Archive
こんにちは^^昨日までとはうって変わり気温が急降下、大変過ごしやすくなっているここ鹿嶋地方です。

我が家にトイプードルが2匹いるのですが、昨日散髪をすませ、2人ともスッキリ「サマーカット」になりかなり涼しげで気持ちよさそうだったのですが、今日になってみると何だか寒そう・・・ちょっと切りすぎた・・・ちょっとした気温の変動によって自慢のサマーカットの見え方もかなり違ってくるようです。

さて「急に気温が下がった時は」ということですが、昨日最高気温が33℃で今日は25℃と、一気に8℃も急降下。このような時の体調管理として気を付けたい事を書いていきます。

体が頑丈でいつも元気いっぱいの方は気にしなくてもイイと思うのですが、子供さんや疲れやすい方、慢性病を抱えている方、ご老人など体力が変動しやすい方は注意が必要です。

気を付ける事として、
○気温が下がった時は衣服をこまめに調節する
○薄着で長時間風に当たらない
○窓の開け閉めをこまめに行い風にあまり当たりすぎないようする
○プールや水浴びなどはしない
○冷たいものを飲食しない
○濡れたり、汗をかいたりしたらすぐにふき取る
○日が沈んだら出歩かない
○寝る時はその日の気温によって掛け布団を調節する
などを行うと体力の無駄な消耗を防ぐことが出来ます。

風や水に当たったり、体や胃腸を冷やしたりすると、夏ばて傾向の弱った体に拍車をかけてしまいます。きちんと体を養生し、健康管理に努めていきたいものです。


日々外気は変化しますし、人間の体も変化します。その時々によって体を養生し、いかに健康で快適に過ごしていけるかを考え生活していくことが重要です。



こんにちは^^相変わらずスッキリしない蒸し暑い天気となっているここ鹿嶋地方です。今年は太平洋高気圧の勢力があまり強くないようで、低気圧がいつまでも日本全域に停滞しているようです。早くいつも通りの夏がやってきて欲しいですね。


さて「胸が苦しくなる時」ということですが、今回のこの胸が苦しくなるとは、よく聞く「恋の悩み」的なものではなく、この暑い季節に比較的多く、疲れた時や暑い日が続いた時、体力が低下した時などにみられる「胸の苦しさ」について書いていこうかと思います。


この胸の苦しさの原因として、大きく3つの臓器が関係していると考えられます。
原因になっている臓器として漢方で言う「肺」「胃腸」「腎」が関係しています。その胸の苦しさとの関係として

●肺
肺は外気と直接繋がっている唯一の臓器です。よって外気の影響を受けやすく症状が出やすいのです。外気が急に暑くなると、呼吸によって入ってくる吸気も必然的に熱くなります。熱くなるということは、肺組織が乾きやすくなったり、津液が濃縮したりしやすくなります。肺の組織が熱を持って乾き潤いが無くなると「息苦しさ」となってあらわれるのです。

●胃腸
胃腸は水分や栄養を取り込む臓器です。胃腸が弱り水分や栄養の取り込みが悪くなると、熱で乾いた肺や全身の弱った組織を修復出来なくなります。そうなると全身状態が悪くなるので疲れやすくなり、更に肺の炎症の修復も出来づらくなりますので、「息苦しさ」となってあらわれるのです。

●腎
腎は「息苦しさ」に関係するものとして、体の水分量を調節し、炎症を修復するホルモンの分泌に関わっています。腎が弱ると各細胞に適当な水分を保持することが出来なくなります。水分が不足すると過剰な熱を冷却することが出来なくなり、熱や炎症が激化しやすくなります。熱い外気の吸気によって起こる肺の渇きを冷ます冷却水やホルモンが不足するので「息苦しさ」という症状が出やすくなるのです。


以上「息苦しさ」がおこる簡単な説明になります。肺だけが原因の場合は、夏だけで一過性の場合が多いのですが、比較的慢性的で良くこの症状が出る場合は、胃腸や腎、更には「肝」による影響が考えられます。


改善法はいつもと同じになりますが、
○ストレスから遠ざかる
○食事は日本食中心、薄味、腹八分目よく咀嚼して
○甘い飲み物、間食は控えめに
○夜9時以降は何も食べない
○夜はゆっくり早めに就寝する
○積極的に毎日軽い運動を
○規則正しい生活習慣を
○酒やタバコは×
などが考えられます。


各種原因別漢方薬も効果的です。その方その症状によってオーダーメイドの漢方薬で体質改善すると効果的です。
良く用いるものとして
☆麦味参顆粒 ☆バクモンドウ湯 ☆ケイギョク膏 ☆麦味地黄丸など
☆補中益気湯 ☆六君子湯 ☆人参養栄湯 ☆加味帰脾湯 ☆ヨクイニン ☆半夏厚朴湯 ☆半夏瀉心湯 ☆茵陳蒿湯 ☆チョレイ湯など
☆六味丸 ☆杞菊地黄丸 ☆八味地黄丸 ☆チバク地黄丸 ☆天王補心丹 ☆滋陰降下湯など
+αとして
☆逍遙散 ☆冠脈通塞丸 ☆桂枝茯苓丸 ☆ビイレバーキングなど
以上が主となります。


体の渇きが「息苦しさ」となって表れます。生活習慣や漢方薬などを上手に用いて、自分をコントロールし不快症状を緩和出来ると良いですよね!
こんにちは^^今日は朝から雨模様のここ鹿嶋地方です。この季節は天候の変化が激しいので、体調管理に気を使うという方多いのでは?


さて「夏場の血糖値に注意」ということですが、なぜ夏に注意なのかといいますと
●夏は体が栄養をため込もうとする為血糖値が上がりやすくなる
●汗をかくので、水分補給する際甘いものを摂る機会が増える
●そうめんなどの炭水化物だけを摂る機会が増える
●外部環境や多汗により体内水分量の減少(消化液の減少)
●ビールや清涼飲料水などの冷たいものを摂る機会が増える事や暑い環境によって脾が(胃腸や膵臓)が弱る
●室内にこもりがちになるので運動不足となる
●寝る前又は夜間に糖分を過剰に摂取する(これは夏場だけとは限りません)
などが原因となり血糖値に影響します。


血糖値が上昇している時の症状として
○手足の末端近くや足の裏がチクチクと痛む
○喉が異常に渇く
○肌荒れしやすい
○汗がダラダラといつまでも流れる
○物忘れがひどい、イライラしやすい
○尿量が増える
○膀胱炎になりやすい
○食欲不振又は食欲異常亢進
○頭がぼーっとする、疲れやすい、集中力低下
○むくみ、痩せる
○尿が濁る、匂いがきつくなる
○目が疲れやすい、かすみやすい
○甘いものを飲んだ、食べた後具合が悪くなる
などが出やすくなります。


一概には言えませんが、症状がひどい場合は一度医療機関にて検査した方が良いかも知れません。


症状が軽いうちは食事療法にて十分改善可能です。普段の食生活に十分気を付けて生活し、自己の健康管理に繋げられれば良いですよね!
こんにちは^^日本各所で大雨や突風の被害が出ていますね。この季節は天候がいきなり変わる事が多いので注意したいものです。


さて「困ったことが起こりました」ということですが、その困ったこととは「何点かの漢方薬の入手が当分出来ない」ということです。

何点かの漢方薬というのは、イスクラ産業㈱から発売されているもので、当店でダメージの高いのが
●帰脾錠
●香砂六君子湯
●補中益気丸
●衛益顆粒
以上の4点です。

お客様の大事な健康維持、体質の改善に力になっている商品ばかりで、本当に「申し訳ありません」という気持ちで一杯です。

何故入ってこないのか!?という疑問がありますが、中国の会社から輸入している商品なので、どうもそちらの会社とのトラブルがあるとのことです。商品の入荷の見通しも全くついていません。

引き続きこの4点の購入を希望されるお客様には、お断りせざるを得ない状態となり非常に申し訳ないと思っています。しかし当店には他にも多数の信頼ある漢方薬を取りそろえてありますので、今後は以上欠品四点の漢方薬に変わるものをご用意させて頂きます。どうぞご安心下さいませ。

以上商品欠品の簡単な説明になります。




何があったか分かりませんが(イスクラ産業のセールスも誰も説明に来ず、FAX一枚の通達なので・・・・・)、本当に困ったものです。少し大げさかもしれませんが、「人の命」を扱うとても大事なことなので、自分自身もかなり困惑しています。今後はこのようなことが無いよう十分配慮していければと思います。


これからも宜しくお願い致します。

こんにちは^^すっばらしい夏空に包まれているここ鹿嶋地方です。気温も急上昇し、まさに夏休み!といった感じです。近所の小学生達が笑顔で遊び回っています。

さて「夏は足の裏が痛くなる」ということですが、夏に限りこのような訴えをされる方結構多いのでは!?自分もなのですが、暑い時に外を歩くことが多かったりすると、たちまち足の裏がジンジンと痛重い感じになってしまいます。気が付けば治っている事が多いのですが、痛みがある時は結構不快なものです。

その痛みの原因ですが、一言でいうと「足の裏の炎症」です。歩く時は当たり前ですが足の裏が唯一刺激を受ける場所となります。その時に少なからず炎症が起きるのですが、普段(真夏以外)であればすぐに自己の再生機能によって炎症は治まりますが、真夏は気温の上昇に加え、体の各所において炎症が進みやすくなるので、炎症部位の再生が追いつかなくなるので、炎症が激化し痛みが発生するのです。


対策として、
○夜はゆっくりと休む
○風呂は温めであっさりと
○食事はバランス良く良く咀嚼して
○夏野菜を積極的に
○水分をこまめに摂取、甘いものは×
○昼休みはしっかり休む。昼寝が良い
○アルコール、タバコは控えめに
○痛む場所を氷やタオルなどで冷却する(痛み止め成分が入っている湿布などは×)
などが考えられます。

その他汗をよくかくような方は、ビタミンB群の摂取、各種ミネラルの摂取も心がけた方が良いかもしれません。

漢方では
●血流を良くするもの
●体を潤す作用のあるもの
●炎症を抑える効果のあるもの
などを主に
●胃腸機能が弱っているような時は胃腸薬を
●自律神経の緊張がある場合は緊張をほぐすものを
●栄養が不足している場合は補血を
などをその症状によって加えていきます。


不快症状には理由があります。上手に自己の体を管理し、不快症状が緩和されると良いですよね!
こんにちは^^相変わらず雲が多いここ鹿嶋地方です。気温の方はさほどではありませんが、湿度は高く不快指数はかなりのものです。

さて「たいして食べないのに太る方の原因」ということですが、このような悩みを抱えている方結構多いのでは!?その証拠として、漢方の各種痩せ薬といわれている商品が飛ぶように売れているようです。

その漢方の痩せ薬ですが、良く出回っているのが「防風通聖散」や「防已オウギ湯」と呼ばれるものです。簡単にいうと「防風通聖散」のほうは、体を興奮させるような効果と便通を良くする効果があり、「防已オウギ湯」のほうは、過剰な皮下の水分を無くし尿量を増やすといった効果が期待できます。『たいして食べないのに太る方』にこれらの漢方薬が適応になるのかといいますと、答えはNOです。

なぜNOなのかといいますと、食べないのに太る方というのは、体があまり強くないが故に太っているので、無理に便通を付けたり、無理に水分を排泄させたりというような、体力を消耗させるような攻撃的な薬は合わないのです。


肝腎の太ってしまう原因ですが、一言でいうと「有用な水分や栄養を血管や細胞内に保持する力が不足している」からなのです。きちんと血管や細胞内に栄養や水分を保持出来ないから、細胞外(皮下やお腹など)にあふれ出し、それが浮腫や脂肪が付きやすくなる原因となるのです。それらによって浸透圧を調整し体の恒常性(バランス)を保ち、健康を維持しているとも考えられます。内臓や筋肉、ホルモン系が少し弱いため、体のバランスを保つために太ってしまったり、各種体や心の不快症状の原因となるのです。

対策として
●食事は日本食中心で薄味、よく咀嚼して腹八分目(顔の筋肉を鍛え、脳血流も良くする)
●自分に合った軽い運動を毎日続ける。積極的に動く
●甘い食べ物、甘い飲み物は少しだけ。間食もなるべく控える
●飲み物はハト麦茶や麦茶を常温で
●寝る前はなるべく飲食しない
●疲れすぎない、無理しない、ダイエットしない
などが考えられます。

漢方薬としては
○補中益気湯
○六君子湯
○半夏瀉心湯
○ヨクイニン
○晶三仙
○人参養栄湯
○加味帰脾湯
○六味丸
○八味地黄丸
○麦味地黄丸
○牛車腎気丸
○霊芝類
○ケイギョク膏
などをその方、その症状に合わせ1~3種類程度をお勧めする事が多いです。


体質にもきちんとした理由があります。自分の体質を把握し、健康維持に繋げていけると良いですよね!


こんにちは^^梅雨に逆戻り?したような天気が続いているここ鹿嶋地方です。近所の夏休み入りした子供達が元気に遊び回っています。早く夏休みらしい眩しい天気に戻ってくれるといいですよね!


さて「ニキビが綺麗になりました」ということですが、最近ニキビでお悩みになられご来店されるお客様が何名かいらっしゃっているのですが、皆さん順調に良くなられています。その晴れ晴れしく綺麗になった顔を見ているとこちらまで嬉しくなります。

ニキビに用いる漢方薬も多数有るのですが、最近よくお勧めしているのが「胃腸の働きを助ける+血流を改善する+過剰な熱を抑える」といった作用のある漢方薬です。

ニキビの発生原因で多いのが
○胃腸環境の悪化
○抵抗力の低下
○肝機能の低下
○血流や津液、ホルモンなどの分泌、流通の悪化
○様々な原因によって発生する過剰な湿や熱
などが関係していますので、上記漢方薬がよく適応となるのです。

胃腸薬にて胃腸環境を整えたり、抵抗力の向上、余計な水分の排除を行い、血流の改善作用にて、肝機能向上、血流、津液、ホルモンなどの流通を改善させます。更にニキビの炎症によって発生する過剰な熱を清熱させ不快症状を緩和させます。漢方療法では、体全体をみて「ニキビの原因」を断つことを行い不快症状を改善していきます。


普段の生活では
●夜更かしはしない
●食生活は日本食中心で薄味よく咀嚼して
●菓子類は食べない(特に甘いもの)
●刺激物(唐辛子、炭酸類、大蒜、らっきょうなど)は控えめに
●甘い清涼飲料水はあまり摂らない
●毎日軽い運動を取り入れ適度に汗をかく習慣を
●ストレスから遠ざかる
●ストレッチ、ヨガ、アロマ、趣味などでリラックスを
などが考えられます。

漢方薬では
☆加味ショウ遙散
☆逍遙散
☆茵陳蒿湯
☆黄連解毒湯
☆竜胆瀉肝湯
☆柴胡清肝湯
☆五涼華
☆晶三仙、炒麦芽
☆半夏瀉心湯
☆消風散
などをその方、症状によって使い分けます。


不快なニキビから解放されて、いつまでも瑞々しくいたいですよね!
こんにちは^^今日は皆既日食ですね!昼間だというのに、妙に薄暗い感じがするここ鹿嶋地方です。雨降りというのも重なり、夕方のように暗くなり不思議な感じとなっています。

さて「昼間のアルコールに注意」ということですが、この夏場に限り少し注意したほうがいいようです。連日日記にも書いていますが、夏というのは気温が高くなるので、体内水分量が減少しやすくなります。アルコールはその体内水分量の減少に拍車をかけてしまうのです。

その理由は、アルコールの分解を行うのに水分が必要なのです。アルコールの解毒に水分が必要になり、用を終えた水分は最後に尿として排泄されてしまいます。アルコールをとればとるほど体内の貴重な水分を奪われてしまうのです。さらにアルコールは血管を拡張させる効果がありますので、体内の貴重な水分を体のあちこちに分散させてしまうので、脱水に拍車を掛けてしまいます。酔っ払うと脳の機能も麻痺しますので、脱水の危機を察知する事が出来なくなりますので更に危険度が増してしまいます。胃腸の機能の低下も考えられ、水分や栄養の取り込み能力も低下する事も考えられます。トータルで考えると昼間の飲酒は体にとってあまり良くないようです。(ストレス解消、楽しい時間を過ごすという面では◎)

軽い脱水で倦怠感、めまい、頭痛、食欲不振などの場合は、適切な処置を行えば回復も早いと思うのですが、重度の脱水では脳梗塞や心筋梗塞など取り返しのつかない思い病になることも考えられますので注意が必要です。


○炎天下での飲酒
○スポーツをしながらの飲酒
○めまい、頭痛を伴うとき
○体が疲れているとき、調子が悪いとき
○下痢、食欲不振を伴うとき
○風邪をひいているとき
○各種慢性病、精神疾患
などがある場合は、昼間の飲酒はまず控えたほうが良いでしょう。

これからの季節は海でバーベキューやキャンプ、旅行など色々イベントがあると思うのですが、昼間飲む時は自分の体と相談し、楽しい時間を過ごして行きたいですよね!


こんにちは^^久しぶりの雨のとなっているここ鹿嶋地方です。夏の暑さの方も一段落し、過ごしやすい日となっています。こんな日は日頃の疲れを癒し、ゆっくりとしたいものです。


さて「認知症予防の漢方」ということですが、その認知症予防に良いとされる漢方薬の中の一つをご紹介していきたいと思います。

漢方薬は「証」といって、その方の体質に合っている事が大前提です。もちろん認知症予防に用いるものも然りですので、一括りにこの漢方薬が良い!ということは言えません。

今回ご紹介する漢方薬は「黄連阿膠湯」です。処方構成はオウレン、アキョウ、シャクヤク、オウゴン、卵黄粉末になります。どのような漢方薬かと言いますと、体にある余計な熱を冷ます効果があり、血流を促進させ、体(特に脳)に必要な栄養を沢山含んでいるといった処方構成になります。

効能は
鼻血、不眠症、かさかさした皮膚の痒みとなっています。

この黄連阿膠湯の適応となる方の体質として、陰虚、心火旺といって、老化や体質、慢性病などによって体の栄養状態が比較的悪く、余計な熱が体にこもっている様な方にピッタリの漢方なのです。オウレン、オウゴン、アキョウで体にある余計な熱を処理し、シャクヤクで血流を促進させ、卵黄、アキョウ、シャクヤクにて栄養状態を改善させます。


当店では認知症の予防はもちろん、慢性的な不眠症、皮膚炎、関節炎、イライラや不安感などに用い良い効果を上げているなくてはならない漢方薬の一つです。


少しだけ漢方の力を借り、大きくQOLが向上すれば良いですよね!
こんにちは^^今日は相変わらずの曇り空となっているここ鹿嶋地方です。厳しい暑さの中休みでしょうか、暑さが一段落していますので、連日の猛暑で疲れた体を癒すには良い日となりそうです。


さて「怪しい風邪が流行っています」ということですが、ここ一週間くらい40℃の発熱を訴える子供さんが増えています。40℃近くの発熱が2~3日続き、更に人から人にうつる風邪が流行っているのです。症状は高熱、咳、食欲不振、体のだるさなどが主のようです。

この風邪、ただの夏風邪とは明らかに違います。怪しい風邪とタイトルに書きましたが、今世界中に猛威をふるっている「新型インフルエンザ」では無いことを祈るのですが、症状を見ますと「インフルエンザ」そっくりなのです。

夏風邪だと下痢などの胃腸症状や発疹、目の痒みなどを併発することが多いのですが、今回そのような訴えをあまり聞かないのが気になります。皆さん、病院にてインフルエンザの検査をしてもらってないのでハッキリしたことは言えませんが、用心にこしたことはありません。

○怪しい人を見かけたらあまり近づかないこと
○うがい手洗いの実施
○漢方が好きな方は(天津感冒片、銀翹散、板藍根)などで早期対策
○高熱がでたら、きちんと病院にてインフルエンザの検査をしてもらう
○看護する者はうつらないようきちんと養生する
○睡眠をたっぷり取り、三食もりもり食べる
などの対策が考えられます。

「災害は忘れた頃にやってくる」ではないですが、一時に比べると明らかにインフルエンザに対する防御システムが緩んでいる感じがします。(一時期が異常だっただけですが) 今から冬にかけては、風邪対策に少し敏感になったほうが良いのかもしれませんね。


 
こんにちは^^連日素晴らしい夏空に包まれているここ鹿嶋地方です。夏の入というのは体が慣れていない為に、夏ばてやあせも、不眠など夏特有の不快症状が出やすくなります。上手に養生しこの時期を上手く乗り切って行きたいですね!


さて「イライラしやすく食欲が無い方」ということですが、このような症状でお悩みの方結構多いのでは?

当店の漢方相談の中でも、5本指に入るくらい多いご相談内容となっています。その原因と改善法について書いていきたいと思います。

症状や傾向として多いのが
●イライラしやすい
●ご飯類や肉類を食べるとお腹がもたれる
●パンや麺類、甘いものをよく食べる
●不眠傾向、眠りが浅い
●落ち着かない、ソワソワしてしまう
●のぼせやすい、冷えやすい
●湿疹が出来やすい、肌が痒くなりやすい
●月経不順、月経痛、偏頭痛
●何をしていてもつまらない、面白くない
●他人の批判ばかりしてしまう、信じられない
などが考えられます。

これらの症状が出る原因として多いのが、漢方で言う「肝鬱」といって、体が常に緊張状態にあり血流が悪化しているというものです。肝鬱という状態になると、神経が常に緊張している状態になっており、体の血管が収縮し脳に血が集まります。脳は常に栄養過多状態となるために常に興奮している状態となります。更に肝機能も阻害されるため、脂肪の分解が悪くなったり、解毒分解能力が落ちたりするので上記のような各種不快症状が起きてくるのです。

その「肝鬱」が引き起こされる原因ですが、
○過剰なストレス
○過剰労働、肉体の酷使
○偏食、飲食の不摂生による栄養の偏り
○コーヒー、たばこ、飲酒などの過剰
○菓子類、甘いものの過食、ジュース類の過飲
○ダイエットや胃腸虚弱による栄養不足
●上記原因が長期に渡り腎機能が弱っている時
●慢性病、先天的要因
などが考えられます。

改善法ですが、上記原因を自分で改善できるものは自分で改善し、更に
★ストレッチや軽い運動を日常に
★食事は日本食中心で薄味よく咀嚼して腹八分目
★辛い物、味の濃いものは食べない
★間食はほどほどに
★楽しめて続く趣味を
★おしゃれを忘れない
などが考えられます。

漢方薬では
☆加味ショウ遙散 ☆逍遙散 ☆抑肝散加陳皮半夏 ☆桂枝加芍薬湯 ☆柴胡桂枝湯 ☆小柴胡湯 ☆加味帰脾湯 ☆香蘇散 ☆桂枝茯苓丸 ☆冠脈通塞丸 ☆半夏瀉心湯 ☆茵陳蒿湯
などをその方、その症状によって使い分けます。(漢方薬も過剰に飲み過ぎると肝に負担をかけます)


食欲不振はこの時期特に体に応えます。上手に自分の体をコントロールし、しっかり食べて元気に夏を乗り越えたいですよね! 
こんにちは^^梅雨が明け素晴らしい夏空に包まれているここ鹿嶋地方です。いよいよ夏本番!海や川、プールなどこの時期ならではの遊びが出来る時期となりましたね。心地良い水遊びは、脳や神経などへのとても良い刺激になるようです。適度に刺激を味わい体をリフレッシュしていければ良いですよね!


さて「この時期に不眠が悪化する方」ということですが、この暑い時期だけ不眠に悩まされる方結構多いのでは?

その原因ですが、昨日の日記にも書きましたが、この暑い時期は発汗が多くなりますので、体全体の潤いが不足傾向になります。漢方では「陰虚」といって体に必要な水分が不足し、それとは逆に体に発生する過剰な熱がこもりやすくなり、様々な不快症状の原因になるのです。

その陰虚の不快症状の一つとして『不眠』があるのです。

体にこもった過剰な熱が、陰液といってその熱を冷ます役割をするのものの不足があるが為に、いつまでも体に残ってしまいます。過剰な熱がいつまでも体にあると、睡眠に大きく影響する「肝」や「脳」の熱もいつまでも有る状態になります。普通は睡眠の時間が近くなると、肝や脳の熱は段々とその活動力が低下していくと同時に、脳血流量も低下し、過剰な熱の存在もなくなり、睡眠へと移っていくのですが、陰液が不足しているとこれらの睡眠リズムが狂い眠りが悪くなるのです。


改善法として昨日に書いたものプラス
●寝る2~3時間前から何も食べない
●刺激のある事はしない(興奮、緊張するような事)
●過剰な飲酒はしない
●光の強いテレビなどは見ない、大きい音は聞かない
●寝る2~3時間前から部屋を少し暗くする
●夜は甘すぎるものや果物は食べない
●熱すぎる風呂は控える、ぬるめにゆっくりと
●日中汗をかくようなときは必ずこまめに水分摂取
●ストレッチや指もみなどでリラックス
などが考えられます。

漢方薬では各種陰液の保持力を高めるものや、脳の過剰興奮を抑えるものなど、その方の症状に合わせて用いるようにすると効果があります。


夏場に眠れないと、昼に失った体力を元に戻す事が出来なくなります。眠れないことによって体力が低下すると、更に眠りが悪くなったりするので、堂々巡りで不眠が悪化する事も少なくありません。自分で努力して改善出来る範囲を超えたら、原因となっている環境を変えるか、漢方薬などで体の中から改善していくなど、何らかのアクションを起こした方が体のためには良いようです。


しっかり食べて熟睡して、楽しい夏を過ごしていけたら良いですよね!
こんにちは^^久しぶりにスッキリ晴れているここ鹿嶋地方です。湿度も低く、蒸し暑かった昨日までと比べると非常に過ごしやすくなっています。


さて「手足のほてり」ということですが、この症状が出やすい季節となりました。というのは、この手足のほてり、原因は漢方で言う「陰虚」という状態で夏場に出やすい症状なのです。

陰虚とは体がどのような状態なのか説明しますと、簡単にいうと体に有用な水分が減少している状態なのです。車に例えると、冷却水が減少していて過剰な熱を冷却することが出来ず、エンジンがオーバーヒートを起こしてしまっている状態です。

人間の体もこの陰虚が進むと、熱中症になったり、ひどい頭痛がしたり、食欲不振、便秘、イライラ、肌荒れ・・・・など様々な不快症状が表れやすくなり、ひどい場合は血中水分量が減少することによって、心筋梗塞や脳梗塞など命に関わる様な事も考えられます。


この陰虚症状ですが、夏場の暑さによって急激に水分を奪われることが原因となり、発症することが多くなります。

陰虚になりやすい体質として
●老化(体が老化すると誰でも水分保持力が低下します)
●胃腸虚弱(胃腸が弱いと、栄養や水分の吸収力が低下します)
●腎虚(腎が弱っていると、有用な水分の保持力が低下します)
●情緒不安定な方(肝や脳に熱を持ちやすく水分の必要量が高まります)
●自律神経が不安定な方(汗が漏れ出しやすくなります)
●アルコール、カフェインの摂取(水分保持力を低下させます)
●肉などタンパク質を日常的に過剰に摂取する方(水分保持力を低下させます)
●体の酷使、過剰なストレス(水分の必要量を増やします)
●水分摂取量が少ない方(陰虚が慢性的になると喉の渇きを感じにくくなります。この時期は積極的に少しずつ水分を摂りましょう)
●各種慢性病
などが考えられます。


改善法として、上に書いた原因で自分で改善できるものに関しては自分で改善し、出来ないものに関しては漢方の出番となります。

漢方では、補陰剤(水分保持力を高めるもの)が多数ありますので、適時その方にあったものを服用すると効果があります。汗を大量にかくような仕事、スポーツなどで、一過性に陰虚になるような場合はこの季節だけ服用しておけば良いと思うのですが、老化や慢性病、胃腸虚弱などの場合は、普段より少しずつで良いので、漢方にて「体質改善」をしておくとこの時期を楽に過ごせます。


上手に体調管理して、、厳しい夏を気持ちよく乗り越えたいですね!

こんにちは^^相変わらず湿度の高いムシムシとした気候となっているここ鹿嶋地方です。朝に不必要なゴミの処理や掃除をやっていたら汗だくだくになり、早くも体が疲れ気味になってしまいました。夏は体力の消耗が激しいので、気を付けたいものです。


さて「長引く産後うつの原因」ということですが、最近このご相談でお見えになるお客様が増えています。産後すぐに症状が出る方もいれば、半年~2年くらい経過してから出る方もいます。期間の方も千差万別で、すぐに治る方もいれば何年も悩まれる方もいます。

症状の方も多彩で、ちょっと体がだるい、食欲が少し落ちている程度の方から、動くことが非常に辛い、人と接することが出来ないなど、症状がとても重くなる方まで様々いらっしゃいます。

その産後うつの原因で一番多いのが、漢方で言う「血虚オケツ」というものです。血虚オケツとは、字の如く「血が少なく流れが滞っている状態」を指します。

○出産によるエネルギーや血の消費
○産後の急激なホルモン変化
○母乳や赤ちゃんの世話、寝不足などによるエネルギーの消費
○食事バランスの偏り、甘いものの過剰摂取などによる栄養の偏り
○急激な産後ダイエット、過剰な運動、体操などによるエネルギーの消費
○過剰なストレス
○飲酒、たばこ
○体が完全に戻っていないのに職場復帰
○核家族化による負担の増大
○先天的、体質による問題
などが原因となって「血虚オケツ」が引き起こされ、産後うつが発症するのです。

改善法として
●最低3ヶ月は何もしないでゆっくりと休む
●家事育児全般手伝えるものに手伝わせる
●食事はバランスの取れた日本食でよく咀嚼して
●過剰な運動やトレーニング、体操などは絶対にしない
●心地良い軽い運動を適度に
●ストレスから遠ざかる
●たばこ、酒はしない
●間食はあまりしない
などが考えられます。

漢方としては
★補血薬+胃腸薬(胃腸の働きを高め栄養の取り込みをよくする)
★補血薬+補腎薬(肝や腎の働きを高めるもの)
★補血薬+活血薬(血流を良くするもの)
★補血薬+疏肝薬(ストレスを除き血流を良くするもの)
★補血薬+安神薬(脳の興奮を抑えるもの)
などをその方の症状、体質によって使い分けます。

比較的漢方の得意分野で、何年も悩んだ方でも、1ヶ月程度の服用で劇的に良くなった方も少なくありません。



産後はとても大切な時期です。しっかり周りの協力を得ながら体の養生をし、足らなければ漢方薬などの助けを借りながら、母子共に元気いっぱいで幸せな時間を過ごしていければ良いですよね!
こんにちは^^いや~暑苦しい日が続いてますね!この暑苦しさいつまで続くのでしょうか・・・・あせもなどで苦しんでいるお子さま多いです。こまめに汗を拭き、予防していきたいですね。


さて「夏風邪流行ってます」ということですが、処方箋、漢方含み風邪薬をお求めになられるお客様が増えてきています。症状の方は発熱、喉の痛み、咳、食欲不振、下痢などを訴える方が多いです。

この夏風邪、こじらせると冬の風邪以上にやっかいです。というのは、風邪によって生じる発熱や各所の炎症などの「過剰な熱」が、夏の暑さによって発散しにくくなり、体にこもりやすくなり炎症や熱症状が悪化しやすくなるからです。喉や肺などにある炎症や渇きが治まりにくくなるのです。

更に暑さで血が内臓に集まりにくくなるので、例えば、低下した消化器官の機能がなかなか元に戻らないなどが起こりやすくなりますので、体全体の栄養状態が悪化するなど、様々な悪影響を及ぼします。
主に以上の二点が原因となり、夏風邪は治りにくいのです。


こじれた夏風邪改善法として
●冷たいものは飲まない
●食事は日本食中心でよく咀嚼して
●こまめに常温で水分補給する(甘くないものでノンカフェイン)
●アルコールやたばこは摂らない
●汗をかきすぎない、こまめにふくようにする
●エアコンの冷やしすぎ、夜間の付けっぱなしに注意
●普段より適度に運動して体を鍛える
などが考えられます。

漢方としては
○銀翹散、天津感冒片 
○カッコウ正気散、勝湿顆粒
○柴胡桂枝湯
○小柴胡湯
○麦門冬湯
○麦味参顆粒
○滋陰降下湯
○牛黄製剤
などを症状によって使い分けます。


夏風邪も冬季風邪同様引き初めが肝腎です。自分の体にあった漢方薬を常備しておき、おかしいなと思ったらすぐに服用し、ウイルスを撃退し免疫力を高めることが重要です。各風邪症状は、漢方薬などで自分自身で治すことも十分に出来ます。上手に活用し、自己管理していけると良いですよね!
こんにちは^^相変わらず蒸し暑い日となっているここ鹿嶋地方です。不快指数100%とまではなっていないようですが、体が慣れていないせいかかなり不快に感じます。

さて「唇が芽吹く季節です」ということですが、この季節になると唇の炎症を訴えるお客様が増えます。唇が炎症を起こして、ふくれたり切れたり痛みを伴ったりして、かなり不快な症状を伴うようです。

この不快症状の原因として一番多いのが、「湿熱」といって胃腸に不必要な水分や熱、消化しきれない飲食物のカスなどが停滞しているというものです。

この暑さによって各筋肉が弛緩傾向になる事による基礎代謝量の低下、高い湿度による水分の鬱帯、油っこいもの食べ物、冷たい清涼飲料水、アルコールなどが原因となり「湿熱」が生まれるのです。

その「湿熱」が停滞することによって免疫力が低下したり、消化器官に炎症が起きやすくなったりすることによって「唇に芽吹き」が起こるのです。


改善法として
○冷たいものは飲まない
○油っこいもの、味の濃もの、辛いものは食べない
○腹八分目でよく咀嚼して
○ストレスから遠ざかる
○夜はゆっくり休み、夜9時以降は何も食べない
○睡眠時間をしっかりとる
○便秘を解消する
○軽い運動を日常生活に取り込む
などが考えられます。

漢方薬としては
●茵陳蒿湯
●半夏瀉心湯
●補中益気湯
●竜胆瀉肝湯
●板藍茶
●滋陰降下湯
●ビイレバーキング
などを証によって使い分けます。


上手に体調管理して、芽吹きの季節を乗り切りたいですね!
こんにちは^^昨日から蒸し暑い日が続いています。体力が消耗し疲れの出やすい時期なので、風邪などの感染症や夏ばてに注意したいものです。

さて「ひざの後ろ側の痛み、熱感」ということですが、この暑い時期に急増する訴えの一つです。特に立ち仕事が多い働き盛りの女性の方に多い傾向にあります。

多いのが、疲れている時に症状が出やすく、時間帯としては午後~夜間にかけて悪化するというものです。ひどい人になると、夜も痛みで眠れなくなるという方もいます。

その痛みの原因ですが、一言でいうと「血流の悪化」です。下肢の血流が悪化することにより、筋肉の薄いひざの裏側に症状が出やすくなるのです。下肢の血流が悪化する原因ですが、一つは筋肉の弛緩が考えられます。暑くなると体内の熱を放散しなければならないので、筋肉は弛緩傾向になります。筋肉が弛緩すると血管もその影響を受け締まりが無くなり血流が悪化するのです。

改善法として
○水分を摂りすぎない
○甘いものや油っこいものは摂りすぎない
○ストレスから遠ざかる
○食事は日本食中心でバランス良く
○風呂はぬるめであっさりと
○夜は無理をしないでゆっくりと休む
などが考えられます。

漢方薬として
血流改善を主とし、疎經活血湯、田七人参、冠脈通塞丸、桂枝茯苓丸などを用います。
更に疲れ、熱感、火照り、むくみが強い場合は、六味丸、杞菊地黄丸、知柏地黄丸、麦味地黄丸などをプラス
その他の筋肉痛、関節痛、疲労感、食欲不振、目の疲れ、皮膚炎などが伴う場合は、各種キノコ製剤、夏に不足しやすいビタミンB群を豊富に含むビイレバーキングや各種補気薬、利水薬などを証に合わせプラスしていきます。



不快な症状が良くなり、元気に生活していけたら良いですよね!





こんにちは^^昨日の雨から一転、今日は本当に「蒸し暑い」という言葉がピッタリの、湿度が高い晴れの日となっているここ鹿嶋地方です。気温が急上昇していますので、熱中症などに注意したいものです。


さて「月経前症候群の偏頭痛に」ということですが、この症状で悩まれている女性の方結構多いのでは!?

今回はちょっと手抜き日記となりますが、とても良い留守番処方をご紹介したいと思います。月経前症候群の偏頭痛と言えば、みやわきでは『抑肝散加陳皮半夏+桂枝茯苓丸』の証の方が一番多く、シャープに効果を出してくれる救世主なのです。

どのような処方構成なのかと言いますと
○脳の過剰な興奮を鎮める
○全身の緊張を解き、血流を改善する。
○胃腸の調子を整え、栄養や水分の吸収をよくする
○余計な「痰」と呼ばれる、体に不要な物質を取り除く
というような効果が考えられます。このような効果により、月経前の高温期にて異常に興奮した各種神経を鎮め、更にその副産物の過剰な「痰」を処理する事によって体全体を整えながら、不快な偏頭痛を治すのです。


月に一回の嫌な時期を、自然の力を借りてスッキリ乗り切れると良いですよね!
こんにちは^^相変わらずの梅雨空、シトシトと雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。毎年植えているトマトですが、今年は雨が多いため次々と葉が黒くなり実があまりなっていません。そろそろ梅雨が明けて欲しいものです。


さて「口臭の原因」ということですが、自分ではあまり分からないこの口臭。結構指摘されて困っている方多いのでは!?その口臭の原因につい書いていきたいと思います。

一言でいうと「口内や喉の雑菌の異常繁殖(歯槽膿漏も含み)」です。雑菌がなぜ異常繁殖するのかといいますと、胃や肺、肝臓などの内臓が密接に関係しているのです。

通常、口内や咽頭部などの粘膜は、唾液などによって適度に殺菌し雑菌が繁殖しないように保たれています。又粘膜の温度も血液の流通が適正で免疫力も正常であれば適正に保たれるので、渇きもせず、変に冷えたりもせず健全なのですが、これらの状態が崩れ、唾液の不足、免疫力不足、粘膜の渇き、酸化などがあると「口臭」となって表れるのです。



正常な状態が崩れる原因として

●ストレス
(胃腸や肝の働きを阻害し、活性酸素を過剰に発生させ免疫力低下させる。口内に熱を持たせ雑菌を繁殖させる、各細胞の炎症を助長させる)
●暴飲暴食
(胃腸や肝の働きを阻害し、体内に余計な水分と熱を発生させる。口内に熱を持たせ、免疫力を低下させる。唾液の質を低下させる。栄養の吸収も悪くなるので全身状態も悪化する)
●飲酒
(胃腸や肝に負担をかけ、体内に余計な水分と熱を発生させる。活性酸素も大量に発生させるので、各細胞に酸化炎症が起き免疫力が低下する。口内に熱を持たせる。唾液の質の低下)
●たばこ
(活性酸素の大量発生により、各細胞に酸化炎症が起き免疫力が低下する。唾液の質の低下)
●胃弱
(胃腸機能低下により、飲食物の消化が上手く行かなくなるので、胃腸に炎症が起きやすくなる。よって免疫力の低下、唾液の質の低下が起きる)
●肝腎の弱り
(健康を維持する上で重要な臓器の弱りは免疫力を低下させる。口内環境も悪化する)

などがよく考えられるものとなります。



改善法として
○食べ物はよく咀嚼して腹八分目
○ストレスから遠ざかる
○緑茶など殺菌作用のあるものを少しずつ飲むようにする
○冷たいものは飲まない
○アルコールやタバコは摂らない
○タンパク質の過剰摂取は避ける
○辛いもの、味の濃いもの、刺激が強いものは食べない
○歯磨き、舌磨き(軽く)の習慣を
○夜9時以降は何も食べない
○考え込まない、思い悩まない
などが考えられます。

漢方薬は、その人の症状によって細かく使い分けます。比較的得意分野なので、良くなる方が多いものの一つと言えます。


口臭も体からのサインの一つと言えます。多くは胃腸や肝にその原因が多いのですが、放置すると重大な病へと発展する事も考えられますので、早めに治しておく必要があります。

体からのサインを見逃さずに、生活習慣を見直すべきは見直し、薬などに頼る時は頼り、健康を維持していきたいものです。
こんにちは^^相変わらずの曇り空に包まれているここ鹿嶋地方です。7月に入り、急に気温も上昇を始め夏らしくなってきました。スカッとした夏空が待ち遠しいですね!


さて「酒が好きな方の口角炎」と言うことですが、最近何故か?急激にこの訴えをされるお客様が増えています。この梅雨時期の鬱陶しい湿気と関係していると思うのですが、口角炎、口内炎、、ものもらい等でご来店され、話を聞くとアルコールの席が続いた、毎晩アルコールを飲むなどアルコールを何らかの形で摂取している方が殆どなのです。


このアルコールを飲む方が、何故口角炎などの炎症が起きるのかと言いますと、アルコールを摂取すると漢方で言う『湿熱』が体内に停滞しやすくなるのです。言葉の通り過剰なな水分と熱が体内に停滞し、体内に炎症を引き起こしたり、血流や津液の流通を滞らせたりします。それらが起こると体内の各細胞は適切な栄養供給を受けられないため、各所に炎症を起こしたり、老化や弱り、疲れが顕著に表れやすくなります。

その不快症状の一つとして『口角炎』があるのです。症状の一つとして表面化しているだけであって、体内ではもっと深刻な事態が起きている事も考えられます。

その他の不快症状として
●手足が震える
●末端冷え性又は暑がり
●慢性的な皮膚炎でなかなか治らない
●水虫などが悪化しやすい
●筋肉痛になりやすい
●疲れやすい、頭が回らない
●尿が濁る、濃い、匂いがきつい
●下痢厳秘になりやすい
●あぶらものを食べると気持ち悪くなる
●爪の色が白い、変形している、横溝が入っている
●目が疲れる、乾く、充血しやすい
●喘息の悪化、痰が絡まる、咳が出やすい
●歯茎からの出血、炎症
などが考えられます。

改善法として
○禁酒
○冷たいものは飲まない、食べない
○辛いもの、味の濃いもの、脂っこいものは食べない
○コーヒーなどのカフェイン含有のものは控えめに
○加工食品、ジャンクフードは摂らない
○栄養ドリンクは摂らない
○三食日本食中心薄味でよく咀嚼して
○軽い運動やストレッチ、ヨガを日常に取り入れる
○ストレスから遠ざかりゆっくりと過ごす
などが考えられます。

漢方としては、「茵陳蒿湯」「半夏瀉心湯」「竜胆瀉肝湯」「猪苓湯」「黄連解毒湯」「六味丸」「田七人参」「霊芝」などが主になります。


大事な顔です。いつまでも綺麗な状態を保って行きたいですね!



こんにちは^^ジメジメとした何とも暑苦しい雨となっているここ鹿嶋地方です。我が愛犬も雨が嫌らしく、朝からずっと引きこもりのように同じ場所で居眠りをしています。

さて「冷たいものは胃腸に悪い!」という事ですが、何度も繰り返しこの日記にも書いていますが、この季節は「特に!」この湿気によって胃腸の調子が悪化するので念を押すつもりで書いていきます。

いきなりですが、この季節に家で喉が乾いた時に飲むものって何ですか?
○麦茶
○緑茶
○100%ジュース
○各種缶やパック、ペットボトルに入った清涼飲料水
などなど色々あると思いますが、この暑さで喉が渇く時というのは、なかなか緑茶などの熱い飲み物を選ぶ方は少ないと思います。常温でも良いと思うのですが、この時期飲み物を常温で保存しておくと、アッと言う間に腐り始めてしまいます。なので我が家も仕方なくですが、麦茶などを冷蔵庫にて保存しています。

その冷蔵庫で保存していた、キンキンに冷えた飲み物をそのまま飲んでしまうという方が殆どだと思うのですが、それでは胃腸がたまったものではありません。この湿気によって弱っている胃腸に追い打ちをかけてしまいます。

そこで自分はどうしているかと言いますと、冷えた麦茶を6割程度グラスに注ぎ、後は適当にポットのお湯を入れて温度を上げるのです。そうすると常温麦茶(チョット薄め)の出来上がりです。手軽でラクチン、胃腸に優しい、この季節にピッタリの飲み物の出来上がりです。


なんだそんなこと・・・・
冷たいあののど越しが良いんだよ
甘い飲み物は薄められない

など色んな意見が聞こえてきそうですが、胃腸の弱りを守る一つの方法として提案させて頂きます。



毎日何度もすることなので、ちょっとした事の積み重ねが後々に影響を及ぼします。体にとって悪い影響を続けるのではなく、良い事を続けていく事が、健康を維持していく上で非常に重要なのです。
こんにちは^^雨は降っていないものの、相変わらずの重い雲に包まれているここ鹿嶋地方です。湿度が高い日が続いてますので、偏頭痛持ちの方などは辛い季節のようです。早くスカッと晴れた気持ちの良い日が来ると良いですよね!


さて「長年患った不安障害が良くなったお客様」という事ですが、現代病名ではうつ、パニック、自律神経~などと様々な病名があります。病院治療にて劇的に良くなる方もいれば、逆に悪化するような方もいるなど、治療法があまり完全ではない分野と言えそうです。

不安障害などの精神疾患は、先天的要因や子供の頃の環境、愛情などにも大きく左右される事があるため、治療法もなかなか一筋縄ではいかない事が多いのです。

漢方治療においても同じ事が言え、同一の症状でも人によって治療法、生活の指導方は様々です。その中で、ついこの間お越しになったお客様の話ですが、十数年不安症で苦しんだ末、去年当店の漢方療法を始められた方がいます。

一番最初に来店された時に伺ったお話では、顔色がいつも悪く、動悸息切れも激しく、疲れやすい、冷え性、食欲不振、足腰が痛くなる、漠然とした不安感がある、外に出ると緊張が強くなるなどの様々な症状が出たり治まったりするというものでした。

当店からは、胃腸の働きを助け血を増す働きがあり、脳の興奮を抑える効果のある『帰脾錠』と、体の緊張を暖めながら解き、腎機能を助ける効果のある『八味地黄丸』、更に漢方の消化剤『晶三仙』をお勧めさせて頂きました。

これらの漢方薬を用いる目的として
●胃腸の働きを高め吸収率を良くする
●体の栄養を増やし尚かつその栄養の保持力を高める
●体を暖め全身の血流を改善する
●脳の過剰興奮を抑える
●内臓の緊張を緩和する
などが主になります。

経過ですが、服用してすぐに体が元気になるなどの効果を感じ、服用3ヶ月後には行けなかった買い物に一人で行けるようになったとのこと。現在も同じ処方を少し量を減らしながら服用していて、服用開始からだいたい一年くらいですが、殆ど不安症状が出ることが無く普通の健康的な日常生活を送っています。

漢方の強い所は、体の弱い所を部分的に補強し不快症状を和らげると共に、全身の健康状態を良いバランスに調整し健康を維持していけるという事です。

日常生活の養生として
○辛い物は食べない
○コーヒーや緑茶、コーラなどカフェインが入ったものは緊張を高めるので飲まない
○アルコールや炭酸飲料は脳への刺激になるので程々に
○大蒜、ニラ、らっきょう、大根、唐辛子など刺激物は控えめに
○心身共に無理はしない
○ゲームやパソコン、刺激のある映画やテレビは程々に
○ストレスや緊張する様なことから遠ざかる
○規則正しい生活習慣を(朝はきちんと起床し、昼寝をあまりしない)
○食事は日本食中心で薄味よく咀嚼してきちんと三食食べる
○間食しない(特に甘いもの)
○ストレッチやウォーキングなど軽い運動を日常に取り入れる、日光も適度に浴びる
などが考えられます。


上手に自分自身を管理し、健康的な日常生活を送っていければ良いですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ