌にとっては、それほど湿気や熱の存在が大きいと言えるのです。

なので一番の予防、治療は暑い季節、蒸れる季節(自身で感じ取る)には、通気性の良いサンダルで終日過ごす!という事になります。

しかしまず無理ですよね!?会社員の方が裸足にサンダルって・・・笑

でも努力は必要です。


●なるべく事務仕事の時はスリッパなどに履き替える
●靴は一日履き終わったら日光消毒し毎日同じ靴は履かない
●水虫薬は徹底的に治す時は冬場もつける
●食事は日本食中心であっさりと
●必要のない時は裸足で過ごす
●患部をごしごし洗ったりして刺激しない
●患部を清潔にする(刺激の少ない石けんで)
●靴下は綿で通気性の良いものを(化学繊維は×で五本指が良い)

などの事柄が水虫撃退には良いようです。


当店で売れ行きが良い水虫薬で「華蛇膏」という商品があります。タイトルにもありますが、値段の方が1,230円とかなり手頃な感じとなっている人気商品です。

もちろん効き目の方も優れたものがありますので、自信を持ってお勧めしています。


水虫というのは生命に関わる深刻な病気ではありませんが、結構女性などでは深刻な悩みとなっている方が多いようです。

しっかり対応し、早く撃退して良くなると良いですね!



ということで今週も頑張っていきましょう!!


こんばんは^^いや~今日はムシムシしてますね!不快指数120%確実!?な感じの土曜日となっている鹿嶋地方であります。気温の方はさほどではありませんが、湿度がものすごく外に出ると体がべとつき非常に嫌な感じがします↓↓


この気候のせいか、当店では「炎症を抑える漢方薬」ばかりの売れ行きが目立ちます。


茵陳蒿湯

滋陰降下湯

冬虫夏草製剤

牛黄製剤
などなどがよく目立つ所でありましょうか。


冬虫夏草が炎症を抑えるのか!?という質問が聞こえてきそうですが、間違いなく抑えます。


特に優秀なのは「茵陳蒿湯」で、この時期の口内の炎症、唇の炎症、二日酔い、じんましん、肌の痒み、胃もたれなんかに非常に重宝します。

この暑い時期で炎症(特に消化器系)が助長され、その炎症が皮膚症状になって表れた時にピッタリあう処方です。

今日などは、危うく在庫切れか!!?と思うほど売れ行き好調の商品です。



自分には全く持って合わない漢方薬ですけど、、笑 (冷え性ですので)



と言う事で明日は真夏の日曜日!

近くの(比較的)ひたち海浜公園では明日から「ロックインフェスティバル」という音楽イベントがあるようです。

音楽イベントなどで楽しむのも吉

海ではしゃぐのも吉

家で寝まくるのも吉

仕事するのも吉


有意義な週末を!
こんばんは^^連日晴れが続いていますね!日中外に出ると、夏休みで真っ黒に日焼けした小学生達をよく見かけるたび、自分が小学生だったの暑い夏を思い出します。

さて今日とても喜んだ出来事がありました。


当店にて一年チョットくらい漢方薬をご購入頂いているお客様がいらっしゃるのですが、最初の半年はいつもお顔を見せてくださっていたのですが、その後はメールでのやりとりや代理が見えたりなどで顔をみれていなかったのですが、今日久しぶりにご来店頂きました。



最初見た時はアトピーとニキビの合併型で、顔を真っ赤にして大きいニキビがいくつもあったのを思い出します。


病院のステロイド治療で、ものすごく悪化したという話も思いだしました。(ニキビがある場合はステロイドは禁忌です。)


当店の漢方薬で徹底的に4種類の漢方薬で清熱利湿をし、新発売の「五涼華」を購入頂いたところ、約半年でアトピーはすっかり良くなり、一年で大きいごりごりニキビも消えました。


そして本日久しぶりにお顔を拝見したところ。「超綺麗な肌!」へと大変身していました。


バシッ!と漢方薬が合うと気持ちがいいくらい効きますね~!! こちらもお勧めしたかいがあるというものです。


と言う事でとっても気分の良い金曜日となりました。


良い週末を!!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ