FC2ブログ
Archive
こんにちは^^昨日の夜からですが、何とも暑苦しいここ鹿嶋地方です。温度も湿度も今日になって急に上がり不快指数はかなりのものです。早くスカッと晴れて気持ちいい陽気になって欲しいものです。


さて「原因不明の胸の痛み」という事ですが、このような訴えをされる方のご相談が最近多くなっています。皆さん胸の痛みですから、「心臓」に何かしらの異常があって痛みが走っていると思うらしく、病院にて検査を受けている方も少なくありません。しかし病院の検査では殆ど異常が見受けられないので、何の処置も出来ない場合が多いようです。

そこで漢方の出番となりますが、この原因不明の胸痛の原因はといいますと、多いのが「気滞」といって津液や血液、栄養など、細胞が健康を保つ上で欠かせない物質の、正常な流通が滞っているというものです。

その滞りの症状がなぜ胸部に出るのかといいますと、「肝」や「胃腸」にトラブルがあると胸部に症状が出やすいからなのです。その詳細な原因は良く分かりませんが、男性でも肝機能にトラブルがあると女性のような乳房になったり、脂っこいものを食べ過ぎたりアルコールを飲みすぎたりすると、胸部に痛みや張ったような感じや痛みをおぼえたり、イライラや悩み、ストレスが多かったり、付随して食欲不振、胸焼けなどがあると胸脇部に張った感じや痛みを覚えやすくなり、更に肝機能や脂肪の数値に影響が出たりする事や、月経前で肝臓の働きが阻害され、脂肪や栄養分などが過多となりすぎると乳腺が張ったり痛んだりなど、ちょっと考えただけでも様々な関連性があるとされるような事が思い浮かびます。


肝や胃腸のトラブルを改善し、胸部の痛みを改善させる方法として
●ストレスから遠ざかる
●考えすぎない、悩まない
●軽いスポーツなどで体も心もリフレッシュする
●辛いもの、味の濃いもの、あぶらっこいもの、甘すぎるものは避ける
●アルコール、タバコはほどほどに
●コーヒー、玉露は控えめに
●運動のしすぎ、日光の浴びすぎ、仕事のしすぎ、遊びすぎは控える
●食事はバランスよく、よく咀嚼して
●軽いストレッチやヨガを毎日行う
などが考えられます。

漢方薬としては、シンサージ、ホンサージ、炒麦芽、晶三仙、逍遙散、抑肝散加陳皮半夏、小建中湯、茵陳蒿湯、猪苓湯、竜胆瀉肝湯、肝生、冠元顆粒、冠脈通塞丸、循環元、桂枝加芍薬湯、各地黄丸類などをその方の症状に合わせ用いると効果的です。


どんな些細な症状にもきちんと原因があります。体質などもありますが、その原因を自分で改善出来る場合は改善し健康生活に繋げて行くことが大切です。

スポンサーサイト



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ