Archive
こんばんは^^いや~ここにきて一気に気温が下がってきましたね。今までは下がったり上がったりを繰り返していましたが、最近は下げ止まりといった感じで寒い日が続いています。体を冷やして風邪など引かないよう注意したいですね。


さて、「今年一年ありがとうございました」ということですが、当ブログを見て頂いている方、当店に起こしになられている方全てにお礼を述べたいと思います。本当に一年間ありがとうございました。

ブログではつたない文章、接客では不器用な感じで何をとっても発展途上な感じの自分ですが、それでも読者及びお客様に恵まれているのはもはや奇跡としか言いようがありません。今後は皆さまのご期待に更に応えられるよう、今まで以上に努力していく所存でありますので、どうか温かい目で見守って頂けたら幸いです。

今年の日本の経済状態は万全とはいえませんが、株価及び雇用の創出、賃上げなどの面では段々と成果が出ており、後は個人の努力の面が大きいのかなと個人的には思っています。民主主義という性質上、格差が生まれるので全ての人を満足させるということにはならない故、不平不満を持つ方も少なくないと思いますが、全体的にみると悪い状態とはいいにくいのではないでしょうか。

来年はトランプさんの大統領就任など色々と心配な面もありますが、前だけを見て自分の出来ることを前向きに頑張って行きたいと思っています。「一生懸命生きてたらいいことあるさ」というような気持ちで過ごしていこうと思ってます。

それではよいお年を!
こんばんは^^早いものであっという間に今年もあと一週間で終わってしまいます。ちょっと忙しすぎてブログの更新も億劫になってしまいます…。


さて、それでは早速「年末年休暇のお知らせ」に移りたいと思います。

まず12月30日までは平常営業となります。朝9:00~夜8:00までいつも通り営業致します。

12月31日は朝は普通通り9:00からの営業となりますが、夜は早めの5:00に閉店します。

その後、元旦~3日までお休みをいただき、4日より平常営業に戻ります。(朝9:00~夜8:00)

12月30日 平常営業
12月31日 AM9:00~PM5:00の変則営業
1月1日~3日 年末年始休暇
1月4日   平常営業



年末休みまでもう少し!気合を入れて頑張って行きたいと思います。皆さんもお忙しい日々が続くかと思いますが、どうぞ無理をせずに程々に頑張って下さいませ。


こんばんは^^昨日に引き続き暖かい一日となったここ鹿嶋地方です。とはいっても朝晩は気温がグッと下がるので油断は禁物ですね。


さて、「山本太郎氏いいこと言った」ということですが、まずはこちらのニュースをご覧ください。
カジノ法案採決で山本太郎が議場に向かい「セガサミーやダイナムのためか」と本質を絶叫! でもマスコミは

この記事を全面的に支持する訳ではありませんが、「カジノを議論する前に現状のパチンコをどうにかしろ!」というのは今のIR法案の問題の核心をついているというのは間違いありません。

世界のカジノの売り上げっていくらか知ってますか?約1700億円だといわれています。それに対しパチンコ産業の売り上げはというと、なんと「23兆円」になります。日本だけのパチンコ屋さんの売り上げが、全世界のカジノの13,5倍の売り上げってどう考えてもおかしくないですか?

しかも、パチンコはギャンブルとみなされていないので、通常ギャンブルとされている競馬や競輪、宝くじなどと比べて、かけられている税金がものすごく少ないという特徴があります。

ギャンブルではなく税金もかからない、しかも、やり方によってはお客さんから多くの利益を享受することができるという産業です。この売り上げが日本の経済発展のために循環しているというのであれば少しは我慢できますが、それも不明なのが今のパチンコ産業です。

何故ギャンブルなのに取締りが行われないのかというと、それはパチンコ産業と警察、官僚が密接に繋がっているからです。袖の下やパーティー、献金などあらゆる手を使って関係性を深めているという現状がある。セガサミーの役員の経歴を調べればすぐわかることです。

汚職はあることですが、パチンコ産業ほど経済に悪影響を及ぼし、更に長年公然と見逃されてきた法律違反はないと思いますね。このような見逃しをするくらいなら政治家など必要ありません。人工知能などが発達すれば、人工知能に国家の運営を委ねるという方がよっぽども健全だと思います。人工知能には感情がないので常に公平な判断を下せますし、袖の下なども通用しません。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




こんばんは^^昨日から非常にあたたかく過ごしやすい気温となっているここ鹿嶋地方です。この暖かさで流行している風邪が落ち着くといいですね。


さて、「妊婦中に葛根湯を飲む時は注意すべき?」ということですが、先日ある記事を読みました。その記事がこちらです。
↓↓
「葛根湯は妊娠中に飲んでも安全」説の問題点

記事を読んだ感想としては、漢方といえど副作用はあるという考え方に関しては納得できます。しかし、筆者に意図はないと思いますが、読み終えると「漢方薬には大きなリスクがあるので妊娠時は服用を控えるべきだ」といっているように感じます。

この文章を妊娠中の方やご家族の方が読んだらどのように感じるでしょうか。恐らく葛根湯を飲むことはないと思います。

実際に葛根湯には麻黄が含まれていますし、麻黄には交感神経を刺激する作用のあるエフェドリンが含まれています。エフェドリンは交感神経を刺激するので動悸や食欲不振などの副作用をもたらすことがあります。しかし、その作用が全ての方にもたらされるかというとそうではありません。もしそうなのであれば、妊娠時はもちろん、心臓病や胃腸病を持っている方に対しての使用が禁忌となるはずです。

禁忌となっていないことや、漢方の2千年もの歴史の中で妊娠時に使用しないこととなっていない訳は、危険性が大きなものであるということではないということを意味しています。

葛根湯には麻黄以外にも、交感神経刺激を抑制するための生薬(甘草、大棗)などが含まれており、攻めの生薬の行き過ぎを防ぐという手だてもしっかりなされています。

以上を踏まえ、漢方の考え方として「弁証論治(ベンショウロンチ)」という薬の選び方があります。症状や体質、その時の状態、季節、寒熱、臓腑の状態などを考慮し、合っていると思われる漢方薬を処方します。よって、この時に葛根湯に含まれている麻黄の副作用が考えられる場合には、桂枝湯にしたり参蘇飲にしたりなどして、刺激性の少ないものに変更するということを行います。

この弁証論治が行われないというのが問題であり、猫にも杓子にも「風邪で寒気がする」という症状に対して葛根湯を用いることが問題なのです。

よって、妊娠時に葛根湯を用いることが問題なのではなく、葛根湯が合っていないケースに用いるのが問題であるというのが正しいと私は思います。


色々と考え方があって何が正論であるといい切るのは難しいと思いますが、「2千年間真剣に積み上げられてきた医学」を信じることが正しい道であると思います。また、そこに現代医学的な「数値」を組み合わせていくことで、更に精度は上がって行くと思っています。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」



148213828we4071.jpg
こんばんは^^いや~寒い日が続いています。日本には四季があるのは素晴らしいことですが、さすがにこの寒さには毎年泣かされますね。


さて、「寒さは体を緊張させる」ということですが、皆さんこの寒さでイライラしたり、妙な動悸に悩まされたりしていませんか?寒さというのは人間にとって命に関わる脅威なので、本能的に危機感を感じとり体が緊張するように出来ています。

事実、人間の皮膚には寒さを感じる神経の圧倒的に多く、寒さをいち早く察知して命を守るように設計されています。よって、寒くなると緊張が増すことにより、イライラや動悸、血圧の上昇、食欲不振、便秘、疲れ目、頭痛などの神経症状が出やすくなります。

これを改善するためには寒い環境に慣れるということと、冷やさないようにするという二点の方法があります。人間の体は約2週間で外気温の変化に慣れるといわれているので、体力に自信がある人は慣れるまで待つというのも方法の一つです。

そして、体力に自信がない人は冷やさないようにするというのが基本となります。家ではしっかり暖房を効かせ、風呂でじっくりと体を温めるようにします。食べるものは温かいものオンリーとして、外出時は防寒を完璧にします。ヒートショックに気を付け、温度差をなるべく少なくするのが大事になります。

特に慢性病者や高齢者などは寒さの悪影響を受けてしまうので、今流行の家中全部同じ温度に保たれる「高気密、高断熱」の住宅に住むことは意味のあることだと思います。


あまりにも神経症状がひどい場合には、緊張感及び冷えを緩和する効果のある漢方薬が役立ちますので、ぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






1481797628fs364.jpg

こんばんは^^夕方から雨が降ってきたここ鹿嶋地方です。ちょっと生暖かい感じがして気持ち悪い天候ですね。


さて、「冬アイスなどはもってのほか」ということですが、世間では「冬アイスの日」が制定されるなど冬にアイスを食べる習慣が出来つつあります。が、ハッキリ言って健康面から言わせてもらうと冬にアイスなんぞもってのほか。病気になりたいならご勝手にどうぞという感じです。

恐らくですが、冬にアイスが食べた~い♡と思うのは、暖房がガンガンに効いた部屋でちょっと火照り&喉の渇きを感じている場合に限り「食べたくなる」のであって、普通に寒い状態では食べたくなりませんよね?

とはいっても、冬はエネルギーを必要とする(体温を上昇させなければならないので)ので、甘いものを食べたくなる願望は確かに夏よりは強くなります。

が、しかし、冬は寒いのでただでさえ体温を上げるべくガンガンエネルギーを燃やしている状態なのに、そこに来て体を冷やすアイスを食べてしまうとエネルギーの無駄遣いにプラスして、胃腸の機能低下、冷たい刺激による脳神経の高ぶりなどのデメリットが生じます。

特に胃腸へのデメリットは非常に大きく、冷やせば冷やすほどに機能が低下して消化不良や胃酸過多などの不快症状が強く出るようになります。消化不良や胃酸過多が頻繁になると、胃炎が起こりやすくなり、結果、胃潰瘍や胃がんの発生を高めるということになります。

また、それだけではなく、腸から吸収される栄養素が減ってしまうことや、未消化のまま飲食物が腸へ到達してしまうことによるアレルギー反応への懸念、腸内環境の悪化など様々な悪影響が引き起こされます。

とはいっても、これは胃腸の強弱に大きく影響しており、強い方はさほど影響がなく、弱い方は覿面となるという傾向があることから、全ての方に対して大きな悪影響が引き起こされるというものではありませんが、日本人は総体的に胃腸が弱い方が多いという傾向があるので冬アイスや冬ビールは摂取しない方がいいと思います。


健康は毎日の積み重ねで作り上げられます。冬アイスや冷たい飲み物を習慣にしているという方は、絶対に見直すべきだと思います。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





14816248590gdsg02.jpg

こんばんは^^今日は朝から寒かったですね。いきなり真冬になってしまったので、寒さで体がどうにかなってしまいそうです(一日中暖房が効いている室内にいるのにすみません;)。


さて、「人間は前進あるのみ」ということですが、現代はストレス社会で情報化社会です。これは何を意味するのかというと、人間が色々と考え過ぎてしまっているということを意味します。

考えすぎるということ自体は何も悪くないのですが、意味のない「妄想」を繰り返してしまっているのならば問題です。ついこの間医療系サイトの問題について記しましたが、色々な情報を自分で調べることができるので、ちょっとした健康状態の悪化などの不定愁訴などについて調べてしまい、自分自身でアレコレ妄想してしまい精神症状を悪化させてしまうというケースがあります。

また、健康情報以外にも、仕事のことや家庭のいざこざ、過去の苦い思い出、当たりもしない未来の不幸などを永遠と考えてしまい自分自身によってストレスを発生させてしまうというケースも多くなっているようです。

以上のような、自分にとってマイナスに働く情報や妄想は害以外の何物でもありません。中には仕事のことでひらめきや解決をもたらす場合もありますが、そのようなプラスに働く場合は少数派のようです。

では、マイナスに働く考え、妄想を攻略するにはどうすればいいのでしょうか。それは「今に集中する」の一点です。今行っている仕事や遊び何でも結構です。やることがなければ「人間は前進あるのみ」何かを見つけて前進するのです。何か大きなことをするのではなく些細なことから初めて継続することです。例えば自分でホームページを作り上げて色々な情報を公開し、それを収益に繋げていくでもいいし、一眼レフを買ってひたすら美しい景色を追い続けるでもよし。仕事に没頭して将来社長になってやるでもOKです。

そんなにモチベーション続かないよ…という意見もありそうですが、そんな時は別の趣味や好きな事を見つければいいのです。好きな飲み屋のお姉ちゃんにハマるでもいいでしょう。(経済的に許せばですが)

とにかく、自分自身でストレスを作り出すということだけは人生において避けた方が無難です。癖になるとなかなか抜け出せなくなることがあり非常に厄介です。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





14815405017dfs81.jpg
こんばんは^^寒い日が続いてますね。週末も引き続き寒さが続くようなので体を冷やさないように注意したいですね。


さて、「カジノによってタバコと同じ現象が繰り返される」ということですが、IR法案が衆議院を通過して、後は参院で可決されるのみとなっています。恐らく何もなければこのまま可決になるでしょう。

カジノはタバコ同様大きな税収を生み出します。更に税収だけでなく雇用や海外旅行客を増やすなど、副次的なメリットも創出します。よって、経済的な観点から考えるとメリットだらけで素晴らしい案といえるのですが、果たして手放しで喜んでいいのでしょうか。

私がタバコ同様と比喩したのは、メリットが大きい分、副作用も大きい政策だからです。やっぱり国として間違っていた…と思っても、雇用や税収の仕組みが出来上がってしまっているので、やめたいけどやめられないという状況になるのは火を見るよりも明らかです。

私も以前パチスロというギャンブルにハマった経験がありますが、絶対に勝てない仕組みとやる人をハマらせる仕組みが巧妙に行われていることに気が付き、以来全く行っておりません。

カジノもパチスロ同様で、利益や税収を上げなければならないということは、いかにしてギャンブルに陶酔させ金を使わせるかということを意識するので、素人は簡単にその罠にはまり依存症が作り出されます。更に、カジノはパチンコと異なり、宿泊施設やテーマパーク、飲食店などと同じ施設内にあるため、より中毒性、依存性が強くなると思われます。

日本経済は借金地獄に陥っていますが、そのつけをカジノによって補うと考えているのならば何ともお粗末な話であり、それこそ政治家失格であると言わざるを得ません。もちろん、そうではなく他のことと複合的に健全な経済を作り上げていくことを目標にしているのだと思いますが、タバコ同様の禁断の副作用を孕んでいるということを忘れてはなりません。このことを国民全体がしっかり把握し、金を腐るほど持っている者以外はカジノに関心を持たないことを祈ります。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





148127970geg0740.jpg

こんばんは^^今日は朝から寒かったですね。12月下旬並みの寒さとなったところが多いようで、昨日が温かかったせいかものすごく寒く感じました。


さて、「誤った健康情報が出回っているようですね…」ということですが、ニュースにて盛んにウェルクに端を発した医療、健康サイトに対するバッシングが高まっています。

最近本当に健康サイト、医療サイトって多いですよね。何か症状を調べるのには便利ですが、その情報が果たして正しいのかどうかということは、私も常日頃から疑問視していました。大体のサイトは当たり障りのないほぼ問題のない内容を書いているものですが、中には「これはどう考えても…」というものもあります。

誤った情報があったとしても、既知の内容に関しては自分自身で誤りだと気が付きますが、全く分からないものに関しては半分以上信じてしまいます。これがゲームなどの情報であれば「信じた自分が悪かった」で済まされますが、医療、健康情報の場合は命に関わることもあるので慎重にならざるを得ません。

私自身も健康情報を発信しているということもあり、その辺は重々気を付けているつもりではいますが、世の中に100%正しいことがないのと同じで、発信していることが100%正しいということはありません。よって、なるべく際どい内容は記載しないようにしなければ…と身を引き締めています。


これだけの情報が氾濫している世の中になっている現状を踏まえると、どの情報が正しくてどの情報が間違っているか精査する必要があり、更に、信頼のおけるニュースサイトやHPを重視するようにし、よく分からないキュレーションサイトやアフィリエイトサイトなど、「明らかにそのサイトにて儲けが発生する仕組み」となっているサイトの情報は信用しない、ということを徹底する必要があります。

情報は身を守る術となりますが、逆に身を滅ぼす原因になることがあります。よって、便利だという理由だけでネットで検索せずに、信頼のおける病院、薬局、薬店を見つけて相談に乗ってもらうという方がいいのではないでしょうか。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






148110738tetw3604.jpg
こんばんは^^夕方からいきなり寒くなってきたここ鹿嶋地方です。これから益々寒くなるようなので、体を冷やさないように注意して下さいね。

さて、師走ということで忙しくでブログを書く時間がちょっと…なので、今回はカレンダー配布だけお伝えしたいと思います。

健康薬局ならではの「健康カレンダー」を今年もお客様に感謝の願いを込めて配布しております。毎年ご好評いただいており、所定の場所に置き日々の健康に役立てているという嬉しいご意見を頂いています。

ということで、常連さん新規さんみんなお待ちしていますので、お早いうちにご来店下さいませ。


こんばんは^^今日は朝からモワッと暖かい感じのする一日となりました。気温が乱高下するので注意したいですね。


さて、若い女性の不快症状の8割は「血」を改善することで解決するということですが、この言葉通り、若い女性の不定愁訴の8割は血を改善することで解決します。

血を解決するとは
・血を増やす
・血流を改善する
・血管の緊張を改善する
という意味になります。

血を増やすとは言葉の通りです。女性は月経があることや、男性ホルモンが少ないので貧血になりやすいという特徴を持ちます。貧血は精神不安や不眠、冷え、頭痛、生理痛、心臓疾患などを作り出し、様々な不定愁訴の原因になります。

血流を改善するとは貧血やストレスなどがあると血液の流れが悪くなります。なので、これは結果として出る症状ということとなり、本治ではありません。あくまでも症状を取るための対症療法です。

血管の緊張を改善するとはストレスの緩和を意味します。ストレスがあると血管が収縮したり、脳周辺に血液が集まる、子宮内膜症の原因になるなどして様々な不定愁訴、疾患を作り出す原因になります。


以上、かなりアバウトでいい加減な弁証となりますが、それほど間違っていることではなく
・うつ病
・パニック障害
・動悸、不整脈
・めまい
・不眠
・頭痛
・生理痛
・肩こり
・食欲不振
・便秘
・肌荒れ
・冷え性
・のぼせ症
・不妊症
・更年期障害
など、様々な不快症状、不定愁訴に効果を発揮します。


お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





1480589807gfed003.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ