Archive
こんばんは^^昨日気合を入れまくって車の汚れ&ワックス落とし⇒ワックスかけ直し⇒窓及びライトをフッ素コートと2時間半かけて寒い中大汗かきながら作業したのですが、今日は予報も出ていなかったのに雨・・・。日頃の行いがいいからでしょうか?


さて、「寒いとめまいが増える理由」ということですが、「今日はいつもより寒い」と感じる時や「寒い環境に長時間いる時」などに軽いめまいを感じるという方が増えています。

この原因についてご説明します。

答えはズバリ「血流の悪化」です。なぜ血流が悪化するかというと、寒いと交感神経が緊張します。ヒトの体は、外気温が低いと体の熱を逃がさまいと体表部の血管を閉じます。鳥肌が立つのはそのためです。当然交感神経が緊張すると全身の筋肉が硬直傾向になりますので血管が圧迫されて血流も悪化します。

その血流悪化が三半規管や小脳に及ぶと平衡感覚に問題が発生してめまいが引き起こされます。

当然、脳梗塞などの深刻な病気によるめまいもありますが、医療機関にて「何も問題が見当たらない」とされた場合は、自律神経のアンバランスによる血流障害が主な原因だと思います。

改善法は体を温めることです。特に手足を温めると体は強制的に副交感神経が刺激されるので血管の収縮が早期に解消されます。温かい場所に行けない場合は、手をさすったり足踏みしたりすると軽減されるはずです。その他、足の骨格筋を刺激するのも効果的ですね。屈伸やスクワット、ジャンプ、アキレス腱伸ばしなどが有効です。(足の骨格筋は体の中で一番大きい筋肉なのでそこを刺激すると体が早く温まる&血流がよくなる)

と、ここまでは一過性の改善法ですが、根本原因は
・自律神経のアンバランス
・エネルギー代謝の低下
・五臓の機能低下
などがある可能性が高いので、こちらをじっくり改善するということを行わなければなりません。


お悩みの方はぜひみやわき健康薬局まで。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_06fewfwfew40.jpg
こんにちは^^まだ日が出ているうちにブログを更新するのは久しぶりです。今週は何かと忙しく書けない日が2日ほどあったので、今日は時間がある時に書いとこうと思い今書くに至りました。


さて「胃酸抑制剤の弊害」ということですが、皆さん胃酸を抑制する薬って知ってますか?ガスタ―やタケプロン、パリエット、オメプラールといった薬品名で病院などから処方されています。一般医薬品でもありますね。

そんな胃酸抑制剤ですが、言葉の通り胃から分泌される胃酸を抑制する薬剤です。なぜ胃酸を抑制する必要があるのでしょうか?答えは至って簡単、胃壁に炎症などがある場合、胃酸がそれに触れると炎症を助長させてしまい治癒しないからです。

このような役割によりストレスや飽食が蔓延している現代になくてはならない薬となっていますが、もちろん弊害もあります。

胃酸の役割ってなんだか知ってますか?

そうです。消化を促進するものです。口から入ってきた飲食物とドロドロに溶かすという役割を持ちます。

そしてもう一つの役割が口から入ってくっる「雑菌」や「毒物」を死滅又は中和するという役目です。人間の体は菌が侵入しやすい場所はほぼ酸性に保たれています。理由は先ほど書いた通りです。大腸や膣も酸性に保たれています。

そして、胃腸には更なる防壁が築かれています。その防壁とは免疫です。約7割の免疫が小腸付近に集結して口から入ってくる雑菌や毒物を待ち受けて攻撃することにより人間の体は健康を保っています。

では、胃酸を無くしてしまったらどうなるでしょうか。当然、飲食物の消化が滞りますし、一番の脅威は雑菌や毒物が死滅又は中和されずに小腸に届き免疫を疲弊させる、又はすり抜けて血液中に混ざるという事態です。

これが慢性となると免疫の低下、臓器の機能低下、全身の弱体化などに繋がり、自己免疫疾患や肝機能障害、ピロリ菌感染、胃腸病、血管の病気など様々な不快症状や病気を作り出してしまいます。


もちろん、冒頭にも書いた通り、胃壁などが傷ついている場合には使用しないと症状がひどくなってしまうが故に使わなくてはなりません。しかし、「ちょっと気持ち悪い」「ちょっと胃もたれする」「飲んでいる方が何となく調子いいから」という理由で漫然と継続する代物ではありません。あくまでもメリットデメリット双方を天秤にかけてメリットが勝る時のみに使用すべきです。

お悩みの方はみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_063vwg7.jpg
こんばんは^^今日はずっと曇りで寒い一日となりました。明日はもっと寒くなるようなので、今夜は十分温かくしてお休みくださいね。


さて、「子供は外で遊ぶもの」ということですが、皆さんの子どもさんは外で遊んでいますか?

現代の子どもにはアレルギーや低体温という症状が増えていますが、その原因の一つとして外遊びの減少が関係しています。何故かというと、人の免疫や皮膚の強弱は少々時代の過ごし方で半分くらいが決まってしまうのです。

幼少時期というのは心身が成長する時期です。もちろん免疫細胞や皮膚細胞も成長しています。その時期に温室でぬくぬくと育った場合と、気温の変化、天候の変化、雑菌などが大量にいる場所に触れて育ったのでは、どちらが強靭な体に成長できるか即想像できるかと思います。

答えはもちろん後者です。

例えば、定期的に対外試合を行っているサッカー部と、いつも身内だけでミニゲームをやっているチームとでは、いざ本大会での実力が段違いになることを想像してもらえば容易に理解出来ると思います。

ヒトの免疫や体力、脳のストレス耐性、内臓など、全ての器官が度重なるストレス刺激によって強くなっていくのです。これは現代の若者を見ればよく分かります。今まで「怒られる」というストレスを感じたことがないゆとり世代は、上司に一度だけ叱られただけですぐにやめてしまうという事例が数多くあります。

体罰は悪いのは当たり前ですが、今の学校では「怒ること」さえもNGとしている風潮があるようです。私は親ですが、むしろ悪いことをしたらしっかり叱ってもらい、悪いといいうことを認識するという教育と、ストレス耐性を高めて頂きたいと思っています。もちろん我が家では悪いことをしたらこれでもかという程叱ります。

ということでちょっと道を外れましたが、子供は外で泥だらけになって遊ぶことにより大人になってからの慢性病を予防することが出来ます。全ては子供のためなので、部屋にこもってゲームばかりさせずに、毎日外で遊びつつ、喜怒哀楽を明確にしストレス耐性を高めるということをしてみては如何でしょうか。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_fdfbbe0665.jpg
こんばんは^^このところ比較的暖かい日が続いていますね。この暖かさでインフルエンザが一段落してくれることを祈ります。


さて、「酵素を飲んで痩せるということはあり得ない」ということですが、皆さん酵素飲料って知ってますか?ダイエットなどに精通しているかたは恐らくご存じだと思います。

当店に置いてあるのは大高酵素ですが、ネット上には万田酵素や野草酵素など沢山あり、中にはお嬢様酵素なるネーミングのものもあります。

そんな酵素ですが、ただ飲めばダイエットになると思っている方多いのでは?

結論からいうと、酵素飲料を単純に服用して痩せるということはありません。というか、普通の食事をしている上に酵素を摂取すると、その分カロリーアップになりますので若干太る原因になります。

酵素は砂糖にて抽出するために、砂糖分のカロリーが上乗せになった方がいいでしょう。

よくネット上にて、酵素は食べ物の分解を促すことや、体内に吸収され消化だけでなく代謝酵素の材料にもなり、全身の代謝が促進されてエネルギーの燃焼が良好になり痩せる!という記事を見ますが、そのような作用は全くありません。

野菜や薬草から抽出された酵素は、消化を促進する消化酵素の代わりにはなり得ますが、代謝酵素に変換されるとうことはありません。口から入った酵素は口~胃粘膜の細胞に対しては生まれ変わりを促進する代謝酵素の役目を果たしますが、胃にて分解されてタンパク質に変わり小腸より吸収されます。よって代謝酵素にはなり得ないのです。

酵素を使いダイエットを行う際には、食事の代わりに酵素を摂取するという方法にて行います。酵素には糖分、タンパク質が豊富に含まれているために、食事を摂取しなくてもそれなりの栄養を補うことができます。よって、それほど体に負担をかけないでダイエットを成功させることができるのです。

当店ではこのような置き換えダイエット以外にも
・口~胃粘膜に不安をお持ちの方
・消化不良を訴える方
・タンパク質の摂取量が少ない方
・動物性タンパク質にアレルギーをお持ちの方(小児のアトピー性皮膚炎など)
・便秘気味の方
・エネルギーの需要が多い方
などにおすすめして喜ばれています。


酵素飲料にてお悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



DSC_0 bv 642


こんばんは^^今日は日中暖かったですね。小春日和とはこの日のための言葉!というほど気持ちのよい昼下がりでした。


さて、そんな気持ちのいい一日となった本日ですが、私にとってもっと嬉しいことがありました。その出来事とはタイトルにあるアメリカからお客様がご来店されたのです。

そのお客様はお越しになった経緯としては、長年漢方薬を服用していたものの、ご購入していたお店が閉店されたことから同じ漢方薬を購入するお店を探していたとのこと。その時、ネットにて当ブログを拝見され当店にて購入することを決意してくれたのでした。

その決断時に即LINEにてご連絡くださり、何度か連絡を取り合った後、本日日本に用事があり帰国された際に起こしになられたのです。

ブログの拡散力とLINEという強力な連絡手段、そして手前味噌ですがブログを毎日コツコツを買い続けたことによる出会いだと思います。

S様との出会いに感謝です。

これからも、ネットやLINEなどを通じ、グローバルに展開していけたらと思っています。

何かご質問などありましたら、気兼ねなく電話やLINEにてご連絡下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






DSC_06dqwdqw29.jpg
こんばんは^^寒さになれたつもりでいたのですが、やっぱり外に出ると寒いですね。あっつい風呂が待ち遠しく感じます。


さて、「吹き出物やニキビの正体」ということですが、皆さん悩まされていませんか?

ニキビってなんで出来るのですか?という質問をよく受けるのですが、答えは簡単肌表面から脂質の分泌が高まるからです。

そしてその脂質が空気に触れて酸化(腐る)します。

酸化すると細菌のエサになり患部に細菌が増殖します。

その細菌に免疫細胞が集まってきて炎症が引き起こされます。

以上がニキビのメカニズムです。


ではなぜ脂質の分泌が亢進するのでしょうか。

答えはホルモンの過剰です。

皮脂を増やすホルモンとしてあるのが
・男性ホルモン(主にあごの周辺に出来やすい)
・黄体ホルモン(女性の高温期に分泌が高まる・頬やおでこに出来やすい)

これらホルモンの分泌が高まる原因は
・ストレス(ストレスは男性ホルモン分泌を亢進させる)
・乳製品や動物性タンパク質、脂質、甘いものの食べ過ぎ(エネルギー過剰となりホルモンの生成が高まる)
・運動負荷(男性ホルモン分泌を高める)
・睡眠不足、不規則な生活(炎症を抑制させるホルモンの分泌が低下する)
・腸内環境悪化(免疫の攻撃性が高まる)

などによります。高齢の方や幼児にニキビがないということを踏まえると、ニキビが出る根本原因はほぼ「エネルギーの過剰」が原因となって出ると考えられます。

これを踏まえて考えると、運動をしている大食漢の男子学生が一番ニキビが出やすいのが頷けます。


改善法としては原因の逆をするようにします。
・ストレスフリー
・筋トレはほどほどに
・動物性タンパク質は少な目にして緑黄色野菜をたっぷりと
・睡眠は嫌という程たっぷりと
・便秘や下痢を改善する
・バランスの取れた手作りの食生活を送る
・ジャンクフードなどは控えめに
・甘い清涼飲料水は×

漢方薬では皮脂の分泌を抑制する
・サイコカリュウコツボレイトウ
・清上防風湯
・荊芥連翹湯
・竜胆瀉肝湯
・排膿散及湯
・抑肝散加陳皮半夏
・因チンコウ湯
・加味逍遥散
・小柴胡湯
・ヨクイニン
・防已黄耆湯
・五涼華
・五行草茶
などの中からその方に合ったものを選ぶことが多くなります。


お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_06ew32.jpg
こんばんは^^風がひじょーーに冷たく感じる一日となったここ鹿嶋地方です。朝晩は特に冷え込むので体を冷やさないように注意しなければなりません。


さて、「ハイな気分と覚醒剤」ということですが、ここ最近、連日のように覚醒剤に関するニュースがテレビを賑わしています。清原選手に関するニュースが連日流れ、今日は町議のニュース。

このようなニュースをみると、覚醒剤といえば特殊な人が手を染める犯罪という意識が強かったという印象が強かったものの、今は普通の人でも普通に使っちゃうんだな~としみじみ感じています。

あなたの周りにもいるかもしれないので
・ハイな時と沈んでいる時の差が激しい
・よくしゃべる時と全くしゃべらない時とがある
・体臭が急に強くなった
・遅刻や約束を破る時が多い
・食欲がない時が多い
・突拍子の無いことをよく話す
・金使いが異常に荒い
・睡眠時間が異常に短い時と長い時とがある
・目を見て話をしたがらない
・妄想がひどくなった
・ゴミ箱にティッシュがやたら捨ててある
などがある場合には、薬物の疑いがありますので注意が必要です。


覚醒剤を打つと交感神経が刺激されて神経が異常興奮します。学生の頃の体育祭や文化祭などで異常に気分が高ぶっている時などの様子と酷似しています。例えば体育祭などでハイテンションなっている時は全てが楽しく疲れを知りません。しかし、体力には限界がありますので体育祭が終って数日後にはその反動で体がだるくなります。

よく、休みが続くいた後に出社又は登校すると、病気じゃないかってくらい体や心がだるくなります。これは休みが続いたことで神経が副交感神経に傾き緊張を保つことが出来にくくなっているからです。副交感神経支配はリラックス状態でいいといいますが、傾きすぎるとだるくなるばかりか、鬱っぽくもなり楽しいことも楽しくなくなります。

このような現象は普段の生活でも引き起こされています。「最近、体が調子よくて何をしても疲れないし楽しいな~」と感じる時は交感神経優位となっている時であり、代謝や神経が高ぶり心身が活発になっている状態です。その状態はいわばマラソンをしている状態(軽い覚醒剤を打っているのと同じ)なので、続くと心身が疲れてしまい後にエネルギー切れを引き起こして逆にだるさや調子悪さを引き起こします。この状態の最たるものがうつ病です。ストレス状態が長期に渡り続くことで心身が疲れ果てているのです。

以上により、「最近心身がメッチャ調子いいな~」と感じる時こそ注意が必要だということです。努めて心身を休めるようにしなければならないということです。ちょっとダルイ・・・と感じるくらいの方が、体にとってはバランスがいい時なんですよ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSC_0630_ xc c01
こんばんは^^引き続き寒い日が続いています。風邪など引かないよう注意する必要がありますね。


さて、「沢山子供を産むと歯が抜け落ちてしまう理由とは」ということですが、皆さん沢山子供を産むと歯が抜け落ちてしまうってことをご存じですか?もちろん全てのケースに当てはまることではありませんが、ほぼこの関連性は現代医学によって証明されています。

私の妻は保健所などに保護されたワンちゃんを保護して欲しい方に譲り渡すという活動を行っており、よく我が家に一時預かりでワンちゃんがやってくるのですが、ブリーダー犬として沢山の子どもを産んだ犬ほど若くして歯がほとんど抜け落ちているのを目の当たりにします。

また、昔の日本は多産傾向にあったことから、沢山子供を産んだ方ほど歯の本数が少ないというデータも多数あります。

ではなぜ沢山子供を産むと歯が抜けてしまうのでしょうか。

その答えは「歯周病や虫歯になりやすいから」です。

歯周病や虫歯になりやすい理由は「唾液の分泌量が減るから」です。

唾液の分泌がなぜ減るのかというと、女性ホルモンやステロイドホルモンなどといったホルモンの分泌が低下するからです。ホルモン分泌が低下する理由は妊娠出産によってその材料及び産生器官が機能を停止していたり疲労しているからです。

唾液の分泌量が減っているということは、体内の水分量が減っているということを意味します。女性ホルモンや男性ホルモン、コルチゾール、バソプレシンといったホルモンが水分維持に働きますが、妊娠出産時にはこれら全てのホルモンにアンバランスが引き起こされることにより水分量に変調をきたし唾液分泌に問題が引き起こされて虫歯リスクが増大します。


漢方の世界では歯は「腎」に関わりがあるとされており、腎が虚すると歯が抜け落ちると明言されています。腎とは腎臓を含めて各種ホルモン系や血液、精液などを総称しており、現代の最先端医学で証明された歯とホルモンの関係性を1000年以上前から知っていたということになります。

このような事例を考えてみると、漢方医学って本当にすごいんだな~と改めて感じますね。

ちなみに、漢方では陰虚という概念があり、唾液の減少は水分量の減少として捉えてそれを補うという治療法が確立されています。

同じような疾患としてシェーグレン症候群がありますが、こちらの場合はホルモン系にプラスして免疫系のアンバランスも同時進行していることから、単に水分を補うという治療法にプラスして免疫を調整する治療法を行う必要があります。


以上により、そのケースにより漢方薬は対応出来ますので、お悩みの方はぜひお試し下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSC_0bfdb628.jpg
こんばんは^^先ほどふと外を見たらちらほら白いものが。よく見ると雪!それほど寒いとは感じていなかったのでちょっと驚きました。昨日の最高気温は23度で今日は雪ですからね。一気に20℃以上気温が変化しているということになります。

人間の体というのは恒温動物なので常に一定の体温を保っています。なので外気温の影響をものすごく受けてしまいます。

少しずつ気温が変化していく場合は体内のエネルギー燃焼量や毛穴による体温の調整などが行われることにより対応出来ますが、急激に変化すると対応することができません。

対応出来なくなるということは何を意味するのかというと、体温が下がりすぎてしまったり上がりすぎてしまったりして自律神経及び免疫が乱れます。

すると、めまいやのぼせ感、冷え、イライラ、不安、動悸、不整脈、頭痛、肩こりなどといった不定愁訴が起きやすくなったり、風邪を引きやすくなる、肌荒れ、関節痛など免疫の異常による不快症状が起きやすくなります。

極端な例を挙げると、いきなり寒いところから暑い部屋に移ると顔がのぼせたり、いきなり寒いところへ移ると震えやめまいが生じたりします。また「ヒートショック」といって、急激な温度差によって血圧が急に変化して脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす現象が今問題となっています。

このような悪影響は若くて健康体の方はそれほど影響を受けませんが、神経の病気をお持ちの方や、血管が硬化している高齢の方、各種慢性病をお持ちの方などはより多くの悪影響を被りますので注意が必要です。

対策としては、なるべく温度差がなくなるように衣服や空調で調整するようにしたり、運動やストレッチなどで普段より体を鍛えるという方法を行うようにします。体が相当弱っている場合を除き、ずっと同じ温度に身を置くというのはある意味安全なように感じますが、そうではなく、普段より適度に外に出て体を鍛えるという方がリスクを低減させることができます。昼間の温かい時間帯などに外に出て体を鍛えるようにし、室内の温度は上げ過ぎずなるべく衣服で調整するようにします。

しばらくは温度差の激しい時期が続くと思いますので、温度差による悪影響を考慮した生活を送るようにして下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!






1455533vger749423.jpg
こんばんは^^気温は平年より高いと報道されていますが、お日様が出ていない分、気温以上に寒く感じるここ鹿嶋地方です。引き続き気温差が激しい日が続きそうなので体調管理には十分注意して下さいませ。


さて、「八味地黄丸という処方について」ということですが、葛根湯に続いて有名な漢方薬といえばこの八味地黄丸ではないでしょうか。ハルンケアという商品をCMでよく見ますが、これも成分は八味地黄丸です。

効能効果としてよく謳われているのが
・夜間の頻尿
・トイレに時間がかかる(尿の出渋り)
・軽い尿漏れ
・残尿感
といった、尿に問題がある方にターゲットを絞っているのが特徴です。

八味地黄丸は有名で安易に用いられている傾向があることから、軽々しい漢方薬というイメージが植え付けられており、証を守らないで服用する方が多いことから、「八味地黄丸など効かない!」という印象をお持ちの方が多いように感じられます。(あくまでも個人的な感想です)

しかし、八味地黄丸は実際は素晴らしい漢方処方であり、証が合うと効果覿面で切れ味鮮やか「魔法のように効く」といわれるお客様が多数いらっしゃいます。

では、実際どのような方に適応となる処方なのかをご説明します。八味地黄丸は血液や陰液(水分)、ホルモン系を補うという作用を主作用とし、そこに水分過剰となるのを防ぐべく利水作用のある生薬が加えられています。そして体を温めたり炎症を抑制する働きのある附子と桂枝が加えられています。

このような作用から、ストレスや過度のダイエット、老化、虚弱体質などによるホルモン系の不足、機能低下があること+慢性的な冷え、低体温といった熱エネルギー不足がある方が適応となります。

漢方でいう腎陰陽両虚という状態です。

具体的に適応となる症状としては
・慢性的な体質虚弱がある方の腰痛
・高齢の方の冷え性
・高齢者の虚弱体質
・長期的なストレスによって発症するうつ病
・高齢者で体力の低下を感じる方の下肢の痺れ
・高齢者で下半身の冷えを感じている方の夜間頻尿
・慢性的な体質虚弱を感じている方の頻尿
などになります。ちょっと漠然とした感じで分かりにくいですが、腎虚といってホルモン系の不足を伴う方の冷えを伴う諸症状に適応になります。用いる上での注意点としては、附子や桂枝といった体を温める生薬が入っているために、体に熱エネルギーが不足している方以外は用いるべきではないという点です。熱エネルギーが過剰となると、動悸や不眠、胸焼け、イライラ、高血圧などといった不快症状が生じることがあります。また、胃腸にもたれる生薬が配合されていることから、胃腸虚弱がある場合には少な目にするか、胃腸薬と一緒に服用するなどの工夫が必要になります。

以上が八味地黄丸の説明になります。かなりざっくりで自分でも説明しきれていない感が強いですが、これ以上の説明をお望みの方は直接メールやライン、お電話などでご質問くださいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




14552692mmm28786.jpg
こんばんは^^少しずつですが日が伸びてきてますね。一か月前まで5時には真っ暗だったのですが、今ではまだ明るさが残っています。


さて、「縄跳びがここまでタフなスポーツだったなんて・・・泣」ということですが、皆さん縄跳びって知ってますか?愚問というのはこのことでしょうか、知らない人なんていませんよね、すみません。


その縄跳びですが、ここ2日間昼休みに1時間程度長女と一緒に楽しんでいます。

いや、楽しんでいるというのは嘘で、最初は楽しむつもりでやっていたのですが、即それが間違いであることに気が付きました。

何が間違いなのかというと、縄跳びはめちゃくちゃハードでタフなスポーツであり、いつも椅子に座って指と口だけを動かしている私のような運動不足を絵にかいたような人物にとっては、ある意味拷問であるということに気が付いたいのです。

2重跳びなどではなく、普通に飛んでいるだけなのに最初は100回連続跳ぶことができませんでした。

小学生の時は何時間でも飛び続けられたのに・・・。

何度か跳んでいると跳び方を覚えて100回は楽にクリアできるようになったものの、300回は超えられませんね。

というか、今日は腹筋とふくらはぎが筋肉痛で笑うことができません。非常に辛いです。体も不甲斐ない初老の自分を見つめることも。


この文章を呼んで「そんなに体力ないの情けなっ!」と思ったあなた!今すぐホームセンターに行って縄跳びを買ってきて試してみて下さい。恐らく鉛のように重たい自分の体に落胆することと思います。もし、普通跳び300回終った後に息も切れず体も軽々しい感じがしてまだまだ跳べるという感触が得られたならば、あなたの体は十分運動が足りているといえるのではないでしょうか。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_06wedwed26.jpg



こんばんは^^日中は春か!というほど暖かいですが、夕方以降は真冬の寒さに急降下します。気温差が激しいのでこまめに衣服で調整して風邪など引かないようにして下さいね。


さて、「免疫と男性ホルモン」ということですが、「男性ホルモンが強いと免疫が弱い」という都市伝説的な話が、ネットなどでまことしやかに囁かれています。果たしてこの都市伝説は本当なのでしょうか。

答えはYESです。

実際に男性ホルモン濃度が高い人とそうでない人とで免疫の反応性を調べたところ、男性ホルモン濃度が高い男性は低い男性に比べて免疫活性が低いというデータが出ています。

これは古来より男性は狩りや争いなどで怪我をすることが多く、その都度免疫の活性が高い状態だと、過剰に炎症反応などが引き起こされてしまい傷などがひどくなってしまうことがあることから、徐々に免疫を低下させて免疫の過剰反応を抑制させるために、免役の活性が低くなっていったと考えられています。

これとは別に、男性ホルモンというものを考えた時に、分泌される際に副腎皮質が刺激されてステロイドホルモンも同時に分泌が高まるということも免疫に関係しています。ステロイドホルモンは炎症を抑制するという作用があることから、免疫細胞の活性を低下させるという特性があります。よって、男性ホルモンの分泌が多い男性は必然的に免役抑制作用のあるステロイドホルモンの分泌も多くしてしまい、結果、免疫が低下してしまうということになります。

また、男性ホルモンの多い男性は免疫疾患である「アレルギー」が多いことも知られており、こちらも男性ホルモンが免疫系のアンバランスを引き起こしている可能性が示唆しています。


男性が健康を維持していく上で必要不可欠な男性ホルモンですが、あまり過剰な状態になると免疫の低下という重大な問題を生じることになるので注意が必要だということでしょうか。これは女性ホルモンも同様であり、動物性タンパク質などを過剰に摂取していると、女性ホルモンが増えすぎてしまい免疫の低下を招くことになると同時に、これは男性ホルモンも同様ですが、ホルモンが増えすぎるとそれを代謝する肝臓の負担が増えるために、肝機能低下を招く危険性も孕んでいます。

何事もバランスが大事ということでしょうか。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_05ewfewf21.jpg

こんばんは^^いや~今日は寒かったですね。今朝、外で草むしりをしようと思ったものの、ものの2分ほどでギブアップしてしまいました。

さて、「紙幣や硬貨がなくなる時が来そうですね」ということですが、皆さん「フィンテック」という言葉をご存じですか?私もいまいち理解出来ていないのですが、紙幣や硬貨などといった「お金」を持たなくても、仮想通貨や預金をITによって取引することにより決済が完了するシステムのことをいいます。

例を挙げると、現在でも行われていますが、カードで買い物するような感じで自分を証明できるものを持ち合わせる、もしくは自分を証明する指紋や眼球、紋章、顏などを読み込むだけで、保管してある預金から自動的に取引が行われるというものです。

現在はカード会社⇔銀行という一つの方法のみで行われていますが、これからはIT企業多数がこのシステムに参加するという構図となり、銀行の存続が問われるという事態に発展しています。

私は昔(約15年前)このようなシステムが便利だな~と思い、マネーカードというものを作り、その中に現金や預金をデータとして入れ込んでおき、買い物や他のマネーカードとマネーのやり取りなどをそのカードのみで出来るようにし、指紋など個人を特定できるデータを入力しないと操作できないようなセキュリティーを持つなどの案をまとめ、ソニーへ提案書を送ったのですがものの見事に却下されたという思い出があります。

恐らくフィンテックという決済方法はすでにその時からあったのだと思われます。そして、今現実的に使われ始めたということでしょうか。

いきなりフィンテックに移るのは色々問題もあるでしょうが、現金の取り扱いは銀行強盗や支払&おつりなどの間違い、紛失などがあるために不都合を生じやすく、それに比べフィンテックを利用するとそのような間違いはなくなるでしょう。しかも毎日の売り上げを数えるという手間も省けます。そして何より、マイナンバーなどと併用すると世の中の金の流れが全て把握できるということになります。これは何を意味するのかというと、脱税や使途不明金、公に出来ないマネーなどがあぶりだされるということです。結果、詐欺や犯罪などの抑制に繋がるというメリットも生まれるでしょう。逆もまた然りでセキュリティーが甘いと根こそぎ持って行かれるということもあります。

どのように変わって行くかまだ不明慮ですが、国民にとっていい方向に変わるのであれば大歓迎だと思います。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!




DSC_0vewvv559.jpg
こんばんは^^清原さんの事件が連日テレビをにぎわせています。清原選手といえばちょうど私が小学生~中学生の時に甲子園で大活躍しており、憧れの的だった人で私的にとても強く良い印象が残っていた人でした。その故、今回の事件は本当に残念でなりません。


さて、話題は180℃変わり「庭弄りが健康の秘訣」に移りたいと思います。

つい先日、ある会合に出席していた時のこと。80歳になる方とお話しさせて頂く機会があり、アレコレ話をしていたのですが、色々聞くと最近は病気をした記憶がなく、しかも未だにゴルフやスキューバなどの趣味を大いに楽しんでおられるといいます。

しかし、若い頃はよく病気をして寝込む虚弱体質だったとのこと。

そんな方がどうして今ものすごく健康で前向きなのか知りたくなり

「健康の秘訣は何ですか?」とお聞きすると、酒タバコは一切せず、とにかく「無理」をしないこと。そしてこれは健康に関わっているかどうか分からないが「庭弄り」を50歳くらいの時から趣味としており、暇があれば庭にいるとのことでした。

「酒タバコをやらず無理をしない」
これは私があえて説明しなくても健康の秘訣だということは一目瞭然ですが、庭弄りが大きなポイントだと私はその時ピンときました。

庭弄りは
・太陽光を適度に浴びること
・筋肉を適度に刺激すること
・脳を適度に使うこと
・向上心を得られること
・免疫を向上させる効果があること
などの素晴らしい効能効果があります。

特に免疫に関しては素晴らしい効果があります。あるデータとして、人間は常に免疫を刺激していないとその機能が衰えて痴呆や慢性病が引き起こされやすくなるという結果が出ています。

庭弄りを毎日行うと、土や植物に触れたり、ホコリなどを鼻から吸い込むために常に病原菌と接触することになります。すると常に免疫がその病原菌に攻撃をしていることとなり、免疫細胞が鍛えられて強くなります。すると、体の中は常にクリーンな状態となり炎症反応が起きにくくなり、結果ガンや高血圧、脂質異常症、痴呆などの罹患率が下がるのです。


デスクワークばかりで自然と全く関わらないという方は、免疫の活性が低下している可能性があります。健康維持のためには適度に自然と接して免疫を刺激する必要性があるので、ぜひ庭いじりを趣味にしてみては如何でしょうか。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_0effew589.jpg
こんばんは^^節分を迎え後は暖かくなるだけになりましたね。まだまだ寒い日が続くかと思いますが、これからは暖かくなる一方だと思うと何となく気が楽になりますよね。


さて、「柴胡加竜骨牡蠣湯で花粉症が出なくなった」ということですが、皆さん花粉症の方はまだ大丈夫ですか?早い方では何日か前から花粉症の症状が出ているようです。

そんな花粉症ですが、「柴胡加竜骨牡蠣湯」を服用していて症状が全く出なくなったという方がいらっしゃいます。


柴胡加竜骨牡蠣湯は主に神経の高ぶりを治めるという作用があり、主に
・動悸
・のぼせ
・不安感
・焦り感
・イライラ
・不眠
・神経症
・更年期障害
・小児夜泣き
などといった神経症状の改善に用いる漢方薬であり、花粉症の予防、症状の改善に用いる処方ではありません。まがり曲がって神経症状が原因となり花粉症状が出ていても適応となるのは皆無です。

そんな処方であるにも関わらず、かなりヘビーな花粉症が全くなくなったというのは非常に面白い症例であると思います。

恐らくですが、神経のアンバランスが改善されたことによる免疫の正常化と、胃腸や肺に停滞している水分を排出させるという効果があることから、粘膜の機能が改善したことなどが症状改善に役立っているものと思われます。


以上のように、長らく漢方薬に携わっていると面白い症例に数多く出会います。その多くは今回ご紹介したようないい方向へのスイッチが見受けられますが、たまに軽い肝機能障害や不快症状の憎悪などにも遭遇します。どのような場合であれ、プロである以上適切に対応することをモットーとしておりますので、当店の漢方薬を服用していて良し悪しに関わらず変化が見られた時には、ご連絡の方お願い致します。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_0cvqwv625.jpg
こんばんは^^日中は暖かいものの、夜になると嘘のように寒くなりますね。一日のうちで気温差がかなり激しいので体調を崩さないように注意したいですね。


さて、「インフルエンザ注意報」ということですが、当店がある三笠小学校校区では、インフルエンザによる学級閉鎖が出てきています。また、少し離れた鹿島小学校では学年閉鎖となっているようです。

先週あたりはぼちぼち出始めているかな?程度だったのですが、今週に入って爆発的にインフルエンザ患者数が増えているようです。

インフルエンザに罹ると、以下のような症状が急激に襲ってきます。
・悪寒
・発熱
・めまいや眠気
・咽頭痛
などが初期症状として出てきます。そうこうしていると火照り感などがプラスされ体の違和感がひどくなり高熱が出てきます。

このような症状が1~2日のうちに急にひどくなるという傾向があります。

よって、いつもの風邪とは違う・・・と感じた時には、なるべく人にうつさないようにマスクをしつつ、医療機関を受診するようにします。鼻腔にてインフルエンザウイルスがあまり増えていない状態では検査にて陽性とならないこともあるので、初期のうちに検査して陰性でも、その後違和感や発熱が続く場合には再度受診して検査を受けることがポイントになります。インフルエンザは抗インフルエンザ薬を服用すると速やかに症状が治まる可能性が高くなるので、適切な診断を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。

漢方薬の役割としては不快症状の軽減があります。
・咽頭痛⇒ギンギョウサン、天津感冒片
・悪寒⇒葛根湯、ケイシトウ、参蘇飲
・鼻水⇒小青龍湯
・頭痛⇒葛根湯、ケイシトウ、センキュウ茶調散
・咳⇒五虎湯、桔梗石膏、麦門冬湯
・下痢、腹痛⇒柴胡桂枝湯、小柴胡湯、カッコウ正気散
・予防⇒板藍茶、バイタレジーナなど

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!





DSC_0sxs620.jpg
こんばんは^^昨日はとっても暖かく感じる一日でしたが、今日は極寒に早変わりしてしまいました。日々気温が急激に変わりますので体調管理に注意して下さいね。


さて、「花粉症予防は今から」ということですが、そろそろ今月末あたりからスギ花粉が飛び始めます。今年は飛散時期が若干早まるようなので、今から準備しても遅いくらいかもしれません。

痛みというものはMAXになってしまうと痛み止めが効きにくくなるというのは有名な話で、生理痛などの場合はプロスタグランジンという物質が増えすぎてしまうと何をしても痛みが緩和されにくくなってしまいます。

この現象は花粉症にも言えることであり、免疫反応があまりにもひどくなってしまっている状態には、どんな治療を施しても効きにくい状態となってしまいます。

よって痛み同様、ひどくなる前に処置することが症状を悪化させないために最重要となるのです。
この考えは漢方の世界では当たり前となっており、「未病」といって病気が発症する前に治しておくことが重要と説かれています。

以上により、ちょっと遅いくらいですが、花粉症の症状が出る前に予防として衛益顆粒や柴胡清肝湯、荊芥レンギョウ湯、バイタレジーナなど粘膜系を強化するような各種体質に合った漢方薬を選び服用しておくということが症状を悪化させないことに繋がります。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい!



DSC_0zz623.jpg



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ