Archive
こんにちは^^朝から素晴らしい天気、素晴らしい陽気となっているここ鹿嶋地方です。まるで4月上旬のお花見の時のような気候になっています。


さて、「酸っぱいものがダメな方」ということですが、一般的に酢などの酸っぱいものは体に良いとされ、万人にいいように宣伝されているのを見かけますが、実は摂取したらダメなケースもあります。

酢には
・血流を良くする効果
・血圧を下げる効果
・コレステロールなどを下げる効果
・美肌効果
・エネルギー代謝を良くする効果
・抗酸化作用
などの効果があるとされています。

それ故、サプリメントなどで摂取している方も多いのではないでしょうか。

これら学術データは間違いないものであり、摂取することによりニキビが改善したということや、コレステロールが下がったというのは実際によく耳にします。

しかし、漢方の陰陽を元にして考えると、必ずしもこの効果は全ての人に有効というものではありません。漢方の世界では、酢は「陰」の気が強いとされていて、摂取すると体を冷やす傾向があるとされています。更に疏泄作用があることから、全身の血流を改善するという効果も併せ持っています。

要するに「体の熱を取り去り、血流を改善させる」という作用を持つのです。

よって、体が冷えていて水分が過剰に停滞している「陰」のタイプの方には酢っぱいものは向かないということになります。

また、酢は酸性度が強いので、摂取すると胃壁を痛めることがあります。よって胃が弱い人や、胃痛などを持っている人はあまり摂取に向かないといえます。

更に、酢は大量摂取すると中毒性をもたらしたり、血中の赤血球を破壊したりなどの作用が生じることがあります。なので食事などで一度に大量に摂取するしないように気を付けるようにすべきです。


よく「好き嫌いはダメ」といいますが、以上のように理由がある場合もあります。また、食事というのはこのような弊害を減らす為に、沢山の品目を少しずつ摂取するというのが推奨されているのです。




momomono.jpg




こんにちは^^朝から重い雲に覆われていて、今にも泣きだしそうな空模様となっているここ鹿嶋地方です。今日から数日不安定な天気が続くようなので、お出かけされる際は雨に注意して下さいね。


さて、「雨や曇りの日の方が花粉症状がひどくなる謎」ということですが、只今スギ花粉が絶好調のようで、花粉症状改善を求めてご来店なさる方が増えています。

その花粉症ですが、なぜか「雨の日や曇りの日に症状がひどくなる」という訴えが多くなっています。普通に考えると、花粉が沢山飛びやすいよく晴れて風が強い日に症状が強くなるように思われますが、そのような日はもちろん、雨の日や曇りの日にも悪化するという方が多くなっています。

なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

これは私の予想ですが、気圧が関係しているのではないかと思われます。気圧というのは気候によって変化する気体の圧力のことであり、晴れている時や日中は高くなり、曇りの日や雨の日、夜間は低くなるという傾向があります。

この気圧がなぜ花粉症状を悪化させるのかというと、気圧が上がると交感神経刺激が高まり、気圧が下がると副交感神経刺激が高まるということが分かっており、花粉によるアレルギー症状は副交感神経が優位になりすぎることにより発症するということが関係しているからです。

気圧の低下により副交感神経が刺激され、粘膜や毛穴が開きやすくなります。それにより花粉がより多く粘膜内に侵入してしまい症状を悪化させてしまうのです。


改善法としては、気圧の問題なのでどうしようもないといいたいところですが、各種薬には自律神経を調整し、副交感神経優位になるのを防ぐということが出来ます。漢方薬では補気薬やマオウが含まれたものがその役割をします。とはいっても、実際に用いる場合には「体質に合っている」薬剤を選ぶということが基本であり、闇雲に交感神経を刺激するものをおすすめするということはしていません。

あくまでも、体質を見極めたうえで、症状を改善するものをおすすめするというのが、漢方を勧める上での最低限のルールとなっています。


お体のことで何か分からないことがあったら、ぜひ「みやわき」までご相談下さいませ。





haruharu.jpg
こんにちは^^朝から小春日和という言葉がぴったりなポカポカ陽気となっているここ鹿嶋地方です。今年は冬が厳しかったので、暖かい日が多くなると本当に嬉しくなりますよね。


さて、「不妊症と昼夜逆転の生活」ということですが、昼夜逆転の生活は不妊症に大きく関わっています。

昼夜逆転の生活をしているということは、仕事や旦那さんの都合など色々あるので、「悪いことなので治した方がいい」というようなことをいうつもりはありませんが、体の為にはよくないというのは間違いないことです。

現代においては、工場などの生産性をアップさせる為に、24時間フル稼働で動いているというケースが多く、それにより必然的に夜間働く必要性が出てきます。このように、誰かが夜間働いてくれているお蔭で豊かな生活が送れているということもあるので、ある意味感謝しなければならないということも考えられます。

とはいっても、不妊症や各種慢性病、辛い不定愁訴などを抱えているという方は、体の為によくないので出来る事ならばシフトを変更してもらうなどして、夜はしっかり眠るという生活習慣を確立させるようにしましょう。

なぜ昼夜逆転の生活が不妊症を作り出したりして体に良くないのかといいますと、人間の体というのは、夜間活動して昼間眠るという仕組みになっていないからです。ホルモンの分泌や脳内神経伝達物質に始まり、内臓の働き、脳の働きなど全てにおいて昼は活動して夜は休むという設計図の元、リズムを刻んでいるのです。

よく、ずっと昼夜逆転の生活をしていると、そちらのリズムでホルモンなどの分泌が行われるようになるといいますが、それは「ある程度」であり、例えると、寝ている時に分泌されるメラトニンというホルモンは、まぶたを通して光を浴びることにより分泌が停止するという役割があります。

このように、人間の体は日光や気圧などによって動かされている為に、明るい状態で寝ていてもメラトニンの分泌がしっかり行われていない状態なので熟睡することが出来ません。熟睡出来ないということは成長ホルモンなどの分泌がなされないということや疲れが取れないということに繋がり、健康を害すことに繋がります。


以上の理由で、不妊でお悩みの方や慢性病を抱えている方、心身に対して不定愁訴があるという方は、生活を見直した方がいいかもしれません。



roubailll.jpg

こんにちは^^朝から天気がよく気温も上がり、まるで春を思わせるような気候となっているここ鹿嶋地方です。ここ2~3日はこのような暖かい日が続くようなので嬉しくなりますね。


さて、「不妊症と活性酸素」ということですが、妊娠の最大の敵となるのが「活性酸素」であり、これが体内にて大量に発生する状況だと、妊娠率を大幅に下げてしまいます。

活性酸素って何?という方の為にご説明します。活性酸素とは酸素が変化したものの総称であり、体内で発生すると細胞を傷つけて老化やガンなどの原因になります。この活性酸素はどのような方でも一日10万個程度生成されており、それにより細胞も傷つけられています。

その傷によって様々な不快症状が引き起こされるのですが、人間には修復能力というものがあるので、すぐに修復されるので問題ない場合が多いとされています。しかし、それは普通の生活を送っている場合であり、活性酸素を多く発生させる因子が沢山あると、修復が追い付かなくなり遺伝子が修復されなくなり疾病が引き起こされます。

その活性酸素の発生ですが、何も疾病だけではなく不妊症の原因にもなります。エストロゲンやプロゲステロンといった妊娠に深く関わっている女性ホルモンは、活性酸素が多く発生している状況だと分泌が滞ったり、逆に分泌過多になったりするなど異常を来す事が多くなります。

更に、活性酸素が多く発生すると炎症反応なども多くなるので、それにより血液の流れや五臓六腑の悪化、グルカゴン、インスリン、甲状腺ホルモン、ステロイドホルモンの分泌異常など、様々なものに悪影響を及ぼします。

このように数えきれない悪影響により、妊娠が出来にくい体へと変化してしまいます。

活性酸素を増やしてしまう生活習慣としては
・喫煙
・飲酒過多
・ストレス
・甘いものの過剰摂取
・過激すぎる運動(無酸素運動)
・紫外線
・放射能
・肥満
・偏った食生活
・寝不足
などが考えられます。

逆に減らすものとしては上の原因を改善すると共に
・軽い運動を行う習慣を
・フルーツなどでビタミンを摂取するようにする
・ナッツや大豆などで血流改善
・赤ワインやココア、リンゴなどでポリフェノールを摂取
・カニや鮭などの含まれるアスタキサンチン
・ニンニクやキャベツなどの含硫化合
・規則正しい生活習慣を送る
・食事はバランスよく特定の食べ物やサプリなどを摂りすぎない
などが有効だとされています。

もちろん、各種漢方薬も活性酸素除去に有効です。


以上を見ていると、何もしないで家に閉じこもっていればいいというように考える方もいるかと思いますが、紫外線なども浴びないと逆に害になりますし、人間の体には活性酸素を除去する能力が備わっています。その能力は鍛えれば鍛えるほど強くなり除去する能力が増大します。家に閉じこもっていれば活性酸素が発生しない代わりに、除去能力が減退して、いざ発生した時に対処できなくなる恐れがあります。よって、何事もバランスよく!ということが基本となります。



ibukkii.jpg

こんにちは^^昨日まではよく晴れて気持ち良かったのですが、今日は重い雲に包まれているここ鹿嶋地方です。「寒い」という言葉がぴったりな一日となっていますので、体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「イライラが最高潮の方におすすめ」ということですが、昨日久しぶりに「無音」の状態の自然を満喫することが出来ました。

日常生活をしていると、常に「音」が耳から入ってきます。車の音であったり、風の音、工場の機械音など様々な音が聞こえてきます。人間の耳はこれら雑音といわれる音が入っていることにより、精神が安定するという効果を得ることが出来るのですが、イライラしている時などはあまりにも雑音が多い状況だと、逆に精神を乱す要因となります。

そのようにイライラしている時には、雑音ではなくf分の1のゆらぎといわれる「自然の音」がいいといわれています。波の音や風の音、鳥の鳴く声などのが代表的です。

しかしこれら音を聞きたくても、実際には車の音が混ざったり人の話し声が混ざったりして、癒しに利用することが出来ないということが多々あります。よって、よっぽど山深いところでなければ、自然の音を癒しとして利用することが出来ないというのが現状のようです。


そんな時にぜひ「癒し」として利用してもらいたい場所があります。その場所とは茨城町にある「涸沼」という場所です。なぜ涸沼?と疑問に思う方の為に説明します。実は昨日茨城町に用事があって行ったのですが、待ち時間に余裕があったので、一人でふらりと涸沼にある公園に立ち寄ったのですが、降りてビックリ。なんとそこには音が全くなかったのです。

ほぼ無音といってもいい空間であり、時折水面にいる鳥たちが羽ばたく音が聞こえる程度です。なので、先ほどのf分の1の揺らぎとはちょっと異なるかも知れませんが、その無音空間にいるだけでものすごく心が癒された気がしました。

鳥の羽ばたく音、遠くでかすかに聞こえる雑音などの音が癒しを与えてくれていたような気がします。

無音の癒しを味わいたいという方は、ぜひ涸沼にある「広浦公園」を訪れてみて下さいませ。

しじみも美味しいですよ!


image12.jpeg



image.jpeg



image11.jpeg


こんにちは^^朝から気持ち良く晴れていて、何となく暖かく感じるココと鹿嶋地方です。このまま暖かくなってくれると嬉しいですね。


さて、「酵素飲むなら本物の酵素を」ということですが、ご来店になるお客様と話をしていると、意外にも「酵素を飲みたい」「酵素に興味がある」という方が多くなっています。

これは雑誌やインターネットなどのメディアの力だと思うのですが、改めてその力の大きさに驚かされます。

そして、その酵素が当店にも販売されているということをお話しすると。皆さま一様にとても驚かれるのが常となっています。というのは、酵素はインターネットや訪問販売で販売されているものだという先入観があるようで、もう20年も前から販売していますよと話しすると、輪をかけてビックリされます。

以前、酵素について記事を書かせて頂きましたが、一部間違いがありますのでここで訂正させて頂くと共に、もう一度酵素の効果についてご説明します。

まず間違いについてですが、酵素を摂取すると体内に吸収され、代謝を司る酵素の一部となり代謝が促進される旨の説明をしたと思うのですがそれは間違いであり、酵素飲料を摂取したとしても、それが吸収されて代謝酵素として作用することはありません。

酵素は摂取すると胃にてアミノ酸に分解されて吸収されます。よって、消化酵素のような役割はするものの、代謝酵素として即戦力となるということはありません。

続いて酵素を摂取するメリットをおさらいします。酵素飲料を摂取することにより
・口から胃までの粘膜の炎症抑制、細胞再生作用が促進される
・豊富なアミノ酸による栄養作用(必須アミノ酸を全て含んでいます)
・含有されている有機酸による腸内環境改善作用
・消化酵素が含有されていることによる消化促進作用
・消化酵素の無駄遣いを防ぐことにより体内酵素を増やす作用
などが考えられます。

これら作用により、胃腸の状態を常に良好に保ちたいという方や、タンパク質の摂取量が少なく栄養状態が悪いといった方に非常に有効な健康食品です。

注意点としては、酸性度が強いので胃酸過多で胃痛などがあるような場合には、少し注意して摂取することが求められます。

最後に、当店で取り扱っている「大高酵素」は酵素飲料のパイオニアであり、当店の店長も大高酵素の工場へ見学に行ったことがあるのですが、非常にまじめで堅実な商品作りをされている、この商品は間違いない!と確信したそうです。実際に店頭で販売していても、その効果を実感する方がとても多く、もう何年も大高酵素のファンですというお客様が何名もいらっしゃいます。

ということで、自信を持ってお勧めできる商品なので、気になる方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。





nonntarou.jpg
こんにちは^^引き続き朝からよく晴れているここ鹿嶋地方です。晴れてはいますが気温の方が低い日々が続いていますので、体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「伊達マスクなるものが流行しているらしいです」ということですが、昨日のニュースにて、特に風邪予防や花粉症の為ではなく、伊達にマスクを装着している方が増えているということです。

頭の中が?で一杯になってしまいそうですが、きちんと伊達にマスクをつける意味があるようです。その意味としては
・人に顔を見られたくない
・スッピンを隠す為
・対人コミュニケーションに対しての不安や恐怖を緩和させる
・マスク美人効果
など、あまり理解することは出来ませんが、このような目的で伊達マスクなるものをしている方が増えているようです。

伊達マスクと書くと何だか分かりにくくなってしまうので、分かりやすく言うと「仮面」を付けている感覚といった方がしっくりと来ます。仮面舞踏会などという言葉がありますが、確かに仮面をつけていると身分が全く分からないので、安心するというか大胆になれるという心情になるので、伊達マスクも一度やると病み付きになる人が多いのだと思います。

そしてこの現象は単にマスクをした「変わった人」が多いということだけではなく、ストレス社会を反映しているのだと思われます。

対人ストレスが多いが故に、そのストレスを緩和させようとしてマスクを装着しているのです。例えると精神安定剤的な役割がマスクにはあると思われます。

日本はとても恵まれた国であり住みやすい国ではありますが、そのようないい面とは逆に社会の「歪」みたいなものも同時に孕んでいるという印象を、最近特に強く感じています。




images (8)

こんにちは^^朝から爽やかな晴れの天気となっているここ鹿嶋地方です。とはいっても、気温の方はとても低いので体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「一過性の不整脈の原因と対策」ということですが、意外にもこの一過性の不整脈で悩まれている方が多いいらっしゃいます。日本人では実に3人に1人の割合で期外収縮がみられる人がいるといわれ、気が付いていないだけでかなりの人に発生する症状だということが分かっています。

ある実験ではジェットコースター乗車後に心電図を取ると、何と4割の人に脈の異常がみられるというデータもあります。

このように不整脈自体はありふれた症状であり、危険を伴うものではないケースが殆どなのですが、中には危険を伴うもののあったり、繰り返し期外収縮を繰り返すことにより、それが危険なものへと発展することもあるので注意が必要です。

危険性が高い不整脈とされている症状として
・脈が異常に遅くなり、脱力や意識低下を伴う場合
・脈がピクピクと痙攣するような動きをする場合
・脈拍が140回を超え、更に不整脈が伴う場合
・尋常ではない不安感、体の違和感を伴う不整脈
などが挙げられます。

逆に、単発で且つ規則的な動きをしている不整脈の多くは、危険を伴わない期外収縮だとされています。とはいっても心臓疾患は生死に関わることが多いので、気になる方は自己判断をせずに医療機関にて検査することをおすすめします。

病院で診てもらって危険性がないと判断された一過性の期外収縮でも、本人にとってみれば不快以外何者でもありません。私も経験がありますがとても不快であり、出来る事ならばすぐに治してもらいたいと思ってしまいます。

その症状を漢方的にみますと、ほとんどの場合心臓の仕事が増えすぎることによる神経刺激が原因になっています。専門用語でいうと
・肝気うっ血
・肝火
・心火
・痰
などが考えられ、分かりやすく説明すると
・全身の神経が高ぶり血圧が上昇することによる心臓への圧力上昇
・肥満、水分の摂りすぎなどによって体液の停留し、それによる心臓への負担増大
・イライラ、興奮などにより心臓の神経を刺激すること
などにより、心臓の電気信号に乱れが生じ一過性の不整脈が引き起こされます。

この改善法としては
・神経の高ぶりがある場合はその改善を
・余計な水分や脂質が原因の場合は排出する作用のあるものを
・便秘などが停留している場合はその排出を
・心身虚弱が原因で神経が高ぶっている場合は、心身を補う作用のあるものを
など、ケースバイケースの対処法を漢方で行うことにより改善することが出来ます。

一番多いのがストレスによって心臓への負担が増大しているというケースであり、改善として柴胡加竜骨牡蠣湯や加味逍遥散、温胆湯などを証に併せて用いることにより、速やかに改善へと導くことが出来ます。

予防としては「ストレスを溜めないこと」そして、「なるべく早く忘れること」です。更に、普段より適度な運動を行うことを心掛け、規則正しい生活、偏食のない食生活、アルコール・カフェイン・刺激物などを摂取しないことなどが重要になります。





hakutyousannn.jpg
こんにちは^^朝から穏やかに晴れているここ鹿嶋地方です。このまま春に向かって暖かくなってくれればいいのですが、今週も関東では雪の予報が出ており、まだまだ寒い日が続きそうです。


さて、「漢方生薬が高騰しています」ということですが、今朝生薬会社の「ウチダ和漢」が持ってきた資料によれば、漢方生薬の価格が軒並み高騰しており、特に紅参や高麗人参に関しては約2倍ほどまで価格が上がっています。

人参は様々な漢方薬に用いられており、有名どころでは「補中益気湯」や「人参湯」「半夏瀉心湯」などに配合されています。

日本の漢方メーカーは約2年分くらいの在庫をストックしているので、今後2年間位は価格据え置きで頑張ってくれると思うのですが、その後は順次価格を上げていくと考えられます。

なぜこのような急激な価格高騰が引き起こされたのかといいますと、漢方生薬の9割を生産している中国において、生産農家が激減しているというのが主な理由となっているようです。なぜ生産農家が激減しているのかといいますと、中国国内では穀物の買取価格が上昇しており、それにより漢方栽培農家が穀物栽培へと鞍替えしているというのが理由になっているようです。

更に中国国内の物価上昇なども関係しているようです。

このように、今までは人件費が安い場所で作物を作り、それを安い値段で販売するという方法が徐々に破たんしてきており、新たな流通の仕組みを作り上げないといけない時に来ているような気がします。

実際にも、培養という形をとって人工栽培を行っている業者なども出てきており、中国などに依存しない仕組みを構築しているメーカーも出てきているようです。まだまだ先になるかと思いますが、人や気候に左右されない安定した生薬供給システムが構築されることに期待しています。


まだ日本で値上げになるのは先だと思いますが、近い将来漢方薬が軒並み値上げになるのは避けられそうにありません。




nonntanuki.jpg

こんにちは^^朝から穏やかに晴れているここ鹿嶋地方です。各地で大雪による被害が明らかになってきています。本当に自然災害というのは恐ろしいと実感しています。


さて、「酵素はダイエットよりも栄養補給として」ということですが、酵素ダイエット流行ってますね!ネットなどを開くと売れ筋商品の上位は常に酵素関連商品がランクインしています。

この酵素がなぜ売れているかといいますと、「ダイエット目的」で購入する方が増えているからです。それだけ日本の女性はダイエットに興味があるということになるのでしょうか。

なぜこの酵素がダイエットに適しているのかといいますと、絶食ダイエットを行う際には必ず体が飢餓状態となり、その苦しさからダイエットが続けなくなるという状態に陥りやすくなります。その時にこの酵素飲料を飲むことにより、含まれている豊富な栄養成分から、飢餓状態とならずに無理なくダイエットを続けられるというのが理由になります。

酵素飲料には
・タンパク質
・糖質
・乳酸菌
・ビタミン
・ミネラル
などが含まれていて、特にタンパク質が豊富に含まれています。このように体に必要な栄養素が沢山含まれているので、何も食べなくても体が飢餓状態に陥ることがなくなるのです。

当店では、この酵素の豊富な栄養成分に着目して、ダイエットのお客様にもおすすめしていますが、主に高齢者や胃腸虚弱の方で栄養素摂取することが出来ないという方々におすすめしています。タンパク質は非常に重要な栄養成分であり、不足すると様々な疾病の原因になります。よって、その不足を補う手段として、含まれている善玉菌によって腸内環境も改善してくれる「大高酵素」をおすすめしているのです。

・高齢で食べ物を沢山食べることが出来ない
・胃腸虚弱で沢山食べることが出来ない
・育ちざかり
・忙しくて偏食気味
・ストレスが多い
・筋肉を酷使している
といった方におすすめです。


このように、酵素飲料はダイエットだけの商品ではありません。体力低下などでお悩みの方は、ぜひ酵素をお試し下さいませ。




hitujikunn.jpg


こんにちは^^バレンタインデーはあいにくの雨となっているここ鹿嶋地方です。この後雪になる予報も出ていますので、お出かけの際は十分注意するようにして下さいませ。


さて、「この症状にはこの漢方!よりもなぜその症状が引き起こされているかということが大事」ということですが、漢方薬をお客様におすすめする際に、「なぜこんな質問するのかな?」と不思議に思われている方が多いので、そのご説明をブログにて行いたいと思います。

漢方薬をお客様におすすめする際に一番重要になるのが「主症状」です。例えば手が痛い、鼻水が出るなどの症状をいいます。お客様側にとってみれば、単にこの症状を治してくれる漢方薬が欲しいだけなので、その事だけを伝えればすぐにそれに合った漢方薬を勧めてくれると思っていると思うのですが、それほど簡単ではありません。

というのは、同じ「手が痛い」という症状でもそれが腱鞘炎なのかガングリオンなのか、打ち身なのかという識別をしなければなりませんし、更に長期化している場合にはその炎症がなぜ取れないのかということも調べなければなりません。

人間の体には自然治癒力というものがあるのですが、その力も年齢や体力の低下、免疫の低下などによって衰えていきます。まずその低下の要因を調べなければなりませんし、更に日常生活によって痛みが生じている部位を酷使していないかということも大事になります。

また、痛みが引き起こされているということは、リウマチや膠原病などの自己免疫の亢進が関与していることも考えられるので、そちらの特異的な症状なども聞きだし、可能性の有無を確認しなければなりません。

それらを全て踏まえた上で、その人に一番合う漢方薬をおすすめするというのが私たち販売者側の役目だと思っております。

これらのチェック事項を全て漏れることなく質問するので、漢方薬を選ぶ際に時間が必要になるのです。これは初めてお越しになられるお客様ほど顕著となり、何度もご来店されているお客様に関してはそれほど時間を要さなくなるというのが通例となっています。

よく漢方薬に関する本やインターネットサイトにて、この症状にはこの漢方薬(例えば鼻炎には小青龍湯)などの記載がされていますが、このような記載は全くの素人に関しての「一例」のようなものであり、実際に販売しているプロ用のものではありません。

プロの漢方家の専門書などでは、むしろ漢方薬の名前などはあまり重要ではなく、その症状が引き起こされているメカニムズの方が重要視されています。それが分かれば、それに見合う漢方生薬を当てはめて使えばいいかというのがその理由になります。

よって、素人の方々でも「この症状にはこの漢方薬」というインターネットの情報は、あまり信用できるものではないということを覚えておくようにした方がいいでしょう。





usirosugata.jpg


こんにちは^^朝から穏やかに晴れているここ鹿嶋地方です。今朝娘に「今日は晴れて気持ちいいねパパ」といわれたのですが、正にその通り、久しぶりに気持ちのいい晴れの天気となっています。


さて、「いよいよ明日はバレンタインデー」ということですが、明日は男性諸君にとって待ちに待ったバレンタインデーがやってきます。私も学生の頃は朝からドキドキしてバレンタインデーを迎えたのを思い出します。

時は過ぎて40代に突入した今となっては、全くもってドキドキなどしませんが、やはり義理チョコでももらえると嬉しいものです。

チョコの方は随時受け付けていますので、「チョコをあげてもいい!」と思った方は、多分明日は店がバレンタインチョコを持った女性で大混雑することと思われますが、気合を入れてご来店下さいませ。


そんなチョコレートですが、昔は「神様の食べ物」として崇められるほど高貴な食べ物であり、冬山などには必ず持参されて重宝されていたようです。

実際、医学的にも
・血管の拡張作用
・抗酸化作用
・冷え性改善作用
・O-157やピロリ菌抑制作用
・抗ストレス作用
・悪玉コレステロール抑制効果
・心臓病抑制効果
・記憶力や集中力の向上
などがあることが分かっています。

先ほどもご紹介しましたが、特に冬山登山など体力の消耗が激しい時などは、即エネルギーに変換されて体を温める効果が高いことから持参する方が多いようです。


このように素晴らしいチョコレートですが、食べ過ぎると逆に健康を害す原因になります。特に糖分が多く含まれているチョコレートは血糖値を急激に上昇させてしまうので、肥満や糖尿病、糖化による肌トラブルなどを引き越すので注意が必要です。

更に、チョコレートには脂質が大量に含まれているので、先ほどの不快症状に加え、胃腸障害などを引き起こすことも考えられます。


以上を踏まえた上での推奨される量としては、だいたい大人で一日板チョコ半分程度とされています。

この程度の量であればそれほど悪影響を及ぼすものではないと思われていますが、実際にはその他の食事量なども含めて判断されるべきであり、沢山食事を摂取している方の場合には、チョコの量は減らすべきであり、逆にカロリー摂取量が少なければ半分以上食べても差し支えないということになります。

何事もそうですが、バランスよく上手に用いるということが大事になります。






karakutimusume.jpg
こんにちは^^朝から重い雲に包まれ、冷たい北風が吹き荒れているここ鹿嶋地方です。寒い!という言葉がぴったりな日となっていますので、体を冷やさないように十分注意して下さいね。


さて、「寒さと風と太陽の関係性」ということですが、人が寒さを感じる時には第一に「気温」が重要視されます。これは当たり前であり、何より気温というものが重要になります。しかし、実際にはそれだけではなく、風のある無しや晴れているか曇っているかなどによっても大きく寒さが異なるということも忘れてはなりません。

まず風についてですが、よくニュースなどで風が強くなると体感温度が下がるというのをやっているので、何となく分かる方が多いと思いますが、風が吹くと体が感じる寒さというものが増します。これは体感温度という言葉が用いられ、実際にその温度は体にも影響します。

体感温度には色々と条件があり、一概にはいえませんが、およそ1m風が増すごとに体感温度は1℃下がるといわれています。よって、今日のように風速6mの風が吹く日は、吹かない人比べ6℃気温が低い事と同じであるといえるのです。


次に晴れているかいないかについてですが、晴れている時というのは日差しを肌で感じることが出来ます。その日差しによって衣服や肌表面が温められるので、曇っている時や雨の日など日差しが降り注がない時と比べ、同じ気温であっても体感温度が大幅に上昇します。

更に曇りの日や雨の日というのは気圧が下がります。気圧が下がるということは、体表部への圧力が低下するということになるので、毛穴が開きやすくなります。毛穴が開くということは体温が逃げやすいということになるので、体が冷えやすくなってしまうのです。

以上により、太陽が出ていない時というのは体感温度が大幅に下がると共に、体温も奪われやすい状況となっていると考えられます。


ということで、今日のような「風が強い+太陽が出ていない」日というのは、気温以上に体が冷やされ、更に冷えやすいということになるので、十分防寒して体を冷やさないようにする必要があります。

ぜひ体力維持にお役立て下さいませ。



torityasnn.jpg
こんにちは^^朝から穏やかな晴れとなっているここ鹿嶋地方です。土曜日は大荒れの天気だったので、穏やかな晴れ間がとても嬉しく感じます。


さて、「消費増税前に購入するべきものなど何もない」ということですが、いよいよ4月から消費税が5%から8%へと上がります。

それに伴い世間では「駆け込み需要」と呼ばれる、増税前に商品を購入しよう!という動きが活発化しています。これは当然の動きであり、何も高くなるのが分かっているのにも関わらず、高くなってから購入する必要はありません。なので駆け込み需要は当たり前なのです。

しかし、駆け込み需要には落とし穴があります。例えば自動車などを例にとりますと、100万円のものが増税後は103万円になる訳ですから、3万円分を損したと思いがちですが、車には「値引き」や「サービス」があることを忘れてはなりません。

所謂値引き交渉というもので、これをやるのとやらないのとでは100万円の車で一割、10万円程度の差が出ます。先ほどの3万円の比ではないほどの差が出てしまうのです。

この値引きやサービスは、需要が高い時ほど薄くなり、逆に売れない時ほど厚くなるという法則があります。よって、今のように駆け込み需要がある時などは値引きやサービスが薄くなり、逆に増税後でものが売れなくなった時に厚くなるという現象が起きます。

この例を考えると、必ずしも増税前の3万円が得になるとは限らないということが分かります。

更に、駆け込み需要時というには人の判断力も狂わせます。というのは、バーゲンの時のような感覚となってしまい、買わなくてもいいものまで衝動買いしてしまったり、通常なら選ぶはずもないようなセンスが悪いものを選んでしまったりしてしまいます。


一般的には
・リフォーム
・車
・白物家電
などは増税前に購入しておいた方がいいといわれていますが、必ずしもそうではないというのが私の意見です。


焦って何かを購入しようと考えている方は、もう少し冷静になって考えてみた方がいいのかもしれません。




こんにちは^^朝からスッキリと晴れているここ鹿嶋地方です。しかし、晴れているのは今だけで、明日は雨や雪が降るという予報が出ていますので、外出する際は十分注意して下さいませ。


さて、「首から下げるだけで抗ウイルス効果!?「二酸化塩素」成分の風邪予防効果について」ということですが、今現在インフルエンザが大流行しているということもあり、タイトルにある二酸化塩素商品についての問い合わせが多くなっています。

二酸化塩素商品としては
・首から下げるタイプ(ウイルスブロッカーなど)
・置きがたタイプ(クレベリンなど)
・シュシュッとふりかけるタイプ(ドクターデオなど)
その他にも様々なタイプが発売されています。

主に風邪ウイルスに対いて、「寄せ付けない」などの効果を謳っているものがほとんどを占めます。


これら商品の実際の効果としては、経口としての接種に対しては有効性が確認されているものの、それ以外の置いたり、マスクにふりかける、首から下げるという方法に関しては有効性は確認されていません。

国民生活センター「http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20101111_1.html」の調べでは、有効成分がきちんと芳香されていない製品が殆どを占めており、仮に二酸化塩素が有効だったとしても、その成分が有効に作用していないものが殆どであるという見解を示しています。

私なりに考えてみても、人間は常に動いており更に風などの影響もあることから、果たして成分有効であると仮定しが空気中に芳香されているとしても、十分機能しない可能性が高いと思います。

更に、濃厚接触などによって手や皮膚などに直接ウイルスが付着したような場合にも、それを死滅させるほどの効力はないと思われますので、どちらにしてもあまりメリットがないもののように思えます。

また、二酸化塩素は熱や光によって容易に分解されてしまうので、更に効果を期待することが出来ないことも考えられます。

そればかりか、強い臭気によって気管支などに悪影響を及ぼしたり、気分が不快になるという悪影響もあるようです。特に赤ちゃんなどには深刻な影響を及ぼしますので、小さいお子様がいる家庭では使用しないようにした方がいいと思われます。


以上を踏まえて私なりに判断すると、あまり意味をなさないものだと思えます。このような商品を購入するよりも、うがい手洗い、居住空間の換気などを徹底すると共に
・規則正しい生活習慣の樹立
・腸内環境を整えるきちんとした食べ物の摂取
・自分に合った運動の習慣を付ける
・ストレスから遠ざかる
・適切な日光浴
・風邪患者との接触を避ける
などをしっかり心がけることの方が有効です。


二酸化塩素商品に関しては、誇大広告で薬事法に反しているという情報もあります。現代は色々な情報が氾濫し、何が正しいか判断することが難しいと思いますが、正しいものを「見定める目」をしっかり養い惑わされないようにすることが大事です。




karannkarann.jpg
こんにちは^^朝からハッキリしない天気となっているここ鹿嶋地方です。引き続き寒い日が続いていますので、体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「日本人の便秘の原因で多いもの」ということですが、漢方相談をやっていて相談が多いものは?と問われると、便秘の相談は間違いなくベストスリーに入ります。

そんな悩んでいる方が多い便秘ですが、原因によってお勧めする漢方薬が異なります。

一番多いタイプとしては「腸の蠕動運動が鈍っているタイプ」です。漢方でいう「気虚」というタイプで、腹筋や腸自体の筋力が低下しているが故に、腸の内容物を外に排出させることが困難となり便秘が引き起こされます。

このタイプの改善には
・体力向上の為にウォーキングやスポーツを行う習慣を付ける
・食物繊維が多いものを食べるようにする
・下腹部のマッサージ
を行うことをおすすめすると共に、腸の働きを向上させる
・食物繊維製剤
・半夏厚朴湯や六君子湯などの胃腸の働きを促すもの
・晶三仙や酵素などの消化を促す作用のあるもの
・補中益気湯などの体の根本から体質を強化するもの
などが適応になります。

二番目に多いタイプとしては、「腸の蠕動運動が鈍ると共に、内部粘液が不足しているタイプ」です。この状態は一番目にご紹介したタイプが更に発展して、腸内部の粘液が不足しているが故に便秘が引き起こされている状態です。

このタイプの改善には
・体力向上の為にウォーキングやスポーツを行う習慣を付ける
・食物繊維が多いものを食べるようにする
・下腹部のマッサージ
・オクラや納豆などのネバネバ食品を適度に食べる
・ω3,9系の脂質を上手に摂取する
などを行うと共に
・腸を潤す麻子仁丸
・腸の働きを高める六君子湯、補中益気湯、晶三仙、酵素
・体全体を潤す作用のある各種地黄丸製剤
などが適応になります。

三番目に多いのが、「ストレスタイプ」です。過剰なストレスによって腸が痙攣を起こしてしまい、うまく便を排出出来ないというタイプです。特徴としては便秘だけではなく下痢も度々引き起こされ、更に腹痛を伴うことがあります。

このタイプの改善には
・ストレスから遠ざかる
・軽い運動や入浴などで常にストレスを発散する
・味の濃いものやスパイスが摂りすぎに注意する
・カフェイン類は摂らない
などを行うと共に
・痙攣を緩和させる桂枝加芍薬湯
・ストレス性の便秘改善に有効な大柴胡湯
・ストレス体質を改善する逍遥散、竜骨牡蠣製剤
などが適応になります。注意点としては、腸を刺激するような下剤などは便秘や腹痛を悪化させる原因になりますので、服用しないようにします。

他にも沢山の原因が考えられますが、漢方は以上のようにケースバイケース対応出来るという強みがあります。便秘でお悩みの方は、ぜひ漢方をお試し下さいませ。




hartirougata.jpg


こんにちは^^昨日の雪雲はどこへやら、今日は朝から素晴らしい青空が顔を見せているここ鹿嶋地方です。しかし、晴れているとはいっても気温がとても低い状態となっているので、体を冷やさないように十分注意して下さいね。


さて、「漢方薬を信じるものは救われる?」ということですが、この言葉を象徴する出来事が頻発しているので、そのエピソードをご紹介します。

特に、この言葉を象徴する対象として多いのが「不妊症」の方々です。
というのは
・本当にこの薬局で大丈夫なのかな・・・と思っているケース
・西洋的な治療がメインで、漢方薬は一応飲んでおこうかなというケース
・ご両親や友人が積極的だが、本人が乗り気ではないケース
・漢方薬だけが欲しくて、話は必要ないというケース

などの場合には極端に成功率が悪く、逆に

・目をキラキラ輝かせて全て信じているというケース
・漢方に全てをかけてるという意気込みがみられるケース
・腰を据えて、何年も付き合うつもりでいるというケース
・来店やメール、ラインにてマメに相談する姿勢がみられるケース

などの場合は100%とまでは言いませんが、とても成功率がいいように思えます。


このような非科学的なことがなぜ起こるのでしょうか?

昔から信じるものは救われるという言葉がありますし、現代でも「ブラセポ効果」という偽薬による症状改善効果があることなどが、その現象を象徴しています。

私が思うに
・信じるという行為はストレスを軽減させる
・漢方薬以外にも、妊娠にいいとされることも話しているので、その話を信じて全てを実行していることが体を更にいい方向へと導く
・信じて「これを飲めば妊娠できる」と思うことにより、本当に体が変化していく(この現象は筋力トレーニングの世界でもよくいわれています。このトレーニングをしていれば筋肉が増えると思ってトレーニングしているのと、していないのとでは筋肉の付き方が明らかに違うというデータがあります)

などが、非科学的な現象を引き起こしているものと思います。

この世には科学的に実証できないことというのは無数にあり、だからといって、そのようなことを無視していると痛い目にあることが多々あります。例えば諺などを例にとりますと、「三つ子の魂百までも」というのがありますが、これには全く根拠がないという意見が多数あり無視されがちですが、実は幼児期の親からの愛情(先日のブログにも書きましたが)が不足していると、生死にかかわるということや、その後の性格形成に大きく関わっているということが分かっています。

このように、現代にはびこる「科学的な根拠」というものは重要ではありますが、脆さや危うさというものも同時に含んでいるということを忘れてはなりません。




bdhierhgroeh.jpg


こんにちは^^朝から冷たい雨が降っているここ鹿嶋地方です。これから雪が降るという予報が出ていますので、お出かけの際は十分注意するようにして下さいませ。


さて、「精神不安には漢方が効果的」ということですが、現代はストレス社会と言われており、ストレスによる不快症状を訴える方々が激増しています。

特に、代表的疾患であるうつ病と診断される方が増えており、現在は患者が多く緊急性が高いなど、一定の条件を満たす疾病に対して打ち出す医療政策の基本指針として扱われている「五大疾病」の中に入っており、その急増ぶりを反映しています。

それに対して、医療機関では脳神経に作用する薬で対処していますが、効果がある人ない人があり、全ての方に対して効果をあげているという訳ではないようです。

漢方薬はどうなのかといいますと、実際には西洋薬と同じで効果がある人ない人があるというのが現状となっています。

効果を感じることが出来ない方がいらっしゃる理由としては、個人によって脳の興奮度が異なるからであり、更に脳の興奮度ばかりに気をとられて他を無視していると、今度はドーパミン抑制効果により、内臓や筋肉の働きを抑制してしまい首から下の機能低下を引き起こしてしまうという理由があるからです。

漢方薬の場合には、このように脳の興奮性と首から下の内臓や筋肉の働きとの微調整が一番難しいところであり、この微調整を完璧に行えたのならば、全てのストレス由来の精神疾患が快方に向かうのでは?と思っています。

しかし、実際にはそれほど簡単な問題ではなく
・先天的な脳の問題
・幼児期の愛情不足
・トラウマ
・生活習慣
・食生活、栄養の偏り
・生活環境
・運動不足
・日光浴不足
など、様々な問題が複雑に絡み合っているので、やはり全ての方々を一様に治せるものではないというのが実情です。

とはいっても、漢方薬の場合はそれほど強力に脳の興奮性を抑制するということがないので、痴呆やだるさ、寝すぎ、便秘など抑制しすぎによる副作用をもたらさないという利点があります。

更に内臓の機能低下にも着目しており、うつ傾向の方の不快症状としてありがちな
・食欲不振
・だるさ
・不眠
・朝起きられない
・頭痛
・疲れやすい
などの症状にも対応できるという強みがあります。


以上の点から、精神不安でお悩みの方は漢方療法をぜひお試し下さいませ。






mhtiohthb.jpg
こんにちは、朝からどんよりとした雲に覆われているここ鹿嶋地方です。気温が方がとても高く、春が来たのを思わせるような暖かさとなっています。


さて、「愛犬が旅立ちました」ということですが、当ブログにも何度も登場していた愛犬「花子」が今朝天国へ旅立ちました。

思い起こせば花子との付き合いは13年になります。13年前の2月、店のシャッターを開けようとしたところ、何と店の前に段ボールに入れられた茶色い子犬がいました。その捨てられていた子犬というのが花子です。

当初は捨てられていたからか、ひどく臆病で中々なつこうとはしなかったのですが、次第に打ち解けてくれて、1年後にはすっかり人間が大好きな犬へと変わっていきました。

目がとても特徴的で、いつも少し憂いがあるような目をしていたのを思い出します。

性格の特徴として記憶にあるのが、とても「律儀な犬」だったなということです。何故かというと、出かける時や帰宅した時に、必ず駐車場まで見送ってくれたり、出迎えてくれたりしてくれるのです。これはどんな日でも同様であり、更に私たち家族だけではなく店の従業員にも同様に挨拶をしてくれるのです。

そして、その行動に対して手を差し出すのですが、決まって花子は鼻の頭で差し出した手にタッチするというのが恒例でした。


そんな花子の容態が変わったのが去年の夏ごろからでした。急に全身にダニがわくと同時に皮膚炎症状が起こったのです。その時は病院に行き薬を服用して治ったのですが、今にして思えば人間でいう「デルマドローム」のようなものだったのかなと思っています。

その後、その一件を境に段々と元気がなくなっていき、去年の年末ごろから急に痩せ始めて、病院に連れて行ったころには全身が衰弱してしまったことによる肺炎を発症してしまい、あれよあれよという間に食べ物も水も摂れなくなり亡くなってしまいました。


とても悲しい出来事ですが、花子と出会え一緒に暮らし素晴らしい思い出を貰えたことを嬉しく思います。これからも花子は永遠に私たち家族の心に残り続け、元気づけてくれることでしょう。






DSC_0078.jpg



DSC_0080.jpg



hanakohanako.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ