Archive
こんにちは^^今日も朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。空を見上げると、青が強く空が高く見えます。晴れの日は本当に気持ちがいいですね。


さて、「寒い日が続くと胃腸の調子が悪くなる」という事ですが、このような訴えをなさりご来店される方が増えています。

マスコミなどでも連日報道されていますが、今年は寒さが厳しいので、その寒さによって様々な影響が人間の体にも及んでいます。

ではなぜ寒くなると胃腸の調子が悪くなるのでしょうか。その原因について考えてみたいと思います。

冬というのは気温が低下します。恒温動物の人間は、外気温に左右されることなく、体温を一定に保たなければなりません。なので、体温に近い温度の夏はそれほど体温維持に体力を奪われないのですが、外気温が低い冬は体温維持に体力を消耗しやすくなります。

人間の体というのは、体温を上げようとする時に筋肉の働きを上げようとします。これは、熱は筋肉によって生み出され、又体内の熱は筋肉によって遮断されるというメカニズムによるものです。よって、筋肉働きを向上させるといった時に、主に体を緊張させる交感神経の働きが高まるので、副交感神経によって動きがよくなる胃腸に影響が及ぶ原因の一つとなているのだと思います。

以上のメカニズムにプラスして、交感神経の緊張を維持するにはしっかりとした栄養補給が必要です。胃腸の働きがよくしっかり栄養を補給できていれば、それほど緊張感は高まりませんが、胃腸の働きが悪かったり、栄養の補給がしっかり行われていないと、更に体の緊張が高まるので、冷えを自覚すると共に胃腸の働きが悪化し調子の悪さを助長してしまいます。


寒い冬の胃腸養生方法として
◎体を冷やさない
◎しっかり栄養を補給する(バランスのよいものを良く噛んで)
◎筋肉の働きを良くする(適度に運動)
◎ストレスから遠ざかる
◎あぶらっこいものは避ける
◎一日一度は入浴などで体を温める習慣を
などが考えられます。


漢方では
●血流改善、ストレス軽減作用のあるもの
●栄養保持力を向上させるもの
●体を元気にさせる作用のあるもの
●滋養強壮作用のあるもの
●アミノ酸製剤
などを主に用います。



寒い日が続くのもあと少しです。もうひと踏ん張り頑張りましょう。




hatuyuki.jpg
こんにちは^^引き続き爽やかな青空が広がっているここ鹿嶋地方です。引き続き日陰などでは先日降った雪が残り滑りやすくなっていますので、十分注意してくださいね。


さて、「スギ花粉症、漢方療法推進会、臨時トピックス」という事ですが、昨日クラシエ薬品の営業さんから資料を頂いたのでそれをご紹介します。

以下資料

◇アレルギー性鼻炎(花粉症)
2013年のスギ花粉の飛散時期は例年並か例年より遅く、2月中旬に九州、四国、東海、関東から花粉シーズンが始まるでしょう。

スギ花粉飛散量は、東北、関東では例年より遅く、九州、四国では例年より少ないと予想します。

(日本気象協会ホームページより)


今回はアレルギー性鼻炎における各先生方の経験方を紹介します。

①小青龍湯合麻黄附子細辛湯
まだ寒い時期の花粉症、冷えると悪化する場合に

②五積散合麻黄附子細辛湯
まだ寒い時期の花粉症、冷えると悪化する場合に

③小青龍湯合銀ぎょう散
スギ花粉症のファーストチョイス、風寒、風熱の混在型に適応

④辛夷清肺湯合ケアピローサN
黄砂が絡むとき、ヒノキの季節に適応

⑤川弓茶調散合五虎湯
ヒノキの季節、鼻詰まりがひどくなった時に適応

以上になります。


私の場合は花粉症の不快症状に対して、あまり積極的に合包(2種類以上の漢方薬をお勧めする)は行わないのですが、今回の資料では全て合包されていることに少々驚いています。

これは、各先生方が今まで試行錯誤しながらお客様の症状がいかに良くなるかを考え抜いた末に出来た処方であり、その末に合包という方法を導き出した結果だと思います。是非参考にさせて頂きたいと思いますが、今回の資料の説明では少々説明不足で、添付されている症状だけで同じ漢方薬をお勧めする事は出来ません。十分噛み砕き自分のものにしてから実際の接客に役立てたいと思います。

花粉症に対する漢方薬の有効性としては、「症状、体質によってピンポイントで選べる」という事です。ピンポイントに選べるという事は、余計な薬が減るので副作用低減に役立ちますし、効き目も期待できます。是非ご利用下さいませ。




roubai1.jpg



roubai2.jpg

駐車場の蝋梅が見頃です
こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。昨日降った雪が凍結している場所などありますので、日陰などを歩く際は十分注意したいですね。


さて、今日は自慢ブログ!?ではないですが、たまには自分が購入したのものをご紹介したいと思います。

今回自分が購入したのは、タイトルにある「GANZO」の二つ折り財布です。

ず~~~っと財布が欲しいと思い続けていたのですが、そこは自営業、財布をそれほど活用しないからか、欲しいと思っていてもなかなか購入には至りませんでした。

私の今回の財布の条件としては
◎有名すぎるブランドものの財布は却下
◎とはいっても安すぎるものも社会人としてどうかと思うので却下
◎今回は天然革のものを持ちたい
◎デザインがシンプルなもの
などが当てはまるものを探していました。

そして、先日いつもの如く何気なくネットサーフィンしていたところ、以前より目につけていたGANZOのラインナップの中に、渋いダークグリーンの二つ折りを見つけました。ダークグリーンは自分の好きな色で、一気に購入意欲が高まります。

早速ネットショッピングにて探してみるも、GANZOは人気らしくどこのショップでも売り切れです。私としては購入意欲が高まりきってしまっているので、こんな時はいつも何かしら購入しないと気が済みません。GANZOがないなら、万双かホワイトハウスコックスにしてしまおうかと思いましたが、やはり深みのあるグリーンから頭が離れません。

意を決してGANZO本店に電話してみたところ、なんと一点だけ二つ折りコードバン、ダークグリーンがあるというではありませんか!

即注文、そして今日手元に届きました!!



gonzo1.jpg
GANZOステッカーがサービスです




gonzo2.jpg
親切な説明書とゴールドカード(修理無料保障書)が同封されています




gonzo3.jpg
艶めかしいダークグリーンのコードバンのお披露目です




gonzo4.jpg
内側は牛ヌメ皮でGANZOダグが刻印されています




gonzo5.jpg
光に当てるとグリーンが鮮やかになります


レザー製品は使えば使うほど風合いが増し味が出てきます。

これからゆっくりと丁寧にエイジングを楽しんでいきたいと思います。

こんにちは^^いや~朝起きたら一面の銀世界!今年初の雪はいきなり訪れました。ここ鹿嶋地方は比較的温暖な土地で、積雪は年に一度あるかないかです。なので降ると大騒ぎになり、今朝からお越しになるお客様と大いに盛り上がっているところです。


さて、雪の話題はひとまず置いといて、今回は「排卵に有効な漢方薬」をご紹介します。

排卵をスムーズに行うという事は、不妊治療において非常に重要な事であり、これがスムーズに行われるのと行われないのとでは、妊娠の確立が大きく変わってしまいます。

その排卵をスムーズに行うのに有効と思われる漢方薬というのは、主に筋肉の緊張を取り去り血の流れをよくする働きのある各種漢方薬です。

なぜかというと、ストレスや運動不足、労働過剰などにより、体に必要以上の緊張があると、子宮や子宮周辺の筋肉も緊張してしまいます。そうなると卵巣や卵管などにもその影響が及びスムーズな排卵、精子や受精卵の移動の妨げとなってしまうのです。又、体に余計なストレスがあると、免疫や頸管粘液にも影響を与え、膣から入ってくる精子に対しても不利に働く事が懸念されます。


そこで、排卵期には「加味逍遥散」や「冠脈通塞丸」「冠元顆粒」「キュウキ調血飲第一加減」「桂枝伏苓丸」「温清飲」などの筋肉の緊張を緩和させる働きのある漢方薬や血の流れを改善させる効果のあるものを、その方の体質、症状によっておススメするようにして効果を上げています。

もちろん、これは排卵だけにスポットライトを当てている考え方であり、本来は「体全体の傾向をみてバランスを整える」という事を念頭に置き、漢方による不妊体質改善を行います。



漢方は体質改善に有効だとされており、長く服用することが必要だと思われています。その考えは間違いではありませんが、今回ご紹介したように、不妊治療において「月経周期によってピンポイントで使い分ける」という短期的な使い方も出来ます。是非ご利用下さいませ。




2013hatuyuki.jpg
朝の風景 道路は溶け始めてますね





yukitokage.jpg
柿の木も寒そうです






meikatoyukidaruma.jpg
雪だるまと長女 ベランダにて
こんにちは^^今日は比較的暖かく朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。しかし、天気予報ではこの後大気が急激に入れ替わり、夜は急激に気温が下がるようです。しっかり養生して体を冷やさないようにして下さいね。


さて、「目の疲れは脳の疲れ」という事ですが、現代はスマホやタブレット端末、パソコン、ゲームなどが普及し「目の疲れ」を訴えるが方が急増しています。斯く言う私も夜間のスマホゲームにより少々目がお疲れ気味です。

その目の疲れですが、目だけが疲れている場合と目から入ってくる情報量が多いが故に、その処理を行う「脳」が疲れている場合とに分かれます。

目だけの場合は、紫外線による日焼けや光の強いテレビゲームなどによるものがほとんどで、この場合は少し休めば復活しますが、ほとんどの場合目だけではなく、そこから入る情報量の多さによる脳の疲れが目の疲れを引き起こしています。


目の疲れと共に
◎いくら寝ても寝たりない
◎物忘れや度忘れ、思考フリーズなどが多い
◎日中ぼーっとすることが多い
◎悪夢を見ることが多く熟睡できない
◎活字を長時間見たり、難しい映画、スマホやパソコンなどを見ると疲れてしまう
◎人の目を見て話すのが苦手
◎情緒不安定
◎緊張や不安があると疲れを感じる
◎音や光に敏感
◎切迫尿、尿意が我慢できない
◎表情が乏しい
◎頭痛や頭張感、のぼせ感、ふらつきなどがある
などがある場合は脳も同時に疲れてしまっている可能性が高いです。


改善法として
◎光の強いパソコンやスマホ、ゲームなどは長時間使用しない
◎太陽光を浴び自然と戯れる習慣を持つ(遠くの景色をみるように心がける)
◎定期的スポーツでリフレッシュする習慣を(ヨガやウォーキング、ストレッチなど)
◎ストレスから遠ざかる
◎長時間集中を要するようなことはあまりしない(こまめに動く)
◎規則正しい生活習慣
◎食事はバランスよく、よく咀嚼して
◎顔の筋肉をほぐす習慣を(よく笑う)
◎夜はなるべくリラックスして静かに過ごす
●飲酒やたばこ、食事の偏り、睡眠不足はなるべく避ける
などが考えられます。

漢方でよくお勧めして喜ばれているのが「杞菊地黄丸」や「加味逍遥散」「冠元顆粒」「抑肝散加陳皮半夏」「牛黄製剤」などです。


今このブログを読まれている貴方も疲れていませんか!?
是非積極的に脳の疲れを改善し、健康的な毎日をお送り下さいませ。




osannpo.jpg




こんにちは^^朝から雲が多く今にも降り出しそうな天気となっているここ鹿嶋地方です。このところ天気が安定しないので外出の際は注意して下さいね。


さて、「長引く咳」という事ですが、寒さが厳しくなるにつれ、このような訴えをなさりご来店されるお客様が増えています。

皆さん、同様にせき込みがひどく、特に夜間寝ている時に悪化すると訴えられています。特に多いのが年配の方々で、咳が出始めてからの期間が長く、体力の消耗も激しいようで心配です。

夜間に咳がひどくなる原因として
◎寝入ると体に熱がこもりやすくなるので、その熱により肺が乾燥しやすくなる為
◎夜間は副交感神経支配となり、気管支や咽頭部の筋肉が弛緩しやすくなるので気道が狭くなる
◎夜間はステロイドホルモンの分泌が悪くなるので炎症反応が強くなる為
が主な原因として考えられます。

風邪により咽頭部や気管支、肺などに炎症や機能低下が引き起こされ、それが夜間に強くなることにより強い咳こみの原因になると考えられます。


改善法としては
◎炎症を抑えるもの
◎低下している機能を持ち上げるもの
◎炎症による熱を取り去るもの
◎粘膜の乾燥があれば潤すもの、粘液過剰があれば取り去るもの
などをその方、その症状によって使い分けるようにします。

当店では炎症を抑える「五虎湯」、粘膜の乾燥を緩和させる「潤肺糖ショウ」、肺や粘膜の働きを向上させる「冬虫夏草」などをお勧めする事が多くなっています。


長引く咳は体力を奪い、時には肋骨などを損傷させることがあるので要注意です。早め早めに対処し、不快な症状を引き起こさないように体を養生していく事が早期回復に繋がります。





889.jpg


こんにちは^^引き続き朝から寒い一日となっているここ鹿嶋地方です。天気が安定しない日が続いていますので、体調管理にお気を付け下さいませ。


さて、「クラシエの漢方は効かないとおっしゃるお客様」という事ですが、このような訴えをされるお客様は一人二人ではありません。クラシエをメインの漢方としている当店としてはかなり気になる言葉です。

なぜ効果がないとおっしゃるのか、全ての方にご質問したところ、ほぼ全ての方に共通しているのが「ドラックにてクラシエの漢方薬を買って服用したものの、全く効果がなかったが、同じ名前で他のメーカーのもの(主に病院から処方されるツムラや漢方薬局で購入したものなど)を服用したら効いた」というものです。

何名か同じ訴えが続いたので、メーカーにドラックで販売されている商品と、漢方療法推進会で販売されている商品とでは成分や分量が違うのか質問したところ、成分は同じだが、分量が3/4程度のものが販売されているとのことでした。

効果がなかった原因はクラシエの漢方が効かないのではなく、分量が少ないから切れ味が悪いという事が分かりました。事実、効果がないとおっしゃられたお客様に同じもので漢方療法推進会のものを服用していただいたところ、「よく効いた、同じメーカーとは思えない」というお言葉を頂きました。


メーカーがドラックにて分量を少なめにして販売する目的は、副作用を気にしてか、安価で数多く販売する為か定かではありませんが、その為に本来の薬の効果を弱めてしまっているが故に不名誉な評判を受けてしまっている現実を考える必要があるのかもしれません。




夕日と飛行機雲
「お前のところの漢方薬飲んだけど全く効かなかった!どうしてくれる!!」
と、怒鳴り込まれた事があります。

あれは漢方を学び始めて間もない頃、苦々しい思い出として、今も鮮明に脳裏に焼きついています。

漢方を学び始めの頃は、あたかも「漢方薬は万能で全ての疾患を治癒させることができる」かのように思い込み、どんな症状の方にも自信を持ってオススメしていた記憶があります。

それはそれで間違いではないのですが、全て治せてしまったら神様になってしまいます。当然、効果のない時も多々ありますし、ケースにより漢方や健食、市販薬以外の治療法へ導くこともしなければなりません。

かぜ症候群然りで、ケースバイケース対応しないと、冒頭にあるような「怒鳴り込まれる」ようなケースに遭遇してしまいます。怒鳴り込まれたのは私の責任で、「あなたの症状であればこの漢方薬が効くと思います」とだけ答えてしまったのが間違いの元です。38℃前後の発熱があり吐き気と咽頭痛を伴い既往病は無しということで、柴胡桂枝湯と銀ギョウ散をオススメしたのですが、一週間後ご来店になりお叱りを受けた次第です。

このケースでは、急な38℃台の発熱があれば、インフルエンザを疑い医療機関の受信をオススメするという事を行うのが役目ですが、それを怠ったということが最大の失態です。



では、一般の方で風邪を引いた時に、病院に行ったほうがいいとされる症状とはどのようなものかご紹介していきたいと思います。

◎5歳以下、高齢者、慢性病にかかっている方
体質虚弱者の場合は速やかに医療期機関を受診する事をおすすめします。これらの方々は風邪が重症化したり他の疾患が引き起こされることがあるので、体を総合的に診てもらう必要があります。

◎症状が急で身体症状が強い
急な発熱、悪寒が激しいといった場合はインフルエンザの疑いがあります。すぐに受診して抗ウイルス作用のある薬を服用するようにして下さい。

◎喉が焼けるように痛い
細菌性咽頭炎の疑いがあります。抗生物質での治療が必要になりますので医療機関を受診して下さい。

◎風邪の治りが悪く尿がコーラ色で体がだるい
免疫複合体による腎障害の疑いがあります。すぐに医療機関を受診して下さい。

◎悪寒、発汗、発熱があり体がだるくとにかくしんどい状態が2日以上続く
体力が低下して風邪に耐えられなくなっている状態です。速やかに医療機関を受診し、しかるべき処置をとる必要があります。

◎ガタガタと震えるような悪寒と共に、膀胱又は背中、腹部、胸部など内臓の痛みがある
風邪ではなく臓器の炎症が原因で症状が出ている可能性があります。速やかに医療機関を受診してください。

◎激しい咳が出て胸が苦しい、胸が痛い
気管支炎、ぜんそくがおきている可能性があります。速やかに医療機関を受診してください。

◎風邪症状と共に激しい頭痛
風邪が原因のこともありますが、脳血管に問題が生じていることが考えられます。普段と違う頭痛がする場合や、血圧上昇を伴う、ろれつが回らないなどを伴う場合はスグに病院へ。


以上になりますが、風邪を引いた時にいつもと違う体の異変を感じた時は病院にいく事をオススメします。漢方薬は万能ですが、重い感染症を引き起こしている時はほぼ無力(症状改善には有効です)といってよく、病院にて状態に応じた治療を受ける必要があります。

漢方薬の適応としては上記以外で、発熱を伴わなく(伴っても軽度)(老人では発熱を伴わないで重症化するケースが多いので注意)、咳、くしゃみ、寒気、咽頭痛、下痢、腹痛、頭痛、こじれた風邪、だるさの症状改善に有効です。特に風邪症状の初期に用いると有効なので是非ご活用下さいませ。又、風邪を引きにくくなる・引いても軽くてすむ体作り、風邪をひいた後の体力向上などに優れた効果を発揮します。



風邪の季節ももう少しです。もうひと踏ん張り頑張りましょう!





jyarasi.jpg




こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿島地方です。冬の晴れた日は空気が澄んで本当に気持ちいいですね!

さて、「冬季うつにご注意ください」という事ですが、「冬季うつ」という言葉ご存知ですか?これは日照時間が短い冬や緯度の高い地域に多くなるとされているうつ症状のことで、特に女性に多いとされています。

なぜ日照時間が短くなるとうつが発症しやすくなるのかといいますと
◎朝日によって分泌が高まるセロトニンの生成不足
◎光を浴びることによってリズムが刺激されるメラトニンの分泌異常
◎日光を浴びることによって合成されるビタミンDの生成不足
◎目や皮膚で感じる日光刺激不足

などが主な原因となり、体がバランスを崩すことにより冬季うつと呼ばれる症状が発生します。

改善法はいたって簡単で、朝日を多く浴びる習慣をつけることです。30分早起きして朝日を浴びながらウィーキングを行い、昼間はキビキビと仕事や家事をこなし、日が沈んだらゆっくりと趣味の時間を作り早めに就寝するといった生活習慣を送ることをオススメします。

特に休みの日は、一日中とまではいいませんが、自然とめいいっぱいふれあい自分自身を開放するとともに、自然からのマイナスイオンや日の陽ざしといったパワーを充電することを行うといいでしょう。自然と触れ合うと、日光からのいい刺激はもちろん、副交感神経が刺激されストレスを解消する効果があることが分かっています。是非天然の素晴らしい薬を健康に利用して下さいませ。







hidamari.jpg
ひだまり




komorebi.jpg
木漏れ日
こんにちは^^引き続き寒い日が続いているここ鹿嶋地方です。時折遠くで吠えている犬の鳴き声が、余計に寒さを増幅させる気がします。


さて、「こじれた風邪に」という事ですが、こう寒い日が続くと多くなるのが風邪の患者さんです。漢方薬は風邪の諸症状に有効なものが数多くありますが、その中で風邪がこじれてなかなか治らないという時に優れた効果を発揮する漢方薬をご紹介します。

その漢方薬とは「柴胡桂枝湯」という有名な処方です。当店では風邪がこじれてなかなか治癒しない時はもちろん、胃腸風邪やストレスによる胃腸疾患、食あたり、胃腸機能低下による食欲不振、原因不明の腹痛などにオススメして喜ばれています。

ついこの間東京に行った時に、ドラックストアに用事があったので立ち寄ったところ、漢方コーナーに「こじれた風邪に」と書かれた柴胡桂枝湯を発見しました。当店では商品名だけ書かれていますが、ドラックでは「消費者を限定して分かりやすいように売っているんだな~」と感じました。このように症状を限定することもできるほど優れた商品だと捉えることが出来ます。

この柴胡桂枝湯、こじれた風邪であれば誰にでも適応する訳ではなく、風邪の後期症状(午後から軽い発熱、咳、寒気、鼻水、食欲不振、下痢、ふらつき)などを伴う方で、熱っぽさよりも寒気が強く、胃腸の調子が芳しくなく食欲不振傾向でストレスに弱く体力低下がみられる方に向いています。

何故かご説明すると、柴胡桂枝湯の構成薬として
◎清熱よりも温めるものが多い
◎胃腸の働きを整えるものが多い
◎体力を向上させるものが多い
◎ストレス軽減作用のあるものが多い
という作用があるからです。

逆に
◎火照りやのぼせが強い方
◎慢性的な便秘に火照り、喉や肌の乾きを自覚する方
◎胸焼け、腹部の熱感を自覚する方
などには慎重に用いるようにします。


当店でこの柴胡桂枝湯を知り、それ以降大ファンになられた方を数えるとキリがありません。切れ味が最高なのはもちろんのこと、副作用もないし、症状だけでなく体全体の調子がよくなるというのがよくお聞きするお声になります。私自身も子供の頃からお世話になっていて、子供心ながら「この薬を飲むと楽になる」と感じていた記憶があります。

風邪をひくと毎回こじれて治りが悪い方や、風邪をひくと胃腸に来る、ストレスを感じると胃腸の調子が悪くなるといった悩みをお持ちの方、漢方がその悩み解決します。是非ご相談下さいませ。




sutajiamu.jpg
とある日の信号待ち
こんにちは^^今日は朝から青空が広がっているここ鹿嶋地方です。やっぱり晴れると気持ちいいですね!


さて、「血糖値が少し高めの方の養生法」という事ですが、今や最も多い成人病といっても過言ではないくらい増えているのが糖尿病です。しかし、糖尿病でも医療機関にて治療を受けているのは一部の方で、多くは気が付かず治療を受けないでいる方です。このため気がついた時には深刻な合併症を発症しているといったケースも少なくありません。

これを防ぐには定期的に血液や尿を検査して自分の状態を確認しておくということに尽きます。少なくとも一年に一度は健康診断を行い、検査結果に応じて動くということが大切になります。

検査にて多いのが、タイトルにある「血糖値が少し高め」の方です。所謂境界型の方で、投薬などの必要はないものの、今後の養生法次第では右にも左にもいくという予断を許さない状態といえます。



その血糖値の少し高い方の養生法をご紹介します。

◎夜は果物、菓子類、甘いものは摂取しない
日中は筋肉や脳を働かせる為血中の糖は速やかに吸収されますが、夜は脳も筋肉も使うことはあまりありません。それ故糖を細胞に吸収させるホルモンの分泌が弱くなり、血中に残存しやすくなり体へのダメージが増えてしまいます。

◎ストレスを減らしエネルギーをしっかりとる
常にストレスを感じていたり、体のエネルギー量が不足すると、インスリン分泌を阻害するホルモンの分泌が増えます。なので、過剰なストレスはなるべく回避し、食事のバランスが悪い場合は、しっかりバランスのとれた食事を毎日決まった時間に摂る習慣をつけましょう。

◎早食い、濃い味付け、脂っこいものは×
これらの行為の全てが胃腸の動きを必要以上に活発にさせ糖の吸収速度を上げてしまいます。糖の吸収速度が上がると、それを吸収させるインスリンの分泌が追いつかなくなるので、すい臓の疲弊、血糖値の上昇を引き起こします。

◎アルコールは×
インスリン分泌の悪化を引き起こす原因の一つとして内臓に引き起こされる炎症があります。アルコールは飲むと消化器系や肝臓に炎症を引き起こす事によってストレスホルモンを刺激するので、インスリン分泌を悪化させ血糖値を上昇させます。

◎食事には食物繊維を盛り込む
野菜や穀物、玄米などに含まれる食物繊維は、糖と一緒に摂取すると吸収をゆっくりにさせる効果があります。それ故、インスリンの分泌もゆっくりになるので、すい臓の負担を軽減できます。

◎睡眠はしっかりと
最近の研究で深い睡眠と糖尿病との関連性が指摘されています。毎日質の良い睡眠を得られている方は、体に引き起こされている炎症の改善やストレス耐性が高まるので、正常な血糖値を保つのに有効だと思われます。

◎運動不足を解消
運動不足は代謝の低下、血流悪化、筋肉や細胞の糖吸収が鈍化することなどにより糖尿病リスクを上昇させます。一日一万歩程度歩いたり、ストレッチやヨガで体を柔軟にしておく習慣はそのリスクを減少させます。(歩数はその人によって異なります)

◎糖の摂取過剰
糖の摂取過剰は血糖値を上昇させますのでよくありません。炭水化物を食べるときはなるべく精製度が低いものを食べ、繊維の多いものと一緒に摂るように心がけます。又、あぶらっこいものやタンパク質過多、食べ過ぎは胃腸の働きを低下させ、消化液の需要を増やすのですい臓を疲弊させます。食事は消化の良いものをよく噛んでゆっくり食べるようにすると負担を軽減できます。特に甘い清涼飲料水は御法度です。

◎肥満
体に蓄積した脂肪はインスリンの効き目を悪くし血糖値を上昇させます。



以上が養生法になります。是非参考にしてくださいませ。





toudai.jpg
鹿嶋の灯台
こんにちは^^私は毎晩店が終わってから犬の散歩に出かけます。普段は寒くても歩いていると段々と体が温まるのを実感するのですが、最近は寒さが厳しく歩けば歩くほど体が寒くなってくるのを感じます。一段と寒さが厳しくなっていきますので、十分養生して体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「杞菊地黄丸を服用した方々からのお喜びの声」という事ですが、杞菊地黄丸という補腎作用のある漢方薬をお飲みになっている方々から、次々とお喜びの声を頂いているのでご紹介したいと思います。

◎一人目は普段よりパソコンを長時間見るお仕事をされているAさん。一日に5時間以上もパソコン画面を見ているという事と50過ぎという年齢もあり、目がとても疲れると訴えておられました。色々お話を伺い「杞菊地黄丸」と「加味逍遥散」をオススメしたところ、一ヶ月分を飲み終える頃には、夕方になると出てくる疲れ目、かすみ目、充血が無くなったと喜んで下さいました。現在5本目を継続服用しておられます。

◎二人目は家事に育児に仕事にと身も心も疲れ果てているBさん。40大前半という若さもあり、多忙に任せて体を酷使していたところ、ある日突然目の痛みと充血が襲いました。すぐに眼科を受信して薬にて治療を行いましたが経過が芳しくありません。そこで当店にて相談し、「杞菊地黄丸」と「冠元顆粒」を合わせて服用して頂いたところ、2週間ほどで全ての症状が良くなりました。現在も予防も兼ねて服用されています。

◎三人目は視力の低下と軽い白内障を患っているCさん。3年ほど前に軽い白内障と診断され、経過観察をしながら何年後かには手術が必要と言われていました。そこで当店にて相談し「杞菊地黄丸」を服用していただいたところ、今のところ白内障が全く進んでいなく先生に不思議がられているとのこと。もちろん継続服用されています。

◎四人目は糖尿病を患っているDさん。糖尿病の合併症で疲れ目、かすみ目が激しいので当店にご相談にみえました。色々ご相談し、「杞菊地黄丸」と「若蘇源」を服用頂いたところ、目の諸症状は緩和され、A1cの数値もみるみる改善し大変喜ばれました。現在も減薬しながら服用中です。



以上になりますが、細かい例を挙げればきりがないくらい有効例が思い浮かびます。もちろん杞菊地黄丸は薬なので、薬と服用される体があっていないと効き目は期待できません。合っているかどうかは我々専門家が判断できます。是非ご相談下さいませ。




hasi.jpg
鹿島神宮駅周辺
こんにちは^^いや~昨日の嵐はすごかったですね!夏の台風と違い、冬の嵐は強烈な寒さがプラスされより強力に感じます。東京などでは雪が降ったようですが、ここ鹿嶋は降りませんでした。温暖な土地柄に感謝です。


さて、昨日の大荒れの一日、皆様はどのようにして過ごされましたか?どこへもいかないのが一番ですが、それを許さないのが子供達です。休みの日に家にいると、まるで怪獣のように暴れだします(笑)。なので怪獣の体力を減らすべく少しでも出動しなければなりません。

こんな時に便利なのが、室内に子供の遊び場がある施設です。以前は稲敷にあるアピタまで足を伸ばしていたのですが、地震で改修した際に遊び場がなくなってしまったので、最近はもっぱら神栖市にあるベイシアの2fを利用しています。ベイシアの2fはすべてがゲームセンターになっており、その一角に小さな子供達が裸足で遊べる施設があります。

午前中にそのベイシア→近くにあるペットセンターで体力を消耗した子供達は、家に帰り遅めの昼ごはんを食べると昼寝の時間です。

夕方からは、家族全員でタブレット端末にてパズドラです。パズドラとは主にスマートフォンやタブレット端末に提供されている無料ゲームなのですが、これがまた子供も大人もはまれるパズルゲームです。比較的簡単な割には頭を使い脳機能向上にはもってこいのゲームです。是非、脳トレを兼ねてやってみて下さいませ。


ということで、今回はなんの変哲もない日常ブログでした。

今週もよろしくお願い致します。




bbbbc.jpg
こんにちは^^昨日に引き続き素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。引き続き晴れてはいるものの、気温が低い日が続いていますので、体を冷やさないように注意したいですね。


さて、「冠元顆粒で眠りがよくなる」という事ですが、当店で血流改善作用のある薬「冠元顆粒」を服用されているお客様より、よくご報告頂くのが「眠りが良くなった」という言葉です。

冠元顆粒を服用されている方の服用目的としては、血流改善作用が主なので、高血圧や糖尿病の合併症予防、関節痛、各所の痛み、肩こり、眼精疲労、血管の疾病予防、アンチエイジングなどが多くなります。皆さんこれら諸症状改善に服用され症状改善に喜ばれているのですが、主症状以外で一番よく聞くのが「眠りが良くなった」というお言葉です。

冠元顆粒の効能として眠りに関する記述はありませんが、血流が良くなると眠りもよくなるという事が証明されている一例だと思います。人間が眠りにつくときには脳の興奮が低下し、体内深部の温度が低下する必要があります。しかし、血流が悪い状態だと脳や深部の体温を外に逃がすことが出来ず眠りの妨げになります。そこで冠元顆粒を服用することによって血流が改善されると、脳や体内深部の熱が冷却されやすくなるので眠りの質が良くなったと考えることができます。

皆さん、日頃からそれほど睡眠の質が悪いと自覚されてはいなかったようですが、冠元顆粒を服用後は今まで睡眠が見違えるほどよくなったと喜んでおられます。

もちろん、全ての方が冠元顆粒服用すると睡眠が良くなるというのではなく、その方の体に合っているといのが大前提です。気になる方は是非ご相談くださいませ。



sumire.jpg
こんにちは^^今日は朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。気温は相変わらず低いですが、日が出ているとなんとなく暖かく感じますね。


さて、「お正月食べ過ぎてしまったあなたに」という事ですが、お正月というとついつい食べ過ぎてしまう方がほとんどだと思います。一年の内で一番おめでたい時期というのもあり、そんな時は美味しいものを食べたくなるというのは人間の本能でもあります。

自分も年末年始にすき焼きに焼肉、ラーメンなどと脂っこいもののオンパレードで、一年分のカロリーを正月だけで摂取してしまった感じがしています。

その、お正月の食べ過ぎによるケアにオススメしたいのが、「晶三仙(しょうさんせん)」という漢方です。晶三仙はサンザシという生薬を主成分とした健康食品です。サンザシは、タンパク質などの分解を助ける作用があり、特に脂っこい肉や魚などの消化を助ける効果に優れます。まさに脂っこいものを食べ尽くしてしまった私の為にあるような漢方です(笑)。

よく食べ慣れない脂っこいものを食べたあとに、腹が張って気持ち悪くなることがありますが、そのような時に晶三仙を一服しておくと、速やかに気持ち悪さが取れ気分が楽になるのを実感します。このように、頓服として服用するのもアリですが、普段より食事のあとに服用するようにしておくと、胃腸の状態が常にいい状態に保たれるので、胃腸に自信がない方やついつい食べ過ぎてしまう方、内臓疾患のある方、血中脂肪値の高い方などにおすすめして喜ばれています。

お正月の食べ過ぎによって胃腸がお疲れの方、是非お使いになってみてくださいませ。




sakura.jpg
配達ですか?^^
こんにちは^^引き続いて雲が多く寒い日が続いているここ鹿嶋地方です。休み明けでまだ体がなんとなく重い感じがしますが、張り切ってまいりましょう!


さて、「痩せているのにコレステロールが高い」ということですが、このような訴えをなさっている方を多く拝見します。

ある方は、あぶらものは一切口にせず、野菜や穀物中心の食事を摂り、毎日規則的にトレーニングを行い健康に気を使っているのにも関わらず、血液検査の結果総コレステロールと中性脂肪、LDLの数値が納得いくものではないと訴えられています。

このように、食事や生活習慣などに気をつけているのにも関わらず、なぜ血中脂肪値が芳しくないのか考えてみたいと思います。

まず一番目に考えられるのが、「ストレス」によるものです。体がストレスに対抗する手段の一つとして副腎皮質ホルモンがあります。このホルモンの主材料として使われているのがコレステロールなどです。当然ストレスを感じている時というのは、ストレス耐性を上げるために血中コレステロール値が上昇します。又、ストレスは心理的ストレスだけではなく、慢性病などの病気による身体ストレスも含まれます。

2番目として考えられるのが、血流障害です。体の脂肪というのは体の末端(皮膚など)でも消費されます。なので、血流が悪化していると、末端での脂肪消費が円滑に行われなくなるので、血中脂肪値が上昇する原因になります。血流障害は一番目に書いたストレスや血管の硬化、運動不足、飲酒、たばこ、アレルギー、筋力の低下、内臓疾患などによって引き起こされます。

3番目として、エネルギー不足が考えられます。人間のからだというのは、いざという時のために様々な栄養成分を肝臓に蓄えています。例えば血糖値が低下するとそれを肝臓に蓄えてあるものから補充します。この時、糖のみを補うのではなく脂肪などの不必要なものまで補充してしまうので、何かしらの栄養の不足があると、それを補充する時に同時に補われる脂肪値が上昇してしまうのです。改善には食事はバランスよく補うということになります。

4番目として、代謝の低下があります。甲状腺機能低下症などホルモン系に異常があると代謝が低下するので、エネルギー消費がうまくいかなくなり脂肪が停滞しやすくなります。

5番目として甘いものや乳製品の摂り過ぎがあります。これらは高エネルギー食品なので、取りすぎると当然コレステロールは上昇します。


以上が主に考えられる原因となります。

一番多いのが、ストレスや食事の偏りによるものです。神経質で些細なことに常にストレスを感じていて、食事は野菜や炭水化物、菓子類(特に甘いもの)だけでタンパク質が少ないといった生活を送っている方々です。
ストレスが脂肪値を増やし、更に食事のバランスの崩れがそれに拍車をかけています。皆さん考え方を変え、食事をしっかりバランスのとれたものに改善し、ヨガやストレッチ、ゆっくりとした入浴、質の良い睡眠を毎日行うように改善すると少しずつ下がっていきます。


人間のからだというのは、何かを節制してバランスが崩れると、その崩れを治そうとします。その治そうとする手段の結果としてコレステロールなどの数値に異常が出ます。なので、単に数値だけみてそれだけ直すのではなく、原因を考え是正することが真の健康を保つということに繋がります。




kkkkkkk.jpg
こんにちは^^引き続き朝から雲が多い天気となっているここ鹿嶋地方です。寒いうえに風邪がとても流行っていますので十分注意して下さいね。


さて、「病院の先生から同じ漢方を処方しましょうかといわれたのですが・・・」という事ですが、当店で相談して漢方薬を継続して服用なさっているAさんよりご相談いただきました。

経過としては、Aさんは膝の痛みしびれでご来店されました。綿密に相談した結果、血流障害が痛みやしびれの原因になっていると判断し「疎経活血湯」をお勧めしました。数日後再びご来店され痛みが半分になったと喜んでおられます。再び同処方をお勧めし、少し長めに服用して頂きました。その甲斐あって約1か月後にはほど痛みしびれはほぼ消失し、その後は予防も兼ねて一日一回程度服用しています。

ある時、足をぶつけて病院を受診したとき、担当の先生に薬局から「疎経活血湯」をひざ痛改善として服用している旨を伝えると、「同じ漢方薬を処方しましょうか」と勧められたとのこと。Aさんは勧めてくれた薬局に相談してから決めますとその場を後にしました。

その後、Aさんより以上の報告を頂いた次第です。

当店としましては、ちょっと複雑ですぐに返答できかねますが、全て丁寧に説明しました。
その内容は
◎利益としては、当店で商品として買ってもらった方が大きいので商品を買ってもらいたい
(処方せんで持ってきてもらうのと、商品として購入していただくのは当然商品として購入いただいた方が利益が大きい)
◎お客様の負担は処方せんを出してもらったほうが少ない
(処方箋で出してもらうと、保険適応になりますので、お薬代としてのお客様の負担は少なくなりますが、診療代なども考慮する必要があります)
◎比較的軽度の疾患に対しても保険を適応するという事は国民の医療負担を増やす
(日本国として医療保険料が逼迫している現状を考慮すると・・・)
◎漢方薬は体質、症状によって大きく選ぶ処方が異なり、更に季節や飲食、年齢などによって変化するので、それに対応できる知識を持ち、かつスピーディーに反応することができ信頼のおける所を選ぶ必要がある。
◎漢方薬局で取り扱っている漢方薬と病院で処方してもらえる漢方薬は違うものが多い(同様のものは約半数程度)
◎最後に漢方薬局の活路を残してほしい。全てとられてしまうと、我々が生きる道がなくなります(笑)
以上をAさんにはご説明しました。


日本は福祉が充実してとても住みやすい国ですが、全て税金で賄ってしまうということは不可能です。漢方薬然りで、全ての不快症状や病に保険が適応され、個人の負担が減るのは理想的な事ですが、急激にそのように変化させると問題が生じかねません。理由の一つとしては、生薬(合成医薬品然り)は限りある資源を原料としているため数に限りがあります。それ故、全て保険適応とすると需要が増えすぎ原料が枯渇してしまう事も懸念されます。更に保険適応で購入したものというのは、自己負担額が少ないので、商品価値が低下してしまうことにより、薬を無駄にしてしまう事も(人によってですが)考えられるので、それも税金の無駄、資源の枯渇に拍車をかけることに繋がります。更にいうと、不必要な服薬、合っていない服薬による人体への副作用の増大なども懸念されます。

私は経済には疎いので結論を出す事は出来ませんが、最後にどの方法を選ぶのかは、やはり「お客様自身よく考えて選ぶ」ということになりそうです。




0889.jpg
こんにちは^^朝から雲が多い天気となっているここ鹿嶋地方です。冬は太陽が出ていないと本当に寒さが身にしみる感じがします。

さて、「恐るべし納豆菌製剤」という事ですが、当店では昨年夏ごろから納豆菌製剤「バイタレクス」を取り扱っているのですが、その効果についてご案内したいと思います。

納豆菌製剤摂取の目的としては、口から肛門までの消化器系の悪玉菌や雑菌の抑制、善玉菌の増殖を促すことにより、体力や免疫力の増強を行う事です。

普段から毎日納豆を食べている自分としては、他に納豆菌を取り入れても、劇的な変化は望めないというのが摂取前の考えでした。しかし物は試し、自分自身が摂取してみないとお客様にはすすめられませんので、約4か月間寝る前に摂取してみました。(次女もここ一か月一日1/8づつ服用しています)

結果、体の調子としては以前と変わりないのですが、今のところ風邪は一度も引いてません。面白いのは、摂取していない長女は2度ほど熱を出す風邪を引いたのですが、次女にはうつりませんでした。結果、私と次女は今季一度も風邪を引いていません。

これだけではモニターとして不十分なデータですが、去年までは保育園に通っている長女が風邪をもらってくると、ほぼ100%の割合で私も次女も風邪にうつってしまうのですが、今年はうつらなかった事が納豆菌の成果として挙げられると思います。

よく、乳酸菌の摂取で免疫力が向上し、それにより風邪の羅漢率が低下するというのを見ますが、納豆菌もこれ同様腸内の悪玉菌の発生を低下させ、善玉菌を増やす効果がありますので、同様の効果を期待出来ると思います。納豆菌はこれ以外に、胃酸にとても強いという性質がありますので、他の善玉菌製剤よりも確実に腸に届きその効果を発揮してくれるのが特徴です。


当店では、腸内環境改善セットとして、「イサゴール若葉」(一日一包)+「納豆菌製剤バイタレクス」(一日1/2錠)を寝る前に服用する事をお勧めしています(一か月約6000円)。興味のある方是非ご相談くださいませ。




llllll.jpg
こんにちは^^みやわき健康薬局、本日より新春初売り行っております。朝早くから沢山の方にご来店いただき本当に感謝しています。

今年も皆様のご期待に応えられるよう、精一杯努力して参りますのでよろしくお願い致します。



という事で、皆様お正月休みは如何でしたか!?
皆様幸せいっぱいの休みを堪能していらっしゃると思います。私のほうは、妻と子供達は実家へ帰り、姉家族も帰省できないという事で、久しぶりにお袋と二人だけのお正月となりました。なので、食事を凝ることもなく、特別出かけることもなく、本当に何年振りかのゆ~~~っくりとした休みを過ごさせて頂きました。

久しぶりに時間を気にすることなく気の赴くままに行動しました。朝寝坊して昼間は愛犬たちと散歩、帰ってきてぶらっと買い物兼ドライブをして、夜はゲームや映画にのめりこむ・・・といった、本当に自分勝手な休日を過ごしました。映画は今はやっている「hulu」に申し込み、昔懐かし映画や海外ドラマを見放題見てしまい、今日はお目目がお疲れ気味です。

こんな正月もたまにはいいな、と思った年初めでした。



今年も一年、皆様が健康で元気いっぱいでお過ごしできる事をお祈りいたします。



kkkkm.jpg









プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ