FC2ブログ
Archive
こんにちは^^朝からシトシトと梅雨の雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。湿気が多い日が続いています。食中毒が多い時期ですので、古い食品には気を付けたいものです。

さて『ゲーム脳』という事ですが、最近?ちょっと前?よく聞いた言葉ですよね!? 全く知らないという方もいるのでは? 

このゲーム脳、どのような脳なのか一言でいいますと、「ゲームのしすぎによって切れやすくなる(興奮しやすくなる)脳」と言えます。では何故ゲームをしすぎると切れやすくなるのか簡単に説明します。

ゲームをしている時の脳というのは、ほぼずっと興奮状態にあります。他の行動に例えてみますと、喧嘩をしている状態、楽しい遊園地などにずっといる状態と同じと言えるのです。なのでたまにならドーパミンという、体を活発にさせリフレッシュさせる神経伝達物質が放出され、脳や体全体にとって良いことが多いのですが、それが慢性的となると一種の麻薬ではないですが、体の恒常性(健康維持)を保つ物質が不足し体全体のバランスが不均衡となるのです。

そうなるとゲームによって引き起こされる脳の興奮(暴走)を止めることが出来ません。何に対してもイライラしやすくなり自分の感情に歯止めが効かなくなります。ひどくなると体も常に疲れたような状態となり、無気力、イライラしやすい、不安感が強い、妄想、食欲不振又は過食、不眠、頭痛、うつ、パニックなどの症状が出てきます。


過剰な興奮状態が続いたため、脳や肝気の興奮を止めるセロトニン、元気を取り戻すアドレナリンなどの脳内伝達物質を生成する五臓六腑の疲れ、炎症、脳の反応性過剰による材料の不足などが原因となり『ゲーム脳』となるのです。

このゲーム脳、ゲームだけが原因ではなく、過剰なストレス、仕事のしすぎ、スポーツのしすぎ、飲酒の習慣、薬物乱用、コーヒーの飲み過ぎ、甘い清涼飲料水の飲み過ぎ、甘い又は油っぽい菓子類の摂りすぎなどでも起こります。


改善法として、
●興奮、不安、緊張、ストレスを感じるような事から遠ざる
●毎日規則正しい生活習慣を守る
●三食きちんとした日本食を食べ間食を節制する
●積極的に外へ出て軽い運動をすることを日課とする
●考え込まない、思い悩まない
●飲酒、コーヒー、玉露は控えめに
●ストレッチ、ヨガ、アロマ、ぬるめの半身浴などで積極的リラックスする
などが考えられます。

漢方としては
初期の興奮状態が強い時には、脳の興奮を抑えるようなものや、血流を改善させるものを
中期以降の興奮+全身の機能低下が加わった時は、初期治療プラス体の栄養状態を改善させるようなもの、肝や腎機能を向上させるようなものを加えていくようにします。


何でもそうですが、『やりすぎる』事は体に負担をかけるようです。






スポンサーサイト



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ