FC2ブログ
Archive
こんにちは^^朝から大粒の雨が降っているここ鹿嶋地方です。これだけまとまった雨が降るのは久しぶりです。乾燥予防の恵みの雨ですね!


さて、手のひらが赤くなると肝臓が悪い?という事ですが、これは昔からよく聞く言葉です。

まずこの話は本当かどうかという事ですが、「本当でもあり嘘でもある」というのが答えです。

本当とされる理由は、肝臓の仕事の一つ体の栄養を作り出すというのがあります。肝臓が疲れるとこの栄養を作り出すという仕事が出来なくなり、体全体が疲れてしまいます。体全体が疲れると当然血液の流れが緩慢になりますので、末端部に血液のよどみが発生しやすくなります。そのよどみが手のひらを赤くさせるのです。

次に肝臓の仕事の一つにエストロゲンというホルモンの分解があります。エストロゲンの働きの一つとして血管の拡張があります。きちんと肝臓がエストロゲンを分解していれば問題ないのですが、肝臓に問題がありエストロゲンが増えすぎると末梢血管が拡張して手のひらが赤くなります。男性の場合は手のひらだけではなく、乳房のふくらみなどがみられます。

というのが肝臓が良くない時に手のひらが赤くなる理由となります。


嘘である理由としては、先ほどエストロゲンの過剰で手のひらが赤くなるというのを書きましたが、女性の場合生理周期によってエストロゲンが増える時期があります。なので肝機能に影響なくエストロゲンの影響を受けますので健康な方でも生理周期によって手のひらが赤くなる事が考えられます。

又、手のひらが赤くなるという現象は、血管の収縮、拡張の調節によって引き起こされます。なので比較的血行がいい人や興奮気味の方は赤くなりやすく、緊張気味で冷えやすいなどがある方は赤くなりにくいなどの「体質」も関係します。更に自律神経によっても血行は大きく左右されます。これらは西洋医学でいわれる肝臓とはあまり関係はありません。しかし漢方の世界では「肝」とかかわりが深い症状なので、肝臓が悪いとまではいかなくても、肝臓が疲れているサインとしてとらえる事が出来ます。



いずれにしても、手のひらの状態だけで肝臓の良しあしを判断するのは難しく、全身の状態・症状や血液検査の数値、生活習慣などを元に総合的に判断する事が必要となります。





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ