FC2ブログ
Archive
こんにちは^^朝は雨が降っていたものの、昼を過ぎたあたりから、お日様が顔をのぞかせているここ鹿嶋地方です。気温が少し下がった為か、風邪を引かれているお客様が目立ちます。くれぐれも体を冷やさないようにして下さいね!

さて「胃腸が気虚になるとめまいがする」ということですが、気虚とは「弱る」という意味です。
今回は自分の実体験を元にめまいについて書いていきたいと思います。


昨日の事ですが、昨日の朝昼と、一昨日作った大根の煮物を食べました。一昨日の晩も食べてますから、大根の煮物たっぷりを夜・朝・昼と3回連続食べた事になります。3回とも一切れか二切れ食べていたら良かったのですが、だいたい一食7~8切れの大根食べました。

この「大根」がどのようにめまいに関連してるのかといいますと、大根にはジアスターゼ、プロテアーゼ、リパーゼという消化酵素が豊富に含まれています。ジアスターゼ、プロテアーゼ、リパーゼは、唾液や膵液に含まれている、主に糖質、脂質、タンパク質を分解するといった効果がある酵素です。

プロテアーゼ、リパーゼはタンパク質(肉や魚、卵、大豆)脂質を分解するのに必要不可欠で、これら消化酵素が無いとうまくタンパク質、脂質を分解する事が出来ず、栄養不足に陥ってしまします。なので体内でも分泌しますが、大根などで外からも消化酵素を取り入れると、よりタンパク質、脂質の分解が早まり、胃腸や膵臓の負担を減らすことが出来ます。

しかし、それは適量の消化酵素を取り入れた時だけで、大量に入れてしまうと逆の効果が発生する事があります。タンパク質とは人間の体も含まれます。もちろん胃腸もタンパク質で出来ていますので、タンパク質分解酵素を摂りすぎると、自らの体も分解してしまい胃腸が弱ってしまう事もあるのです。更にでんぷんによる胃腸の固摂作用も鈍ってしまいます。

簡単にいうと、胃腸自体を分解してしまうのです。

胃腸に自信がある人なら何ら問題ないと思うのですが、普段よりもたれやすい、下痢しやすい、食欲不振になりやすい、胃が痛むなどの症状があるような場合は注意が必要です。



話を戻しますが、3食連続大量の大根を食べた後、普通に店で接客をこなしていたのですが、立って動くとふわ~り、ちょっと動くと船に乗っているかのようなふわふわしためまいがします。昔から疲れるとめまいがする体質なので、さほど驚きはしなかったのですが、めまいの原因が気になります。あれこれ考えているうちに大根にたどり着きました。

「そーいえば昔にもあったな・・・」
3年くらい前にも、おでんの大根を調子に乗って10個以上食べたら次の日に同じような症状に陥った事がありました。

改善法として、漢方薬を服用しました。
「補中益気湯」+「五苓散」(クラシエ90包)をチョイスし、夕方と寝る前に服用しました。
寝るまで少しふわっとした感じ+胃もたれ感+食欲不振があったのですが、朝起きてみるとめまい、胃もたれ全てよくなっていました。食欲も戻り全て戻りました。現在も接客中ですが、めまいは全くありません。

このように、すぐに原因を掴み治療を行えば、めまいも全く怖くはありませんが、治療をしない又は間違った治療を行ってしまうと、慢性的なめまいへと移行し、なかなか根治するのが難しくなってしまいます。

ちょっとしためまいもさじ加減が大切なのです。


補足ですが、大根以外にも、食べ過ぎ、飲み過ぎ、脂っこい物の食べ過ぎ、冷たいものの飲み過ぎ、乳製品の食べ過ぎ、西洋料理の食べ過ぎ、間食・ジャンクフードの摂りすぎ、体の疲れなどでも胃腸の疲れによるめまいが引き起こされる事があります。


体のバランスを整え、体の中から不快症状を改善できるといいですよね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ