Archive
こんにちは^^昨日までの梅雨空とは打って変わり、今日は朝から目が覚めるような晴天となっているここ鹿嶋地方です。すがすがしく本当に気持ちがいい天気となっています。


さて、「お蔭さまで健康そのものです!」という事ですが、この言葉を言われると本当に嬉しいです。「この仕事やってて良かった」と思える瞬間でもあります。

つい先ほども、ある慢性疾患をお持ちになっている方で、当店で体質改善にて5年以上同じ漢方薬をお飲みになられている方がお見えになったのですが、改めてお顔を拝見すると、当初と比べくらべものにならないくらいに顔色がよくなり目に輝きが出ておられました。そして、帰り際に私から「お体の調子は如何ですか?」と聞くと、「お蔭様で健康そのものです!」というお返事が返ってきたのです。

体調がいいのが全て私がお勧めした漢方薬のお蔭だとはいいません。ご自分でも飲酒やたばこをやめられたり、規則正しい生活習慣を心掛け食生活などにも気を使っていることが一番改善された理由だと思います。更にその状態にピタリと漢方薬がハマったのがよかったのでしょう。


これからも「健康そのものです!」という言葉を集めていけたらと思っています。




sannkyoudai1.jpg
こんにちは^^朝から「梅雨!」というような天気となっているここ鹿嶋地方です。大雨までは降っていないのですが。ポツリポツリと降ったりやんだりを繰り返し、ジメジメ度マックスの状態となっています。


さて、「更年期うつの正体」という事ですが、更年期障害自体も非常に辛い症状だとお察ししますが、その更年期障害が長引くとかなりの確率で更年期うつを発症してしまいます。

この更年期うつの正体ですが、一言でいうと「エネルギー不足」です。これは当然といえば当然で、更年期の症状はホルモンの急激な変化によって脳が過興奮を起こすものです。当然脳が過興奮を引き起こしていれば、運動してもいないのに四六時中運動をしているような状態となっているので、エネルギー不足を引き起こすのです。

この場合の改善法は、まず第一として脳の過興奮を止めてあげるということを行います。漢方では気の流れを良くするものや安神剤と呼ばれる脳の興奮を緩和させるものなどを主に用います。

ある程度落ち着いてきたら、今度は体のエネルギーを増すようなものを様子を見ながら補給していくようにします。エネルギーとは口から摂取する3度のバランスのとれた食事はもちろん、漢方薬の補陰薬、補陽薬、補血薬などのエネルギーを補う作用のあるものを加えていきます。

以上が基本となりますが、胃腸の働きが落ちていたり、体の衰弱具合が激しいような場合には、内臓や筋肉の働きを向上させる補気薬というものを加えたり、消化を促進させる作用のある生薬を加えるなどの工夫が必要になります。


以上のように、まずは脳の興奮性を緩和させ、その後徐々にエネルギーを体に貯蓄させて行きながら、気を補うという方法を場合によって加味しながら改善へと導くようにします。

エネルギーが完全に枯渇していると、元の状態に戻るのは時間がかかりますが、比較的漢方の世界では容易な方なので試してみる価値はあると思います。薬以外にも大事なのは「前向きな治るという気持ち」です。決して諦めずに絶望的な考えは捨てて一緒に頑張って参りましょう。

何かご質問がありましたら「みやわき」にご相談下さいませ。



tibasidoubutuenn6.jpg



こんちちは^^朝から雨が降ったりやんだりとハッキリしない天気となっているここ鹿嶋地方です。いよいよ今日から関東地方も梅雨入りということで、このような天気が多くなると思うとちょっとブルーになります。


さて、「風邪の治りが悪いというお客様」という事ですが、つい先日このような訴えをなされてご来店されたお客様がいらっしゃいました。

お客様によると、一旦風邪を引くと大体1か月くらい体のだるさや軽い咳、黄色い痰、軽度ののどの痛みが続くとのことです。もちろん、病院などで抗生物質や痰切り、咳止めの薬を処方させているのですが芳しくないようです。

色々お話していると、風邪以外には疲れやすい、食欲不振になりやすい、寝ても疲れがとれない、いつも寝すぎてしまう、頭痛になりやすい、皮膚が荒れやすいなどの訴えがあります。

これら症状は風邪が治りにくいのも含めて、「気虚」といって体の弱りが根底にあり、様々な症状を引き起こしていると考えました。

気虚といって体が弱っている原因としては、特にストレスなどがある訳ではないので、体質的要因や生活で休みすぎてしまっている事などが原因になっていると考えられます。

なので、お客様には加味逍遥散という漢方薬と、冬虫夏草という漢方を適宜調整して服用するようにという事と、午前中は多少辛くても体を動かし、座る時は上半身を背もたれにもたれかけないようにすることなどをご提言させて頂きました。

加味逍遥散?と漢方を知っている方は謎に思うかもしれませんが、今回の場合は血流改善の目的と、副交感神経の亢進に伴い、逆に脳の興奮性が増大していることが考えられたので、加味逍遥散をご紹介させて頂いた次第です。


すぐには改善しないと思いますが、お客様が早く免疫力を向上させることを願います。





tibasidoubutukuenn5.jpg
こんにちは^^朝から穏やかな晴れとなっているここ鹿嶋地方です。店の前を元気よく小学生が下校しているのですが、殆どの小学生が半袖です。


さて、「軽い風邪症状を伴う胃痛、下痢」という事ですが、このような訴えをなさる方がここへ来て増えてきています。この原因は風邪のウイルスによって、そのウイルスが胃腸にに入り込み症状を引き起こしていると考えられます。多いのはアデノウイルスといわれていますが、特定は出来ません。

この場合の漢方治療としては、ウイルスによる炎症反応をなるべく緩和させ、更に抗ウイルス作用のあるものを服用するという方法を用います。喉の炎症が激しければ「銀ギョウ散」という漢方薬が適応となり、胃腸炎が激しければ「柴胡桂枝湯」に「銀ギョウ散半分」という処方が基本となるケースが多くなります。

基本的には免疫がしっかりとしていれば、アデノウイルスであれば2~3日で症状は快方に向かいます。しかし、免疫がしっかりとしていない小児や老人、慢性病をお持ちの方、慢性的なストレスがあるような方では、まれに悪化する時があるので注意が必要です。

悪化してしまった場合の対処法としては、安静にして水分をしっかり摂取するということを行いながら、場合によっては点滴を受けたり、細菌感染を併発している場合には適切な抗生物質を用いるなど、医師の診断に基づいて治療を行います。

症状が軽度である場合には、先ほど書いたように漢方薬の服用だけで速やかに改善するケースが多いようです。

いずれにしても、症状が長引いている場合には放置するということはせずに、早めに改善を行った方がいいでしょう。



風邪は軽いうちに早めに治しておけば怖くありません。怖いのはこじらせて体力を低下させることです。是非早めに対処する癖をつけて風邪に対処して下さいませ。





ressa-pannda.jpg
こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。梅雨前の晴れ間ということでしょうか。本当に連日穏やかな天気となっていますね。


さて、「千葉市動物公園はいいところ」という事ですが、昨日の日曜日はお隣千葉にある「千葉市動物公園」に出かけてきました。この千葉市動物公園、以前レッサーパンダの「風太くん」が有名になった動物公園です。

この動物公園に娘のリクエストがあったので行ったのですが、入園料が何と500円!小学生以下の子供は無料!という事で、駐車料金含め1500円で遊べてしまう動物園なのです。猛獣はさすがに経費がかかるのかいないのですが、ゾウやキリン、アシカやペンギン、鳥類各種、牛や馬などの家畜も沢山いて楽しめます。何より自然の中にある動物園みたいな感じなので、山の中を散策しているようでリラックス出来るのが楽しいです。

更に、動物に飽きたら小さいですが遊園地もあり、丸一日飽きずに遊べるようになっています。さすがに我が家には2歳の次女がいるので丸一日はいませんでしたが、それでも3時間半はしっかり遊ぶことが出来ました。あれだけ遊んで、家族4人昼ごはん代、高速代、土産代含みで1万円以内だったら安いと思います。


まだ行ったことがないという方は、是非お勧めなので行ってみて下さいませ。(レストランはあまり美味しくないのでお弁当を作っていった方がいいと思います)




tibasidoubutukouenn2.jpg





tibasidoubutukouenn1.jpg








こんにちは^^本当に夏を思わせるような陽気になっているここ鹿嶋地方です。家の中にいるとそうでもありませんが、外に出ると灼熱の暑さが身を焦がします。


さて、「LINE漢方相談開始します」という事ですが、当店で漢方薬をお買い上げのお客様に限り、LINEというネットワークシステムを介して随時漢方相談を実施していきたいと思います。

とはいっても、私が持っているスマートフォンにて、私だけとやり取りを行うというものなので、気軽に申し込んで下さいませ。

相談の内容としては、今現在服用している漢方薬に関する事や、体調の事、サプリメント情報、食事・生活全般に関する事、仕事の愚痴、愛の告白(笑)など、何でも構いません。気軽にメッセージを下さいませ。

気軽にメッセージとはいいましても、仕事をやりながらのやりとりになりますので、すぐにご返答出来ない時が多いかと思います。その辺は予めご了承下さいませ。


お申込み方法として、このブログにメールフォームというのがあると思うのですが、そのメールフォームよりお申込み下さいませ。メールくださった方から、順次私のLINEIDのメールを送らせて頂きます。又、メールフォームにLINEIDを下されば、私の方からコンタクトをお送り致します。

是非、ご気軽にお送り下さいませ。


LINE





jgrigrgrogr.jpg
こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。本当に日一日と夏が近づいてきているような気がしますね。


さて「体が怖いが口癖のおばあちゃん」という事ですが、よく「怖い」と年配の方がいっているのを耳にしませんか?場合にもよりますが、年配の方が口にする「怖い」はお化けなどが怖いのではなく、「体が辛い」「倒れてしまいそうで怖い」という意味を指します。

その「怖い」のを治して欲しいと、怖いが口癖のおばあちゃんがご来店になりました。普段より怖いが口癖なのですが、普段はそれなりに元気で活動的なのですが、このところの激しい気候の変化で、益々体の怖さが増してしまい、改善を求めてご来店されました。

症状としては、とにかく体がしんどい、だるい、顔が火照る、足が重い、倒れそうというものです。その他は特にストレスがあったなどや、食欲不振、下痢便利などはありません。

漢方では気血両虚という症状で、健康を維持する血やホルモン、水分、内臓や筋肉・脳の働きが低下していると考え、人参養営湯(ニンジンヨウエイトウ)という漢方薬をおススメしました。その後一週間してお見えになったのですが、一時のものすごい怖さを無くなったものの、引き続き怖い時があるということで、同漢方薬を1か月分購入されました。

一か月の服用で完全に怖さがなくなってくれることをお祈りします。



老人さんの怖さは虚といって体の消耗から引き起こされます。証に合った漢方薬を飲むと共に、規則正しい生活習慣を送りながら、タンパク質をしっかりと含んだ食事を心がける必要があります。是非参考として下さいませ。




rgeirheirreoigh.jpg
こんにちは^^朝は曇が多かったですが、今はよく晴れて気持ちのいい天気となっているここ鹿嶋地方です。この季節は日々気候が変わりますね。


さて、「漢方薬はいつ飲めばいいですか?というご質問」という事ですが、思わず「今でしょ」と答えたくなりますが、今ではありません(笑)。

答えは色々ありますが、基本的には食事の前30分くらいということになります。何故食前に服用するのかといいますと、漢方薬は非常に吸収が悪い薬なので、空腹時に呑む必要性があるのです。人間の胃腸というのは人それぞれですが、空腹時で飲食物と混ざらない方が吸収率がいいというデータがあります。なので、食前に服用する必要があるのです。

しかし、生薬によっては食後に服用したほうがいいというものもあります。特に胃もたれするような血や精の材料になるような生薬は、食前に服用すると胃もたれの原因になることが考えられるので、そのような生薬はなるべく食後に服用したほうがいいと考えられます。

又、人によっては食前に漢方薬を飲むと、その刺激によって胃が痛くなったり、体が緊張気味になってしまう方もいます。そのような方も、やはり漢方薬は食前よりも食後に服用したほうがいいでしょう。

食後の方が消化液が潤沢に出ている為に、生薬の強化吸収がよくなるというデータもありますので、先ほど書いた血や精になるような生薬や、胃に対して刺激性が高い生薬を飲むような場合は、ケースバイケースご自分で食後に変更するようにするといいでしょう。


結論としては、漢方薬を飲むタイミングはご自分でいいと思うタイミングに変えて結構だということです。是非参考として下さいませ。




mbrgiibhtroo.jpg
こんにちは^^朝からハッキリしない天気となっているここ鹿嶋地方です。日々天候が目まぐるしく変化しますので、体調管理に注意して下さいね。


さて、「体力の低下が長引く方には」という事ですが、体力の低下が原因でうつなどの精神疾患や、風邪を引きやすい、仕事が続かないという訴えをなさる方が増えています。

普段の生活は普通に何事もなく生活出来るのですが、いざストレスが掛かったり、風邪などをひいてしまうと体力の低下が顕著となり様々な不快症状を引き起こします。

改善には規則正しい生活習慣を送り、少しずつ自分が行える運動などを取り入れていくという方法を用いますが、中々芳しい改善を得ることが出来ない方もいらっしゃいます。

そのような方にお勧めなのが各種漢方薬です。漢方薬には体を元気にするものや、元気の元となる血や精の材料となる生薬が沢山あります。又、体力が低下するとストレスを感じやすくなるのですが、そのストレスがまた体力を消耗させてしまいます。なので、ストレスを感じにくくなる漢方などの併用も場合によっては取り入れるようにします。

以上のように、体力を持ち上げる作用のあるものが豊富にありますので、体力の低下が著しい方に効果を発揮します。実際にも店頭で体力の低下を訴えてご来店される方が数多くいらっしゃいますが、皆さん漢方薬の服用で速やかに改善していらっしゃいます。


お困りの方は是非漢方をお試し下さいませ。何か分からないことがありましたら、遠慮なく「みやわき」までご相談下さいませ。




mtgojhiorejepj.jpg
こんにちは^^朝から雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。久しぶりの雨は何となく心が落ち着く感じがしますね。


さて、「この時期は体調を崩しやすい」という事ですが、本当に体調を何となく崩しやすいのがこの季節の変わり目です。症状は色々ですが、風邪を引きやすい、結膜炎、体が怖い、食欲不振等々の訴えをなさる方が多くなっています。

なぜこの時期に体調を崩しやすいのかといいますと、最近何度も書いてますが、季節の変わり目は気温の変化が数時間のペースで急激に変動するので、そのせいで体を冷やしてしまい体力を奪われて体調を崩すのです。

なので、改善法としては、衣服や寝具類をこまめに調節するということを行うようにします。又、日中暑くて半袖で過ごせるような日でも、夕方は急に冷え込むような時もあります。そのように冷え込んでいるのにも関わらず、半そでのままで過ごすようなことをしていると、体が冷え体力を奪われてしまい、感染症などを引き起こす原因になってしまいます。

なので、どこかお出かけになる際には、必ず一枚多めに衣類を持ち運ぶようにして、寒いと感じたら即座に上着を羽織れるような準備をすることをお勧めします。

又、寝具類なども寝る時は暑くても、朝方には冷え込むうようなときもあるので、すぐに掛けられる掛布団を用意しておくということも行っておくといいでしょう。


この時期の体力低下による不快症状各種は、心がけ次第で結構予防できるものです。是非参考として下さいませ。




gnfjhoigjrop.jpg
こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。しかし、天気がいいのは今日明日だけで、明後日からは天気が崩れるようです。週末に雨が降るのはちょっと勘弁して欲しいものです。


さて、「疲れ目にいい漢方」という事ですが、疲れ目、かすみ目、ドライアイなどにお勧めして大変喜ばれている商品があります。

当然、漢方薬はその人の体質に合って初めて効果を発揮するものですが、結構適応範囲が広く、目に素晴らしい効果を発揮する漢方薬があるのです。

その漢方薬とは「杞菊地黄丸(コギクジオウガン)」という漢方薬です。主に体全体を栄養で潤し、体表部の余計な熱を冷ますような効果がある漢方薬です。それ故、目の働きを改善し、更に刺激によって軽い炎症を持っている目の状態を改善するのです。

最初に適応範囲が広いと書きましたが、本当に適応範囲が広く、若い方からご老人の方までお勧めできる漢方着です。

しかし、薬なので合わない方もいます。主に胃腸が弱っている方や、体に余分な水分が停滞している傾向がある方には適しません。なので、その辺の見極めが必要になります。



目の不快症状でお悩みの方、是非漢方薬をご利用してみて下さいませ。絶対に後悔はしないと思います。




kgjhirjrero.jpg
こんにちは^^一時霧が出た時もありますたが、今現在は素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。本当にこの季節の晴れた日は気持ちがいいですね。


さて、「A1cは下がったけれど、油断して食べ過ぎたら戻ってしまったというお客様」という事ですが、以前より当店の漢方薬をお飲みになっているHさんの体験談をご紹介したいと思います。

Hさんは昨年の夏ごろから、糖尿病が悪化してきているということで、当店の漢方薬をお飲みになり始めました。A1cが7程度あったので、すぐには下がりませんよとお話して服用を開始しました。

服用を始めて3か月はそれほど効果がなかったのですが、服用4か月目から徐々に下がり始め、半年経った頃にはA1cも6くらいまで下がり、体の調子もすっかり良くなってきたと喜んでおられました。

それで油断してしまったHさんは、旅行で思いっきり食べてしまったり、旬のフルーツなどを食べ過ぎてしまったといいます。すると血糖値はみるみる上昇していしまい、漢方薬をしっかりと飲んでいるにも関わらず、その一月後には血糖値が上昇すると共に、A1cの値もジリジリと上がり始めてしまったのです。


当店からは、引き続き漢方薬は同じものを服用するにお願いすると共に、食生活をしっかりと節制するようにお願いをしました。

何が言いたいのかといいますと、いくら素晴らしい効果のある漢方薬を服用していても、血糖値を引き上げてしまう食生活や運動不足、ストレスなどがあると、全く効果がないばかりか逆に血糖値の急上昇を招き危険だということです。

これは皆さんにいえることなのですが、A1cが下がり始めると安心して、今までの甘いものへの渇望を一気に満たそうとしてしまうという、所謂「リバウンド」という現象が引き起こされます。なので、下がってきた頃が糖尿病改善の一番の山場なのです。

この山場を乗り越えると、後は結構スムーズにいくものです。お気持ちは重々分かりますが、是非甘いものは節制して乗り越えて下さいませ。





niwaniwaniwa.jpg
こんにちは^^午前中はいまいちハッキリしない天気でしたが、午後からは晴れ間が出てきたここ鹿嶋地方です。昨日が暑すぎたせいか、今日はちょとひんやりと感じますね。


さて、「声のかすれが長引く場合の漢方薬」という事ですが、この季節でも意外に多いのが風邪を引いている方です。その風邪ですが、この季節はそれほど高熱などの重い症状にはならないものの、咳がいつまでも残ったり、声のかすれがいつまでも治らないといった訴えが多くなります。

その場合にどのような漢方薬を用いるのかといいますと、主にのどや肺に引き起こされている炎症を抑えながら潤す効果のあるものを用います。具体的な処方としては、麦門冬湯、潤肺糖ショウ、炙甘草湯、麦味地黄丸など肺や喉を潤し炎症を緩和させるものを用い、更に柴胡が含まれる柴胡清肝湯や小柴胡湯などを適宜用いていくようにします。

又、場合によってはひどい炎症が残っているような場合もあるので、そのような時には五虎湯や銀ギョウサンなどをお勧めする時もあります。


風邪後期の声のかすれや咳などは、喉や肺で風邪菌と自己免疫が戦った後に残された炎症が、いつまでも治らないが故に引き起こされているものです。なので、改善法としては炎症が治るのを早めてあげるという方法が最適な方法となります。その方法として漢方療法が最適だと私は思います。

是非、以上のような不快症状改善には漢方をお役立て下さいませ。


漢方の事なら何でも「みやわき」にご相談下さいませ。





syakuyakusyakuyaku6.jpg
こんにちは^^朝から夏のような暑い陽気となっているここ鹿嶋地方です。これからは一気に季節が夏へと変わっていきますので、熱中症などにならないよう十分注意して下さいね。

さて、「めまいの体質改善」ということですが、漢方の世界では一概にはいえませんがめまいは「虚証」といって、体力の低下から引き起こされているものだとされています。

なぜ虚証からめまいが引き起されるのかといいますと、めまいは主に蝸牛や三半規管、脳などの平衡感覚を司る場所への血流障害やリンパの障害から引き起こされていると考えられており、しっかりと気力体力が充実していれば、血流障害は引き起こされにくいと考えられるからです。

以上の考えから、気力体力が低下していると、きちんと全身に栄養が届けられなかったり、逆に老廃物の回収が行われないことなどが原因となりめまいが引き起こされるのです。しかし、脱水やストレスや脂質異常による血流障害もあるので、一概にはいえません。

虚証時の漢方での改善方法としては、気といって筋肉や内臓の働きを向上させるものや、精血といった体が元気に働くための材料となるものなどを充填させるといった方法を用います。しっかりと充填されると自ずとめまいは消滅します。

是非参考として下さいませ。





syakuyakusyakuyaku.jpg
こんにちは^^朝のうちは雨が降っていたのですが、今現在はスッキリと晴れているここ鹿嶋地方です。連日気温の変化が激しいので、十分注意して下さいね。


さて、「久しぶりのひたち海浜公園」という事ですが、昨日の日曜日は休日を利用して、ひたちなか市にある「ひたち海浜公園」に遊びに行きました。

朝早めに家を出たので、到着したのは午前10時でした。本当に春!というのにピッタリな陽気で、子供たちが大はしゃぎで遊びまわっていました。我が家の子供たちは海浜公園内にある「たまごの森」が大好きで、折角広い公園なのに、ほぼそこだけで遊んで終ってしまいます。

昨日も公園に着いたらその公園に直行して楽しく遊び始めました。2時間程度遊び作っていったお弁当を食べくつろいでいたところ、急に12時半頃から空が重い雲で覆われ、冷たい空気に入れ替わりました。皆半袖で出かけていた為、その寒さに耐えられず早々と車に引きあげました。

車について温度計を見ると、何と12℃!冬じゃないんだからなどと皆で話しながら公園を後にしました。このように温度の変化が非常に激しいので、体調管理には十分お気を付け下さいませ。


その後は、何も買う予定がないのにすぐ隣にあるファッションクルーズをプラプラとみて歩き、その後帰宅となりました。


大人のお目当てだった「ネモフィラの丘」を見られなかったのが残念ですが、何となくいい休日となりました。皆様はどのような休日を過ごされましたか?





tamagonomori3.jpg





tamagonomori2.jpg





tamagonomori1.jpg



こんにちは^^朝から最高の陽気となっているここ鹿嶋地方です。本当にこのところ天気が安定していて気持ちがいいですよね!このままこの陽気が続いてくれたらいいですよね。


さて、「感動していますか?」という事ですが、感動するということは脳のA10神経を刺激して、頭を良くするという効果があるのです。

なので、最近ちょっと記憶力が落ちたという方や、高齢になり色々と思い出せなくなった、頭の回転が遅くなったと感じている方は、思いっきり感動する癖をつけて脳を活性化してみては如何でしょうか。

感動は日常生活にはそれほど転がっていませんが、改めて草花や景色、動物などを見てみると、意外な感動を味わう事が出来ます。私は写真が好きでよくブログ用の花の写真を撮影しているのですが、改めて花などをじっくりと観察すると、「こんなにも美しいんだ」と改めて感動する事が多々あります。

又、映画やドキュメンタリー、ドラマなど探せばいくらでも感動できるものは存在します。是非、感動を味わい脳の活性に役立ててみて下さいませ。




探偵!ナイトスクープ 23年間会話のない夫婦 終始収録
結構感動できます。^^





hgrhgiroyrngfroe.jpg
こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。店の前を時折散歩している人が横切るのですが、本当に気持ちが良さそうです。


さて、「季節の変わり目の蕁麻疹」という事ですが、今の時期のような季節の変わり目に蕁麻疹でお悩みになられている方が非常に多くなっています。当店の漢方相談でも、ここ一か月でNO1の相談内容となっています。

その蕁麻疹ですが、なぜこの季節に多くなるのでしょうか。その原因として考えられるのが、「体力の低下」と「暖かくなることによる血流の促進」などによるものです。

体力の低下とは、季節の変わり目になると暑い日と寒い日が交互に来たり、風が強い日が増えることなどが原因となり体力を奪われ低下してしまいます。このような原因により体力が低下して、胃腸の働きが低下し、口から入ってきた毒性物質を分解、排泄することが出来にくくなる事により、血中に毒性物質やアレルゲンが増えてしまい蕁麻疹が発生します。

次に、暖かくなることによる血流の促進ということですが、暖かくなると当然体は体内の熱を逃がそうと体表部の血流を促進するようになります。この時体表部の血管からごく少量の「ヒスタミン」という水分が漏れ出すのですが、そのヒスタミンが皮膚に到達すると、それが刺激となり痒みが引き起こされたり蕁麻疹が引き起こされたりする原因になります。


以上2つが主な原因となり、季節の変わり目に蕁麻疹が引き起こされる原因になります。改善法としては、体力の低下がある場合は体力を向上させるもの、胃腸内に不要物が停滞している場合にはその掃除などを行い、更に皮膚にある炎症を取り除くようなものを併せて服用すようにします。

当店では「因チンコウ湯」や「消風散」「半夏瀉心湯」「晶三仙」「黄耆建中湯」「衛益顆粒」、各種地黄丸類などをおススメすることが多くなります。



漢方は体に優しく効果があります。是非ご利用して下さいませ。



hanahanahana3.jpg

こんにちは^^朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。カラッと晴れていて、本当に散歩にでもふらっと出かけたくなるような陽気です。


さて、「胃腸の働きが良くなり食欲が出てきたと喜ばれました」という事ですが、つい先ほどお越しになったAさんよりお喜びの声を頂きました。

Aさんは70代のご老人の方で、以前より胃腸の調子を崩しやすい方でした。しかし、当店にて「半夏瀉心湯」や「平胃散」などを服用頂き、調子がいいのを維持されていたのですが、ここへ来て外気の変化が激しいからかそれら漢方薬では効果を感じなくなってしまいました。

色々相談したのち、「体力の低下」や「便秘」「だるさ」などを食欲不振に併せて訴えられていたので、胃腸の機能低下にいい「参苓白朮散(ジンレイビャクジュツサン)」という漢方薬をお勧めさせて頂きました。

その漢方薬を服用したのち、本日先ほどお電話がありました。その電話の内容は「すごく調子が良くなったありがとう」という内容でした。やはり私の思った通り、Aさんのお体は弱っていたのです。それ故参苓白朮散が効果があったのだと思います。

その後も油断しないように服用を続けるということで、つい先ほども同じ漢方薬をお買い上げになられました。



お客様よりお喜びの声を頂くと本当に嬉しいものです。これからも、「嬉しい声」を沢山集められたらと思っています。


nborojiou.jpg


こんにちは^^ゴールデンウイークも終わってしまいましたね。何となく仕事に身が入らないという方も多いのでは!?そんな時は体を少し動かすのが効果的です。体を少し動かすと交感神経が刺激され、だらけた体がビシッとするのと同時に、血行が良くなるので脳の働きも良くなります。


さて、「風が強いですね」という事ですが、この季節は頻繁に大気が入れ替わる為か、風が本当に強い日が多くなります。冷たい空気と温かい空気が入れ変わる時は必ず風が強くなると覚えておくといいでしょう。

そのような季節の変わり目の強い風が人間の体に及ぼす影響としては、大気の入れ替わりによって気温の変化というのも引き起こされます。人間の体は毛穴によって体温を調節しています。暑い日は毛穴を開き体温を逃がし、寒い日は毛穴を閉じて体温を温存するということを繰り返しているのですが、暑い日が続いた後に寒い日が来ると、毛穴の開け閉め機能がうまくいかず、寒くても開きっぱなしになってしまう時があるのです。

寒いのにも関わらず、毛穴が開きっぱなしになってしまっていると、体温を急激に奪われて体力の低下を引き起こされます。そこに強風が加わると、更に体力を奪われてしまいます。

以上のように、寒い日と暑い日が交互に来ると、人間の皮膚表面にある感度センサーが機能しにくくなり、毛穴の開け閉めがうなくいかなくなり、体力の低下につながってしまうのです。

対策としては、気温の変化によってこまめに衣服を調節するという事になります。人によっては前日が暑かったので、後日も寒いのにも関わらず同じように半袖で出かけてしまうという方もいますが、このように寒いのにも関わらず寒い格好のまま出かけてしまうと、体力を奪われて風邪などを引いてしまう原因になってしまいます。


この時期はこまめに衣服を調節して、体力を奪われないように注意して下さいませ。




nemonemonemo.jpg

こんにちは^^朝は雲が多かったですが、昼前くらいから爽やかな晴天に恵まれているここ鹿嶋地方です。今日からはずっといい天気になるようなので、お出かけするにも安心出来そうですね。


さて、「何でこんなに寒いの?」という事ですが、先ほどお越しになったお客様が言っていた言葉です。毎年この時期に田植をしているので、毎年のこの時期の気温はよく分かるらしいのですが、今年は例年になく寒いとのことです。

それは私自身も感じていて、昼間はそれなりにいい陽気で暖かく感じますが、夜になると真冬のような寒さになるのが今年の特徴です。

なので、当店に起こしになる常連さんも、風邪気味もしくは風邪をこじらせているという方が大変多くなっています。


以上の事から、ゴールデンウィークでどこかにお出かけになる際には、十分に寒くない格好をして行かれる事をお勧めします。暑ければ脱げばいいので、必ず一枚多めに衣服を持参するようにして下さいませ。



niwaniniwaniwatori.jpg
こんにちは^^午前中はとても雲が多かったのですが、昼から少しずつ太陽が出てきて外が明るくなてきました。この後は晴れ間が多くなるようなので、ゴールデンウィークは行楽には最高のコンディションとなるようです。


さて、「肌のつやが良くなってきましたという喜びの声」という事ですが、去年起こしになったNさんは肌荒れに悩まれてご来店されました。起こしになった時は吹き出物がしょっちゅう出たり、乾燥肌、湿疹などに悩まされていました。

そこで、当店からは色々ご相談したのちに、「麦味地黄丸」と「田七人参」をお勧めさせて頂きました。服用してすぐには効果を感じることがなかったとのことですが、服用3か月目くらいから効果を感じ始め、今では明らかに肌がつるつるになり素晴らしい肌へと生まれ変わりました。

更に、以前よりよく出ていた湿疹や吹き出物なども今は全く出なくなったと喜んでいます。また、季節の変わり目になると必ず風邪を引いていたらしいのですが、それも無くなったと喜んでおられます。


今回の結果はちょっと出来すぎのような感じがしますが、漢方薬はバッチリと合っていると、以上のように想像以上の効果をもたらすことが多々あります。

今回のNさんのようにバッチリと合う漢方薬をお勧めできるよう、これからも頑張って精進して行きたいと思います。



mokkoubara5.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ