Archive
こんばんは^^朝から冷たい雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。今夜は雪の予報が出ているので、明日の朝は十分注意する必要がありそうです。


さて、「シベリア霊芝のしこり改善効果」ということですが、皆さん皮膚にしこりなど出来ませんか?今回ご紹介するしこりとは、皮膚に傷などが出来て化膿するというものではなく、皮膚の内側に痒みなどを生じることのない5mm~3cmくらいの良性の腫瘍又は脂肪腫をいいます。

リンパなどに出来る場合もありますが、リンパ腫の場合は悪性のこともありますので、必ず医療機関を受診して検査してもらう必要があります。

このしこりにシベリア霊芝という漢方薬が効くのです。タイプ的には気虚といって内臓や筋肉、脳神経の働きが活発でないタイプに効果を発揮します。良性の腫瘍や脂肪が出来るのは代謝や免疫の低下が原因の場合が多く、この働きを引き上げ皮膚及び皮下に溜まった余計なものを排出させる効果のあるシベリア霊芝が効果を発揮します。

その他、黄耆やヨクイニン、朮なども効果を発揮しますが、当店ではシベリア霊芝が一番効果が高いですね。シベリア霊芝は高額なので最近は冬虫夏草で代用する機会も増えています。効果が若干弱くなりますが、ほぼシベリア霊芝同様の効果を発揮します。

・疲れやすい
・月経不順がある
・めまいや息切れがする
・髪の毛や爪が弱い
・胃腸の調子が慢性的に悪い
・むくみやすい
・朝起きられない
・常にダルくやる気が続かない
などがある場合は気虚といって体全体の機能がトーンダウンしている可能性が高く、そこに原因不明のしこりが出来ている場合にはシベリア霊芝の適応になる可能性が高いです。

お悩みの方はぜひご相談下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!



wv.jpg
こんんばんは^^今日は日中とっても暖かかったですね。春まではいきませんが、このところ寒さが厳しかったのでとても暖かく感じました。


さて、「銀だこのたこ焼きについて」ということですが、皆さんタコ焼き好きですか?私は大好きで、たまに無性に食べたくなりセイミヤの駐車場にあるたこ焼き屋さんや、アピタにある銀だこにたこ焼きを買いに走ります。

そんなたこ焼きですが、この間成田で遊んだ帰りに稲敷にあるアピタ佐原東店に寄ってたこ焼きを買うことにしました。

ぼ~っと列に並んで、ガラス越しにたこ焼きが焼けるのを見ているとあることに気が付きました。

そのあることとは「油の量が半端ない!」ということです。

見てるとジャブジャブこれでもか!という程油を注いでいます。

まず生地を入れる前にこってりと油が塗ってあります。普通の家庭ではまずこの程度の量(最初に鉄板に塗る程度)しか油は使わないでしょう。

そして生地を入れくるくるとたこ焼きを焼いて行きます。そして、ちょっと生地に色がつき始めたかなというところで油の出番です。ソースの入れ物のような容器に入った油が、勢いよく鉄板に注がれていきます。ビューっと出して一往復、二往復、三往復くらいで止まったかな?結構な量の油が注入されます。

その時「これだ!」と声を出しそうになりました。

何を思ったのかというと、家庭のたこ焼きが美味しくない理由です。油が足りないのです。

油を入れることによりこってりとした味になりますし、表面もカラッとなります。

別段良い材料や変わった材料を使っていないのに、たこ焼き屋のたこ焼きが美味しい理由の一つは間違いなく油の量です。

後はトッピングですね。

これらを工夫すれば恐らくプロの味を手に入れることが可能です。

とはいっても、油は体にあまりよくないので摂りすぎには注意が必要です。たまにならいいですが、あのたこ焼きを毎日食べていたら恐らく脂質異常症や糖尿病まっしぐらです。

ということで一月ももう少しで終わりですね。新しい気持ちで2月を迎え頑張って参りましょう。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSC_0htreh617.jpg
こんばんは^^引き続き朝から冷え込みが激しいここ鹿嶋地方です。朝晩は特に寒いので外出する際には防寒をしっかりする必要があります。


さて、「ノロウイルス大流行注意報」ということですが、ここ10日ほどでノロウイルス患者が急増しています。症状は
・吐き気
・下痢
・食欲不振
・発熱
・腹痛
になります。

現代医学では特効薬はなく、主に胃腸の働きをよくする薬と整腸剤が治療法になります。とはいえ、ノロウイルスによる症状は消化器官から出てしまえば治まるので、基本的には治療を要さないケースがほとんどです。しかし、稀に命に関わるほど悪化するというケースがあるので注意が必要です。

悪化するケースとそうでないケースとの差はどのような理由から生じるのでしょうか。

答えは
・体力
・免役

この2点によります。体力がないと下痢をしただけで重度の脱水を招いて重篤になりますし、菌を排出するだけの消化器官の動きがなければいつまでも体内に残り重症化します。人によっては2~3週間も体内に潜伏し続けるケースもあることから、胃腸の排出機能及び免疫が大事になるということが分かります。

体力を高めるには運動とバランスの取れた食事、そして規則正しい生活習慣です。これにより体力を高めた後に大事なのが免疫です。免役は体力を引き上げると自ずと引き上げられるものですが、ストレスや偏食、寝不足などがあると低下してしまいます。

特にストレスによる交感神経亢進又は刺激がない生活による副交感神経の亢進など、自律神経のアンバランスがあると免役が低下しやすくなります。よって、日中は心身に適度なストレスを与え交感神経を刺激し、夕方以降は逆にゆっくりと笑うことを意識しながら過ごすなどといったようなメリハリを意識することが大事になります。


もちろん漢方薬も有効です。柴胡桂枝湯にはノロウイルスを死滅させ、尚且つ胃腸の蠕動運動を高めつつ、胃腸に引き起こされた炎症を改善するという効果があります。恐らく一番効果のある処方だと思います。更に体力及び免役を引き上げる効果のある各処方も体質改善に有効であり、ノロウイルスを始めインフルエンザなどに罹りにくくなります。

お悩みの方はぜひご相談下さいませ。


愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSC_0604zxza_01.jpg
こんばんは^^いや~寒い日が続きますね。体を冷やして風邪などひかないよう注意して下さいね。

昨日は風がビュービュー吹く激寒の中、成田にあるアスレチックに行ってきました。敷地内は立木が高く終日日陰で冷たい風だけが吹き抜けるといった感じで寒さの極み状態でしたが、体を動かしている間は全く寒さを感じず楽しく遊べました。宝さがしや靴飛ばしなどのイベントがとても楽しかったので、お近くに住んでいる方はぜひ一度遊びに行ってみて下さいませ。

さて、そんな極寒の中動き回ったせいか、昨日の夜から喉に激痛が・・・。妙な悪寒もするし「これは風邪だ」と確信しました。

喉の痛みとくれば天津感冒片(テンシンカンボウヘン)です。別名「銀翹散(ギンギョウサン)」のこの漢方薬は、喉の炎症及びむくみを改善し、細菌やウイルスなどの活性も抑制する効果があります。

この天津感冒片を眠る前に服用し、朝と昼にも服用したところ、夕方にはのどの痛み及び喉周辺の圧迫感がほぼ治りました。

もちろん、体力や免疫なども関係してくると思いますが、効果の方は大小ありますがほぼ全ての方に期待出来る処方なので、当店では風邪薬NO1の売り上げとなっています。

風邪を引くといつも喉がやられていつまでも治らない・・・・

という方は、ぜひ一度天津感冒片又は銀翹散を試してみては如何でしょうか。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




145371735egeg8659.jpg
こんばんは^^明日はここ鹿嶋でも雪の予報が出ています。体を冷やして体を壊したり、転倒して打撲や骨折することの無いよう十分注意して下さいね。


さて「当帰芍薬散」ということですが、女性の月経不順や子宮筋腫、内膜症、不妊症、皮膚病、貧血の改善など、女性の不快症状といえばコレ!という程女性への適応が多い処方となっています。

当店では婦宝当帰膠というイスクラより発売されている漢方薬が、女性の不快症状改善の主役となっているために当帰芍薬散の出番はそれほど多くはありませんが、それでも結構売れ行きのいい漢方薬となっています。

この当帰芍薬散のいいところとは、当帰と川弓という血液を増やす作用のある生薬が主役となり、補佐としてストレス軽減作用のある芍薬、そして胃腸の働きや水分代謝を改善する伏苓、白朮、沢瀉という配合となっており、非常に適応が広いというところです。

婦宝当帰膠は貧血やエネルギーを増す効果などは非常に強い漢方薬ですが、胃腸や水分代謝、ストレス軽減作用に対しては弱いです。よって、胃腸が弱い方や水分代謝がよくない方の貧血には当帰芍薬散の方が適しています。

若い女性などにはむくみや食欲不振を訴える方が多く、更に高齢者は血圧が高い方が多くなっています。これらの方々の貧血やその他付随する不快症状には婦宝当帰膠ではなく、当帰芍薬散の方が適しています。もちろんこの2処方だけではなく、気を補う補中益気湯や気血を補う帰脾湯、腎精を補う地黄丸類など実際には様々な処方が適応になります。


不妊症などにもおすすめする処方になりますが、内膜や卵巣を充実させる効果は少し力不足を感じるので、多くの場合ビイレバーキングや参茸補血丸、ケイギョク膏、杞菊地黄丸などと併用することが多くなります。

以上のように、ケースにもよりますが女性の不快症状、不定愁訴には非常に適応が広く効果も高い処方となりますので、様々な不快症状を抱えている方はぜひ一度漢方薬局にご相談されてみては如何でしょうか。


愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_06dsdsd14.jpg
こんばんは^^あっという間にこんな時間です。ちょっと時間がないので駆け足でブログを作成したいと思います。


今回は「女性の不定愁訴について」です。女性は月経周期によってホルモンが変化するので、頭痛や肩こり、冷え性、精神不安、食欲不振などといった訴え(総称して不定愁訴)が多くなります。

逆に男性の場合は体内のホルモン量や血液量の変化がないので比較的不定愁訴は少なくなります。

この不定愁訴ですが、考えてみれば一か月のうちに目まぐるしくホルモンの種類や血液の量が変化するので、症状が出るのが当たり前のように思われますが、実は当たり前ではありません。

原因があるから引き起こされるのです。

その原因とされているのが
・貧血
・ホルモン量の低下
・ストレスによる脳の過興奮
・ストレスによるホルモンのアンバランス
・ストレスによる血流悪化
などになります。

これらの中で一番大きなウエイトを占めるのが「貧血」によるものです。赤血球が不足すると脳のA10神経が興奮しやすくなり、様々な神経症状が引き起こされることが知られています。漢方では血が不足すると気も低下するとされており、内臓の機能低下や精神のアンバランスを引き起こす原因になります。

この血の不足を見抜く弁証方法としては
・髪が抜けやすい
・爪がやわらかい
・体力の低下が著しい
・眠りの質が悪い
・胃腸の調子が優れない時が多い
・顔色が白っぽい
・月経血が少ない
・月経周期が長くなる
・月経痛がある
・慢性的な頭痛がある
・傷や骨折が治りにくい
・むくみやすい
・冷え性
・立ちくらみやめまい
などの症状が出やすくなります。

血の不足以外にもストレスによる神経の高ぶりもありますが、その場合は明らかに「ストレス」を感じてる状態なので見抜きやすいと思います。

不定愁訴は不快症状だけに目が行ってしまいますが、改善には根本原因を治さなければならないので、漢方などでじっくりと時間をかけて改善していく必要性があります。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSC_059gewgew7.jpg


こんばんは^^朝から冬将軍の洗礼を受けている極寒の鹿嶋地方です。エルニーニョの時というのはいきなり寒くなることがあるようで、今後益々寒さが増すという予報が出ています。くれぐれも体を冷やさないようにして下さいませ。


さて、「副鼻腔炎の漢方薬」ということですが、このところ副鼻腔炎のご相談が非常に多くなっています。「なんだか熱っぽくて少し鼻の根元に違和感あるな・・・」と思って耳鼻科に行ったら副鼻腔炎だったというケースもありますので、不快症状がある時は早めに医療機関を受診するようにして下さいませ。

当店にお越しになられる方のほとんどは、医療機関にて診察を受けており、早期に改善したいという目的から漢方薬も併用しています。

副鼻腔炎は放置しておくと全頭洞(頭部)などに飛び火して大手術になってしまうこともあるのできちんと治療しなくてはなりません。

副鼻腔炎の原因は
・細菌やウイルスによる炎症
・アレルギー(自己免疫反応)
・鼻腔の通りが悪い(換気がなされない)
などになります。

漢方としては
症状は「実証」で湿邪や火邪を取り除くという方法を用い、更に原因となっている体質を改善して再発を予防するという方法を取ります。

実邪を取り除く方法としては症状にもよりますが
・荊芥連翹湯
・小柴胡湯
・排膿散及湯
・柴胡清肝湯
・葛根加センキュウシンイ
・辛夷清肺湯
・衛益顆粒
などを主に用い

体質改善としては
・衛益顆粒
・補中益気湯
・冬虫夏草
・各種地黄丸類
・シベリア人参
・温胆湯
・苓桂朮甘湯
・六君子湯
・プラセンタ製剤
などを用います。

基本的には始めに患部の炎症や水分を改善するということを行い、ある程度落ち着いてきたら副腎の抗炎症作用を助けるような処方や、栄養の吸収を助ける処方、余計な水分を捌く処方などを用います。


漢方療法はかなり有効なことが多いです。お悩みの方はぜひご相談下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!



DSC_059svd0.jpg
こんばんは^^ニュースでは雪・雪・雪と今季初めて降った大雪一色となっていますが、ここ鹿嶋は全く雪は降らずです。世間一般的には雪が降らなくていいと思われがちですが、子供心溢れる私は雪が降らなくて残念でなりません。


さて、「日本食家庭の減少と健康問題」ということですが、皆さん日本食食べてますか?現代はピザやパン、ステーキ、パスタにハンバーガー、おまけにコカコーラなどといった洋食が日本の食卓を席巻しています。

そんな洋食ですが、エネルギーが豊富に含まれており、手軽にガソリン満タンに出来て更に美味しい!という点から戦後爆発的に広まりました。

確かに、脂質や糖質、そしてタンパク質が豊富に含まれていることから、食べると脳が満足して心身にエネルギーが満ち溢れます。特に脳は脂質や糖質を食すとストレスが軽減して幸福感を得られることから一度食べると病み付きになります。

しかし、このような食生活は私たちの体に悪影響を及ぼします。人間の体は世界経済の仕組みと同じで「需要と供給」によって健康が維持されています。当然供給が多すぎれば老廃物が増えることや、体内に渋滞が引き起こされ流通が悪くなること、代謝を司る内臓の機能低下などが引き起こされ健康が害されます。

同時に、日本食に多く含まれていてエネルギーの触媒や抗酸化を担うビタミンやミネラル、血流改善・抗酸化・脳の機能維持に必要不可欠なDHAなどの不飽和脂肪酸、消化器官の掃除薬である食物繊維、脳の機能維持に必要なギャバなど健康に大きな役割を発揮する各種栄養素も不足してしまいます。

現代はエパデールなどの合成医薬品などによって摂らないとならないほどに脂質異常症に罹患する方が増えていますが、これも食の欧米化が原因の一つだと思います。


健康管理としてサプリメントを摂取したり日々運動を行い健康管理するといった方が多いかと思いますが、まずは食を見直してみることから始めては如何でしょうか。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




htrhbe.jpg



こんばんは^^いや~寒いですね。この寒さはしばらく続くようで、雪が降る可能性もあるようです。お出かけの際は十分天気予報を確認する必要がありそうですね。


さて、「寒いと鼻水、緊張すると下痢になる理由とは」ということですが、皆さんこう寒いとやたら鼻がジュクジュクとしがちになりませんか?この生体反応がどのような理由で引き起こされているのかをご説明します。

まず鼻水ですが、風邪を引いているというケースもありますが、寒い時期に出る鼻水は人間に本来備わっている防御反応で増えます。

人間は呼吸を鼻から行います。その時、外気温があまりにも低いと、そのまま外気を肺に吸い込むと体温を奪われたり、肺組織が損傷したりなどの悪影響を及ぼします。その悪影響を低減させようと鼻の血管を拡張させて鼻腔を温めることにより、外気を温めようとします。その時、血管だけではなく鼻汁腺も同時に拡張させることにより、より温度を高くすることができるので鼻水が漏れ出すのです。

更に、進化の過程で寒い地方に住んでいると鼻が高く細く長くなり、逆に暖かい地方に住んでいると鼻の穴が大きく短くなります。これは冷気をなるべく温めるように進化したとされています。

次に緊張すると下痢ですが、皆さん緊張すると下痢気味になるのを経験すると思います。緊張により下痢が引き起こされる要因としては胃腸の動きが異常に早くなっていることによります。食べたものを十分に消化吸収されずに便として排出されてしまうので、当然水分がしっかり吸収されずに排出されると下痢になります。

ではなぜ緊張すると胃腸の動きがいつもより早くなるのでしょうか。それは栄養をいち早く小腸より吸収するためです。緊張時というのは戦闘状態と脳は捉えるので、脳及び筋肉に栄養をより多く送るというメカニズムが発動されます。主に血液中に糖が増えることになります。糖を増やすには胃にある食べ物を早く小腸に送る必要があります。胃腸は繋がっているので、小腸までは早く動き、以降は遅くといったようなことは出来ないので、全て動きが早くなり結果下痢になります。


以上のように、体というのは一見関連性や理由もなしに動いているように感じられますが、全て関連性があり「理由⇒症状」といった公式を忠実に守っています。漢方医学はこれら公式を解き明かすことにより原因を見抜き治療方針を決めています。

中々治らない不快症状でお悩みの方はぜひ漢方療法をお試し下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_059htrhjt2_01.jpg
こんばんは^^今日はホントに寒いですね。来るお客様皆が「寒い寒い」とおっしゃられています。皆さまも体を冷やして風邪などひかないようご自愛下さいませ。


さて、「肌の張りと田七人参」ということですが、皆さまの肌はピッチピチですか?(妙な投げかけすみません^^;)
今日は肌の張りを良好にする田七人参という生薬をご紹介します。

田七人参の薬性はというと止血、活血という効果です。炎症や出血を止めるという効果と全身の血流を良好にするという効果です。更に体を温めるという効果もあります。

この田七人参を当店では多くの方におすすめしてご活用頂いているのですが、よく
「肌の張りがよくなった」
「シワやたるみが改善した」
というお喜びの意見を頂戴します。

「何故だろう・・・。田七人参の血流改善作用によるものかな?」
その原因を特定できないでいたのですが、ある時ネットを見ていて「これか!」と思う内容に出会ったのす。まだこの内容については確信は持てていないのですが、恐らくこの効果だろうと思っています。

その効果とは「血小板」の効果です。田七人参にはデンシチンという成分により血小板を増やす効果があります。血小板の役割は単に止血を行うという作用以外に、増殖因子という成分が含まれており、この増殖因子が皮膚や粘膜に作用して肌の状態を改善すると考えられます。実際に美容整形の世界ではシワやたるみに対して血小板注入療法という方法が確立されており効果を得ています。

このような私の推察はどこまで人体において効果が立証されているかは不明ですが、細胞増殖因子やコラーゲンへの粘着効果、免疫活性効果などがあることにより、少なからず肌のたるみを改善する効果があると思います。





愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSCfewe_0587.jpg
こんばんは^^昼過ぎから冷たすぎる雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。急に寒くなったので体を冷やさないように注意して下さいね。


さて、「宗教について」ということですが、最近の世界情勢を見ていると、宗教というものを考えざるを得ません。現代ではイランとサウジアラビアの問題やISIS問題、シリアの長く続く内戦、歴史上でもユダヤ人の迫害など挙げればきりがありません。

日本にも仏教という宗教があり信仰されています。

そもそも宗教とはということを自分なりに解釈すると、個々の考えを統一して不安や恐れを無くすためにあるものだと思っています。今のような情報が出回っていて「よく分からないこと」があまりない時代ではなく、混沌としていて情報もなく何を信じていいか分からない時代に生まれたものであり、人々をまとめ漠然とした不安や恐れから守ってくれる手段としてなくてはならないものとして信仰されてきたものでした。

よって、今の時代でも心に迷いがある時など、信仰に触れ直すことにより心の迷いや行くべき道を確かめる手段として用いられています。

このような理由により必要なものだとは思いますが、今の世界情勢を見ていると必要ではないものである可能性の方が高いといえます。どちらかというと、代替えとなる各種情報や医療機関、カウンセリング、友人、家族などによって自らのアンバランスを改善するという方向性が正しいのかなと思います。

逆に、人間性が希薄となっていることや情報などが乏しい発展途上国などは宗教にのめり込む又は必要だというケースもあるようですが、その点に関してはそれもあり得ると思いますし否定もしません。しかし、その道が正しいかどうか考える余地があります。


以上、取りとめのない考え方及び宗教観となりますが、内戦や戦争の引き金となるような宗教は、この地球上には不要であるというのが私の意見です。基本的に宗教というものは他人に強制し、他の宗教を否定するものではなく、自らの文化の根底として自分自身の範疇において信仰するものであり、その範疇にある限り優位性が勝ると思いますが、それが他人を攻撃するものに変わった瞬間不要なものになると思っています。




愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_05fewfew85.jpg
こんばんは^^段々と冬らしい寒さとなってきたここ鹿嶋地方です。この寒さによってか分かりませんが、鹿嶋市にてインフルエンザの患者さんがぼちぼち出始めたという情報が入ってきました。うがい手洗い換気、そして板藍茶で予防に努めて下さいませ。


さて、「冬に辛くなる「乾燥を伴う肌の痒み」を漢方で解決」ということですが、皆さん足のスネや背中が痒くないですか?少し痒いくらいならいいですが、掻き毟って肌に炎症が引き起こされているケースや、痒みで仕事が手につかないといった場合には改善が必要になります。

漢方薬での治療法としては、基本的に肌を潤して肌の保水力をアップさせるという方法を用います。原因は肌の乾燥によるものなので、肌を潤すというのが基本となります。

更に
・貧血や血流の悪化などがあればその改善を
・余計な熱や掻き毟って炎症などが引き起こされていればその改善を
・根本にアレルギー体質などがあればその改善を
などを加味して使い分けるようにします。


おすすめの漢方薬
 
☆貧血タイプ(色白、めまい、疲れやすい、不眠、神経質、情緒不安定)⇒婦宝当帰膠・ケイギョク膏・当帰飲子

☆ストレスタイプ(情緒不安定、ストレスを強く感じる)⇒加味逍遥散・逍遥散・柴胡清肝湯・柴胡加竜骨牡蠣湯

☆体質的に乾燥肌(加齢、カサカサしやすく白い粉を吹く)⇒亀鹿仙・杞菊地黄丸・麦味地黄丸・六味丸・八味丸・ケイギョク膏

☆血行不良タイプ(慢性的な固定頭痛や生理痛、顔色が黒っぽい、静脈瘤など)⇒冠元顆粒・冠脈通則丸・田七人参

☆患部に炎症(強い痒み、赤い吹き出物、掻き毟って炎症)⇒清営顆粒・温清飲・ケイギョク膏・消風散・紫根牡蛎湯・黄連阿膠湯

☆体質的にアレルギー(アトピー性皮膚炎)⇒五涼華・衛益顆粒・黄連阿膠湯・ヨクイニン・玄武温陽

☆更年期障害を伴う⇒プラセンタ製剤・杞菊地黄丸・ケイギョク膏

このような使い分け方をすることが多いです。


お悩みの方はぜひご相談下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSFBDFC_0574.jpg
こんばんは^^今日って寒くなるって天気予報でいってませんでしたっけ?メッチャあったかくて3月くらいのよう陽気でしたね。なんかもうこのまま春が来ちゃいそうな雰囲気ですね。


さて、「高齢者の下痢」ということですが、高齢になると下痢で悩まれる方が多くなります。「大腸がんかも・・・」と心配になり、アレコレ検査したものの異常なしというケースが多いようです。

では本当に異常なしなのでしょうか。現代医学では検査数値や外見上異常がないと「異常なし」とされるのに対し、中医学では数値や外見上異常がなくても、症状や訴えにて異常があれば疾病あるいは未病とみなし治療を行います。

まず、下痢があるという時点で異常事態、普通ではありません。

ではなぜ検査や内視鏡などでの外見上健康なのに下痢が引き起こされるのでしょうか。

中医学では
・胃腸の機能低下
・ストレス(精神的状態の変化)
・血、津の有無
・実邪の有無
・冷えや過剰な熱はどうか
・五臓六腑の状態把握
などに問題が起きていないか判断し、更に
・アレルギーの有無
・持病や薬、サプリメント、食べ物との関連性
などを調べ、脱水の程度、体力の損傷具合などを加味して治療を行います。

この中で一番多いのが胃腸の機能低下です。腸壁の細胞が脆弱になり、上手に蠕動運動を行えなくなっているが故に下痢が引き起こされます。漢方でいう気陰両虚という状態ですね。改善法としては胃腸の働きを助け水分保持力をアップさせるという方法です。この時一つ注意したいのが、水分を吸収させすぎると心臓や腎臓に負担がかかることがあるので、そちらへのケアも怠らないようにすることです。闇雲に下痢を止めるのも考えものなのです。

高齢者の下痢は止めるのは簡単ですが、適切なケアが必要不可欠というのが私の今までの経験です。

お悩みの方はぜひご相談下さいませ。




愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




145215ggr9478317.jpg
こんばんは^^正月ボケが未だに抜けきらない感じがする今日この頃です。そろそろ体が仕事に慣れそうですが、慣れた頃にはまた連休が来てしまいますね。


さて、「北朝鮮に見る人間関係」ということですが、国際社会における北朝鮮を見ていると、何となく人間関係と同じだななんて思ってしまいます。

今の北朝鮮は国際社会から孤立し「自分たちの力だけでやっていける!」といっているように私には見えます。今までの歴史で他国と距離を持っているというか朝鮮半島における確執があるので、韓国と関係の深い国を敵対視しているというのもあると思いますが、孤立しているというのがみてとれます。

そのような他国からの視線を感じてか、他国を威嚇するようなロケット発射や水爆実験などを行っています。一方、オリンピックなどには参加しており何となく矛盾を感じます。

このような孤立⇒攻撃的になる⇒貧困から抜け出せないという図式は人間関係にもいえることだと思います。ハッキリ言って人間関係は煩わしく感じることもありますが、基本的に人は一人では生きられませんし、何らかの形で人に依存して生活し、経済的には特に結びつきは必然となります。

よって、煩わしいから付き合いを無くすという短絡的な考えにおいては、ある意味楽ではありますが、結果的に自らの心が貧しくなり攻撃性が増すと共に、経済的には何一ついいことはないといえるのではないでしょうか。必ずではありませんが、日本という国に育った以上このような図式が少なからず成り立ちます。

現代は核家族化が進み隣近所はおろか親族とも関係性を断絶するといった方が多くなっているようですが、人間である以上人間関係を重視し関係性を向上させることが、自らのためになるということがいえるのではないでしょうか。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!

こんにちは^^引き続き穏やかな陽気となっているここ鹿嶋地方です。しかし、明日からはまた真冬の寒さに逆戻りするようなので注意が必要です。


さて、「結石の原因と対策」ということですが、腎臓にて結石というカルシウムの結晶が出来て、その結晶が尿路に詰まると「七転八倒」という言葉が非常にしっくりくる痛みが引き起こされます。

痛みの原因は結石が尿路に引っかかり尿が流れなくなり、逆流した尿が腎臓を圧迫することによるものです。結石がとれて腎臓への圧迫がとれない限り続きますので、石を取り除くということが改善法になります

この超激痛を生じる結石ですが、なぜ出来てしまうのでしょうか。理由は「動物性タンパク質の摂りすぎ」が主となっています。動物性タンパク質を摂りすぎると尿中にシュウ酸が増え、シュウ酸はカルシウムを結合しやすいという習性を持っていることから、尿中にシュウ酸が多くなると結石が出来やすくなるという訳です。

動物性タンパク質は肉や魚はもちろん、卵やクリーム、乳製品などにも多く含まれています。動物性タンパク質はなくてはならない栄養素ですが、食べ過ぎると血を汚して腎機能を低下させると共に、結石などのリスクを増大させます。

日本人が好んで食べる日本食がバランスがよくそれほどリスクが増えませんが、欧米食の場合は肉が多く更にクリーム類を過食する傾向があるのでリスクが増す傾向にあります。

また、これは間接的ですが、甘いものを沢山食べる生活をしていると血液中の糖を中和しようとカルシウムが沢山溶け出して尿中に排出される量が増えてしまい結石の原因となります。更に、食べ物によって摂取するカルシウム量が少なくても結石が出来やすくなります。食べ物にてカルシウムを摂っていると、消化器官中にてシュウ酸と結合して便として排出される割合を増やしてくれることから、結石予防としてカルシムの摂取が推奨されています。

これは当たり前ですが、シュウ酸を多く含むほうれん草や果物、ココア、コーヒー、硬度の高い水などを摂りすぎていても結石が出来やすくなります。

そして最もリスクが高くなるのが脱水です。尿が濃くなると尿中の不純物も多くなるということになるので、不純物が固まりやすくなり結石となります。よって利尿作用の高いコーヒーや緑茶、アルコールなどの摂取は程々として、こまめに水分を摂取する習慣をつけることも大事です。



予防及び改善効果のある漢方薬としては

結石を溶かす作用のある流石茶を代表として、

脱水を防いて尿量を増やす作用のある
・杞菊地黄丸
・八味地黄丸
・チバク地黄丸

などや、膀胱や尿路の炎症を防ぎながら尿量を増やして結石を予防する
・猪苓湯
・清澄
・竜胆瀉肝湯

更に、代謝を上げて尿中の不純物を減らす作用のある
・竜胆瀉肝湯
・大柴胡湯
・防風通聖散

腎機能を引き上げる作用のある
・各種地黄丸類
・黄耆製剤
・田七製剤
・各種血流改善薬

ストレスを緩和させて水分の漏出を防ぐ
・加味逍遥散
・逍遥散
・柴胡加竜骨牡蠣湯
・桂枝加竜骨牡蠣湯

その他、体の酸性度を下げる作用のある
・青汁製剤
・カルシウム製剤

など、その方の体質に合った各種漢方薬を適宜用いるのが漢方による改善法です。



お悩みの方は是非ご相談下さいませ。



愛用者から大絶賛!話題の腸内環境改善は当店「みやわき健康薬局」にて行うことが出来ます。ご相談の上、腸内を良好にする漢方薬・サプリメントをおすすめ致します。

免疫力向上・美肌維持・精神安定・慢性病予防・風邪予防などに有効な腸内環境をあなたも改善してみませんか?ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。


TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




145198596608erg39.jpg
新年あけましておめでとうございます。今年も一年みやわき健康薬局及び当漢方ブログをよろしくお願いします。

今年のお正月は穏やかな晴れ間でとてもいい陽気となりました。まるで今年一年間の世相を反映するかのような感じですね。

元日に地元の鹿島神宮へお参りに行かせてもらったのですが、例年にも増して人・人・人で大盛況でした。艶やかな着物姿の方も多く参拝しており、何となく厳かな感じ+めでたい豪華さを感じとり、これからの日本経済と重なり今年が明るくなる予感を感じました。

お蔭様で当店漢方部門は昨年一年間の売り上げがその前年と比べ大幅プラスで終えることができました。今年も前年同様に売り上げを伸ばしていきたいと思っています。

「より多くの方に漢方薬の良さを知ってもらいたい」をコンセプトに頑張りつつ、昨今糖尿病疾患が増えていることから、付随する「目の疾患・ガン・血流障害・関節痛・神経痛・心臓疾患」などの改善に力を入れていきたいと思っています。

更に、当漢方ブログに関しては、今年も引き続き様々な不快症状や慢性病でお悩みの方の力になるべく書いていくつもりでいます。主に漢方の知恵により「どのような原因で不快症状や疾病が引き起こされているのか」という原因を解き明かすことにより、対策法を導くといった独自の解説をしていきたいと思っています。

ということで簡単ですが、新年の挨拶と抱負を述べさせて頂きました。

皆さまの一年が素晴らしい一年でありますように!




1451898863cewfvew328.jpg


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ