FC2ブログ
Archive
こんにちは^^朝からどんよりとした雲に覆われているここ鹿嶋地方です。今年の秋は本当に雨が多いですね。鬱陶しい日が続きますが元気出して頑張りましょう!


さて、「アレルギーと漢方」という事ですが、近所を散歩していると、黄色い花を咲かせたセイタカアワダチソウ
を多く見かけるようになりました。花粉によるアレルギーというと春先のスギ花粉を思い浮かべる方がほとんどだと思いますが、秋にもこのセイタカアワダチソウを初めアレルギーを発生させる花粉が多数飛散しています。

そのアレルギーですが、当店では主に漢方にて対応しています。
漢方では主に2種類の方法にて花粉症状緩和に役立てています。

●一つ目として
今現在の症状を緩和させる方法を用います。アレルギー症状を引き起こしているという事は、その場所に必ず炎症が引き起こされています。その炎症を取り除き不快症状を改善させます。炎症が激化して不快症状が激しい場合は抗炎症作用のあるものや利湿作用のあるものを用い、体力の低下が考えられる場合には体力を補う作用のあるものを用いるようにします。(各種サイコ剤、荊芥連翹湯、竜胆瀉肝湯、カルシウム製剤、衛益顆粒、補中益気湯、各種ジオウ丸など)

●二つ目として
アレルギーを起こしにくい体作りを行います。アレルギー反応を引き起こすという事は、自己の免役が亢進しているか低下しているかどちらかに偏っている事が考えられます。漢方ではこの偏っている免疫系を正常の範囲に引き戻すように体質改善を行います。亢進している場合にはサイコ剤や抑肝散、カルシウム製剤などで興奮を抑えたのち体力を向上させるものを、免役が低下している場合には補中益気湯や田七、キノコ製材、腸内免疫向上作用のあるものなどで免疫を引き上げるようにします。


以上、漢方では主に2つの方法にてアレルギー症状緩和に役立てています。



自己免疫を正常に保つという事は、アレルギー症状を緩和させることに役立ちますが、「健康を保つ」上でも重要です。日常生活ではストレスから遠ざかったり、自分にあった運動を続ける、規則正しい生活習慣、質の良い睡眠、手作りでバランスのとれた食事などを心がけるといいでしょう。




DSC_0519.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ