Archive
こんばんは^^朝からジメジメとした不快な感じとなっているここ鹿嶋地方です。肌がべとつくのが何とも言えないくらい嫌ですね。。


さて、「出血、痛み、異臭」ということですが、この3つの症状何だかわかります?これはガンの主な症状になります。ガンは正常な細胞が変化してガン化し、次第に大きくなる過程で出血、痛み、異臭が出やすくなります。

まず出血ですが、ガンは言って見れば死肉です。肉が腐った状態のもので、しかもその死肉が血液を吸って巨大化していきます。腐った肉が血を吸えば当然漏れ出しやすくなるので、大腸がんであれば下血、胃ガンなどでは吐血、下血、肺がんでは血痰、子宮では不正出血などが生じやすくなります。

次に痛みです。こわはガン細胞が神経を圧迫又は刺激するので痛みが生じます。組織内にがんが留まっている場合には痛みが生じないケースが多いのですが、リンパや他の組織に広がると痛みが出やすくなります。消化管内でも痛みが出にくい傾向がありますが、飲食物の通過障害などが生じるとイレウスなどが発生して痛みが生じます。

最後に異臭です。出血の時にも書きましたがガンは肉が腐ったものなので異臭がします。胃ガンだとゲップが腐敗臭になったり、大腸がんだと便臭が異常なくらい臭くなります。子宮系のガンでも異臭のするおりものが出るなどの変化があります。その他、全ての末期がんでは独特の体臭がするようになるといわれています。

その他、デルマドロームなどの皮膚疾患(原因不明の湿疹や黒ずみ)もガンのサインとしてよく知られています。

これら症状は全てのガン患者に見られる訳ではなく、全く無症状の方もいれば、如実に出る方もいます。共通するのが、末期になるほど特有の症状が出やすく、初期ほど何も出ないという傾向があります。


ちょっとした腹痛で「ガンかも…」と怖がる必要性はありませんが、いくつか症状が重なるといった場合には、速やかに専門の病院にて検査を行う必要があります。ガンは初期ほど治癒する確率が高くなります。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」



1498472207fwe357.jpg
写真の中に生き物がいます。分かりますか?


こんばんは^^今日は朝からとてもいい天気になりましたね。とはいっても、今後は崩れて日曜日は雨という予報が出ています。なぜ日曜が…という気分になりますね。


さて、「胃腸が弱い方の貧血症状の改善」ということですが、貧血がなかなか治らないという方いませんか?もしかしたらその原因は胃腸にあるかもしれません。

胃腸が弱い方の貧血の原因は、ズバリ「食事からの栄養吸収不足」です。血液は食事から得られる鉄やタンパク質が材料になりますが、胃腸が弱いとその材料が不足してしまうことや、分裂を促すビタミンの吸収、生成が低下してしまいます。

よって、改善法は鉄剤を一生懸命補うよりも、胃腸の働きを向上させるということに重きを置く必要があります。なぜなら、胃腸の機能が低下している場合、いくら鉄剤を補っても吸収されないので貧血が改善されないことや、血液以外の栄養物質も同時に不足していることが考えられるので、体全体の栄養状態、健康状態を改善するということに繋がるからです。

鉄だけを補うという行為は正に木だけを見て森を見ずという状態なのです。

・胃もたれしやすい
・沢山食べると具合が悪くなる
・冷たい物を摂ると胃もたれする、下痢をする
・肉や卵、乳製品が苦手
・体の調子がいつもアンバランス
・下痢や便秘が多い
・お腹が空かない時が多い
などがある方は、胃腸が弱い傾向があるので注意が必要です。

胃腸の機能が低下している理由は先天的な体質が多く、次にストレスによるもの、飲食の不摂生によるもの、心身の疲れ、老化や小児といった順に多くなります。

基本的にはその理由によって違いますが、胃腸の機能が低下してそこに貧血があるという場合には
・心脾顆粒
・加味帰脾湯
・ニンジンヨウエイトウ
・十全大補湯
などを用いることが多くなります。もちろん、体質やその時の状態によって異なりますのでこれが全てではありません。


もし、胃腸が弱く、それに伴う不快症状で悩んでいる…というのであれば、一度漢方療法を試してみては如何でしょうか。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




1498211rr265969.jpg
大量のタマネギが届きました!これはありがたい。





こんばんは^^昨日の嵐はどこへやら、今日はとても穏やかな一日となったここ鹿嶋地方です。このように日々気候が変わるので体調管理に注意しなければなりません。


さて、「爪のささくれ」ということですが、皆さんの爪にはささくれが出来ていませんか?通常、爪のささくれは爪の両サイドの皮がめくれることを指しますが、ここで紹介するささくれは両サイドだけではなく、爪の生え際である真ん中の甘皮部分も含みます。

このささくれですが、私は漢方での弁証に用いています。ささくれが出来ている時というのは、かなりの確率で体内の栄養状態の悪化や血流障害、腸内環境の悪化が引き起こされています。

ささくれが引き起こされる部分は体の末端部なので、血流の良し悪しや栄養状態が一番如実に反映されています。つまり、何らかの原因によって血液の流れが滞っていると、まず最初にささくれ部分に影響が及ぶのです。

主に
・下痢や胃腸の不振を訴える場合は栄養の不足
・顔色の悪化やストレス、各所の痛み、尋常じゃない眠気などを伴う場合には血流障害
・臭いガスや肌荒れ、口臭や体臭などを伴う場合には腸内環境の悪化
・精神の不安定を伴う場合にはストレス
などを疑います。

私の経験だとささくれは確実に体内の状態悪化を意味します。もし、ささくれが出ているという場合には、体の状態が悪化していると判断し、何らかのアクションが必要になります。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






14981215erhyyr2354.jpg






こんばんは^^朝から台風のような大雨と強風が吹き荒れているここ鹿嶋地方です。久しぶりの嵐に戸惑った人も多いのではないしょうか。


さて、「睡眠時間は何よりも大事」ということですが、皆さん睡眠時間取れてますか?睡眠というのは心身を休める時間帯であり、活動と表裏一体、睡眠なしにはしっかり活動することはできません。

更に、仕事や勉強のパフォーマンスが落ちるということだけではなく、心身の健康をも蝕むので、慢性病や急性病を引き寄せる原因になったり、うつ病やパニック障害などの心の病を引き起こすことにも成り得ます。

この間、NHKにて「睡眠負債が危ない ~“ちょっと寝不足”が命を縮める~」という番組が放送されていました。この番組への視聴者の反応が、こちら→「NHK『睡眠負債が危ない』特集が波紋 「不安煽るだけの内容」と厳しい声も」この反応を見てちょっと驚きを隠せない反面、いかに自分が恵まれているかを思い知らされました。

世の中には余りの忙しさに睡眠時間さえも確保できない人がいるということに驚きを隠せません。

私は幸せにも自営業なので、夜の7時半に店を終わりにして、その後犬の散歩に45分、帰ってきて入浴を済ませた段階で9時なので、そこから就寝までの12時半まで3時間半は自由時間です。12時半から8時半まで8時間しっかり睡眠を取ることができます。よって、睡眠時間を確保する時間がないという概念がないのです。

睡眠時間は冒頭にも言った通り、健康を維持していく上で必要不可欠なものなので全てに優先して確保すべきものです。もし、仕事によって確保できない状況であるならば、何か方法を考えてでも睡眠時間を確保すべきだと思います。

もし、今現在
・何となく調子が悪い
・仕事の業績が悪い
・頭の回転が悪い
・食事が美味しくない
・精神的にアンバランスだ
・風邪を引きやすい
などを感じているのであれば、まずは睡眠というものを見直してみては如何でしょうか。調子の悪さが軽度であれば1か月7~8時間の良質な睡眠を心掛けることによって改善されるはずです。疲労度が深刻な場合は1年間睡眠をしっかり取りつづけるということを行う必要があります。

※睡眠の質を低下させる睡眠前のアルコール摂取、ゲーム、スマホなどは行わないようにします。


非是一度、睡眠というものの大切さを考えてみて下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






1498040ddd758666.jpg





こんにちは^^朝から気持ち良く晴れて気温も上がり「夏」という一日になったここ鹿嶋地方です。明日は大雨になり気温も急低下するみたいなので体調を崩さないようにして下さいね。


さて、「風邪が地味に流行っているみたいです」ということですが、先ほども触れましたがこのところ晴れた日は気温が上がり夏みたいになりますが、太陽が隠れると途端に気温が下がり平年並みになります。この変化が非常に激しいことにより、体調を崩して風邪を引く方が地味に増えています。

ニュースでは連日手足口病の流行が報道されていますが、ここ鹿嶋でも手足口病やプール熱などの風邪が流行っているようです。これらの風邪は子どもが罹りやすい風邪として有名ですが、大人でも感染者と濃厚接触をしたり、体力や免疫が低下している場合には感染するので注意が必要です。

感染を防ぐポイントは
・うがい手洗いを徹底すること
・体を冷やさないこと
・感染者との接触を避けること
・胃腸の健康を守ること
・睡眠不足を解消すること
などが挙げられます。

特に冒頭にも書きましたが、気温差が激しいのでちょっとでも肌寒いなと思ったら、躊躇せずに上着を羽織るなどして体を冷やさないようにするということが大事になります。特に寝ている時などは冷えやすいので、温かいパジャマ、寝具を心掛けることが望まれます。

また、この時期は梅雨ということで、食べ物が痛みやすいことや気圧が低いこと、体に水分が停滞しやすいことなどにより、胃腸の機能が低下しやすい傾向があります。胃腸の機能が低下してしまうと栄養の吸収及び腸内免疫が低下して、体力及び免疫が低下しやすくなり風邪を引く原因になります。よって、胃腸を労わり、なるべく冷たいモノや消化に悪いものは口にしない、腹八分目を心掛けるなどを守り、胃腸の健康を維持することも大事になります。


風邪を引くと色々と面倒なので、しっかり予防して明日の健康を守って下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






149795322sgs3682.jpg





こんばんは^^昨日に引き続きちょっと肌寒い一日となったここ鹿嶋地方です。日々気温差が激しいので風邪を引かないように注意して下さいね。


さて、「ヘルペスによる顔面神経痛」ということですが、よく見かける口唇ヘルペスが激しい顔面神経痛の原因になることもあります。

皆さんヘルペスの原因って分かりますが?口唇ヘルペスの原因はヘルペスウイルスⅠ型が唇表面にて増殖することによって引き起こされます。このウイルスは誰かから感染することによっても発症しますが、ほとんどの場合、自分の体に潜んでいるヘルペスウイルスが増殖することによって症状が引き起こされています。

普段は体の奥にある神経に潜んでいるのですが、体力や免疫が低下すると増殖して皮膚表面に出てきて症状を引き起こします。ヘルペスには口唇ヘルペスと角膜ヘルペス、性器ヘルペスがありますが、口から性器、性器から角膜など全ての箇所から感染することがあります。

このヘルペスウイルスが顔面の神経にて増殖して炎症を引き起こすと、三叉神経痛にも似た激しい顔面痛を引き起こします。顔面神経痛の中で最も頻度が多いのがこのヘルペスウイルスによる神経痛です。

治療は抗ウイルス剤の服用やリリカなどの神経の疼痛を緩和させる薬を用いることが主となりますが、これは対症療法であり、実際にはウイルスを抑え込むために体力や免疫力を向上させるという方法を用いなければなりません。

そこで効果を発揮するのが漢方薬です。

・田七人参
・レイシ
・冬虫夏草
・補中益気湯
・黄耆建中湯
などを主に用いて体力及び免疫を向上させ

・附子製剤
・桂枝製剤
・柴胡製剤
・黄蓮
・黄ゴン
・サンシシ
・甘草
などの抗炎症成分をその人の体力を見ながら使い分けるようにします。

予防には体力を低下させないような
・各種ジオウ製剤
・心脾顆粒
・補中益気湯
・田七人参
・フホウトウキコウ
などを用いるようにします。


もし、ヘルペスウイルス由来の顔面神経痛を繰り返すという方がいらっしゃれば、一度漢方薬を試してみることをおすすめします。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




1497868221rey314.jpg




こんばんは^^朝から気持ちのいい天気となったここ鹿嶋地方です。湿度が低く本当に過ごしやすい一日になりましたね。


さて、「漢方薬を飲んで心臓に異変を感じたら」ということですが、漢方薬を服用した直後、又は長期に渡り続けた後に、動悸や不整脈など心臓に異変が生じることが稀にあります。

なぜ漢方薬によって異変が生じるのかというと、漢方薬の中にはカフェインのように交感神経を刺激するものや、心臓の血管に作用して血管を拡張させる作用のあるもの、胃粘膜を刺激することによって心臓に神経刺激もたらすことなどがあるからです。

これらの効果は普通の食材によってももたらさせるものであり、薬のように鮮烈なものではありません。しかし、長期に渡り刺激し続けることや、神経過敏状態になっている時に摂取することにより、心臓に異変が生じることがあります。

どのような漢方薬がその傾向があるのかというと
・各種胃薬
・各種血流改善薬
・麻黄が配合された漢方薬
・人参、黄耆が配合された漢方薬
・カルシウムが配合された漢方薬
などになります。

これら漢方薬が悪者ということでは決してないのですが、稀に心臓の神経を刺激して不快症状を引き起こすことがあります。もし不快症状が引き起こされた時は、速やかに服用をやめ、場合によっては医療機関を受診するなどして対処するようにします。


当店では、すぐに服用をやめることによってすぐに症状が治まるケースがほとんどなので、それほど取扱いについて神経質にはなっていませんが、それでも販売する際にその都度注意喚起させて頂いています。

漢方薬に副作用はないというのは迷信です。どのような薬にも効果があるということは副作用もありますので、その副作用をしっかり把握した上で利用するということが求められます。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





1497521435hgrhfh860.jpg
こんばんは^^今日は昼頃からとてもいい天気となりました。しかし、福島では雹が降ったというニュースも入ってきていることから、もうちょっと不安定な天気が続くのかな?と思っています。


さて、「空腹感とサーチュイン遺伝子」ということですが、サーチュイン遺伝子という言葉懐かしいですね。10年以上前にマサチューセッツ工科大学の教授によって発見されました。

別名長寿遺伝子と呼ばれており、空腹時に活性化するということが分かっています。このサーチュイン遺伝子が活性化することによりアンチエイジング効果や長寿命効果が得られるとされています。

つい最近でも、このサーチュイン遺伝子を活性化させるレスベラトロールというポリフェノールが脚光を浴びました。


ということで、皆さん朝、昼、夜の食事の前に空腹感を感じていますか?感じていないという方はちょっと食べ過ぎてしまっている証拠かもしれませんよ。

人間自体に置き換えてもそうですが、常に空腹感を感じて狩りをしているストイックな民族に対し、何もしなくても自動的に食べ物が運ばれてくる民族とを比較した場合、空腹感を感じている方が元気でなくてはならないし、狩りをするということは元気にならざるを得ない状況が作り出されます。

アレルギーに関しても然りで、アレルゲンに常に触れている場合にはアレルギー症状は減り、逆に清潔すぎる場所で生活し続けているとアレルギー反応が出やすくなるということが分かっています。よって、アレルギーは先進国病だといわれています。

以上のように、ちょっとした負荷を掛けることが健康に繋がるというのは間違いないようです。空腹感は自分のやり方次第でいつでも作ることができる健康法なので、ぜひ有効に利用したですね。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





149743284863bfbf0.jpg






こんばんは^^今日は梅雨らしい一日になりましたね。降ったりやんだり湿度の高い状態が続いています。


さて、「カフェインの乱用に注意」ということですが、皆さんカフェインを一日どれくらい摂っていますか?摂りすぎは思わぬ事態を引き起こすことがあるので注意が必要です。

まずはこちらの記事をご覧ください。
カフェイン中毒、5年で101人搬送 若者中心に乱用?

記事によると、カフェイン中毒と思われる症状で病院に搬送された人の数が、ここ5年間で101人にのぼり、うち3人が死亡したということです。

一昔前までは、カフェインといえばコーヒーが代表格だったのですが、今はよりカフェイン濃度の高いエナジードリンクが台頭しています。これによって、カフェインを一度に大量に摂取することが多くなり、それによって病院に搬送されるケースが増えたと思われます。

カフェインは中枢神経を刺激して神経を興奮させます。それにより体や頭がシャキっとして元気になったような気分にさせてくれます。その反面、神経刺激によって動悸や胃腸の不快感、のぼせ、頭痛などの不快症状が生じることもあります。

カフェインを日常的に利用していると、覚せい作用が減弱されてより沢山の量を摂取してしまうという傾向があることから、その危険性が指摘されています。なので、なるべく日常的には利用せずに、特別な時だけ利用するようにしましょう。


ということで、カフェインの危険性についてのご紹介となりました。どんなものでも同じですが、偏った利用法は体によくありません。何事もバランスが大事ということになりそうです。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





14973447912fdbfb77.jpg




こんばんは^^朝から素晴らしい陽気に包まれたここ鹿嶋地方です。暑くもなく寒くもなくとても過ごしやすいですね。


さて、「久しぶりの成田アスレチック」ということですが、皆さん成田にあるアスレチックをご存じですか?かなりマイナーな感じですが、結構子供達には好評で、よくリクエストされる場所の一つです。

この成田のアスレチック、何がいいのかというと午後1時と2時から行われるイベントが逸材なのです。

午後1時からは宝探しが行われ、2時からは靴飛ばし大会が行われます。(土日限定)

その様子がこちら



149726311gfd8211.jpg
これから宝さがしが始まります。宝は小さな紙でアスレチックに隠してあり、その紙を持って受付にいくとオモチャと交換してくれます。


次は靴飛ばしです。


149726ggd3186919.jpg


小さな子供から大人までみんな参加できます。ごついお父さん方もムキになって靴を飛ばしていました。このイベントを取り仕切るお兄さんのアナウンスがめっちゃ上手くてイベントが俄然盛り上がります。


ご興味のある方はぜひ『成田アスレチック』で検索してみて下さい。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




こんばんは^^今日は朝から気持ち良く晴れてくれたここ鹿嶋地方です。この後、週末にかけて気温が急上昇するようなので、熱中症に注意が必要ですね。


さて、「運動不足と関節痛」ということですが、皆さんの関節はお元気ですか?関節という場所は動く場所なので、筋肉や関節への負担が大きくなり痛みが生じやすくなります。

この痛みの原因として多いのが「運動不足」です。運動が不足してしまうと、関節部位の筋肉が凝り固まってしまい、結果、筋肉への血流が悪化して神経刺激が高まり痛みが生じます。

誰しも正座を続けていると圧迫されている足が痛みますよね?これは血流が悪化していることによって生じている痛みです。時間軸の違いはありますが、運動不足による関節痛も同じ原因で引き起こされています。

よって、改善法は単純に運動やストレッチを行い血流を促すという方法になります。特に有効なのはストレッチやヨガです。ウォーキングの後や入浴後など、体が柔らかくなっている時に行うと効果的です。

長年患っている場合にはすぐに改善するという訳にはいきませんが、毎日続けることで徐々に改善に導くことができます。予防にも効果的なので、痛みがないという方でも毎日行うようにするといいでしょう。


特に
・デスクワークが長い
・車を運転する時間が長い
・ずっと同じ姿勢のままのことが多い
・寝る場所が狭い
・ストレスがたまっている
・運動不足
・喫煙している
・食事のバランスが悪い
・更年期
・高齢者
などの場合には血液の流れが悪くなっている可能性が高いので、積極的に体を動かして筋肉の緊張を緩和させるということを行う必要があります。

漢方薬でも、筋肉の緊張を改善したり、血流を改善したりするものが関節痛改善の主役として活躍しています。もし、努力しても効果が出ない…という場合には、漢方薬を試すことで改善に繋げることができるかもしれません。お悩みの蚊はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





149700103fff9991.jpg






こんにちは^^昨日に引き続き涼しい一日となったここ鹿嶋地方です。今後も梅雨入りしたのでしばらく雨模様で涼しい日が続きそうです。


さて、疲れているのは「脳」らしいということですが、まずはこちらの記事をご覧ください。
疲れているのは体ではなく「脳」だった 休息を取るべき3大サイン

記事によると、飽きた、眠たくなる、疲れたと感じている時というは、体ではなく「脳」が疲れている証拠ということです。現代はスマホの普及により一日中脳や目が刺激されていることや、ストレスが多いことなどが影響し、脳が疲れてしまっている人が多いということです。

脳の中で疲れている部分は「脳幹の視床下部と、前帯状回と呼ばれる自律神経の中枢」であり、主に自律神経のバランスを崩すという症状が出るということです。

自律神経失調症=脳の疲れということがいえそうです。


脳の疲れは別の作業を行うことが重要であり、仕事中に疲れたらトイレに行くなどしてリフレッシュすることにより解消に繋がるということです。これは有名な話であり、脳をリフレッシュされるには普段と全く異なる環境に身を置くようにします。都会に住む人なら休日は自然と戯れる、温泉にゆっくり浸かるなどが有効です。

その他、仮眠や瞑想、顔を洗う、違う部署やクラスに遊びに行く、習ったことのない楽器を覚える、行ったことのない店で食事をする、ずっと会っていない友人と会う、思い切った買い物をする、観たことのないジャンルの映画を観るなど、脳をリフレッシュさせる方法は色々とあります。

また、デジタルデドックスを行い、1~2日間スマホやテレビ、PCに触らないという時間を過ごすことも改善法になります。


疲れが溜まっている…という方はぜひ脳のリフレッシュを!





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」






14968294620tewt53.jpg




こんばんは^^朝から湿度が低く爽やかな陽気に包まれたここ鹿嶋地方です。このまま暑くもなく寒くもない陽気が続けばいいですね。


さて、「うつ病の特効薬となるか?」ということですが、まずはこちらの記事をご覧下さい。
うつ病に効果がある胃薬? 岡山理科大で研究「2、3年以内での実用化を目指したい」

記事によると、ヒートショックプロテインという熱ショックタンパク質の発現が、うつ病の改善に役立つ可能性があるということです。現在、このタンパク質の発現を促すテプレノンの研究が行われています。

ヒートショックプロテイン(以下、HSP)は入浴やサウナ、運動などで体が温まることによって発生するタンパク質であり、何も薬を服用しなくても週3~4回の入浴(ちょっと熱めの42度に10分程度)や、サウナ、汗をかく運動を行うことによって分泌を高めることができます。

うつ病の原因は神経伝達物質であるモノアミンの減少や、刺激に対する脆弱性、内臓機能の低下などが原因とされていることから、ストレスを感じている時やその直後はしっかり休み、酷使された機能を休めることを意識して行い、休んだ後は刺激に慣れるために少しずつ人や社会と接する、運動する、日光浴をするなどを行うと共に、内臓の機能維持に役立つ栄養素を補う、規則正しい生活習慣の確立を心掛けるようにします。


ということで、とてもHSPの分泌だけで改善するとは思えませんが、一つの手助けになると信じたいですね。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」





14967394685dg06.jpg





こんばんは^^今日は晴れたり大雨が降ったり忙しかったですね。急いで洗濯物を取り入れたという人も多いのでは?


さて、明日は娘の運動会となります。なので、午前中はほぼ休みとし、午後はちょいちょい戻り店と小学校とを往復しようかなと思っています。

土曜日は一番漢方相談が多くなるので本当ならばしっかり開店させなければならないのですが、可愛い娘のためどうか午前中だけお許し下さいませ。



それでは一生懸命応援してきます。
こんばんは^^ちょっとジメジメしましたが、涼しく気持ちのいい一日になったここ鹿嶋地方です。これからの時期は食中毒に注意が必要になります。


さて、「タバコ自販機に対して7割が禁止を支持」ということですが、まずはこちらの記事をご覧ください。
たばこ陳列禁止、賛成7割=自販機規制も8割-がんセンター調査

これはタバコに手を出さないための対策についての意見になりますが、実際には未成年に対して有効な手立てということになりますね。成人に関してはコンビニが至る所にありますので、あまりいい対策にはならないような気がします。

未成年に対してはコンビニでの購入の際に身分証明書の提示を求めるように法改正し、且つ自販機の設置を禁止にすればかなり効果があると思います。

更にこんなニュースもあります。
全席禁煙始めたファミレスで売り上げ増加、厚労省研究班調査

益々、喫煙者を取り巻く環境は悪くなっているようです。国は喫煙に対してやがては禁止という法律を作ると思いますが、少しずつ喫煙する人を減らす取り組みを行っているという印象を受けます。

JTなどはやめときゃいいのに加熱タバコなどを開発したりしていますが、加熱タバコは普通のタバコ以上の有害物質を含んでいるようなので、作る企業の責任は引き続き重いと思いますね。受動喫煙に配慮しているのだと思いますが、喫煙者に対して「発ガン」などの重い害がある以上、作ってはならないものというのは間違いありません。

国は排気ガスや有害物質を含む食品などを取り締まる前に、何より悪いタバコをなぜ禁止にしないのか本当に理解に苦しみます。

今まで許可していたものをいきなり禁止にするのは色々な摩擦を生むので難しいと思いますが、ここは勇気を持って取り組んでいただきたいと思います。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい」




149630876120fewe4.jpg



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ