FC2ブログ
Archive
こんにちは^^相変わらずすさまじい暑さとなっているここ鹿嶋地方です。屋外はもちろん、屋内でもとても暑くなっていますので、何らかの熱中症対策をして健康維持に心がけて下さいね。


さて、「迷走神経反射による失神」という事ですが、夏になると多くなるのがこの失神です。よく学生などが朝の朝礼などで失神して倒れてしまうというのを聞きますが、暑い時期が多いような気がします。その原因として最近多いとされているのが「迷走神経反射」による失神です。


迷走神経とは、脳から大腸の一部までの運動神経と副交感神経を網羅している神経で体で一番大事な神経だといわれていて、心拍数の調整、胃腸の蠕動運動、発汗、発語などに関与しています。

この迷走神経が刺激を受けて失神に至る事があります。
長時間の起立、疼痛、驚愕、怒り、恐怖、不安、予測外の視覚、暑い場所での激しい運動、聴覚刺激、排便、排尿、咳、ストレスなどによって迷走神経が刺激され、その刺激によって副交感神経が亢進する事により血管の拡張、徐脈が起こります。主に静脈の拡張が引き起こされる事や徐脈により血圧が低下し、脳への血液供給が滞る事によって失神が起こります。

この迷走神経による失神は全ての人に起こる可能性がありますが、ストレス耐性が弱い方や自律神経のバランスが悪かったり精神的に不安定な状態だと起こりやすいといわれています。

失神が引き起こされる根本原因は解明されていませんが、これといって治さなければならない体の異常は見当たらない事が多く予後も良いといわれていますが、失神時に浴槽であったり、高所、危険物などが近くにある場合などは失神、転倒時に致命傷を受ける可能性があるので注意が必要です。

失神の前兆は発汗、頭痛、吐き気、熱感や寒気、顔色が悪くなったり、あくび、瞳孔の拡大、おちつきがなくなるなどがあります。

改善法としては、脱水、運動不足、ストレスなどに気をつけ常に体のバランスを良くしておくという事です。特に脱水予防と日々の運動は大切で、先日のブログにも書きましたが、特に下半身の筋力を鍛える事は脳への血液供給を良くしてくれるので効果的です。更にストレスやアルコール、無理で激しい運動は、脱水に拍車をかける可能性があるので控えめにしたほうがいいでしょう。
更に脱水が原因となる場合には、全身の保水力を高める肝臓の弱り、水分を吸収する胃腸の弱り、ビタミンB群の不足、たんぱく質不足、各種精神疾患なども原因になり得るので、その辺のバランスを整える事も重要です。


もちろん迷走神経反射による失神以外にも、脳や心臓に原因があるケースも考えれられるので、失神を起こした場合は病院にて検査をする事をお勧めします。病院で検査をした上で特に異常が見受けられない場合は、漢方などで体質改善する事も有効です。

漢方では、脳の興奮性の改善、体力強化がキーワードになりそうです。


失神と聞いただけで「怖い」ですが、あまり危険性がない失神もあるようです。
きちんとした知識を持って対処していきたいですね。





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ