FC2ブログ
Archive
こんにちは^^朝から猛暑となっているここ鹿嶋地方です。先ほど少しだけ外で作業したのですが、暑くてビックリするくらい大量の汗が出ました。外でお仕事される方は、くれぐれも熱中症に注意して下さいね。


さて「多汗症」という事ですが、私はミスター多汗症といってもいいくらい汗かきです。夏にスポーツでもやろうものなら頭のてっぺんから足の先まで着衣の色が変わり、搾れるほどの汗が出ますし、冬でも頭から湯気が出るほど発熱しています。

スポーツ時のように汗が出て当たり前の時はあまり気になりませんが、学校の授業中や電車の中など、他の人が涼しい顔で汗など無縁の顔をしている時に、自分だけだらだらと発汗している時などは非常に恥ずかしい思いをした事が幾度となくあります。

このように、汗に関して語らせたらいくらでも面白いエピソードが出てくる自分です。(笑)
今回はその汗が度を越して出てしまい、「多汗症」という医療保険が適応になる疾患について書いていきたいと思います。

私自身がこの多汗症と診断されるかは分かりませんが、先ほども書いたように人前などで異常な発汗があり、生活に支障が出て「生活の質」が大幅に低下してしまうような場合は治療の対象になるようです。

この多汗症ですが、交感神経の過剰興奮によって発生する場合と特定の病気によって発生する場合とに分かれます。
交感神経の過剰興奮によってもたらされる多汗症は、全身的に発汗する「全身性多汗症」と脇の下や手のひらなどに限定して発汗する「局所性多汗症」とに分類されます。

特定の病気によってもたらされる多汗症は、甲状腺の疾患、糖尿病、腫瘍、痛風、更年期、月経前症候群、特定の薬物などが原因となって発生するとされています。



このうち交感神経の過剰興奮によってもたらされる多汗症は、医療機関や漢方、生活習慣の改善などで改善を行い、特定の病気によって引き起こされる多汗症については、原因となっている疾患を各種医療機関にて改善を行うという事が基本となります。

自分自身の場合は、寝不足、飲酒量の増加、夫婦喧嘩、ストレスなどがある場合発汗が増えるのを自覚します。そのような時はそれら生活習慣の乱れを改善すると共に、脳の興奮性を抑える「抑肝散加陳ピ半夏」や「柴胡加竜骨ボレイ湯」などを服用すると落ち着きます。

漢方での改善では以上のように脳の興奮性がある場合はその改善を行い、慢性的に汗が漏れ出しているような場合は、発汗による全身の弱りが疑われる為、全身の内臓や皮膚、筋肉の働きを高めるような漢方薬を主にお勧めしています。

多汗症で健康に問題ない場合は、多くは交感神経といって体の活動力を高める神経の過剰な興奮によるものです。
脳が人より興奮しやすいとうだけでほぼ問題ないのですが、ストレス状態におかれると人より脳の興奮度が高まりますので、そのダメージを多く受けて体が消耗しやすくなります。
このような人は、例えると、瞬発力を問われる短距離は得意ですが、長期に渡って体力をコントロールする長距離は苦手です。人生においても、あまりストレスを感じ、毎日自分自身をフルに使いきるような生活は向いていません。

人それぞれ体質があります。上手に自分の体を見抜き、自分に合った生活を行い、健康な体を維持していきたいですね。
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ