FC2ブログ
Archive
こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。このところ日々天候が変わりますね。外気の変動は体調を狂わせるので、体調管理には十分注意して下さいね。


さて、「タンパク質も重要だが野菜や果物、穀物はもっと重要」という事ですが、私もブログにて取り上げた事もありますが、最近特にタンパク質の重要性ばかりが独り歩きしているのが目立ちます。

もちろん、タンパク質は人間が健康を営む上で必須の栄養素で、その有用性は最先端の現代医学にて証明されています。人間の体がタンパク質からできているという事もあり、当然必要な栄養素ですが、過剰になると様々な害を体にもたらします。

必要な栄養素の中で、タンパク質(特に動物性)は口から入って腸から吸収されるまでに、特に時間と労力を要します。それは胃腸と消化酵素に多大なる負担をかけることを意味します。これが慢性的になると、胃腸の機能が低下するのはもちろん、消化酵素を分泌する膵臓に負担をかけ疲弊させ糖尿病の原因になったり、老廃物が胃腸や血中、皮下に停滞しやすくなり、高血圧や肥満、脂質異常症、腎臓病を引き起こす原因になります。

更に、タンパク質(特に動物性)は胃腸にて十分消化されないまま血中に吸収されると、アレルギー反応を引き起こします。


これらタンパク質の害を緩和させるのに有効なのが野菜や果物、穀物(なるべく精製度の低いもの)、キノコ類などです。野菜や果物、穀物、キノコ類は、それぞれ体に必要な栄養素を持っているのはもちろん、食物繊維やビタミン、フェチン酸、抗酸化作用、酵素などにより胃腸の掃除、消化促進、抗炎症、血流改善などを行うと共に、カリウムによって血圧を下げる働きもあります。

特に重要なのが、胃腸を刺激して、停滞している未消化物や脂肪などを絡め取って外に出すという働きです。胃腸に未消化物が停滞していると、胃腸の正常な働きを阻害するので、脂質の過吸収やビタミンなどの生成阻害、体にとって有害な物質の排泄などに問題が生じるほか、胃腸自身の健康も害してしまう原因になります。よって、様々な病を作り出す根本原因になるのです。


タンパク質は健康を営む上で必須な栄養素ですが、毎日の食事の中で大部分を占めるものであってはなりません。
割合としては、体質や病によって異なるためハッキリとはいえませんが、五穀(精製度が低いもの)(炭水化物)≪5≫:野菜、果物、海藻、キノコ類、大豆製品など≪2≫:動物性食品(動物性タンパク質)、嗜好品(酒やコーヒー、ジュース、おやつ類)≪1≫[5:2:1]が基本とされています。これは玄米を主食と考えて構成されていますので、白米の方はもう少し炭水化物の量を減らして野菜類を多くしてもいいでしょう。又野菜や穀類の中にもたんぱく質が含まれますので、食事全てのタンパク質の割合が[1]になるわけではありません。

特に「旬」の野菜や果物などを積極的に取り入れると健康維持に役立ちます。
是非健康維持に役立ててくださいませ。






gghhhg.jpg




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ