FC2ブログ
Archive
P4250219_convert_20080625162050.jpg
春満開です


こんにちは^^まだまだ肌寒い日か続いてますが、日々暖かくなるのを実感できる今日この頃ですね!

さて「肩こりと胃腸の関係」と言うことですが、肩こりで悩んでいる方結構多いのでは!?当店に漢方相談にお越しになるお客様に「肩こりはありますか?」と聞いてみると、大体8割位の方が多かれ少なかれ肩こりを感じているようです。

一言に肩こりと言っても、ただ単純にパソコンのやりすぎや偏った運動によって起きる軽いものから、今からご紹介する内臓の不振が原因となって起こるものまで、様々なものが原因となるようです。


その中で、胃腸の不具合が原因で肩こりが起こる場合があります。

●冷たいものの取りすぎ
●慢性的なストレス
●飲酒のしすぎ
●菓子類の取りすぎ
●あぶら物の取りすぎ
●食べ過ぎ、飲み過ぎ
など、日常に積み重なる胃腸への負担によって炎症が起きてくると、その部分の修復の為に全身の血流が悪化します。さらに胃腸自体の働きも悪くなるので、入ってきた栄養を上手く取り込む事が出来なくなり、体全体の栄養状態も悪化しますので、相乗効果で体表部や筋肉への栄養の供給が減ってくるのです。

栄養の減少、血流の悪化が起こった時に一番打撃を受けるのが、人間が生活していく上で負担が掛かりやすい肩や腰なのです。

○最近急に肩こりするようになった
○口臭を伴う
○食欲がない、逆に妙に食欲が亢進する
○下痢便秘が続く
○吹き出物が出るようになった
○口内炎や舌が痛むことが多い
○目が疲れる、耳が痒い
○頭皮が痒い
などの症状が伴う場合は「胃腸」の弱りや炎症が原因で、肩こりや腰痛が起こっている場合が多いです。


改善法としては、食生活を見直すことが第一となります。
●日本食中心で薄味でよく咀嚼して
●冷たい物は摂らない
●飲酒は控える
●甘いものは取らない
●菓子類や加工食品は控える
●ストレスから遠ざかる
●適度に運動する
●睡眠時間をきちんと取る
等が考えられます。

各種胃腸の環境を整える漢方薬も、各種症状に合わせて20種類以上ありとても効果的です。


肩こりも体内からの一つのサインです。そのサインを見逃さずに早期に改善しておくと、胃腸の不具合も早く良くなり、不快な肩こりも早期によくなる事があります。早く良くなって嫌な肩こりが無くなれば良いですよね!


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ