FC2ブログ
Archive
こんにちは^^梅雨空から一転、今日はこの夏一番の暑さとなっているここ鹿嶋地方です。ここ2、3日で急激に気温が上がりましたので、熱中症などに注意したいものです。

この気温の急上昇時に気を付けなければならない事があります。先ほども書きましたが、その一つとして「熱中症」が考えられます。

いきなり気温が急上昇するこの季節、体が気温の変動に全くついていけないので、いつもよりも汗の量が多くなり、脱水となって熱中症を引き起こしやすくなるのです。この時期に外で汗をかくような時は、無理をせずこまめに水分を摂り、出た汗はこまめにふき取る、夜は外出せずゆっくり休む、三食しっかり食べるなどする事が、熱中症予防には重要です。

更に気を付けなければならない事があります。気温の急上昇に一番敏感な臓器として肺が挙げられるのですが、唯一外気と通じているので、一番外気の影響を受けやすく、急に気温や湿度が変動するような時期は、肺や皮膚の病が出やすいので注意が必要なのです。

この時期は過剰な「熱」が肺を襲うので、肺が熱を持ち乾燥しやすくなります。症状として、「粘っこい痰が絡みやすくなる」「空咳が出る」「胸が苦しい」「喉や口が渇く」「動悸息切れ」「手足が痺れる」「体がだるくなる」などが考えられます。これらの症状がある時は、急激な気温の上昇により、肺がダメージを負っている事が考えられますので、休憩を多めにとったり、水分をこまめにとったり等何らかの対策をした方が良いでしょう。
特に肺や喉、鼻に慢性病をお持ちの方や、「夏に弱い」乾燥に弱い」「風邪を引きやすい」「肌が弱い」などがある方は、この時期だけは暑さに敏感になった方が良いでしょう。

漢方での対応として、「証」によりますが、『麦味参顆粒』『ケイギョク膏』『潤肺糖ショウ』『麦味地黄丸』『麦門冬湯』『炙甘草湯』など、肺を潤う作用のあるものを主に用いるようにすると効果があります。


季節の変わり目は、上手に体を養生し健康維持に繋げて行けたら良いですよね!


スポンサーサイト



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ