Archive
こんにちは^^少し不安定ですが、春らしい穏やかな一日となったここ鹿嶋地方です。
いよいよ明日からゴールデンウィーク突入ですが、震災直後なので旅行などはキャンセルが相次いでいるようですね。日頃の疲れを取るのもいいですし、趣味に没頭するのもいいですね~。有意義なゴーデンウィークをお過ごし下さい。


さて、「男性更年期について」という事ですが、最近男性更年期という言葉をよく耳にしませんか?自分は新聞やテレビなどでよく耳にするのですが、その原因と改善法について書いていきたいと思います。


まず原因についてですが、一般的によくいわれているのが、加齢やストレスによって生じる「男性ホルモンの減少」によるものです。自分もそれだけとは限りませんが、男性ホルモンの減少は確実に男性更年期に関係していると思います。

漢方の世界で、この男性更年期について考えますと、原因となるのが「腎虚」「腎精不足」「お血」などが関係していると考えられます。簡単に説明しますと、腎虚とは腎の弱りを示し、腎精不足とは体に必要な血や水を作り出す元となっているものの不足を示し、お血とは血の流れが悪くなっている事を示します。

年齢や過剰なストレスによる慢性的な疲れが、腎といって体の根本であり、血や必要な水分の生成、保持、血液の質、流れなどに影響を与える臓器の機能低下を引き起こす事により、男性更年期が起こると考えます。 


改善法としては
★毎日自分に合った運動を続ける
★ストレスから遠ざかる
★過剰すぎる労働、運動は行わない
★食事は三食しっかりと
★アルコール、タバコは控えめに
★趣味の時間を増やし、没頭出来る時間を積極的に
★人や社会とのかかわりを積極的に行う
などが考えられます。

漢方薬としては
☆イライラや各所の痛みなど血流の滞りが考えられる場合は血流改善を
☆やる気が全くおきない、朝起きるのが辛い、だるいなどの症状が強い場合は、内臓を強化する漢方や体の潤いや栄養を増す漢方を
などが考えられます。


男性更年期は体内バランスが崩れているサインです。ひどい場合になると、生活に支障が出てくる事も少なくありません。是非軽いうちにアクションを起こし、不快症状を改善して下さいね。
こんにちは^^朝から初夏のような暖かい一日となっているここ鹿嶋地方です。少し前まで春とは思えないほど寒い日が続いていましたが、ここへ来て急に春を通り越して夏が来たという感じがします。


さて、「睡眠不足は肥満を招く」という事ですが、ある新聞にて興味深い記事が掲載されていたのでそれをご紹介します。

その記事によると、健康な男性を対象に、睡眠時間が一日4時間と10時間のグループに分け、睡眠不足が体に与える影響を調べてみました。その結果、4時間の睡眠では10時間睡眠に比べて空腹感が増し、炭水化物を食べたくなる割合が多くなっていました。

また、4時間の睡眠を続けた男性の、食欲に関係するホルモンを調べたところ、食欲を抑制するレプチンというホルモンの血中濃度が18%減少し、逆に食欲を増進させるグレリンというホルモンの血中濃度が28%増えていました。睡眠時間が少なくなるだけで食欲を抑制するレプチンが減り、食欲を増進するグレリンが増えたという事は、睡眠不足は肥満を誘導しやすいという事になります。

だからといって長く寝ていればダイエットになる訳ではありません。睡眠時間と肥満度の関係を調べた研究では、9時間以上眠っている人達も肥満度が高かったのです。

最も肥満度が低かった睡眠時間は7~8時間でした。肥満だけではなく、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールの値も、7時間前後の睡眠の人が最も低いとの報告もあります。



以上が新聞からの抜粋となります。


睡眠が不足すると、日中眠かったり、逆に妙にハイになったりとした経験ありますよね。睡眠は人間の機嫌を左右するというのは自分自身で経験がある為よく知られていると思いますが、ホルモンに影響し、肥満の原因になっているとはなかなか考え付かないと思います。

このホルモンの分泌異常は睡眠不足だけではなく、ストレスからも引き起こされます。脳の過剰興奮はホルモン分泌に異常を来たし易く、様々な体内バランスを引き起こす原因となるのです。

もし、眠れる状況にあるにも関わらず、睡眠時間が不足している場合は睡眠時間を増やすようにして下さい。睡眠時間がたっぷりあるにも関わらず、不眠によって眠れない場合には心と体のバランスが崩れている可能性があります。何らかのアクションを起こし心と体のバランスを整え、睡眠不足を改善して不快症状が緩和されるといいですね。
こんにちは^^今日は一日穏やかな一日となっているここ鹿嶋地方です。素晴らしい春の陽気が訪れ、日本全体が活気づいて行くといいですよね。


さて、本当に素晴らしい季節になりました。自分は花にはあまり興味はないのですが、この季節だけは花の素晴らしさを実感します。鮮やかな色によって目を楽しませてくれ、甘酸っぱい香りによって鼻まで楽しませてくれる花は本当に素晴らしいと思います。

花が綺麗で素晴らしい香りを放つのは、花達が繁栄していくのに必要不可欠だと考えると、なんとなく花たちの健気さが半減するような気がしますが、たまには花を見つめながら花について考える、の~んびりとした時間があってもいいかもしれませんね。

春はメンタル疾患が増える季節です。毎年この季節になると心のバランスを崩してしまう方多いのでは!?
緊張した脳の疲れを取るには自然と触れ合うのが一番です。理由は緊張している脳というのは、脳の一部分だけを常に使っているために脳が疲れ、それが体全体に波及し精神的バランスを崩すのですが、自然と触れ合ったり、体を動かしたりすると、緊張している脳以外の脳が動き出し、緊張して疲れきっている脳を休ませてくれるからです。

ストレスなどによって心のバランスを崩している方は、積極的に自然と触れ合い、バランスを整えて下さいね。


110426_1156~01牡丹、アイリス、もっこうバラ
牡丹、アイリス、もっこうバラ


110426_1157~01しゃくなげ
しゃくなげ



110426_1158~01アイリス、もっこうバラ
アイリス、もっこうバラ



110426_1204~01かたばみとアジサイ
かたばみとあじさい



110426_1204~02あじさい
あじさい


携帯からの撮影なので画像が悪くてすみません。


当店は接客下手な自分をよそに、花達が素晴らしいお出迎えをしてくれます。
是非ご来店くださいね!
こんにちは^^いや~昼間の突風は凄かったですね!先ほどニュースでやっていましたが、取手市ではプレハブが突風で飛ばされ、そのプレハブが電線に引っ掛かるという、映画のワンシーン!?のような報道がされていました。季節の変わり目は大気が不安定になる事が多くなるので注意したいですね。


さて「放射線と漢方薬」という事ですが、今から書く事は私の戯言だと思って下さい。医学的根拠は微塵もありません。

まず放射線ですが、一定以上浴びてしまうと体内で何が引き起こされるのかといいますと、細胞の破壊が進みます。DNAや塩基などの破壊が進む事により、人間の細胞を作り上げているものが壊れるので、様々な部位で炎症反応が起こります。

急性的には細胞の破壊による炎症反応が進む事による悪影響が考えられ、長期的には甲状腺や骨など、部分的に有害物質が集まりやすくなるので、局所的な障害が出やすくなります。

しかしこれらは、かなりの量の被爆があっての話で、現在立ち入り禁止区域外の放射線量は安全です。


ここからが漢方の話ですが、よく「放射線に対して良い漢方ってありますか!?」というご質問をお受けします。
答えとして、被爆した時に放射線を追い出すような作用がある漢方というのは御座いません。

漢方を使う目的として、放射線を浴びた際の「炎症反応」を和らげ、人間が持つ治癒能力を向上させる事を主として用います。

先ほど書きましたが、放射線を浴びると細胞が壊れ炎症が起こります。この炎症を緩和させ、熱を取り不快症状を緩和させたり、細胞の壊れるスピードを緩和、炎症反応によって生じる熱や痛みを緩和させる事や、治癒能力の向上などを目的に使用します。

実際には、がんの放射線治療の副作用緩和として、漢方薬が活躍しています。

しかし、これはあくまでも一定以上の放射能被ばくの場合であって、今現在の放射線量では細胞の破壊は考えられないので、服用する必要はありません。又、大量被ばくの場合でも、病院の治療がメインであり、漢方治療のみというのはあり得ない事です。



それにしても放射線というのは怖いですよね。
うちには2歳と0歳の子供がいるので、大丈夫とは分かっていてもミネラルウォーターで食事やミルクを作っています。
少しでも早く福島の原発が落ち着き、安心して生活していきたいですね。
こんにちは^^雨が降りそうな重苦しい天気が続いているここ鹿嶋地方です。今日から明日にかけて雨が降るそうなので、今日は早めに帰った方が無難かもしれません。


さて、「フリーラインスケート」という事ですが、最近自分がハマっているスポーツです。
フリーラインスケート!?と聞いたことがないと思う方が殆どだと思うので少し説明します。フリーラインスケートとは、スケートボードを10cm角程度のコンパクトにしたもので、それを右足用にに一つ、左足用にに一つあり、その上にローラースケートのように乗って遊ぶスポーツです。

以前よりスケートボード、サーフィンなどをしていて、横乗り系が大好きな自分ですが、最近は運動するといえば犬の散歩位で全くスポーツはしていませんでした。「何かスポーツして体動かしたいな~」と思っていた時に、ふとユーチューブの「フリーラインスケート」の動画が目に留まり、新しいものに目がない+何か手軽な運動がしたくてたまらない自分にとっては、まさピッタリのものを見つけました。


今から20日位前から毎晩犬達と一緒に散歩しながら滑っているのですが、だいぶスムーズに滑れるようになり、ストレスなくいい運動になっています。30分くらいですが、帰る頃には太ももがパンパンです(笑)。今までの運動不足が祟っています。

興味がある方は是非「みやわき」までご連絡下さいね!



スポーツというのは体にとって良い!というイメージがありますが、楽しんでやるスポーツは体だけではなく、心(脳)がとても健全になります。運動によって全身の血流が促進されることによって隅々まで栄養を運び老廃物を回収すると共に、血管や細胞を柔軟にしてくれます。脳にとってもその作用によって健全になる事が出来、更に体にとって良いとされる神経伝達物質の分泌を促進させるので、輪をかけて良い効果が期待できます。

しかし、スポーツのやりすぎは逆効果です。1~2カ月続けてみて、心や体に負担を生じるようであれば、良い効果よりも良くないとされる効果が上回っている可能性があります。

自分に合った運動負荷を見つけ、健康維持に役立てていけるといいですね。

こんにちは^^昨日に引き続き寒ーい一日となっているここ鹿嶋地方です。空の方も今にも降り出しそうな重い感じとなっています。体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「女性におけるコンタクトレンズの是非」という事ですが、自分も何年もソフトコンタクトレンズをしているコンタクト派ですが、そのコンタクトレンズの目への影響について書いていきたいと思います。

コンタクトレンズをしている状況というのは、やはり人間の体にとっては異物であり良くないものだと思います。しかも装着している場所が「目」の角膜という非常に傷つきやすく感染に弱い部位であるので、なるべくなら何も異物は接触しないほうが無難です。

コンタクトレンズそのものや脱着時に生じる角膜への傷や、雑菌が繁殖しやすくなる状況、目への負担などを考慮すると、コンタクトレンズは目の健康を考える上であまり芳しくないようです。

更に女性の場合、化粧という更にリスクを上げるものが加味されます。
マスカラやアイシャドーといった、直接目へ侵入する化粧品を使用しています。特に最近の若い女性を見ていますと、まつ毛が何倍にも見えるように沢山の化粧品を付けられています。見た目は派手になり我々男性にとっては綺麗に見えていいと思うのですが、目にとってはマイナス面しか思い浮かびません。特にコンタクトレンズを装着している場合は、その化粧品という異物がコンタクトレンズに付着します。コンタクトレンズに付着した化粧品はなかなか取れなく、更に目への負担を増やし、眼病へのリスクを増大させます。


コンタクトレンズを装着していて
●目が頻繁に充血する
●目がかゆい
●たまに細かい文字が見えなくなる
●目が鬱陶しい
●目が痛む
●目の奥が痛い
●肩や首が凝る
●眼やにがよく出る
●目の周りが赤くなる
といった場合は目に何らかのトラブルが起きている事が考えられます。

眼科を受診するか、コンタクトレンズを眼鏡に変えるなどの処置をするといいでしょう。
目薬についてですが、コンタクトレンズを装着していて目薬をさすと、目薬中の異物がコンタクトレンズに付着する可能性があります。コンタクトレンズ用目薬には防腐剤などの添加物が入っていない為、付着する異物の量は少ないと考えられますが、使用しないに越した事はありません。目薬の使用はなるべく控えたほうが無難です。又、コンタクト用目薬は防腐剤が入っていない為、開封すると腐りやすくなります。直接目につけて使用したものや、長期間放置した目薬は使用しないようにして下さい。


目は一生使い続けるもので代用は出来ません。
大切に使い一生健康であって欲しいものですね。



こんにちは^^朝から冷たい風が吹き荒れ、冬に逆戻りしたような寒さとなっているここ鹿嶋地方です。気温の上下が激しいので、十分体調管理して下さいね。


さて、「季節外れのインフルエンザが流行」という事ですが、ここへきて鹿嶋ではインフルエンザが流行っています。先ほど来られたお客様は、会社の殆どの方がインフルエンザでダウンしているというお話をされてましたし、従業員の子供さんの保育園では、次々と園児がインフルエンザにかかられているという話をしています。

当店のお客様でも、風邪症状を訴える方が急増しています。インフルエンザが流行っている事もあり、インフルエンザの効果のあるものをお勧めさせて頂くと共に、症状が激しい場合には病院へ行く事をお勧めしています。


もし、ご自分も含めて身近な方が高熱を伴う風邪の不快症状を訴えている場合は、インフルエンザを疑ってみて下さい。普通の風邪とは対処法が異なりますので、インフルエンザ流行時は、まずインフルエンザを疑ってみたほうが無難です。



今のように、地震のストレスがふっと取れたような時は、風邪などを引きやすくなります。
特に気温の上下も激しいので、余計に風邪を引きやすい条件が整ってしまっています。十分体を養生し、うがい手洗いを励行し風邪を未然に防ぐようにして下さいね!

こんにちは^^朝から雨が降ったり、晴れたり、又雨が降ったりと落ち着かない天候となっているここ鹿嶋地方です。季節の変わり目というのは大気が安定しない為、気候や気温の変動が激しいです。それらの変化は体にストレスを与えますので、無理しないよう注意して下さいね。


さて、「月経前症候群」という事ですが、この悩みでお悩みの方結構多いのでは!? 当店の漢方相談でもかなりのウエイトを占めている訴えとなっています。

この月経前症候群の原因として多いのが、漢方用語で肝気鬱結、陰虚という体内バランスの崩れです。
簡単に言うと、肝気鬱結とは体がストレス状態に陥り血流が悪化している状態を示し、陰虚とは、体内の水分や血が需要に対して少ない状態を示します。

これらバランスの崩れから、月経前の受精卵にしっかり栄養と熱を与えその生成を促す時期に、その材料が足らない又は送れないというアンバランスから、脳の過興奮が引き起こされ、そらがイライラや頭痛、脇痛、情緒不安定、不眠、だるさなどが引き起こされるのです。


改善法としては
★ストレスから遠ざかる
★働きすぎ、運動のしすぎ、寝不足はしない
★刺激物(酒、カフェイン、トウガラシなどの薬味類、味の濃いもの)などの過剰摂取は避ける
★食事は日本食中心でバランス良く
★軽い有酸素運動やストレッチを続ける習慣を
★規則正しい生活習慣を送る
★よく笑い、積極的に人とかかわる
★甘い物の摂りすぎに注意
などが考えられます。

漢方薬では
●逍遥散、加味逍遥散
●柴胡桂枝乾姜湯
●天王補心丹
●婦宝当帰膠
●黄連阿膠湯
●各種血流改善薬
●プラセンタ製剤
●抑肝散加陳ピ半夏
●柴胡加竜骨ボレイ湯
●桂枝加竜骨ボレイ湯
●帰脾湯
などが適応になる場合が多いです。


自分は男なので分かりませんが、訴えを多く聞いていると、その辛さが少しですが分かるようになってきました。
自分の生活習慣の指導や漢方薬にて、最初は辛そうだったお顔が、時が経つにつれ明るくなってくると自分まで嬉しくなります。

少しでも症状緩和に貢献できれば幸いです。
こんにちは^^さわやかな春の陽気に包まれているここ鹿嶋地方です。しかし明日は冷たい雨が降るそうです。気温の上下が激しくなりますので、体調管理には十分注意して下さいね。


さて、「老化に伴う慢性的な喉の渇き」という事ですが、当店の漢方相談で非常に多いのがこの不快症状です。
●風邪でもないのに喉のひりひり感が取れない
●からだがだるくて喉が乾きやすい
●年齢を重ねるごとに喉や口が乾きやすくなってきた
●喉の渇きに加えて肺が重い時がある
●慢性的な腰痛やむくみ、喉の渇きがある
●尿がすっきり出ない、関節痛がある
などのご相談をよくお受けします。

このようなご相談を受けて、色々その原因を調べて、その方に合う漢方薬をお勧めしているのですが、原因として多いのが腎機能の衰えにより、体全体の水分保持力が低下する事によって不快症状が引き起こされているというものです。

人間の体というのは、体全体の水分量が低下すると喉が渇きます。通常の健康な状態であれば、適当な水分を補給すれば水分量は適正となり喉の渇きは止まるのですが、老化や慢性病、体質虚弱などによって体の水分を保持できない状態となると、口からいくら水分を補給しても、それを保持する事が出来ない為、喉の渇きが慢性的なものへとなっていくのです。

この場合の改善は、酒たばこを控え、バランスのとれた食事を心がけ、ストレスから遠ざかり、その方に合った運動を続けると共に、各種漢方薬が有効です。

お勧めする事が多いものとして、麦味地黄丸、コ菊地黄丸、知柏地黄丸、天王補心丹、麦味さん顆粒、八味地黄丸、ケイギョク膏などの各種漢方薬があります。


慢性的な喉の渇きは体が消耗している証拠です。
原因があれば改善し、頼るべきは頼り不快症状を改善していければいいですね!



こんにちは^^いや~すっかり春らしくなりましたね!今夕方だというのに、店内は24℃もあります。冬から春を通り越して夏が来ないといいですが(笑)

さて、「妙なカラス達」という事ですが、今回はゆる~く書いていきたいと思います。

カラス達といえば、あの4月11日の大地震からすっかり姿を見なくなっていました。朝夕、店の前の電線にうるさいくらいに沢山とまっていたいたカラスが、地震を境に全くその姿を消していました。

しかし、昨日くらいから1匹又一匹と現れ始め、先ほど空を見上げたら、5羽位の集団が空を飛んでいました。

カラスが話を出来るのならば、「今までどこに行っていたのか」「地震が予知できるのか」是非聞いてみたいものです。

動物の地震予知といえば、スマトラ沖地震の時に、動物達が津波が来る事前に高台に避難していたという話を聞いたことがあります。地震の前兆である磁場の乱れを感じ取り行動しているのでしょうか?詳しくは分かりませんが、研究の必要がありそうです。


今回の地震で自然の猛威を思い知り、人間の無力さを嫌というほど思い知りましたが、逆に人間の友情、結束力などのパワーを感じる事が多々ありました。特に自分が心を動かされたのは、個人はもとより諸外国から支援を頂いているという事です。自分自身は瓦が落ちた程度なので被災者とは思いませんが、日本人として「支援」の記事を読むと感動を覚えます。「人間の心を動かせるのはやはり人間なんだ」という事を身に染みて感じました。

漢方を通して、お客様に喜ばれる人間関係を作っていけたらと思っています。



少しでも早い震災後の復興を願います。
こんにちは^^朝から春らしい素晴らしい陽気となっているここ鹿嶋地方です。この素晴らしい陽気と一緒に、地震で沈みがちな心も上向きになっていくといいですね。


さて、「イライラを伴う頭痛」という事ですが、最近飛び込みでお越しになる新規のお客さんが増えています。その新規のお客様方の訴えで多いのが「イライラして頭痛がする」というものです。そしてこれも共通するのですが、以前より、イライラを伴う頭痛には「牛黄」含有の製剤を服用しているので、同じ牛黄含有のものを欲しいといわれます。


皆さん牛黄のファンとなっており、一度牛黄を服用してスッキリ感を味わってしまうと、他の頭痛薬は選べなくなってしまうようです。

なぜこの牛黄が効くのかといいますと、牛黄という生薬は体全身の緊張を取る効果が強いからです。全身の筋肉の緊張を取り除く事によって、血液や津液の流通を良くします。更に筋肉の働きもスムーズになりますので、各内臓の働きも良くなります。全身が滞りなく流通、働きが行われる事によって、脳血管の拡張又は滞りが原因となっている頭痛に即効性があるのです。

もちろん牛黄も全ての人に適応になる訳ではなく、服用が向かない人もいらっしゃいます。全身の緊張を取り除くという事は、もともと筋力が著しく低下していたり、血流が緩慢になっている方が用いると、更に症状を悪化させてしまう事があります。漢方でいう「気虚」「陽虚」という状態が進んでいる方にはお勧めできません。

漢方薬全般に言える事ですが、万人向けの薬は存在しません。薬故、その人個人個人の状態を見極めて使用する事が大前提となり、誤って服用すると必ず副作用が出てきます。



頭痛にも沢山の種類があります。
血圧が高めの方のイライラを伴う頭痛には、牛黄が適応になる事がよくあります。特に今のように災害の後ではその需要が増す傾向にあります。自分に合う漢方薬を味方につけ、健康的な生活を送っていけるといいですよね!


こんにちは^^朝から春らしい陽気に包まれているここ鹿嶋地方です。店のほうも今日はゆっくりしていて、先ほど3時のおやつで、大好物のテゥールビヨンさんのザッハBOXを頂いたところです。

さて、「地震が起こると食欲がなくなる方」という事ですが、最近このような訴えでご来店なさる方が増えています。普段から胃腸があまり強くない方が、3月11日からの度重なる地震で余計に胃腸の調子が悪化しているという訴えをされています。

この原因となっているのが、地震による「ストレス」です。

人間の胃腸というのはストレスを感じると働きが悪くなります。皆さん感じた事あると思うのですが、何かの発表の前や大切な試合の前などは食欲がなくなりますよね!?これは精神的緊張によって胃腸の働きが悪くなっている証拠なのです。

ストレスによって胃腸の働きが悪くなると、特に消化酵素の分泌が悪化します。唾液や胃液、胆汁、膵液、腸液などが消化酵素ですが、それらの分泌が悪くなると、飲食物の消化がスムーズに行われなくなります。当然、胃腸の調子が悪くなっても食事はそれなりに摂らなければなりませんが、胃腸の働きが悪いところへ消化酵素の分泌が悪くなると、更に輪をかけて胃腸の働きが悪化します。

一過性ならほぼ問題ない場合が多いのですが、今回の地震のように1カ月以上となると、胃腸だけでなく体全体へその影響が及びます。胃腸の機能が低下すると、栄養の吸収が悪くなりますから体全体の機能が低下するのです。



改善法としては精神的ストレス(脳の興奮)を緩和させる事です。
治すとなると、胃腸が悪いのだから胃腸薬に頼りがちになりますが、この場合の治療は「ストレス」が原因となっているので脳の過剰な興奮を緩和させる事が治療となります。

漢方薬では
★抑肝散加陳ピ半夏
★逍遥散
★桂枝加竜骨ボレイ湯
★柴胡加竜骨ボレイ湯
★黄連阿膠湯
★半夏寫心湯
★半夏コウボク湯
★牛黄製剤
などが適応になるケースが多いです。

先ほども書きましたが、長期に及ぶと様々な不快症状が出てきます。特に胃腸の状態は精神状態にダイレクトに影響するので、ストレスから胃腸が悪化すると、胃腸の悪化からまた新たなストレスを生む事となり、輪をかけて胃腸や精神状態の悪化を作りだします。

是非早め早めに不快症状を取り除き、胃腸の状態を改善すると共に、精神的にも健全になり、地震に負けず頑張っていきたいですね!
こんにちは^^いや~地震が続いてますね。もういい加減にして欲しい!というのが皆さん本音じゃないでしょうか。大きい地震が来てから一カ月経つというのに、まだ地震が頻繁に来るというのはちょっとうんざりします。


さて、4月も中盤に差し掛かると、当店にお越しになる客さんの層がガラッと変わってきます。2月初旬から今までは花粉症状改善の漢方薬をお求めになるお客様が数多くいらっしゃいますが、この時期位を境に花粉症でお越しになるお客様が減り始め、代わりにメンタル疾患でお越しになるお客様が増えてきます。

普通は季節の移ろいは自然を見て感じるものですが、自分の場合はお客様の層でも季節を感じる事が多くなっています。お客様の顔を拝見して「あ~春が来るんだ」などと勝手に感じ取っています。

季節によってお越しになるお客様が違うという事は、人それぞれウィークポイントが違うという事です。体質によって暑さに弱かったり、寒さに弱かったり、メンタル面が弱かったり、乾燥に弱かったり等など、日本特有の気候の変化が、人それぞれ弱いところに症状として現れるのです。

そして、病気ではない季節により発生する不快症状の多くが、漢方薬によって改善可能なので、漢方薬店は季節の移ろいを感じる事が出来るのです(笑)



季節によって自分の体質を知り、それを健康維持に役立てていけるといいですよね!




こんにちは^^朝から晴れたり雨が降ったりハッキリしない天候となっているここ鹿嶋地方です。先ほどニュースでやっていて気付いたのですが、一か月前の今日、あの地震が起こったのですね。一か月とは早いものです。


さて、「なかなか治らない皮膚炎」という事ですが、一年を通して相談が多いのが「皮膚炎」についてです。
子供さんのアトピー性皮膚炎も多いですが、大人の方の皮膚炎のご相談も増えてきています。最近特に多いのが大人の方で、それまでは皮膚炎とは無縁だったのですが、突然3カ月くらい前より皮膚炎が出来、なかなか治らないというケースです。


その、今まで皮膚炎とは無縁だったのに、急に皮膚炎に悩まされている場合について書いていきたいと思います。

体質的にアレルギー体質ではない方が突然皮膚炎を発症する時というのは、体の中から何らかのサインが出ている事が多いようです。これは稀なケースですが、皮膚筋炎はガンが絡んでいる事があるというのは有名な話です。

当店にてご相談、治癒したケースを元に考えますと、原因として多いのが「皮膚の抵抗力の低下」「体に合っていない健康食品類の摂取」によるものです。

皮膚の抵抗力の低下によるものは、普通皮膚の表面には様々な雑菌が付着しています。皮膚の免疫力が正常であれば、皮膚よりそれら雑菌の侵入は許さないのですが、免疫力が落ちていると容易に侵入を許し炎症を起こします。更に体全体も弱っていると、炎症を抑制する事が出来ない為、炎症がなかなか治りません。

体に合っていない健康食品の摂取とは、主に動物性たんぱく質を元にしたものを示します。アミノ酸製剤が多く、動物性のアミノ酸は消化器官にて分解するのに時間がかかる故、アレルギー反応を誘発するので、皮膚炎が起きやすくなります。



改善法は、抵抗力を増す漢方薬「オウギ製剤」を主に、かゆみや炎症を抑制する「ジオウ」や「ダイオウ」「サンシシ」「インチンコウ」「オウゴン」などの生薬が配合されたものを合わせます。もちろん体に合っていないと思われる健康食品については服用をやめて頂いています。


突然出始める湿疹は体がバランスを崩している証拠です。外から塗る薬で対応出来る場合ならそれだけでいいのですが、多くは体内からの改善を必要とします。是非体のバランスが崩れている場合はそのバランスを整え、皮膚炎はもちろん、各種成人病も予防していけるといいですよね。



こんにちは^^朝からとても強い風が吹き続けているここ鹿嶋地方です。せっかく大工さんに張ってもらった屋根のブルーシートがこの風でめくれてしまいました。(又頼み直さねば・・・)


さて、「食欲がありすぎて困るというご相談」という事ですが、食欲というものは、無さ過ぎても困りそうですが、ありすぎても本人様にとっては困るようです。

漢方の世界では、この食欲が異常に亢進した状態を「胃熱」と捉える事が多いです。
胃熱とは、文字通り胃に熱が入っている状態で、胃に熱が入ると飲食物の消化が促進してお腹が減りやすくなり食欲が亢進するという考えとなるようです。

分かりやすく説明すると、ストレスなどによってストレスホルモンが分泌されると、体の緊張により血流が阻害され、内臓の熱が外へ発散出来にくくなります。そうなると先ほど書いた「胃」にも熱がこもりやすくなり、胃より「グレリン」という食欲を増進させるホルモンの分泌が亢進します。その結果、普段より食欲が出てしまうのです。

それ以外にも、過剰なストレスや過剰な労働、運動などによって脳の興奮が増すと、脳内において神経伝達物質やホルモン分泌のバランスが崩れると、食欲が異常に亢進してしまうという事が考えられます。

食欲の亢進には「胃」由来のものと、「脳」由来ものとがあるといえます。



改善法としては、胃由来の場合は内臓の余計な熱を取る事に重点を置き、脳由来の場合は全身の緊張を和らげるということに重点を置きます。

比較的速やかに改善する事が多く、早ければ早いほど効果が良く出ます。



食欲の異常亢進も体のバランスが崩れているサインです。是非早めに改善し、体のバランスを整え体の余計な浪費を防いでいって下さいね!
こんにちは^^朝から小春日和となっているここ鹿嶋地方です。つい先週までは真冬のような寒さとなっていましたが、ここへきてようやく春らしい陽気となってきました。「また地震が来る」といういやな噂も流れているようですが、信じないで前向きに生活していきましょう!


さて、「成人病予防には補陰活血」という事ですが、各種成人病の予防には、漢方でいう「補陰活血」という体質改善法がとても有効だというデータが数多くあります。

補陰活血とは、体に必要な水分を維持する+血流を促進させる。という意味です。
補陰が体に必要な水分を保持するとい言う意味で、活血が血液の流れを正常に隅々まで行うという意味です。

例えばがんでも糖尿病でもそうですが、隅々の毛細血管まで十分な栄養素を運搬して、代わりに老廃物をきちんと回収していれば、そのリスクをかなり低減させられると思うのですが、血液中の水分量が少なかったり、血管に問題が生じ血液の流れが悪化すると、発病リスクが増してしまいます。


健康な人の水分減少、血流悪化の要因として考えられるのが
●過剰なストレス
●持続する緊張
●働きすぎ、運動のしすぎ
●運動不足
●老化
●食事バランスの悪化、早食い
●冷え
●アルコール、たばこ
●睡眠不足
●昼夜逆転の生活
●食べすぎ
●寒すぎたり暑すぎたりする環境
●各種内臓機能の低下(特に胃腸や肝臓、腎臓)
などが考えられます。

改善にはそれら要因を改善すると共に、各種漢方薬が効果を発揮します。


ぜひ積極的に補陰活血を行い、各種成人病を予防して下さいね!



こんにちは^^朝から素晴らしいお天気で、気温の方も春らしく暖かくなっているここ鹿嶋地方です。今日は近くの小学校では入学式で、時折真新しいランドセルを背負った小さな新一年生や、着物やスーツを着飾った父兄さん達が店の前を通り過ぎて行きます。いい入学式になりましたね!

自分が昨日言っていた、風邪によると思われる眠気ですが、夕方「参蘇飲」を一服し、夜は早め(11時ころ)に就寝したところ、翌朝には綺麗さっぱりで、今日は眠気は微塵もありません。心配をおかけしました(誰も心配していないらしい・・・)


さて「漢方薬を送ってほしいというご連絡」という事ですが、ここ数日当ブログを拝見になり、自分に合う漢方薬を処方してほしいという大変嬉しいメールがよく届きます。

自分のブログを見てもらい、更に自分を信用して頂いている証拠なので大変嬉しく思うのですが、法により送る事が出来ないのです。本来ならば一度か二度ご来店なさって、その方の体質症状をきちんと判断した上で、その後漢方薬を送る事が出来るはずなのですが、法改正により医薬品の郵送は一切禁止になってしまいました。大変申し訳ないのですが、以上の理由により漢方薬を送る事は出来ません。

また、お電話でのご相談についてですが、簡単なものなら相談出来ますが、やはり外見によってその人の体質を見極める事も重要としていますので、外見を色々とみていない状況では、正確な漢方相談(弁証論治)が出来ないという理由で、簡単な軽いアドバイス程度しか出来ません。どうかご了承の上お電話下さいませ。



本日も当ブログを見て下さってありがとうございます。





こんにちは^^朝から素晴らしい天気に包まれているここ鹿嶋地方です。相変わらず気温が低い日が続いていますので冷やさないように気をつけて下さいませ。


さて、眠い・・・・という事ですが、私眠くてしょうがありません。
というのは、子供たちが風邪を引いているのですが、どうやら少し自分もその風邪を貰いかけているらしいのです。

今のところ、寒気やのどの痛みなど風邪の症状は全くないのですが、ただひたすら眠いのです。もちろん寝不足している訳でもなく、慣れない力仕事した訳ではなく、変わった事は何一つしておりません。

いつもそうなのですが、家族の誰かが風邪を引いている時や、自分が風邪を引く前兆に眠たくなるのです。

こうした前兆があるお陰で、「風邪かも」と身構える事が出来るので
●無理をしないで早めに寝る
●ちょっとした漢方薬を服用しておく
●冷やさないようにする
●あっさりとした消化の良い食事を心がける
などをしておくだけで、殆どの場合風邪を引かずに済んでしまいます。

皆様も何か風邪の前兆ってありますか!?
きっと何かしら体からサインが出ているはずです。是非サインを見つけて、風邪を未然に防いでくださいね。



という訳で、今日は思考能力ゼロなので、このようなブログとなってしまいました。
な~~んにも思いつかないので、すみませんが失礼します。。

こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。晴れてはいるものの、気温が低い日が続きますので、冷やして体調を崩さないようにしてくださいね。


さて、「臭いガスの原因」という事ですが、悩んではいるものの、誰にも打ち上げられない悩みとして「臭いガス」があります。ガスとはおならの事で、結構おならが悩みとなって、心の病気へと発展してしまうケースなども多いようです。

その原因として考えられるのが、「消化不良」です。

通常口から飲食物を摂取し、徐々に消化されて、必要なものは小腸などから吸収され、不要なものは便として排出されます。その過程の中で、きちんと消化、分別されれば臭いガスなど発生しないのですが、何らかの原因によりその工程がウマくいかなくなると、未消化物が腸内に停滞したり、内臓に炎症などが引き起こされたりすると、停滞物の腐敗や悪玉菌の増殖が起こり、それが臭いガスの原因となるのです。


消化器官の働きを妨げる原因となるのが
●食べすぎ
●加工食品の食べすぎ
●脂っこいものの食べすぎ
●動物性たんぱく質の摂りすぎ
●すっぱいもの、辛いものの摂りすぎ
●精神的緊張
●アルコール、カフェイン類、たばこの摂りすぎ
●運動不足
●寝不足、不規則な生活習慣
●夜9時以降の食事
●丸飲み(良く噛まない)
●冷たい飲み物の摂りすぎ
●先天的な体質
などが考えられます。

このうち、「食べすぎや脂っこいもの、加工食品の摂りすぎ、冷たい飲み物、夜9時以降の食事、丸飲み」などは直接胃腸を疲れさせます。
「すっぱいもの、辛いもの、精神的ストレス、アルコール、カフェイン、たばこ」などは胃腸に緊張を与えることにより、消化や消化酵素の分泌を妨げる事により消化を悪化させます。
運動不足は全身の細胞の活性を低下させるので胃腸にも良くありません。

以上が消化器官の働きを妨げる原因になります。


改善法としては、自分で改善できるものに関しては自分で改善し、逃れられないストレスや先天的体質など、改善出来ないものに関しては漢方薬が有効です。

当店で良くお勧めするのが、胃腸の緊張を和らげる「逍遥散」や「開気丸」「半夏寫心湯」「柴胡桂枝湯」。胃腸の働きを高める「帰脾湯」「人参養栄湯」。余計なものを排出させる「因陳高湯」「大柴胡湯」。消化能力を助ける「晶三仙」などです。



臭いガスは胃腸の悲鳴です。是非早めに改善し、不快な症状を緩和していけたらいいですよね!


こんにちは^^いよいよ今日から新年度、新しい年度がスタートします。地震で被災している人も大勢いらっしゃいますが、日本全体として、ここは一つ新しい年度として心を入れ替え、前向きに一歩ずつ歩んでいければと思います。


さて、「動物は人間以上に地震が怖いみたいです」という事ですが、動物は人間以上に地震などの自然災害に対して敏感なようです。先日も少し書きましたが、朝夕うるさいくらいに泣きわめいていたカラスが、地震以来一羽も見なくなりました。スズメや小鳥達はそれなりにいるのですが、カラスは全く見ません。

更に我が家の4匹のワンちゃん達、4月11日の大地震までは、小さい地震が来ても何の反応も示さなかったのですが、今では少しの揺れでもブルブルと震えています。怯えるのは地震だけではなく、外の強い風、人間の大声などにも敏感に反応して怯えるようになりました。

今ではその反応も随分和らぎ、大きめの余震以外は反応を示さなくなりましたが、それでもたまに挙動不審な時が多々あります。

やはり動物は、厳しい自然を相手に生活している為、自然界の挙動に対して敏感に反応しているのだと思います。
元来人間もそのような敏感な所を持ち合わせていたと思うのですが、段々と生活が裕福になるにつれ、野生の感が薄れていってしまったのだと思います。

よく第六感という言葉がありますが、自分は占いや予知、霊などというものは一切信じていません。しかし自分に宿る野生の感(笑)だけはいつまでも信じていきたいと思います。


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ