FC2ブログ
Archive
こんにちは^^今日の朝は冷え込みましたね。暖かい日があったかと思うと急に寒い日がやってきたりと、季節の変わり目は気温の変化が激しいので、体調管理に注意して過ごして下さいね。


さて、「脳を良くする習慣」という事ですが、脳科学の権威、久保田競先生の本を何冊か読んだのですが、その中から脳を鍛え良くする習慣をかいつまんでご紹介したいと思います。


脳というのはとてもサボりたがりで、楽な方楽な方に行動を制御しがちになります。その脳の制御のままに生活していたらどんどん衰えてしまうので、率先して脳を鍛え良くしてあげる事によって、人生をより良いものへと改善する事が出来ます。



脳の働きを向上させる習慣として

○本を読む、ゲームをする
本を読んだりゲームをすることによって、想像力や一時記憶を司るワーキングメモリーを鍛える事が出来ます。

○体を動かす
本や勉強、ゲームなどばかりしていると、偏った脳となり働きが悪くなります。バランスの良い脳を作り上げるためには運動は必須です。特にランニングは効果的で、ランニングは五感の働きを高める事によって脳に対する刺激が良くなります。更に前頭葉の血流改善にも効果的です。

○人と話す
話すという行為は前頭葉の働きを良くします。積極的に話し前頭葉を鍛える事は脳の機能維持に有効です。

○気持ちいと感じる事を行う
気持ちいいと感じる事全般は脳の働きを向上させます。例えば恋愛や美味しいものを食べる、スポーツなどで得点するなどはとてもいい快感刺激です。

○新しいことを覚える
新しいことをするという刺激は想像力や記憶力を高めたり、意欲を高めるのに非常に有効です。特に脳の衰えを感じ始める老後に俳句や料理、ゲートボールなど新しいことを始めたら良いようです。

○規則正しい生活習慣
毎日同じ時間に同じことを行うと全ての効率が良くなります。脳も同様で、同じ時間に作業を行うと、脳の働きも高まります。

○常に分析する
日常のすべての事に関心を向け分析する事は脳を鍛えます。些細な事でもそのことについて考え答えを出すという訓練をする事は脳の働きを向上させます。

●ストレス
最後は良くない事としてストレスがあげられます。嫌な気分になると脳の機能は著しく低下します。嫌々親の勧めによる稽古事をやっていたり、ストレスフルな職場環境などは脳に悪影響になります。変えられるものならストレスから遠ざかるべきです。うつ病なども常にストレスを感じている疾患ですが、これも脳によくありません。医療機関などで積極的に改善し、運動などで脳の血流改善を行う事も有効です。


以上が脳を良くする習慣として、自分が特に印象深かった内容になります。


これを読んでなんとなく思ったのですが、この習慣って健康的な人だったらほぼ実践している習慣だと思います。
しかしこれらを網羅し生活していくのと、ただ何も考えずに生活していくとのではやはり差がありそうです。特に脳の働きが衰えていく50~60代位からは、積極的に脳を良くする事を行うのと行わないのとでは差が出るのではないかと思います。

更に脳科学以外にも、漢方などで血流や五臓の働きをケアしていく事も、脳の働きを維持していく上で重要になりそうです。



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ