FC2ブログ
Archive
こんにちは^^いや~暑さの戻りは辛いですね、、今日も朝起きたら部屋の温度計が30℃を回っていました。暑さと自分の汗の不快さで目が覚めました。


と言う事で「飲酒と食欲不振との関係」について書いていきたいと思います。


よく聞くのが、毎晩夕食時に晩酌する方がいると思うのですが、その時に軽くつまむ程度におかずに手を出すのですが、炭水化物には一切手を出さないという話です。


タンパク質などの一番栄養を摂らなくてはならない夜に、殆ど栄養を足らないという状況になってしまっています。


実はこの状態、わざと食べないのでは無くて、食べたくても食べられない状態になってしまっていることが多いのです。


理由としては、
○糖分で脳が満足してしまっている事
○冷たいアルコール類などで胃腸を冷やしてしまい胃腸の機能が落ちる為
○アルコールが発する過剰な湿や熱によって胃腸機能が落ちるため
○アルコール代謝の時に必要なビタミンB1が不足する事による食欲不振、脳機能低下

などが考えられます。


その飲酒の習慣が長くなると食欲不振が慢性化し、次第に体が痩せてきます。そうなると慢性的なビタミンB1の不足、胃腸機能の低下に陥り、場合によっては鬱、不安症、神経痛の悪化、食欲が全くなくなる、むくみ、めまいなどの症状が出てきます。


飲酒は体に良い部分もありますが、マイナス要因もかなりあるのです。特に「毎晩飲む」という習慣があるような場合は、体にとってはプラスの部分よりもマイナスの部分の方が多くなる傾向にあるようです。

「自分の体はあまり強くない」と思うならば、飲酒の習慣を見直す事が必要となりそうです。


特にこの暑い季節では、ビタミンB1の消費が盛んになりますので、さらに飲酒や甘いものの過剰摂取でB1を消費してしまうと、夏ばて症状に拍車をかけてしまう事間違いなしです。


対策として、

○飲酒しない
○ストレスから遠ざかる、頭脳を酷使しない
○体に良くない飲食をしない
○肉体を酷使しない
●うなぎやレバー、豚肉、ガーリック、豆類を積極的に
●各種漢方薬、栄養ドリンクも効果的です


何事も程々が良いようですね!
上手に体を養生して毎日元気で頑張りたいですね!





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ