Archive
こんばんは^^朝から湿気の多い一日となったここ鹿嶋地方です。霧の街といえば何となくムーディーな感じがしますが、道を歩いていると髪や服が濡れて不快に感じるだけというのが本音です。


さて、「7月のニュースレターは熱中症」ということですが、隔月でお送りしているニュースレターがつい先ほど出来上がりました。その内容とは、これから急激に多くなる「熱中症」についてです。

本当は熱中症に対する漢方対策を中心に作成したかったのですが、「熱中症の基本知識」についてスペースを割きすぎ、結果、漢方薬による対策についてはたったの4行しか記載することができませんでした。

なんたる計画性のなさ!

ホント自分が嫌になるほどの無能っぷりですが、先ほども説明したように、熱中症の原因やなりやすい体質、熱中症の種類、症状、気温による対策法、生活による予防法などにページを割いたので、もとい割きたかったので自分としてはこれで納得しています。

たかが熱中症されど熱中症です。軽い熱中症であれば頭痛や火照り程度で治まりますが、重症になると脳機能や内臓機能に致命的な障害をもたらし命をも奪います。

特に初期症状が出にくい65歳以上の高齢者や、一気に症状が悪化する5歳以下の子供は注意が必要です。

更に、成人の方でも
・慢性病を抱えている方
・運動をほとんどしていない方
・急に気温が上昇する時
・下痢やアルコールの飲みすぎなどで脱水に陥っている時
・胃腸障害で食欲がない時
・ダイエットをしている時
などの時は熱中症になりやすいので注意しましょう。


ということで、あと数日で届くと思うので楽しみにお待ちくださいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_074vvv2.jpg
こんばんは^^朝から気温が低く暑さからホッと一息ついたここ鹿嶋地方です。季節の変わり目は気温差が激しいので、こまめに衣服を調節して対処して下さいね。


さて、「ストレスを抱えている人におすすめのテレビ番組」ということですが、皆さんストレスを抱えてますか?ストレスは体に悪いといいますが、どのような悪影響があり、その悪影響によって発症する疾患、そして対処法まで分かりやすく説明している番組があるのでご紹介します。

その番組とはNHKスペシャル「キラーストレス そのストレスはある日突然死因に変わる」という番組です。

一話がストレスによって引き起こされる体への悪影響と発症する病気で構成され
二話がストレスへの対処法となっています。

大雑把に説明すると、ストレスは脳や血管、心臓などの場所に器質的な障害をもたらすことが分かっており、具体的には心臓の筋肉への障害、ガン細胞の増殖、血管壁への障害、脳の海馬、扁桃、延髄への悪影響があるとされ、これらは慢性病はもちろん、突然死の原因にもなります。

改善法としては適度な運動、瞑想、リラックスさせる行動の呼び出しなどが紹介されており、これらの効果は最先端の医学に証明されています。ストレスによって増える疾患を予防するこれらの行動を取り入れる医療機関が増えており、確実に成果を出しているという内容となっています。

「やらないよりはやった方がいい」という言葉がありますが、正にこの言葉にピッタリくる内容だと思います。ストレス疾患に苦しんでおり、単に向精神薬のみを服用して日々何とか自分自身を維持しているという方には、ぜひ紹介されている方法を試して頂き脱却を試みて頂きたいと思います。

エビデンスが得られにくい副腎の疲労や内臓の疲労、血液や水分、各種栄養素、ホルモンなどのエネルギーの過不足など、我々漢方家が重視する精神疾患などが紹介されていなかったので少々物足りない感じもしますが、やはり数値や形などで明らかにされにくい部分でもあるので、こちらは漢方の役割ということで役割分担をすればいいと思います。

番組についてはNHKオンデマンドにて再放送するかと思いますが、画像などにこだわらないのであればユーチューブなどでもご覧いただけます。「NHKスペシャル キラーストレス」で検索してみて下さい。「今でしょ」の林氏や放送作家の高須氏、タレントの小島瑠璃子さん他が出演しています。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_019ss9.jpg
こんばんは^^梅雨の中休みでしょうか。朝から真夏のような暑さとなったここ鹿嶋地方です。明日からはまた梅雨空に戻り気温も落ち着いてくるようです。


さて、「ひどく考えさせられた横浜観光」ということですが、皆さん横浜って好きですか?私は昔から横浜という街が好きで、大黒ふ頭や山下公園などにドライブしたり、中華街で食事をしたりなどしています。

そんな横浜ですが、昨日ちょっと行く用事があったので久しぶりに中華街で昼食を食べながらぶらぶらし、そのあと元町でショッピングなどをして久しぶりの横浜観光を楽しみました。

しかし、そんな楽しい気分を一変させたのが元町を出て帰ろうとした時です。目の前に広がってきたのは横浜の別の顏である「寿町」の風景です。

寿町は別名「ドヤ街」と呼ばれており、日雇い労働者が多く住む街です。主に70代くらいの男性達がいたるところに腰を下ろして座り込んでおり、顔は皆うつろで目は下を向いています。ちょっと失礼だと思いますが、その光景を見た瞬間ひどくショックを受けしばし言葉を発することができませんでした。

今にしてみたら少し大げさですが、普段あまり見たことのない光景を見たので面喰ったが故だと思います。まだ自分のしらない世界があり、その世界もまた現実社会で社会の歯車の一輪を成し、日本という国の一部なのだということなど、様々なことが一気に頭の中を駆け巡ったのを思い出します。

資本主義国家というのは貧富の差が必ず生まれます。これは仕組みとしてどうしようもありません。その差によって働きたくても働けないという人々を作り出してしまいます。その一部が寿町の人々だと思うのですが、その人々の多くは今国家によって生活保護を受けて生活しているといいます。これは日本という国がその使命によって、社会の歪を解消しようと仕事をしたくても出来ない人々を救っています。

これに対しては肯定する人と反論を持つ人とがいて、全ての社会的弱者を救ってしまうと経済的に破たんし、更に人を堕落させて生活保護が必要ではない人にまで適応させてしまうという意見や、先ほども書いたように社会のシステムとして必ず弱者が生まれてしまうので救わなければならないという意見もあります。

私はもっと生活保護の受給に関しては厳格化が必要だと思いますが、一方で相談する機関(民間、行政共に)を増やし、誰にも相談できないで悩んでいる人を減らす取り組み(社会復帰や金銭的弱者を救う手立て、道筋をアドバイスする)を行って欲しいと思っています。

今の日本を見ていると、一か八か(仕事が出来るか否か、資産があるか否か)のみ重視しており、どうしたら社会的弱者を減らせるか、どのような方法によって救えるのかなどの相談、アドバイスが徹底的に足らないと思います。まずそのような機関を増やし、更に子供の教育を徹底するということをしなければ今の現状を変えることは不可能だと思います。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_0419g.jpg

こんばんは^^相変わらず梅雨空が続いているここ鹿嶋地方です。週末は少し晴れ間が出る様なので期待したいですね。


さて、現在のビックニュースといえばイギリスのEU離脱です。これにより世界の株価は大暴落、諸外国の通貨は売られ、安全通貨である円が買われ大幅な円高となっています。

イギリス国民がなぜ離脱を選んだのかというと、移民問題が大半を占めます。EU圏は加盟国28か国内をパスポートなしで自由に行き来出来ることから、移民が生活しやすく働く場所のある大都市に集まってきます。このような理由によってイギリスには移民が多く流入しています。

移民はイギリス国民から労働を奪い、治安を悪化させるという傾向があることから、国民は離脱を選んだということになります。

一方、離脱となるとイギリスでの労働環境、経済環境は大幅に悪化します。何故かというと、関税が新たにかかることや人の流通量が減ること、EU圏との関係性が希薄化することなどにより、現在イギリスに拠点を置いている世界的企業が他のEU圏に移動してしまうことや、経済的弱者になると予想されることによってイギリス通貨が売られ国力が低下することなどのデメリットがあるからです。このようなデメリットがあるのでキャメロン首相を始め首脳陣は残留を望んだという経緯があります。

以上のようなメリットデメリットがありますが、短期的にはデメリットの方が大幅に勝ります。離婚したての時はものすごくストレスがかかるのと似ています。経済的ボラティリティーが強くなり、安定しない状況が続くと思います。更に、それが世界経済に悪影響を及ぼし、恐らくイギリスショックによる恐慌が引き起こされると思われます。(他のEU圏国の脱退も招き、大きな事態に発展することも考えられる)

しかし、長期的に見れば、暴力的な夫から逃げられた妻的な感じで、良好な国家運営を営むことができるということも考えられます。移民が減るということは治安が安定しますし、ポンド安となれば輸出企業が恩恵を受け国家が反映します。更に、EUから受けていた経済への制約が減ることやEU財政への拠出金の減少によるメリットも享受できます。何より、同じヨーロッパであるノルウェーやスイスはEUに加盟していないのに経済状況が安定していることを考えると(同じ状況の国ではないが)、脱退したからといってさほど大きな悪影響はないのではないかと想像できます。

以上、知識があまりないので薄っぺらい内容になります。日本への影響は限定的であり、先走る傾向のある株価や通貨、イギリスと関連が深い企業などは大きな影響を受けると思われますが、その他への影響はそれほど大きなものではないのかなと思います。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






DSC_eee0753.jpg
こんばんは^^相変わらず梅雨らしい気候が続いているここ鹿嶋地方です。この辺はそれほど強い雨は降りませんが、九州地方はものすごい豪雨が降り続いています。一刻も早く止むことを祈っています。


さて、「湿度が高くなると悪化する疾患、症状」ということですが、皆さん湿度が高いと調子いいですか?それとも悪いですか?湿度が高いイコール気圧が低いということになるので、体に対する圧力が低下します。

体を外側から圧迫する力が減少するということは、強制的にリラックス状態が作り出されるということになります。ということは、リラックスすることによって悪化する疾患や症状が悪化するということになります。

体がリラックス(弛緩)することによって悪化する疾患、症状としては
・喘息
・各種アレルギー疾患(皮膚炎、鼻炎など)
・リウマチなどの関節の炎症疾患
・古傷
・体の疲れ、疲労
・弛緩性頭痛
・食欲不振又は亢進
・うつ
・蕁麻疹
・やる気の後退
・弛緩性便秘
・歯の痛み
などが引き起こされやすくなります。しかし、基本的には副交感神経優位の状態というのは体が休んでいる状態であることから、エネルギーを溜めこんでいる時期、メンテナンスをしている時期と捉え、心身にとってはいい時期と捉えることができます。免疫の方も副交感神経優位の時の方がNK細胞といって免疫の親分が活性しやすくなります。

よって、この梅雨時期というのは体をしっかりメンテナンスする時期としてなくてはならない時期と位置付けることができます。

リラックスするので逆に
・パニック障害
・不眠症
・緊張性の頭痛
・血流悪化が原因の関節痛
・ガン
・冷え性
・糖尿病
・各種消化器疾患(胃炎、潰瘍性大腸炎など)
・緊張性の便秘
・ニキビやおでき
などは緩和する傾向にあります。

しかし、以上のような傾向はありますが、気圧が下がるとヒスタミンという刺激物が細胞から漏れ出すことや、炎症反応が悪化することなどがあるので、一概に以上のようにどちらかに自律神経が偏るというよりは、両方が混在するという方が多くなるので、一筋縄にはいかないというのが現状です。

自律神経はバランスの取れている状態が理想ですが、生まれ持った体質や生活習慣、仕事の内容、生活している環境、食生活など様々な影響によって異なるので自分ではどのように乱れているのか分かりません。

自律神経の乱れによって不快症状があるという方は、ぜひみやわきまでご相談下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_030x9.jpg
こんばんは^^今週来週共に雨が続くという予報が出ています。今年は水不足との予報が出ているので雨が降ることはいいことだとは思いますが、何となく憂鬱になりますよね・・・。


さて、「過剰なストレスがある時の基礎体温(不妊症)」ということですが、皆さん月経のリズムは問題ありませんか?過剰なストレスは百害あって一利なしで、ホルモン分泌に問題を発生させて月経周期の乱れはもちろん、不妊症の原因になります。

精神的なストレスがあると、ホルモン分泌の指令を下す脳の機能に問題が生じます。ストレスを感じている時というのは脳が興奮傾向になることや、コルチゾールというホルモンが脳を乱すことによります。

ホルモンの分泌に問題が生じると、月経周期や妊娠に重要な役割を持つ卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を混乱させてしまうばかりか、その他、甲状腺ホルモンや男性ホルモン、副腎皮質ホルモンなど様々なホルモンの分泌に問題を発生させます。

当然、ホルモン分泌に問題が発生すると、卵胞の育ち具合や内膜の成熟具合に問題が生じ、月経が短縮したり、無月経になったりなどの変化が生じます。


ホルモンが乱れている時によくみられる基礎体温の形としては

①初期
ギザギザが多くなる:日々体温のアップダウンが激しくなり、0.2~0.3度くらいの上下が頻繁に起こります。これはホルモンの分泌や血流が一定ではないということを示しています。

②中期
早期月経・頻発月経:ストレスが長くなり体の血液や水分、その他栄養素が不足してくると、卵胞が成熟していないのに排卵されてしまうという状況を作り出されます。また、神経の高ぶりが長期化していることによって体に熱がこもり、子宮内炎症が高まることも原因となります。このように、脳の過興奮によるホルモンの乱れ、無排卵、子宮内の過剰な熱などが原因で月経が早く来るようになります。

③末期
月経周期が伸びる・無月経:ストレス状態が長引くと、女性ホルモンの生成や卵胞の材料、内膜の材料となる栄養素の枯渇や各種機能の低下が引き起こされます。そうなると、月経を起こすことが不可能となるので、月経が45日以上になったり、全く来なくなったりします。

この状態を改善するには、まず精神的な興奮を取り除き、その後、ホルモンの生成、血液の生成に必要なものを補うと共に、それらを作り出す内臓の働きをアップさせるというような方法をとって行きます。漢方薬ではこのような治療方法が確立されており、不妊漢方療法を勉強しているところであれば、比較的容易に行うことができます。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_038sf4.jpg
こんばんは^^いや~日が長くなりましたね。現在午後7時ですが、外で野球が出来るくらい明るいです。


さて、「インスタント食品と亜鉛の関係性」ということですが、皆さんインスタント食品好きですか?私も好きですが、程々にしておいた方がよさそうです。

何故かというと、色々理由はありますが、今回は亜鉛との関係性について説明します。

まず、亜鉛って人間にとって必要不可欠なミネラルって知ってましたか?亜鉛は我々の体の主成分となっているタンパク質の合成に必要不可欠な栄養素であり、その他、ホルモンの合成や脳の神経伝達を良好にする作用、抗酸化作用、抗炎症作用などの役割で存在しています。

この亜鉛ですが、成人が一日に10mg前後必要なのに対して、平均摂取量は8mg程度と少し足りないという状況となっています。その原因とされているのがタイトルにも書いてある「インスタント食品」です。

理由としては、インスタント食品には亜鉛はほぼ含まれていないということにプラスして、添加物として使われているポリリン酸やフィチン酸には亜鉛を体外に排出する、又は吸収を阻害するという働きがあるからです。これらはかまぼこや清涼飲料水、パン、漬物、しょうゆ、豆腐、中華めん、ハム、ソーセージなどに含まれています。(※注意:フィチン酸は一概に悪いものではありません)

現代人は以上のような食品添加物を多く摂取することや、ダイエットをする方、タンパク質の摂取が不足している方が増えたことなどが原因となって亜鉛の摂取量が足りないという事態に陥っていると考えられます。

先ほども書きましたが、亜鉛は体内にて
・タンパク質の合成に必須
・抗酸化作用の材料
・炎症を抑制する作用
・免疫を強化する作用
・貧血を改善する作用
・味覚を保つ効果
・脳の機能を保つ効果
・記憶力向上効果
・不妊症改善効果(男女とも)
・ストレス耐性向上効果
・疲労回復効果
・増毛効果
・精神安定効果
・美肌効果

などがあることが分かっており、不足すると

・疲れやすくなる
・肌荒れしやすくなる
・情緒が不安定になる
・アルコールに弱くなる
・ストレスを感じやすくなる
・味覚障害
などが出やすくなります。


以上となりますが、ミネラルは体内にて拮抗しやすいという性質があることから、特定のミネラルのみを大量に摂りつづけると、他のミネラルの吸収が阻害されて体に多大なる被害を発生させてしまいます。よって、摂取する際には専門家の指示の元、なるべく食事から摂取する(食事から摂取すると、無駄な分は腸が便として排出してくれる)ようにし、サプリメントなどで補う場合には、期間を決めて必要最低限の量をすることが大事になります。

お悩みの方はみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSCx_0w99.jpg
こんばんは^^いや~暑い一日となりました。先週の土曜日辺りから急に夏がやってきました。人間の体は気温に慣れるのに2週間ほどかかるので、7月1日くらいまで辛い日々が続きそうです。


さて、「多汗+頭痛は熱中症一歩手前の症状」ということですが、皆さんだらだらとべたっとした汗がいつまでも流れだし、更に頭痛にまで襲われている・・・というような状態となっていませんか?この状態は熱中症一歩手前の状態を示唆しており、もう少し発展してしまうと意識がもうろうとして病院治療が必要な状態になってしまいます。

汗にはいい汗とダメな汗とがあり、いい汗は水分が多くサラッとしていて臭いがあまりないのに対して、悪い汗はミネラル分が多くべたべたしており、更に尿のようなきつい臭いがするのが特徴です。なぜこのような差が出るのかというと、体が元気な時は汗腺も元気なので、汗中のミネラルは吸収され水分だけが排出されるのに対し、体が弱っているとミネラルやタンパク質などが汗中に大量に混ざり、更にアンモニアなども多くなるので尿のような臭いになります。

体が弱る理由としては、一過性に熱中症手前の状態又は熱中症によって心身機能が低下していることや、慢性的なストレスや慢性病、先天的な体質、過労などがある場合とに別れます。見分けるポイントは汗の状態がどのくらい続いているかによります。

次に頭痛ですが、頭痛は体内の熱を逃がそうと血管が過拡張していることを意味します。ということは、体温が高くなってしまっているということになり、汗やホルモンで体温を下げることができていないということになります。

まとめると、心身が弱り汗の出に問題が発生し、それにより体温が下がらず血管が拡張しているという状態が多汗+頭痛という状態であり、改善されないと熱中症に発展してしまうということになります。よって、即何らかの処置をとらなければならないという状態ということです。

処置としては
・水分を摂取する
・汗を拭く
・涼しい場所に身を置く
という定番のことをしつつ

良くなった後に
・質の良い睡眠
・バランスの取れた食事(クエン酸、タンパク質、ビタミンB群、果物、塩分などを積極的に)
・ストレスフリー
などを心掛け

場合によっては
・麦味参顆粒
・亀鹿仙
・ケイギョク膏
・衛益顆粒
・杞菊地黄丸
などで体質改善するようにします。

お悩みの方はみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



rDSC_0cc411


こんばんは^^朝から真夏のような暑さとなったここ鹿嶋地方です。急に気温が上がったので、熱中症になる方が増えているようです。衣服や室温を調節して早め早めの対策を行って下さいませ。


さて、「果たしてグーグルアドセンスは儲かるのか!?」ということですが、皆さんグーグルアドセンスって知ってますか?

知らない人にために説明しますが

①まずはブログを作成
②グーグルアドセンスに加入
③グーグルアドセンスをブログに貼り付ける
④ブログ閲覧者がブログ内にある広告をクリックすると収益が発生
⑤儲かる

という仕組みでグーグルアドセンスにて儲けを得ることができます。

なので、ブログをやっているという人は、単に書いているだけではなく、同時に収益が発生するグーグルアドセンスに加入しブログに添付することをおすすめします。

とはいっても、当ブログのようにFC2ブログやアメーバブログなどの場合はグーグルアドセンスを利用することができないのでご注意を。何故かはわかりません。やるならハテナブログがいいかと思います。

そんなグーグルアドセンスですが、果たして儲かるのでしょうか。答えはやる気がないなら最初からやめておけ。やる気があるなら無限大に稼げるかもという感じでしょうか。

私は大してやる気がないので一年間で8000円くらいでした。(笑)
週に2回くらいの更新で、かなりくだらないことを書いていたものの、ブログ来訪者は一日平均150くらいでした。

本当に稼ぐには一日に10回くらい更新して、更に相互リンクしまくって閲覧者数を高めることですね。一日5万アクセスくらいいけば年収が300万弱くらいまでいくんじゃないでしょうか。

そんなこんなで、ぜひやってみたい!と思った方は興味をそそるネタを日々探して書きまくっちゃってみて下さいませ。相互リンクももちろんですが、ランキングなどに登録するのもやった方がいいかと。更に、資金があればGMOなどに頼んで検索上位に来るようにすると更に閲覧数が上がると思います。

いずれにしても、努力なしに儲けることは不可能ということになりますね。

私は本業が優先なのでこれ以上頑張るつもりはありません。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_0dd711.jpg




こんばんは^^ザ梅雨!という天気が続いているここ鹿嶋地方です。このような天気により「体が重だるい・・・」と感じている方も多いのでは?


さて、「働く女性には婦宝当帰膠が効く!」ということですが、何となく安いネット販売の誘い文句みたいですね(笑)。

最近は女性の社会進出が当たり前となり、以前のように専業主婦として家事に育児に専念するという女性が本当に少なくなりました。背景には生活水準を意識する方が増えたことや、教育費、生活費が上がってきていること、離婚率の上昇、国際的世論など様々な要因が加味されており、それによって少子高齢化なのにも関わらず保育所が不足するという事態が引き起こされています。

ホルモンのン関係で女性は男性よりも体力に乏しく、本来肉体労働には向きません。精神的には強いですがどのような仕事であれ、肉体を使わない事務的労働であるにしろ長時間働き、更に家庭でも家事をこなすとなると体力が消耗するので肉体労働と何ら変わりありません。

よって、私の目から見ると女性は労働に向く身体構造ではないという結論に至ります。しかし、それは全体的に判断してという意味であり、自由度の高い仕事や労働時間の短縮、家事分担などの工夫をすることで男性同様働くことが可能です。


以上のように、女性が社会に出るということは、少なからず身体的、精神的負担を強いられ、それは男性よりも大きいということがいえるので、その分の負担を補うことが健康維持、不快症状の緩和に繋がります。

そのアイテムとしておすすめするのが「婦宝当帰膠(フホウトウキコウ)」です。

婦宝当帰膠には血液を増やす当帰という生薬が主役として含まれており、更に良質のコラーゲンがたっぷりと含まれています。これらは労働によって消耗しやすい血やホルモンを補うことができるので、不快症状緩和及び疾病の予防、健康維持はもちろん、美肌や美髪、美しい爪の維持に効果を発揮してくれます。

もちろん、その人によって合う漢方薬は異なるので全ての方に婦宝当帰膠が適応になるとは限りませんが、適応範囲が広く多くの方に喜ばれている商品なのでご紹介させて頂きました。

興味のある方はぜひみやわきまでご連絡下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_0xx55.jpg
こんばんは^^朝からとても過ごしやすい天気となったここ鹿嶋地方です。何度もいいますが6月は雨さえ降らなければ一年で一番過ごしやすい季節だと思います。


さて、「日光浴による精神安定効果がスゴイ」ということですが、皆さん毎日日光を浴びていますか?日光浴は骨の定着や免疫向上に必要なビタミンDの合成を行うのはもちろん、脳内神経で夏物質であるセロトニンやドーパミンや、アドレナリン、メラトニン、男性ホルモンなどのホルモンの分泌にも関わっています。

よく、冬季うつやSEうつ、老人性痴呆症などという言葉を聞きますが、これらも日光浴不足が原因の一つとなっているという指摘がなされています。

特に、自律神経に及ぼす影響は甚大であり、人は太陽光を浴びることによって昼であることを認識して心身を活動的にする交感神経が活発となり、日が沈むことによって夜であることを認識して心身を休める作用のある副交感神経を活発にするというリズムを刻んでいます。

このことにより、日光に当たる時間が少なくなると、自律神経が昼であることを認識しにくくなるので、自律神経のバランスが乱れると共に、脳神経やホルモン分泌など様々な悪影響へと波及することにより、健康状態が悪化する原因になります。

どのくらい日光に当たればいいの?ということですが、ケースバイケースです。窓のそばで燦々と光が注ぎ込む環境であれば、それほど長い時間(20~30分程度で十分)当たる必要性はありませんが、穴倉のような薄暗い場所で日中作業しているという方は、最低でも2時間程度は日光浴しなければなりません。

特に
・精神状態が悪い
・免疫が低下している
・高齢者(痴呆の傾向がある)
・育ちざかりの子ども
・不眠傾向が続いている
・食欲不振
・やる気がおきない、常にだるい
・冷え性
などがある場合には積極的に太陽光を浴びるようにすべきです。

日光浴は無料で時間的制約も少ないのでぜひ利用するようにして下さいませ。



DSC_035ac6.jpg
こんばんは^^朝からまとまった雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。昨日洗車をしようとおもったのですが、踏みとどまって本当によかったです(笑)。


さて、「漢方薬によって体質が180℃変わったBさん」ということですが、先ほどお越しになったBさんよりお喜びの声を頂きました。

Bさんとの付き合いは5年になります。始めに起こしになった時の訴えは
・疲れやすい体質の改善
・貧血の改善
・月経周期が乱れがちなので改善したい
というものでした。主訴は疲れやすさの改善です。

Bさんは貧血と疲れやすい体質という典型的な気血両虚体質の持ち主です。気血両虚とは人の体を家に例えると、木材などの材料の不足とそれを組み立てる大工さんの不足という、材料と職人さん双方不足しているという状態をいいます。人間の体でいうと、血液やホルモンなどの材料の不足と、それを生み出す内臓や脳の機能の低下ということになります。

その他として
・むくみやすい
・風邪をひきやすい
・風邪をひくと体調が崩れて症状が長引く
・めまいや立ちくらみを感じやすい
・すぐに眠たくなる
・花粉症などのアレルギーがある
などです。これらも典型的な気血両虚の症状となります。

以上のような症状の改善としてイスクラの「心脾顆粒」と「晶三仙」をおすすめしました。

心脾顆粒には
・血液やホルモンを増やす働き
・内臓機能や脳機能をアップさせる働き
・神経の高ぶりを抑制する働き
があります。

晶三仙には
・食べたものの消化を助ける作用
・胃炎や胃がんを予防する作用
・脂質異常症を改善する作用
などがあります。

このような処方をおすすめしたものの、最初の半年はそれほど効果を感じることがなく続けるかどうか迷ったとのことですが、私が「絶対よくなるから!」と自信をもってすすめてくれたので続けられたこのことです。そのまま服用を続け、約8か月目くらいから疲れにくくなったのを感じ、更に健康診断にて貧血が劇的に改善していたこと、むくみが出なくなったことを実感して信頼を深めて行ったといいます。

そして、今回お越しになり「今はまるで別人のようになりました」という嬉しいお言葉を頂くことができました。貧血や疲れやすさはもちろん、劇的に変わったのが月経とのことです。月経痛は皆無となり月経血が暗く塊が混ざっていたのが、明るく塊の無い色に変わったとのことです。


漢方薬は西洋薬のように一日で劇的に改善する!というような派手さはありませんが、今回のようにエネルギー面や機能面を上げるのはもちろん、病気の原因を作り上げる血液の質の悪化、水分や痰の塊、腫瘍、神経の高ぶりなど「実邪」を取り除く効果もあります。いずれの場合も今回のように長期戦になることが多く、途中で諦めてしまう方が多いという傾向があります。この点については残念でならない気持ちと、現代の傾向としてしょうがないのかな・・・という気持ちと半々ですね。

ということで、嬉しいご報告のご紹介となりました。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



DSC_0v36s4.jpg
こんばんは^^今日は朝から目が覚めるほどのいい天気となりました。夏が少しずつ近づいてきているのが分かりますね。


さて、「視力の維持は血流とホルモンが最重要」ということですが、皆さん目の調子の方は如何ですか?絶好調という方がほとんどだと思いますが、一応最後までご覧くださいませ。

目という場所は血管と神経、水分で構成されます。体の中で唯一紫外線や光が直接入り込んで来る場所であることから、紫外線や光による神経の障害が起こりやすい場所といえます。

よって、この光や紫外線による神経の障害を改善することが目を健康を守っていく上で重要となります。

神経の障害を守る役割があるのが抗炎症作用のあるホルモンです。副腎から分泌されており、体中に引き起こされる炎症や活性酸素による害を修復します。以上の理由により、まず一つ目としてホルモンを潤沢に維持することが大事になります。

次に、このホルモンを行き届ける役目や、その他水分他栄養成分の補給、老廃物の回収という大役を担う「血流」も重要です。血流が悪いと緑内障や加齢黄班変性などの原因にもなることから、常に血液をサラサラに保つことが求められます。


以上、目を守る最も基本的な事項として、ホルモンと血流をご紹介しました。当店ではファーストチョイスとして杞菊地黄丸1/2と冠元顆粒1/3を予防として、改善にはこの倍量をおすすめしています。もちろん、体質によって異なり、特に肝臓機能が低下しているか否かに注意を払いながら量を決めています。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSfC_0806.jpg
こんばんは^^朝から久しぶりの大雨となったここ鹿嶋地方です。これで少しは水不足が解消されたでしょうか。


さて、「うつ病とパニック障害の違い」ということですが、最近特に増えてきているこれら精神疾患の違いについてご説明します。

現代医学ではうつ病はドーパミンの分泌障害で、パニック障害は大脳の興奮が主な要因とされており、それらに深く関わる脳内神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンを調整したり、リラックス系のBZD受容体に結合するなどの薬が使われています。

うつ病とパニック障害は交互に出ることが多く、ハッキリと「これだ!」という見極め方や体内における違いを見出すことは難しいのですが、これまでの経験をもとに判断できることを記載したいと思います。

まずうつ病の方ですが、これは現代医学と同じくやる気や前向きな考えの動機となるドーパミンの分泌障害です。ストレスや過労、先天的な要因により、繰り返しドーパミンが分泌されることによってA9・A10ニューロンの疲弊及び、血流障害やストレスによる肝臓や胃腸機能の低下です。これら内臓機能が低下すると材料であるアミノ酸の吸収、代謝に問題が発生してドーパミンの生成に問題が発生します。更に、脳自体の機能も低下傾向にあるので、考え方がネガティブになり症状を悪化させます。

改善法としては
・十分な休息
・胃腸や肝臓の機能向上
・バランスの取れた食生活(タンパク質をたっぷりと)
・規則正しい生活
にてある程度の改善を試みたのち
・社会的な場所での前向きな刺激
・前向きな付き合いを前提とした人付き合い
・脳にやる気を起こさせる趣味、金、異性などの適度な刺激
によって、ドーパミン分泌を恒常化させていきます。


パニック障害の方は恐らくですがホルモン分泌の低下です。男性ホルモン、女性ホルモン、ステロイドホルモン、甲状腺ホルモンなど様々なホルモンが分泌されていますが、いずれかのホルモン分泌が滞ると引き起こされます。これは脳がホルモンを生成していることによっても説明できますし(枯渇によって自らの生成が盛んになる⇒興奮しやすくなる)、更年期障害や甲状腺障害の患者さんがパニック障害の症状と酷似していることなどで判断出来ます。

元々持って生まれたホルモン生成能力の低下や、激しいストレスの持続(ホルモンはストレスによって消耗する)、脳が脆弱でストレスに弱い、コレステロールの摂取不足(コレステロールはホルモンの材料)、ホルモンにまつわる各種病気などによってホルモン分泌に問題が発生して引き起こされます。

改善法としては
・ストレスから遠ざかる
・運動はほどほどに
・規則正しい生活
・刺激になることはしない
・バランスの取れた食生活(コレステロールを適量摂取する)
などによってある程度の改善がみられたら
・行動療法によってネガティブな記憶を良い記憶に上塗りする
・妙なことを考えず目の前の行動のみの集中する
・適度に体を鍛えてホルモン分泌を活性化する
・疲れたらすぐに休む癖をつける
・ストレスや激しい運動、過労は行わない


以上が私見ですが各々の違いと改善法になります。もちろん、各種漢方薬を併用することによって改善スピードが早まります。

お悩みの方はぜひご相談下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_0w3f21.jpg
こんばんは^^雨こそ降らないものの、何となくジメジメとした日が続いているここ鹿嶋地方です。このような陽気は胃腸疾患が増えますので、食べ物は消化のいいものを心掛けるようにして下さいませ。


さて、「そろそろ麦味参顆粒の季節です」ということですが、皆さん夏バテしていませんか?まだ早いですかね?

夏といえば熱中症、熱中症といえば夏というほど関連性が強い夏と熱中症ですが、実は梅雨時でもかなりの数の熱中症患者が出ているのです。

なんと、去年東京において熱中症で救急搬送された方のうち、4人に1人は梅雨明けよりも前に搬送されていたというデータが残っています。

あまり暑くないのに驚きですよね。

何故かというと、体が暑さに慣れていないこの時期は、汗腺などの働きや自律神経の働きが鈍っていることにより、さほど気温が高くないにも関わらず熱中症になりやすくなっているのです。

熱中症の原因は暑さですが、暑さによってエネルギー代謝に問題が発生し、体が低栄養状態に陥ることで引き起こされます。この低栄養状態を改善する作用があるのが「麦味参顆粒(バクミサンカリュウ)」という漢方薬です。

麦味参顆粒は人参(スーパーで売られている人参ではないのでご注意を)が主成分となっており、その効能は主にエネルギー代謝を高めるという作用です。食べたものや体に蓄えている栄養を細胞が使えるものに変換するという作用をいいます。この作用により、全身の細胞が元気になることによって、「今日は元気いっぱいだ!力が漲るぜ!!」となる訳です。

よって、熱中症になりそうな時も麦味参顆粒を服用していると、エネルギー代謝に問題が発生することなくいつまでも元気いられるという訳です。

事実、毎年熱中症で倒れていた・・・という少年や若い女性のお客様の多くを救ってきたという実績があります。


体力に自信がない
熱中症に毎年なってしまう
夏は食欲が減退する
冷房病にかかりやすい
とにかく夏に弱い

などがある方は是非!是非!麦味参顆粒をお試し下さいませ。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_01g9g7.jpg
こんばんは^^今日も梅雨空で雲は厚かったですが雨が降らずまずまずの一日となったここ鹿嶋地方です。


さて、「冷えが体に悪い理由」ということですが、昔から「冷えは体に悪い」や「冷やすとガンになる」などの言葉を聞きますが、その理由についてご説明したいと思います。

理由は至って簡単で、体を冷やすと体力が低下するからです。人間は恒温動物であり、常に体温を一定に保つことによって健康を維持しています。外気温が異なるのに体温を常に一定に保つためには、その都度体内のストーブの炊き具合を調節しているということになります。

ストーブの燃料は口から摂取される食事や肝臓や、皮下に貯蔵されている脂肪や糖などです。これらを燃やしながら体温を一定に保っています。体を冷やし続けると常に燃料をフルブースとで燃やし続ける必要が出てきます。

そうなると、体内の栄養素が不足することや燃焼を司る代謝機能が疲れ果ててしまい一時的に体力が低下します。

ここから先はその方の体力に大きく左右されます。体力のある強靭な方であれば、食事を摂ったり休息したりすることによって回復し、更に冷えという負荷をかけたことによって体力が増すということも考えられますが、小さい子供や慢性病を抱えている方、高齢者、先天的に体力が乏しいかたなどの場合は、冷やしてしまったことによって体力や免疫の低下が長引いて感染症や慢性病を引き起こす原因になることもあります。

その他、冷え以外にも体力や免疫を低下させる要因は数多くありますので、それらリスクと総合的に冷えのリスクを考えていく必要があります。


以上まとめますと、冷えはエネルギーの低下及び代謝機能の疲弊を招き、その悪影響は個人の体力によって異なります。よって、一概に悪者ということではありません。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_0cc705.jpg
こんにちは^^朝から薄曇りながらもいい陽気となっているここ鹿嶋地方です。こんな日はアモーレという言葉がピッタリ来ますね。(すみません・・・)


さて、「体内が冷えているか熱がこもっているかを見分る簡単な方法」ということですが、昨日の日曜日に「舌診(ぜっしん)」について勉強してきたことの一部をご紹介します。

舌診とは文字通り舌を見ることによって診断を行うことをいいます。舌は内臓と繋がっていることから、内臓の状態及び体全体の状態を反映します。

基本的には、舌の色や苔の状態によって判断します。人間の肌や粘膜は体温が高い時には体表部の血管を拡張させて熱を体外に発散させようとします。血管が拡張すると血の色が濃くなるので赤みが増し、逆に冷えている時は熱を逃がさまいと血管が収縮するので色が淡くなります。

更に苔ですが、苔は粘膜の突起物のあるなしに左右されます。通常、人間の消化器粘膜には細かい突起物があり、その突起物により飲食物が移動していきます。即ちこの突起物があることが健康の印ということになります。よって、薄い苔があることが正常であることを意味します。逆に全く苔がない状態の時は胃腸の働きが著しく低下しているということになります。また、苔が厚すぎる場合は、胃腸に余計なものが沢山停滞していることを意味するので、食べ過ぎ、飲み過ぎを改善する必要があります。

これら苔の状態は機能が正常か、低下しているのか、悪いものの有無を判断する材料としますが、苔の色を見ることによって冷えや熱がこもっているのかを判断することができます。苔の色が白の時は冷えで、苔の色が黄色~こげ茶の時は熱がこもっているということになります。

以上をもとにまとめると
・舌本体の色が淡い(白~薄いピンク)
・苔が白

の時は体が冷え傾向である。ということになり、

・舌の色が濃い(赤みが強い)
・苔の色が濃い(黄色~こげ茶)

の時は熱がこもっている傾向がある。ということになります。


一つ注意点として、舌本体の色が淡いのにも関わらず、苔の色がうっすらと黄色の時があります。これは舌の色は冷えを示しているのに対し、苔は過剰な熱を示すという矛盾となっています。この場合は、その他、内臓の状態や不快症状の有無、顔色、口臭、体臭、目の動きなどを見極めることによって決まりますのですぐに判断することはできません。



この方の色と苔は正常だと思います↓
gatag-00010814.jpg
見にくい写真ですみません。フリー画像だとこれしかありませんでした・・・。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい


こんばんは^^気が付いたらこんな時間です。ブログを書く時間帯を閉店前にしてしまうと、書けない時が多々出てくるのでちょっと困りますね。


さて、「口の渇きは陰虚」ということですが、皆さん口の渇きはありませんか?

口の渇きの原因は一過性のストレスや運動によるもの、日焼け、暑さによる脱水などがありますが、慢性に推移する場合は陰虚といって体内の水分が不足傾向になることが原因となります。

陰虚になる理由としては
・老化
・糖尿病
・各種ホルモン疾患
・各種免疫疾患
・その他、慢性病
などがありますが、多くは老化によって免疫やホルモン、体力の低下によって体の保水力が低下したことによります。

よって、改善法としては保水力を上げることです。この陰虚を改善するという概念は漢方医学にしかなく、他の医学では治療法はありません。

漢方薬にて陰虚を改善する上で注意しなければならないのが、水分保持力を上げてしまうので血圧に注意することと、同時にホルモン分泌力も向上させてしまうので、肝機能に注意するということです。更に、胃腸が弱い方は胃腸障害を起こす事もあるので注意が必要です。

以上に注意をしながら調整して服用を続けることによって、体の保水力が改善されて口の渇きも改善します。

口が渇いていると口内免疫が低下してカンジタ菌などの雑菌が繁殖しやすくなり、口角炎や口内炎はもちろん、胃や食道へ雑菌が侵入しやすくなるので炎症や食欲不振、腸内環境の悪化などを招く原因にもなりますのでしっかり改善しなければなりません。


お悩みの方はみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






DSaC_0814.jpg

こんばんは^^今日も気持ち良く晴れたここ鹿嶋地方です。6月は雨さえ降らなければ最高の月ですね。


さて、「血流改善薬の重要性」ということですが、漢方薬の主役といっても過言ではない作用として「血液の流れを良好に改善する」という作用があるのですが、その重要性についてご説明します。

脳梗塞や心筋梗塞など血管由来の病気で死亡する方の割合をご存じですか?

日本人の病気による死因第一位(全体の28.6%)はガンが原因となっており、二位は心疾患で全体の15.5%、三位は肺炎9.7%、四位が脳血管障害で9.3%となっています。このうち血管由来は二位と四位となっており、合計すると24.8%となり一位のガンに肉薄するというデータとなっています。

血管由来の病気の原因としてあるのが
・血管の硬化
・血管壁にこびりついた血小板や白血球の死骸が塊になったものが血流を阻害する
・高血圧
・アテローム(脂肪の血管内沈着)
・血管の老化、脆弱化による血管の破裂、血管壁の乖離
・血管の変形
・血液の汚れ
・一過性のストレス(精神的ストレスや感染症、ショックなど)
などがあります。これら要因を低減させるアイテムとしてあるのが血流改善作用のある漢方薬各種です。

現代は
・食の欧米化による脂質の摂りすぎ
・糖尿病
・高齢化
・運動不足
・ストレス
・飲酒や喫煙
・抗酸化物質の摂取不足
などがあることにより、血液の質及び血管、血管壁の状態悪化が引き起こされやすくなることによって血管由来の病気が増えています。

血流が悪くなっている時の症状としては
・頭痛や肩こり
・関節痛
・生理痛
・下肢の傷が治りにくい
・手足の痛み、寒冷刺激を感じにくくなる
・めまい
・顔色が悪い(どす黒くなる)
・目の異常を訴えやすくなる
・胸部の痛み
・血圧が下がりにくくなる
・顔がのぼせて足は冷える
・動悸や不整脈
・痔の悪化
・精神不安定
・午後になると、異常なだるさや眠気に襲われることが多い
などが出やすくなります。

血流が悪化する原因によって用いる漢方薬は異なりますが、基本的には血液の流動性を上げたり、血液の質をよくするもの、血管を拡張させるものが入っている冠元顆粒や冠脈通塞丸が主となります。

血管由来の病気は即死に繋がることが多く、死の準備も出来ないまま逝ってしまうことが多くなります。また、ガンと違い漢方薬の服用や生活習慣の改善で発症を遅らせる又は防ぐことも可能です。なので、改善しないよりはした方がいいと私は思います。

お悩みの方はぜひみやわきまでご連絡下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_0ff781.jpg

こんばんは^^朝から良く晴れて気持ちのいい一日となったここ鹿嶋地方です。本当に過ごしやすい日々が続いていますね。


さて、先ほど安倍総理大臣が会見を行いました。非常に滑舌が悪く、内容もいまいちよく分からないという印象を受けました。恐らくサミットで相当お疲れなんだと思います。

安倍政権はどのような政策を掲げてきたのかというと、タイトルにあるように、国民に沢山稼いでもらって、世の中に流通するお金の量を増やし、税金を沢山納めてもらって社会福祉を充実させて、皆が幸せになるような社会を作ろうというスローガンでした。

その為に、株高及び円安を誘導し、インフレターゲットを設定して物価の上昇を生み出して景気を回復させるという試みを実施しました。この試みは実社会が儲けを生み出し国を潤すという考えとは真逆で、金融政策を実施することにより無理やりに企業に儲けをもたらしたり、流通するマネーの量を増やしたりして、仮想的に経済の活性を引き起こし、その効果により大企業が利益を享受し、トリクルダウンといってそのおこぼれを中小企業や零細企業が受けることにより、末端部まで潤うという好循環をもたらし、全体的な消費を活性化させて経済に還元させるというものです。

ドイツなどの国はこのような金融政策は行わず、まずは国民が利益を生みだし、その後国が潤うという仕組みを作り出すという正規の国作りを行っています。

私は素人なのでどっちが正しいということは分かりません。しかし結果が全てだと思います。漢方の治療でも、体力が低下している時は内臓やエネルギーを建て直し根本から治すこと(ドイツ的方法)を用いる時もありますが、まずは不快症状を取り去ることによってストレスを減らし、その後自発的に改善するのを待つ(今の日本的方法)という方法を用いる時もあります。

このように、方法というのは何が正しいかは結果によって分かります。今の安倍政権は結果は出せていません。雇用の方は改善していますが、インフレターゲット(物価上昇)は全く達成されていません。更に、GDP(国内総生産)の方も下がり続けています。

この結果をどう捉えるかですが、まず景気は日本だけの問題ではないということを知っておく必要があります。ご存じの通り原油価格が急激に下がっていますし、世界の工場である中国経済が減速しています。更にアメリカの利上げ懸念によって新興国不安が引き起こされていることによって円が買われ、円高に推移するという問題も引き起こされています。

以上のような世界情勢があることを加味して考えると、結果が出ていないからといってアベノミクスが失敗と考えるのは早計です。日本人は頑なな職人気質の人が多く、世の中が少し変化しても(景気が良くなっても)今までの貯金体質を変えないという人が多いことも、景気改善に対してブレーキとなっているのでしょう。

まとめると、まだ結論を出すのは早く、隙のない安倍政権は今後さらに手を考えていると思われるので、もう少し様子を見てもいいのでは?と思います。しかし、構造改革については着手している様子があまり伺えないので、そちらの方も行動しつつ、教育面に一番のウエイトを置いて頂きたいと思います。


どっちにしても、経済は難しいですよね。資本主義の場合は基本個々の能力によって大きく稼ぐ力が異なるので、保障のやり方や範囲が難しくなります。全部やろうとすると破たんするし、何もしないと実経済が悪化します。ということはですよ。個々の稼ぐ力を向上させることが必要となるのです。個々の稼ぐ力を養うには教育しかありません。そこを充実させなければ国の発展はありません。



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ