Archive
beautiful_world07_m.jpg
異国情緒を感じます


こんにちは^^大雨暴風、冬の嵐となっているここ鹿嶋地方であります。この一週間曇りや雨ばかりだったような気がします。風邪の蔓延防止には湿度が高い方が良いですけど、、、晴れ間が待ち遠しいです。


さて「糖尿病に付随する手足の痺れ」と言う事ですが、当店にも血糖値が高いのに付随して手足が痺れる。痛みがするようになった。感覚がおかしくなった。というお客様がお見えになります。

そうなる原因は?と言いますと、簡単に言うと血糖値が上昇すると言う事は、血の中に糖が混ざるという事になります。糖が過剰に血中に有る状態だと、その糖がふれる血管、細胞が酸化炎症を起こしやすくなります。

漢方で言う「オケツ」と言って血流が悪化している状態です。

特にその影響を受けやすいのが、血管の末端である毛細血管です。炎症や血液の質が低下している事により、血の流れが悪くなるので、皮膚表面や手足の先、眼球など一番末端の組織に影響が出やすくなり、痛み痺れなどの不快症状となって表れやすくなるのです。


改善方法としては、その方の証によってですが、
○過剰な炎症を抑える事
○過剰な熱を抑える事
○血液の質を向上させる事
をまず「症状を抑える」事だけを目的として、各種活血剤(冠元顆粒、冠脈通塞丸など)、田七やジオウ、地竜、フランス海岸松含有製剤などを用います。

更に炎症を起こしている原因は血糖値の上昇ですから、原因治療として血糖値を下げなければいけません。消化器官の弱りが原因なのか、過剰な飲食が原因なのか、運動の不足が原因なのか、五臓六腑の釣り合いが悪いのか、過剰なストレス、過剰労働、精の使いすぎ等々様々な原因が考えられます。糖尿病を引き起こしている原因を知り、生活習慣を見直すべきは見直し、漢方薬にて改善が必要な場合は漢方薬にて改善するといったように、その方にあった治療をじっくり飽きないで行う事が必要になってきます。

以上大きく分けて2つの治療法が考えられます。


比較的早めに漢方や生活習慣を見直すなどで改善していけば治りも早いのですが、遅れれば遅れるほど改善は困難になる傾向にあります。「ちょっとおかしいな!?」と思ったら早めに医療機関を受診し、自分の体を確認しておく事が必要なのではないでしょうか。


良い週末を!!
P1010111454.jpg


こんにちは^^重たい雲に覆われているここ鹿嶋地方です。最近天気悪い日多くないですか!?風邪の蔓延予防には、湿度が高い方が良いので、その意味では良いのかなとは思いますが、スカッと晴れた青空が待ち遠しい今日この頃です。


さて「花粉症の漢方薬」と言う事ですが、当店で花粉症対策に用いる漢方薬はだいたい15種類くらいにのぼりますが、今回その中から比較的スタンダード!?な漢方薬を一つご紹介したいと思います。


その漢方薬とは写真の「衛益顆粒」です。主成分は「オウギ」という生薬で、肺や胃腸の働きを向上させ、粘膜や皮膚血流を促し、細胞を正常化させる。むくみなどの水の滞りを改善させる。といった効果が期待できます。オウギの他に白朮や防風といった、皮膚や胃腸、むくみなどに良いとされるものが含まれています。

このように生薬一つ一つの効能を見てみましても、この漢方薬が花粉症の不快症状である「鼻や喉の粘膜の症状」を緩和、治癒させる事が分かります。もちろん「教科書通り専門書に書いてあるから効くんじゃない!?」といういい加減なものではなく、自分でも服用し、更に長年に渡ってお客様の反応を見て、その効はを確かなもの!と自信を持ってお勧させて頂いています。

○繰り返し風邪を引いてしまう
○風邪を引くと鼻や喉の症状、咳などが長引く
○寒いと症状が悪化する。冷え性である
○胃腸が弱い、下痢しやすい
○皮膚が弱い、荒れやすい、むくみやすい
○皮膚に出来た傷や炎症が治りにくい
○しこりなどがが出来やすい
○膀胱炎になりやすい、頻尿
○車酔いしやすい、めまい
などの症状、体質が花粉症に不随する場合、衛益顆粒の適応となりそうです。

上手に利用して不快な花粉症を改善できると良いですよね!


『花粉症の予防は今から!!』
798523795_c7e1dea7c6_o.jpg
自然は素晴らしい


こんにちは^^昨日は暖かい陽気で包まれていたのが、嘘のように重たい雲に包まれ、寒い真冬に逆戻りとなっているここ鹿嶋地方であります。


さて「花粉症の予防は今から」と言う事ですが、毎年恒例!?となっている花粉症の季節がやってこようとしています。当店にも恒例!?になっている、花粉症予防の各種漢方薬をお求めになるお客様がご来店になり始めています。


漢方薬の得意技と言えば「体質改善」です。花粉症の場合は、花粉症になりにくいように、症状が出ないように、出にくいように体質を改善する事を目的とします。もちろん症状が出てから服用を開始するといった服用方法もありますが、
○漢方や他の薬を服用しても症状が治まらない
○毎年症状がかなりひどくなってしまう
○下痢や冷え、疲れやすい、慢性鼻炎など不随症状が有る場合
○少しでも良くなりたい
といったような場合は、症状がでる1ヶ月~前から漢方薬などで体質改善する事をお勧めします。

当店のお客様で多いのが、だいたい1ヶ月くらい前から各種漢方薬(一種類)で体質改善し、本格的に花粉の飛散が始まる頃、症状が治まっている時はそのままの処方継続し、症状が出始めた時は、その症状、体質に合わせ随時処方を追加し、いや~な花粉の時期を無事乗り切っている方が多いです。

漢方薬での花粉症改善は、鼻や目の症状を改善するだけでなく、体全体の弱いところ、過剰な熱を持った所、炎症を起こしているところ、体内水分の偏在など体全体を見て「花粉症の原因」となっている体のひずみを解消する事によって治していく事を目的とします。体内に入ってきたものの解毒を担当する肝臓にも負担をかけません。


からだのひずみを改善して、花粉症状を改善する体に優しい漢方薬って良いですよね!






gum1_m.jpg
美しいです


こんにちは^^冬の中休みでしょうか、今日はとても暖かい穏やかな陽気に包まれているここ鹿嶋地方であります。店の前を散歩している方々の中には、上着を着ていない方が目立ちます。


さて「妊娠しました!嬉しい知らせ」と言う事ですが、この言葉をお客様より聞くと、疲れもストレスも悩みも何もかも吹っ飛び最高の気分になります。つい昨日もその知らせがあり気分が良いところです^^。

このような喜びを思う時、最近考える事は『漢方は本当に素晴らしい!!』と言う事です。



病院不妊治療にて何ヶ月も頑張り通しても芳しくなく、意を決して小さな漢方薬局の門を叩き、最初は半信半疑で服用を始めるが、「体が暖かくなる、疲れにくくなる、基礎体温が整ってくる」などの明かな体の変化に気づき「あれ!?漢方って良いかも」と思いだし、そのうち漢方の良さが確信になり、妊娠に至る。

という道のりのお客様が多いのですが、服用し始めて僅か2~8ヶ月、服用漢方1~3種類で上手く行く場合が多いという経験を重ねて行くと、漢方薬の力、効き目の凄さに、最近特に強い確信を持っています。

漢方の知識云々も大事ですが、実績を重ねる事が、自分の自信、お客様からの信頼に繋がって行くのかな~なんて考えています。


この素晴らしい伝統医学を皆様に!
dining__beach01_m.jpg
幻想的です


こんにちは^^相変わらず寒い真冬の天候となっているここ鹿嶋地方であります。インフルエンザの流行が本格的になってきていますので、体調管理に気を付けていきたいものです。


「冬に関節痛が悪化する原因」という事ですが、よく見かける関節痛と言えば「腰痛、膝痛」です。体重を支え、体の中で一番負担が掛かる部位に、痛みが発生しやすいのだと思います。


その下肢の痛みが「冬になると悪化する」という方が多数いらっしゃいます。その原因はと言いますと、「冷え」この一言です。

体が冷えると言う事は
●血管の収縮
●血流の悪化
●関節が硬くなる
●関節周辺の筋肉が硬くなる
●汗が出ないため、むくみ、津液の停滞
●体力全般の低下
などが起きやすくなる事によって症状が悪化するのです。

冬になると体って硬くなりませんか!?
運動しづらくなりませんか!?
むくみやすくなりませんか!?
肌が乾燥しませんか!?
全て「冷え」が原因となって起こる冬特有の不快症状なのです。


もちろん全ての方の体内で起こっている事なのですが、
○体が冷えやすい
○体力が低下している
○神経が緊張、興奮している
といった方に強く症状が出やすい傾向にあるようです。

対策として、防寒はもちろんですが
☆冷たい物は飲まない
☆刺激物(コーヒー、ニンニク、唐辛子など)はあまり取らない
☆適度な運動をして体を鍛える
☆バランスの取れた日本食中心の食事
☆風呂上がりにストレッチやヨガを取り入れる
☆必要以上に水分を摂取しない
☆ストレスから遠ざかる
などが考えられます。

漢方薬としては
独活寄生丸、疎經活血湯、桂枝加芍薬湯、五積散、牛車腎気丸、ケアマックスG、蟻製剤などを主に
各種補腎薬(鹿茸製剤、海馬補腎丸、至宝三鞭丸、杞菊地黄丸など)や
各種活血剤(冠脈通塞丸、冠元顆粒、田七製剤、蛭製剤、地竜など)や
痛みがひどい場合に芍薬甘草、むくみにオウギやヨクイニン、霊芝、麻黄などを用いようにします。


嫌な関節痛が無くなれば良いですね!
bed01_m.jpg
開放的すぎる寝室


こんにちは^^昨日に引き続き重たい雨の天気となっているここ鹿嶋地方であります。

さてブログも昨日に引き続き「良いもの」のご紹介となります。

『痒いご婦人に大人気!』とちょっと意味不明なタイトルとなっていますが、当店のある商品が、冬に肌が痒くなって困っているご婦人達に、非常にご好評頂いているのです。

よく「冬季掻痒」などと呼ばれている、冬になると、外気の乾燥や、体表部の血管が収縮し肌への血流が悪化するなどの影響により、「肌全体もしくは部分的に無性に痒くなる」といった不快症状を訴える方にご好評頂いている商品です。


その商品名は、ついこの間のブログでもご紹介した、クラシエ薬品より発売されている『ケアピローサエッセンス(95g 4000円)』です。決して商売っ気丸出しでこのブログに紹介している訳ではなく、本当に心より皆さんに喜んで頂いているので、自分もつい嬉しくなり、もし他にも悩まれている方がいればと思いここに書いた次第です。


非常に伸びもよく、匂いもなく、付けた後もエッセンスなのでさらっとしていて違和感なく、アレルギーの方でも安心してお使い頂け、痒みも抑えるという事で人気が出たのだと思います。


最初は「新商品なので大丈夫かな・・・」などと思っていたのですが、今では自信を持ってお勧めしています。




CasitasGeo_m.jpg
おもちゃかCGのようですが、メキシコの本物の住宅です。


こんにちは^^昨日一昨日とおも~い曇り空が続き、今日は朝から雨模様となっているここ鹿嶋地方であります。冬の雨ってなんか心まで濡れ、重くなるように感じるのは自分だけでしょうか!?


さて「美容師さんに大人気」と言う事ですが、何が大人気かと言いますと、、美容師さんの悩みと言えば手荒れですよね(勝手に決めつけていますが・・・)。当店でも多数の美容師さんがいらっしゃるのですが、皆さん手荒れのご相談で来られます。その手荒れでお悩みの美容師さん達に大人気なのが、『ごまの強烈な臭い』で有名な外用クリーム「紫雲膏」です。



配合内容は
☆ごま油 ☆ミツロウ ☆当帰 ☆紫根 ☆豚脂

効能効果
ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火やけど、痔、肛門裂傷、かぶれ

となっています。


この軟膏が効く理由、勧める理由はと言いますと、
①傷を修復する作用が強い
②患部にある過剰な熱、炎症を鎮めてくれる
③殺菌、抗菌作用がある
という所だと思います。もちろん副作用的なものは全くありません。

美容師さんの荒れた手を見ると、多いのがパックリと至る所ひび割れ、中の肉が見えてしまっている場合が多いです。更に傷口から菌が入り炎症を起こし熱を持っています。この状態を見ると、先ほど書いた、傷の修復、炎症の改善、抗菌という三つの効果がピタリと合う事が分かります。


重い手荒れの改善には、もちろんこの軟膏だけでは不十分ですので、適時各種その方に合った漢方薬の服用が必要になってきます。


自分にあった安全なものを味方に付け、不快症状を緩和出来ると良いですよね!


402497409_d2469acba5_o_m.jpg
まんまるですね


こんにちは^^昨日に引き続き、今にも雨が降り出しそうなおも~い雲に覆われているここ鹿嶋地方であります。


さてこんなおも~い雲に覆われているような天候の時に、体の具合が悪くなる方がいます。その具合が悪くなる時の原因の一つをご紹介していきたいと思います。


湿度が高くなる、気圧が低くなると体内ではなにが起きてくるのかと言いますと、簡単に言いますと、炎症や浮腫が起きやすくなるのです。体内水分量が増す傾向にありますので、その過剰な水分が炎症を引き起こしやすくするのです。なので、分かりやすいところで言うと、風邪症状を長引かせて体が弱っているような時は、気圧が低い時、湿度が高い時は、肺などの炎症が進みやすくなるので、具合が悪くなるはずなのです。


風邪などの急性のものと違い、慢性的なものが原因で具合が悪くなる方がいます。それは漢方で言う『腎虚』と言う状態で、腎が弱っている状態を指します。現代医学が示す通り腎臓は各種ホルモンを分泌しており、その仕事の一つに体の各所の炎症改善、細胞の生まれ変わりを促進させるという作用があります。腎が弱っているとホルモン分泌や機能が低下しますので、体内水分量のバランスや過剰な炎症の改善が滞るので、湿度が上がったり、気圧が下がったりすると、様々な不快症状の原因となるのです。


○慢性的な疲れ、すぐに疲れる
○むくみやすい
○尿に関する不快感がある
○腰痛、膝痛
○下半身がふらつく
○ぼーっとしている事が多い、考えがまとまらない
○精力低下、やる気がない
○冷え性で寒いのが耐えられない、具合が悪くなる
○恐がり、不安症
○貧血気味

などの症状が有る場合「腎」の弱りが原因となって、「湿度が高い時に調子が悪くなる」と言う事に繋がっていると考えられます。
またこの腎虚という症状をお持ちの方は、気圧や湿度にも関係なく上の○に書いたような不快症状がつきまとう傾向にありますので、調子が悪いのは雨の日ばかりとは限りません。


改善法は
●規則正しい生活習慣
●食生活は日本食中心で腹八分目でよく咀嚼する
●塩分、糖分、アルコールは控えめに
●日常に自分にあった運動を取り入れる
●嫌なストレス、緊張から遠ざかる
●体を冷やさない、無理しない、酷使しない


漢方薬では各種補腎薬(体に必要な栄養たっぷり)や活血剤(血流改善薬)を基本とします。



自然の力や自己による節制で、体質改善、強化していけると良いですよね!!
1184316935_d50d86454a_b.jpg
自然は良いですね


こんにちは^^週間天気予報では、水曜日頃から天気が崩れるという予報だったのですが、早くも今日から厚い雲に覆われ、今にも降り出しような寒い天候となっているここ鹿嶋地方であります。


さて「WiiFitのフラフープ」と言う事ですが、Wiiという任天堂から発売されている家庭用テレビゲーム機があるのですが、その中のソフトでWiiFitという、付属の板に乗って実際に運動をするというソフトが発売されています。

そのWiiFit。妻が最近購入し、毎晩騒がしくトレーニングをこなしているのですが、(自分も一緒になって隣でやっています)その中でフラフープを回すというゲームがあるのですが、「コレがきつい!」というか「きく~!」という感じなのです。


6分間でカウントが約1000回ほど回すのですが、いつも二人で競争しながらがむしゃらに回しているので、終わる頃にはかなり「ハ~ハ~ゼ~ゼ~」息を切らし、真冬夜中10時だというのに半袖一枚で汗をかきながらマッスルしています。


そのせいか分かりませんが、体重は全くの不変(汗)ですが、ウエストがかなり引き締まりました。ベルトの穴2つ分も引き締まったのです。自分の感覚でもかなりウエストから下半身がみっちりしたような、引き締まったような感覚がしています。

ただ「腰をひたすらに回す」という単純な運動なのにこんなに効果があるなんて・・・・二人でビックリしています。


毎日「楽しみながら体を引き締める事が出来る」という点ではこのwiifitなかなか良いのではないでしょうか!自分は元々「体鍛えるなら外で運動!」強行派で、「ゲームで体鍛えるなんて・・・・」と思っていたのですが、やってみると結構辛い、鍛えられる、面白い^^と言うわけですっかり肯定派になってしまいました。


上手に利用して生活を豊かにしたいですよね!
536552595_98a0e693a7_b.jpg
自然のパワーを感じます


こんにちは^^曇り空でなんとなく湿気が多く、モワッとした重たい感じの陽気となっているここ鹿嶋地方であります。

こんな日に辛いのが、タイトルにある「めまい」をお持ちの方ではないでしょうか。そのめまい、今まで何度かこのブログでも書いてきましたが、また懲りずに書いていきたいと思います。(毎日思いつきで書いているもので・・・)


そのめまいの原因で多いものと言えば、圧倒的に「体内物質の不足」です。血、津液、精、気など人間が生きていくために必要なものが不足している場合が多いです。体内をまんべんなく栄養で満たし、潤いを持たせ、気力を起こさせる元となるものが不足しているのです。

ほとんどのめまいを訴える方は、少ない栄養を最も重要な脳に栄養を送ろうと体が頑張っている状態なので、常に体が緊張している傾向にあります。この状態では、栄養(陰血)の体内分布が極端に偏った状態となっているので、めまいが発生するのです。

そうなる原因は
○胃腸が弱く栄養を作り出せない
○腎が弱く栄養を陰血に転化出来ない
○過剰なストレス、不安、緊張
○働き過ぎ、精の消耗しすぎ
○偏った食生活、冷飲食、甘いのものの過剰摂取、ダイエット
○運動不足
○生活リズムが一定しない、昼夜逆転の生活リズム
○更年期などでホルモンが急激に変化する時
○先天的な体質
などが考えられます。

改善法としては、○に当てはまり自分で改善できるものは自分で改善し、出来ないものに関しては病院治療や漢方薬の出番となります。

この場合のめまいの改善は、血や津液、精の不足なので、その不足が改善されないと治りません。飲食物が栄養に転換されて、例えば不足した血に変化して、めまいの原因となる不足した分を補うのにはそれなりの時間が必要になります。(最低2ヶ月で、精が不足している場合は6ヶ月)ので「あせらずゆっくり治す」我慢が一番大事なのではないでしょうか。

漢方薬では
☆苓桂朮甘湯、半夏白朮天麻湯、補中益気湯、抑肝散加陳皮半夏、半夏瀉心湯、帰脾錠、加味帰脾湯、黄連阿膠湯、婦宝当帰膠、パナックスケイギョク、衛益顆粒、参馬補腎丸、至宝三鞭丸、海馬補腎丸、参茸補血丸、鹿茸大補湯、杞菊地黄丸、麦味地黄丸、知柏地黄丸、高圧丸、八味地黄丸、天王補心丸、清心丸などなどを、症状によって1~3処方を同時に用いるようにします。



と言う事で今週も頑張っていきましょう!!



2005sv-0806-259d-w.jpg
綺麗です


こんにちは^^良く晴れて風もなく、ここ何日で一番穏やかな日となっているここ鹿嶋地方であります。この陽気のせいか、店の前を歩きながら通り過ぎる人達の足取りが軽く見える気がします。



さて「夜中に何度も目が覚める方」と言う事ですが、ず~っと慢性的であまり不快感を感じないという方は別として、

●最近急に目が覚めるようになった
●夜間尿に何度も起きて不快である
●ふと目が覚めてその後なかなか眠れない
●目が覚めた時に頭痛がする
●朝起きた時眠りが足りない感じがする
●朝早く目が覚めてそれから眠れない
●体や心が緊張している感じがする
●頭が重い、ふらふら感がある

などの症状が伴い、何度か夜間に目が覚めるという症状が、最近急に起こるようになった場合やたまに起こる場合は、ある事が原因の一つとなっている事があります。



そのある事とは、漢方でいう『肝鬱』『肝火』『心火』と言う症状になっており、中枢神経や自律神経が興奮している状態といえます。そうなっている原因として

○過剰なストレス、緊張、興奮
○労働しすぎ、運動しすぎ、勉強しすぎ、性の消耗しすぎ
○パソコンやゲームのしすぎ
○食べ過ぎ、飲みすぎ、冷たい物の摂取、偏食、刺激物の過剰摂取(コーヒー、唐辛子、ニンニクなど)
○冷え症、風邪の悪寒時
○漢方で言う貧血、津液の不足、精の不足
○更年期などの体内環境の急激な変化時

などがちょっと考えると原因の一つとして考えられます。個々の要因が神経を興奮させるが故、熟睡出来ないので何度も目を覚ましてしまうのです。夜間尿の原因を然りで、体が緊張気味な時は、膀胱が十分弛緩していないので、ちょっと膀胱に尿が溜まるだけで尿意を催し、何度も排尿のため起きてしまうのです。


改善法としては、上に書いた○の当てはまるものの原因の改善と言う事になりますが、共通するのが、精神的、肉体的はありますが、『頑張りすぎ、消耗のしすぎ』という場合が多いような気がします。普段から自分の体と向き合い、小さな体からの「サイン」を見逃さないようにして、負担が小さな時に改善していく事が重要になりそうです。

もちろん各人、各症状に合っている各種漢方薬も有効です。


上手に自分の体をコントロールして、不快症状が緩和出来ると良いですよね!!


04_mSAFG.jpg
斬新!?


こんにちは^^非常に寒い日が続いていますここ鹿嶋地方であります。各所で水道管が凍結して水道が使えないなどの被害も出ているようです。


さて「生理痛はないのがあたりまえ!」と言う事ですが、この言葉自分が考えついたものではなく、「日本中医薬研究会」よりこのタイトルのリーフレットが送られてきたのです。


自分はこの言葉を見て素直に「本当なの!?」「ちょっと大袈裟じゃないの!?」などと少し思ったのですが、決して大袈裟ではなく、多少の違いや体質などはあるにしても、生理中の痛みは無いという事が健康な体においては言えるようです。


このリーフレットには、「なぜ生理痛が起こるのか?」「生理痛の仕組み」など細かい事にはふれていませんが、『健康的に生きるには、生理をまじめに考える必要がある』と言う事が書かれています。


「生理は健康のバロメーター」として

○生理の周期
25~38日

○生理持続期間
3~7日

○経血の量
50~100ml(総量)

○経血の色
赤~暗紅色

○経血の質
サラサラとした液状

などの正常な生理の目安を知る事により、自分の体調の変化を知る事が出来る事や

●体を冷やす事は、血流を悪化させ生理痛の原因になる事
●過労する事は、腎精や血を消耗させ生理痛の原因となる事
●刺激物の摂取や過度の飲酒は、胃腸や肝に負担をかけ血管を収縮させる為に、生理痛の原因となる事
●日々の体に対する養生や漢方薬で、生理痛を無くす体質改善が可能な事

などが分かりやすく説明されています。


その他基礎体温なども日々チェックしておくと、女性の場合自身の健康チェックに繋げられると思います。

上手に自己管理して、自分の健康維持に繋げられると良いですよね!




4_m.jpg
マウンテン!


こんにちは^^いや~日本全国冷蔵庫の中状態みたいですね。ここ鹿嶋地方も例外ではなく、ものすごい寒さとなっています。特に風がものすごく吹き荒れていて、寒さに拍車をかけています。


さてこの寒さ、大気の乾燥が続くと起こってくるのが、肌の乾燥ですよね!? 自分も乾燥肌で、冬は放っておくと口の周りががさがさになってしまいます。


そんな乾燥に良いのが「保湿クリーム」達です。 色々取り扱っているのですが、どれを取っても精鋭揃いで多数のお客様を虜にしているものばかりです。


順にご紹介していきます。

①FAクリーム  100g 2000円
リスブランから発売されている、顔用保湿クリームです。無添加で水にこだわって作られています。それ故多少口に入っても無害とされています。生まれたての赤ちゃんからご老人まで、安心して使える保湿クリームです。適応は肌がかさつく、突っ張る、乾燥する、粉を吹くという感じの時にピッタリです。


②ケアピローサエッセンス  95g 4000円
クラシエ薬品から発売されている、全身用(粘膜近辺はダメです)保湿美容液です。アレルギーテスト済みでデリケートで、かぶれやすい方でも安心して使用できます。エッセンスなので、非常にのびがよくワンプッシュでかなり広範囲に使えます。 適応は、肌がかさついて痒い、掻きすぎて赤くなっている、肌が赤くなっている、粉を吹いている、冬になると異常に肌が痒くなる、アトピー性皮膚炎という時にピッタリです。


③紫雲膏  50g 1700円
ウチダ和漢より発売されている全身用クリームです。保湿力、傷の修復、皮膚のバリア力改善に最適です。のびが悪く、においがきついので部分的に使う事が多いです。適応は、怪我、しもやけ、ひび割れ、ただれ、痔、魚の目、やけど、皮膚が赤くなって傷っぽくなっているという時にピッタリです。



他にも色々取り扱っているのですが、当店でご好評頂いてる上位3点をご紹介いたしました。


上手に利用して「美肌」に繋げられれば良いですね!
455387359.jpg
幻想的です



こんにちは^^冷え込みと空気の乾燥が進んでいるここ鹿嶋地方であります。昼間はさほどではないですが、朝晩の冷え込みは結構厳しいので気を付けたいですね。


さてここに来て、「インフルエンザ」が流行し始めたようです。処方箋にてちらほらインフルエンザのお客様が来始めました。ちらほら来始めると、一気に爆発的に増え始めるのがインフルエンザという病で、寒さ+空気の乾燥+ウイルスという条件が揃うと、学校や職場、人混みなどで人から人に流行していきます。


特に先ほど書いた条件以外に特に重要なのが、個人の免疫の強弱です。 

●冬に入ってから何度も風邪をひいている
●鼻や喉に炎症が起きやすい
●口や鼻が乾燥しやすい
●疲れやすい、疲れを引きずりやすい
●外食が多い、スナック菓子や甘い清涼飲料水を日常的に摂取している
●冷たいものをよく飲む
●冷えやすい、冷えやすい環境にいる事が多い
●運動不足、外にあまりでない
●先天的な体質による要因

などがあると免疫力の低下、低下させる要因となっていると考えられます。

特にインフルエンザ以外の風邪で、鼻や喉に炎症がいつまでも残っているような時は、インフルエンザなどに罹りやすくなりますので注意が必要です。マスクなどで予防するか、インフルエンザウイルスが有る環境から遠ざかる事が重要です。しかし万一かかってしまった時は、いかに早く治療するかが重要になります。特に漢方薬にての治療には「なるべく早く!」自分にあった漢方薬を服用し免疫を高めウイルスを撃退する事が、症状を悪化させない、長引かせない事に繋がります。


一番は、周りにインフルエンザに罹った方がいて、自分も「インフルエンザに罹ったかな!?」と思ったら外出を避ける、人と接する時はマスクをする等というように『人にうつさないようにする』事が最も需要になるのではないでしょうか。




04_m.jpg
マイナスイオンが伝わってきます


こんにちは^^昨日今日と、今期一番の冷え込みらしいですね!防寒対策をしっかりして体を冷やさないようにしたいですね。


さて漢方で言う「血」が足りない状態と言う事ですが、一般的に病院の検査などで貧血という場合は、血液を少し採りその中の血液成分の各値によって、正常範囲内かどうかによって判断するという検査になりますが、漢方でいう貧血とは、病院でいう血の薄い状態+『体全体に栄養が行き届いているか(量的な問題)、上手く血流が隅々まで行き届いているか(血質や自律神経の緊張による血管収縮)』など、体を総合的にみて判断します。


さらにその原因も

○胃腸虚弱で栄養が作り出せない
○腎虚で作り出した栄養を血に転化できない
○ストレス、虚弱体質などによる神経過敏で血管収縮、胃腸の働きが悪くなる
○余計な水分、熱、痰などの物質が血流や内臓の働きを阻害させる場合
○過剰な労働、勉強、運動、ストレスなどで血や津液を燃焼しすぎてしまう
○運動不足、長引く風邪、既往病、偏食などで体が弱ってしまう

などなど様々な原因が考えられます。
その原因によって対処法が違ってきます。



血虚と言って漢方で言う貧血状態となると、様々な症状が起きてきます。

●めまい
●不眠
●動悸、息切れ
●不安感、イライラ、焦り
●鬱やパニックなどの精神症状
●生理不順、無月経、生理痛、不妊
●頭痛、肩こり、疲れ目、耳鳴り
●冷え性、しもやけ
●食欲不振、下痢、便秘
●虚弱体質、肉体疲労
●腰痛、膝痛、精力減退、脱毛、物忘れ、寝たきりなどの老化現象

などなど、書いていったらきりがない位様々な症状を引き起こすと考えられています。

体全体に、潤沢な栄養が滞りなく循環している状態が正常なのに比べて、各所に栄養がうまく循環していない状態となっているので、当然と言えば当然です。

例を挙げると、目に上手く栄養が行っていない状態が続くと、疲れ目の原因になります。この状態だけを見ると、「目だけ」に栄養が足りていないように感じますが、本当は体全体に潤いや栄養が足りていないが為に症状が出ている場合が多いのです。たまたま酷使しやすい目に症状が出ているだけなのです。


一言に「貧血」といっても、色々と原因、症状、治し方があります。不快症状が続きなかなか治らないと言った場合この「貧血」が、原因の一つとなっているかもしれません。

上手に漢方の知恵を利用して、不快症状緩和に繋げられれば良いですよね!





2003la-038-31s-w.jpg
夫婦のようです


こんにちは^^相変わらず寒い日が続いてますね!朝は部屋の中でも10℃を切る位の気温となっているここ鹿嶋地方であります。

さてこう寒い日が続くと流行ってくるのが「風邪」です。当店にも年末位から現在にかけて、風邪症状を訴えてご来店される方が急増しております。


今回は『常備する風邪薬』と言う事ですが、つい先ほど超常連さんがお見えになったのですが、「元旦早々風邪引いちゃってさ~まいっちゃたよ!!」と来店早々話し始めました。「大丈夫だったんですか?」と聞くと、「それが常備しておいた漢方薬のお陰でひどくならなかったんだよ~」との事。

最初は喉の痛み、寒気、だるさ、食欲不振で、正月早々病院もやってないしどうなる事か・・・と不安に思っていたらしいのですが、熱も出てないので、「みやわきの漢方薬で乗り切ってみるか!」と常備しておいた「天津感冒片」+「桂枝湯」や「柴胡桂枝湯」を症状に合わせて服用したとの事です。

普段は風邪を引くとご来店になったり、電話にてご相談されるのですが、お正月と言う事で連絡を躊躇したとの事です。

これで風邪症状克服に対して自信がついたのでは!?と思います。


市販の総合の風邪薬も良いですが、漢方の風邪薬は各症状に合わせて、だいたい15種類位適応のものがありますので、風邪の細かい症状にピンポイントで合わせ効果を発揮します。症状もですが、体質によっても用いる薬が違ってきますので、自分にピッタリ合うものを常備しておくとこれほど力強い見方はありませんよね!?

自分も、冬場は風邪患者さんが多数ご来店されますので、よくうつってしまいそうになるのですが、その度に素早く各漢方薬を服用する事で、ほぼひどくなることなく毎年の風邪シーズンを乗り切っています。(もし漢方薬が無かったと思うとぞっとしますが・・)


上手に用いて風邪を撃退できると良いですよね!
03_m.jpg
面白い形です


こんにちは^^関東地方、今期初の雪が降ったようですね。ここ鹿嶋地方は、関東の中でも暖流の影響で、東京などでは降っていても滅多に雪は降らないので、今回も降りそうにない感じです。一年に一度は雪景色を見たいものです。


さて、雪は降らないまでも厚い雲に覆われ、非常に寒く冷え冷えとしています。そんな時にとても良い冷え解消法の一つを書いていきたいと思います。

その冷え解消法とは「お灸」です。


自分がたまに使っているのは「せんねん灸」ですが、ほとんど市販のお灸には、その症状に良いとされるつぼが、分かりやすく記されていますので、全く知識のない方でも大丈夫だと思います。
初めは一日一個程度から始められ、慣れてくれば徐々に増やしていけば良いでしょう。(添付文書により)


なんとなく初めは、「よくわからんな・・・」と思うと思いますが、数日続けるうちに「あれ?」「冷えが良くなってる」と感じる事と思います。(その方によりですが)


◎既往病などが有る方、皮膚病が有る方、アレルギーの方、皮膚が弱い方などは要相談です。更に風呂に入る前後1時間、運動直前直後、飲酒前後など血行が良くなっている時は、控えた方が良いでしょう。


ちょっと神秘的な感じがする「つぼ」を刺激して、自分の体を少し微調整してみるってなんか良くないですか!?


と言う事で寒さを吹き飛ばして頑張っていきましょう!!



2002na-050-15s-w.jpg
一度は生で見たい景色です


こんにちは^^相変わらず寒い日が続いているここ鹿嶋地方であります。近所の小学生達がダウンジャケットを着て登校しているのを見て「時代」的なものを感じています。


さて「高速道路の運転は疲れる」と言う事ですが、昨日正月休みで、東京に帰省していた嫁さんと娘を店を早々に切り上げて迎えに行ったのですが、片道2時間、少し休んで又帰りに2時間ほぼぶっ通しで4時間高速運転をしたのですが、、、運転している途中、直後は全く疲れは感じないのですが、今日になって何となくだるい、、あくびがよく出て明らかに疲れているな~と感じています。


たまにしか高速道路の運転をしないから疲れるのかな~なんて思ったりもしますが、誰しも高速の運転中は少なからず緊張している事と思います。脳を充血させ神経をとがらせ、不意の事態に備える状態になっていると考えられます。


なのでやはり疲れる事に繋がるものと思います。

「運転が仕事の方って大丈夫なのか!?」などと考えてしまいます。腰痛が職業病となっているようですが、神経の緊張から腰痛が引き起こされているような気がします。

防止にはやはりよく聞く『ちょくちょく休んでストレッチを行う』と言う事になりそうです。運転している途中は先ほども書きましたが、体は緊張していますので、疲れをあまり感じない状態となっています。ので「休まないでこのまま目的地まで行ってしまおう」と考えしまうのですが、後々の事、体の事を考えると休んでおく事が非常に大事になります。

仕事以外の時はなるべくリラックスして過ごす事が重要です。毎日身も心もゆっくりとしてよく噛んで暖かい食事を取り、少しぬるめの入浴で心身をほぐし、暖い少し堅めの敷き布団でゆっくりと熟睡し、少し大股歩きウォーキングなどで腰の筋肉をほぐすなどする事が、腰痛改善の一番の薬になりそうです。


日々の生活による養生で、少しでも腰痛が良くなると良いですよね!
2002na-018-18s-w.jpg
綺麗です


こんにちは^^朝から冷たい曇り空となっているここ鹿嶋地方であります。心なしか外を歩く人が今日は少ないような気がします。


さて『胃腸の弱い人のニキビや皮膚炎の原因の一つ』と言う事ですが、タイトル通りニキビや皮膚炎になりやすい又は慢性的に悩まされているという方で、胃腸が弱い、腹痛になりやすい、下しやすいなどの症状が有る場合の、「その原因の一つ」をご紹介していきたいと思います。


胃腸が弱いという事以外に当てはまりやすい症状として

●お酒を飲むと赤くなりやすい
●緊張、興奮、イライラしやすい
●下痢、便秘、ガス、げっぷをしやすい
●細かい事が妙に気になる
●足がつりやすい、筋肉がピクピクなりやすい、肩こり
●月経前症候群になりやすい
●不眠傾向、眠りが浅い
●偏頭痛、脇の痛み、肛門痛などになりやすい

などが付随する傾向にあるようです。このような症状が有る場合体で何が起こっているか!?と言いますと、交感神経の興奮による血流や各種津液などの流通の悪化です。一例として「緊張すると顔が赤くなる」と言う事がよく知られていますが、まさに自律神経が緊張して顔の表面に熱を持たせているのです。この状態が慢性的になると、過剰な熱や栄養物質の流通低下により、皮膚表面の免疫力が低下しニキビや化膿が起きやすくなるのです。

なぜこのような事が起こるかと言いますと

○先天的な体質
○過剰なストレス
○頭脳労働のしすぎ(ゲームやパソコンのしすぎも含む)
○肉体の酷使(過剰な運動、労働、過剰な性生活など)
○出産などで体力を消耗した時
○冷たい物や早食い、あぶら物の過剰摂取などで胃腸を痛めた時
○コーヒーやニンニク、唐辛子などの刺激物の過剰摂取
○考えすぎ、悩み、妬みなど

簡単に考えてみると、以上のような原因が考えられます。もちろんその人によってその感受性は異なります。ある人は同じストレスを受け続けても「何ともない」のですが、ある人は「すぐに体に反応が出る」というように人によって千差万別です。


改善方法としては、先ほど○に書いた事項を、自分で出来る事を改善する事が第一となります。
漢方薬としては、その状態を見て用いる薬は違ってきますが、炎症が強い場合は「清熱利湿」「涼血」などと言った「余計なものを除く」といった治療法を第一に用います。炎症はさほど強くない場合は、「疏肝」といって、過剰な交感神経の興奮を取り除く薬を主に用います。


交感神経の過剰な興奮が、皮膚炎のなどの原因の一つになる事があります。上手に原因を改善して美肌に繋げられたら良いですよね!!
06_island_64394_m.jpg
不思議な形です


こんにちは^^天気は良いですが、今週から来週にかけて寒い日が続くようです。くれぐれも体調の方崩さないように気を付けたいものです。


さて『美肌』と言う事ですが、ここ茨城に美肌に非常によい「冬限定」の食べものがありますのでご紹介したいと思います。

その食材とは「あんこう」です。深海魚のあんこうって知ってますよね!?有名なのが「あんこう鍋」で大洗やひたちなか、北茨城などの漁港、食事何処、旅館やホテルなどでよく見受けられます。

なぜ美肌に良いのか!?と言いますと、豊富なビタミンA、B1、B12などの造血や美肌に良いと言われるビタミン類を豊富に含み、更にEPA・DHAという不飽和脂肪酸を多く含む事により血流改善、抗酸化作用、抗炎症作用が期待できる事、コラーゲンを含む事等が美肌に効果があると考えられます。

まとめますと、造血に効果があり、肌の生まれ変わりを促進させ美肌を維持し、余分な脂肪分や炎症を取る効果が期待できそうです。天然物なので胃腸からの吸収率も抜群です。


こうやって書いてみると、何やらものすごい食材のような感じがしますけど、あんこう鍋を一回食べたからって皆がお肌ツルツルとなるとは限りません(笑。がしか~~し!あん肝たっぷりのあんこう鍋を元気がない時に食べると確実に元気が出ますし、肌の調子が良くなるのも確かです!特に「どぶ汁」と呼ばれる、たっぷりの肝をすりつぶして鍋の汁にする鍋があるのですが、最高に元気が出ます。


自分もお正月に北茨城の温泉に出かけたのですが、その時食べたあんこうの「どぶ汁」の美味しさと栄養の豊富さは最高級でした!茨城に住んでて良かった!なんて思ったりもしました。

自然の恵みに感謝です。
2002na-016-09s-w.jpg
色彩豊かな素晴らしい自然 

明けましておめでとうございます!

本日より新春初売りしております。当店及び当kanpoブログを今年も宜しくお願い致します。

今年は元旦より天気の方も安定し、気温の方も安定して、素晴らしい年を予感させる新し年のスタートとなっています。昨年は良い事も悪い事も色々とありましたが、また新年より心機一転頑張っていきたいと思います。



何か健康や漢方に関する事を少し書こうと思ったのですが、、、ちょっと休みぼけ気味で、なかなかいつものように、なめらかにキーボードを打つ事が出来ません。(笑)ので今回は、お正月中に食べ過ぎや飲み過ぎでちょっとお腹の具合の宜しくない方に、一つだけ良い薬をご紹介したいと思います。

それは『咀嚼』です。食事をよく噛みゆっくり食べる事!この一点です。こ一週間だけでも結構なので、一口20回以上噛んで、まるでミキサーにかけたが如くにしてから飲み込むようにして下さい。驚くほど胃腸の調子、体の調子が良くなりますよ!



と言う事で、改めて今年も宜しくお願いします。



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい

FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ