Archive
こんばんは^^引き続き冬らしい寒さが続いているここ鹿嶋地方です。明日の夜から明後日の朝にかけて雪の予報も出ているようなので色々と準備をしておかなくてはなりません。


さて、「大人の百日咳が増加しているらしい」ということですが、皆さん百日咳ってご存知ですか?赤ちゃんがかかる咳症状を主症状とした感染症ですが、最近では大人の罹患者が増えているということです。

百日咳は百日咳菌に感染することで引き起こされ、飛沫感染によって人から人へ伝染します。ワクチンがあるのでそれほど広がりを見せていないというのが現状ですが、それでも大人の感染者が増えてきているということです。

ワクチン接種をしているのになぜ感染者が出るのでしょうか?それはワクチンの効果は次第に薄れてしまうという性質があるので、接種していたとしても感染してしまうことがあるのです。

とはいっても、大人の百日咳の症状はそれほど強くないケースが多いので見過ごされてしまうことが多く、怖いのは免疫や体力が落ちている方やワクチン接種をしていない乳幼児への感染です。

ひどい場合には死亡してしまう(生後6か月以内の場合0.6%の死亡率)ことがあるので注意が必要です。

症状は咳やくしゃみで、症状が長引くと発作性の短い咳が連続して出るようになり、息を吸う時にヒュー音がしたり、肺炎に発展したりすることもあります。夜間に発作が出ることが多く、咳のしすぎで顔のむくみや皮膚の点状出血、鼻血などが出ることも。熱は出ないか出ても微熱のことが多いです。

症状は百日咳というだけあって、2~3か月間症状が続くという特徴があります。

改善はマクロライド系の抗生物質で行い、検査は病院にて出来るので「これは…」と思ったら速やかに医療機関にて検査するようにして下さい。

大人の場合にはコンコンという痰があまり絡まない咳が出続けるという特徴があります。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





ghrejpg.jpg
こんばんは^^引き続き厳しい寒さとなっているここと鹿嶋地方です。毎晩の犬の散歩が苦行以外の何物でもなくなってきた今日この頃です。早く暖かくならないかな~。


さて、「板藍茶とビオフェルミンでインフルエンザに打ち克つ」ということですが、日本全国でインフルエンザが爆発的に流行しています。皆様方は大丈夫ですか?

そんなインフルエンザですが、我が家の長女ももれなくインフルエンザB型に感染しました。最初体がだるい…と訴えた時、同じクラスにインフルエンザで休んでいる児童がいると聞いたので、すぐに病院に行きインフルの検査をしました。

その結果はなんと「陰性」。。

えっまじっすか?という気分だったのですが、発熱が高くなかったので「そんなもんか」と放置してました。

しかし、その後、熱が37.5℃、、38℃と徐々に上がって行き、「やっぱりインフルエンザでしょ」と思い発熱から4日経過した日に再び病院へ。すると「インフルB型陽性」。

やっぱりインフルだったんだ…という落胆。だったらもっと早く抗インフル薬飲んで楽になれたのに…とめっちゃ嫌な気分に。その後イナビルを飲み速攻で熱は下がりました。

結局、長女はインフルエンザB型を4日間フルに経験したということになります。長女は未だにダメージが大きく病み上がり丸出しで本調子じゃないみたいです。

お客さんにはインフルの疑いがある場合には2回は検査に行かないとダメですよ!というものの、自分の子どもの場合にはその2回目が遅れてしまい「言ってることとやってることが合ってない」と自分を攻めています。


というインフル騒動ですが、そんな長女と超濃厚に接触していた私と妻、次女ですが、板藍茶とビオフェルミンのお蔭で感染せずに済みました。

朝1回と夜寝る前に1回、板藍茶とビオフェルミンを飲むだけです。ちょっと喉が変…という時はあったものの、2日程度で改善し今は全く問題ありません。次女に至っては1度も風邪っぽいような仕草もありませんでした。

日頃からの免疫などの関係もあるのかもしれませんが、板藍茶やビオフェルミンは少なからず予防効果はあると思います。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

近くに販売店がない場合には当店で相談した後にお送り致します。

ちなみに、次女はビオフェルミンでしたが、私は「イサゴール若葉」という善玉菌入りの青汁を用いました。イサゴール若葉は私がずっと継続している唯一の健康食品です。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




15173066020zzz53.jpg

こんばんは^^今日は日中10℃くらいになりました。10℃で暖かいというのもちょっと変な気がしますが、何となく体は楽な感じがした一日でした。


さて、「辛いものは本当に体にいいの?」ということですが、皆さん辛い食べ物って好きですか?唐辛子やワサビ、カラシなどいろいろありますが、私は全てそれなりに好きですね。この辛い食べ物が体にいい!といって沢山食べている方がいますが、果たして本当に体にいいのでしょうか?

辛いものは殺菌作用や代謝を活発にする作用、アドレナリンを分泌して心身をスッキリとさせる作用、抗酸化作用によって細胞の酸化を防ぐなど様々な効果があることが立証されています。

しかし、当然のことながら「刺激物」なので、刺激に弱い直腸~肛門はその刺激によって炎症が引き起こされ、痔などの原因になることがあります。また、交感神経を刺激するので、人によっては動悸や不眠、発汗過多、血圧上昇、のぼせ、めまいなどの不快8症状を起こすことがあります。

また、胃や小腸、大腸の粘膜が傷つけられることもあるので、人によっては胃炎や腸炎、イレウス、便秘などが生じることがあります。


このように、メリット、デメリットがあることから、「適度に利用する」ことが大事ということになります。確かに健康にいい作用ももたらしますが、デメリットもあるので過度に利用するのは控えた方がいいでしょう。

これは全ての飲食物に言えることであり、どのような食べ物でもいい面悪い面があります。同じものばかりを食べていると、その悪い面を改善するための臓器、細胞に負担が増えてしまうことや、無毒化する作用がある食材の摂取量が足らなくなってしまうということが起きやすくなるので、なるべく色々な食材を万遍なく食べるということが健康を養っていく上で大事になります。

これを無理なく行うには「旬のものを摂り入れていく」ということを意識するようにします。

旬のものはこのように食材を万遍なく摂り入れて健康に生かすことができるだけでなく、栄養も豊富に含んでいて、更に美味しいというメリットがありますので、食材として利用しない手はない!と私は思います。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15172224cc01480.jpg
こんばんは^^朝から冷凍庫の中にいるような寒さとなっているここ鹿嶋地方です。マジで絶好調に寒いので皆さまくれぐれもお気を付け下さいませ。


さて、「面白いシベリア人参の効果」ということですが、当店にて販売している商品として「シベリア人参茶」があります。心を落ち着けると共にハッピーにさせる効果があるので、不眠やうつ病などの改善としておすすめして喜ばれています。

このシベリア人参茶の働きが非常に面白いのです。先ほども申し上げましたが、シベリア人参茶には精神安定効果があります。病院で処方される精神安定剤的な役割を持ちます。精神安定作用のあるお薬はベンゾジアゼピンのようにGABA受容体に働きかけて神経伝達のスピードを低下させることにより神経を安定させます。

神経が安定すると当然、筋肉や筋肉が多く含まれている内臓などの動きもある程度抑制されるので、だるくなったり、便秘がちになったりなどの不快症状が出やすくなります。要するに神経活動が抑制されるので、全身がトーンダウンします。

しかし、シベリア人参茶の場合には、逆に筋肉及び内臓の動きを活性化させるという作用があります。これは恐らくβエンドルフィンの分泌を促すという働きから精神安定を得るという作用の違いによると思われます。

βエンドルフィンには快楽作用や鎮痛作用があるものの、神経伝達などにはさほど影響を及ぼさない代わりに、多幸感、高揚感をもたらすことにより、運動能力や内臓の働きを高める効果があるのではないか推測できます。


このように、非常に面白い効果をもたらしてくれるシベリア人参茶をぜひ不快な精神症状でお困りの方にお勧めして参ろうと思っています。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



15168774rrr52873.jpg
こんばんは^^日中がポカポカした感じがしたものの、夜は真冬以上の寒さとなっているここ鹿嶋地方です。一日の中で気温差が激しいので体調を崩さないようにしなければなりません。


さて、冬に利用が多い「補中益気湯」ということですが、当店ではなぜ冬になると補中益気湯という漢方薬がよく売れるようになります。

補中益気湯は人参、黄耆という心身を元気にする作用のある生薬が主役として入っており、更に水分代謝をよくする白朮、栄養価の高い大棗、トウキ、気の流れをよくする柴胡、チンピ、升麻、生姜、諸薬を調和する甘草という10種類の生薬が配合されています。

心身を元気にすると共に、胃腸の働きを調整するという作用があります。この効果を期待して、虚弱体質、胃腸の機能低下、食欲不振、疲労倦怠感、ねあせなどの改善に用います。更に、気を上に持ち上げるという働きもあるので、胃下垂や脱肛、気分の落ち込み、肺及び呼吸器の機能低下、疲れや老化によるめまいなどにも利用します。

このような働きがあるので、年中まんべんなく購入者がありそうですが、なぜか冬場の方が圧倒的に多くなります。

恐らくですが、冬は風邪を引きやすくなることや、気温の低下によって体力も低下してしまうこと、冬季鬱という言葉がある通り、気分がふさぎがちになることなどが関係しているのだと思います。

事実、「これを飲んでいると風邪引かないのよ」「これ飲み出してから冬でも食欲が落ちない」「疲れが全然違う」など沢山のお喜びの声が寄せられています。

冬は寒いので、体のエネルギーを体温の維持に使われてしまいます。よって、疲れやすくなったり、体力の低下によって風邪を引きやすくなる、胃腸の不快症状を感じやすくなるなどの症状が出やすくなります。補中益気湯を利用していると、代謝が向上するので栄養素の取り込みが良好になることや、気が上昇しやすくなるので呼吸器系の働きがよくなるなどの効果により、冬場の不快症状を改善することができるようになります。

・冬になると体が弱ってしまう
・何度も風邪を引いて辛い
・寒くなると食欲不振になる
・冷え性が辛い
・うつっぽくなってやる気が出ない
などでお悩みの方、補中益気湯及びその他の漢方薬が改善に役立つかもしれません。ぜひご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





151678984rrr4971.jpg
売れてます!
こんばんは^^昨日夜眠りにつく時に「明日起きたら銀世界かも♡」と心躍らせながら眠りに付き、朝期待しながらカーテンを開けたところ、ものの見事にいつもと同じ光景でした。鹿嶋は雪に無縁のようです…。


さて、「飛行機離着陸時の耳痛、耳つまりに効果のある漢方薬」ということですが、飛行機の離着陸時の耳痛って嫌ですよね。あれが嫌で飛行機に乗りたくないという人もチラホラ見受けられます。

そんな離着陸時の耳痛、耳つまりですが、漢方薬が症状の改善に役立ちます。

その処方としてよくおすすめさせて頂くのが「竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)」です。この処方は排尿痛や残尿感、尿ののごり、頻尿などに用いる処方なのですが、ストレス軽減、体内の余計な水分を排出する、炎症の改善といった働きがあるので、離着陸時に生じる耳周辺への圧力差が軽減され症状の改善に役立ちます。

実際に色々な方にご紹介しているのですが、その効果の高さに皆さん驚かれます。

竜胆瀉肝湯以外にも、胃腸があまり強くない方は令桂朮甘湯、小柴胡湯、自律神経が敏感な場合には抑肝散加陳皮半夏など、その方にあった漢方をおすすめしています。

いずれの場合にも体質に合っていれば症状を改善することができますので、漢方療法をお試し下さいませ。


これら処方の多くは飛行機の離着陸時以外にも、ストレスや風邪などによって生じる耳の痒み、違和感、痛みなどにも効果を発揮するという特徴があります。耳に生じる炎症や圧力差、水分の偏性などを改善する効果によるものだと思います。

耳の不快症状でお悩みの方は漢方療法で体質改善してみては如何でしょうか。ご相談お待ちしています。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






1516702dfewf831965.jpg
午前中の鹿嶋市
こんばんは^^今季初の降雪予報が出ているここ鹿嶋地方です。まだ雪は降っていませんが、今にも降り出しそうなめっちゃ寒い気温となっています。

茨城県はすでに降り出しているところもあるみたいですが、鹿嶋がある県東地区はこれからが本番のようです。鹿嶋沖には暖流が流れているので雪が降るのは本当に稀です。東京や水戸、佐原などに大雪が降っていても、鹿嶋だけは降っていないというのがざらです。

なので、雪が降るとてんやわんやです。東京もひどい感じになっていますが、まーそんな感じですかね。

事故をする人や転倒してけがをする人などが続出します。数年前には数日前に降った雪が凍った路面によって大事故が起きるということもありました。

まず、事故を起こさないためには「雪が降ったらノーマルタイヤで運転しない」ということを守る必要があります。これは自動車、バイク、自転車すべて同じです。

この辺の人は、あまり深く考えずに何となく出だしてしまうという人が多いように思えます。それは「雪の怖さ」を知らないからだと思います。何となく大丈夫だよね?くらいに考えて見切り発車してしまうのです。

自分の家の前や幹線道路の雪は溶けていても、日陰や横道は降雪や氷がある可能性があります。よって、絶対に車で出かけてはいけません。自分の命はもちろん、他者の命を奪ってしまう可能性あるからです。

たかが一日休むだけならちょっと業務に支障が出る程度ですが、事故をしてしまった場合、最少でも車の修理代、最悪だと命を奪われる可能性があります。あまりにもリスクが大きいので、ノーマルタイヤでは外出しないようにしましょう。

スタッドレスタイヤを履いている方でも、雪道の運転に慣れていない場合には事故の危険性がありますので、くれぐれも安全運転で走行するようにして下さいませ。


その他、歩行時においても転倒の可能性が高まりますので、スノーブーツなどを履くと共に、慎重に歩行するように注意することが望まれます。


以上、数年に一度の大雪警報が出ていますので、今日、明日は十分に注意して事故や怪我のないようにして下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




15166158449rrr78.jpg
こんばんは^^今日は朝から気持ち良く晴れてくれました。気温もさほど寒くなく過ごしやすい感じでしたね。しかし、この後、来週にかけて気温が急降下するようなので注意が必要です。


さて、「鹿嶋市インフルエンザ注意報発令」ということですが、当店がある鹿嶋市にてインフルエンザに罹患する方が急激に増えています。当店にて処方箋をお持ちになる方もぼちぼと増えていますが、問屋さん曰く、今日から抗インフルエンザ薬の出荷量が爆発的に増えたということです。

インフルエンザはある一定嬢増えてしまうと、歯止めが効かなくなってしまうので、この後学級閉鎖などが相次ぐことが予想されます。

インフルエンザはうつらないことも大事ですが、うつさないことの方が大事です。

自分がインフルエンザだと思ったら、マスクなどをして菌をばらまかないようにし、速やかに医療機関を受診して白黒をはっきりとさせ治すようにします。そして、きちんと治るまでは登校、出社しないということを守るようにします。

あなたが出社しないと会社に迷惑になるのは間違いないですが、ウイルスをばらまいてしまうと取り返しのつかない損害をもたらしてしまいます。よって、焦らず全快を待って出社するようにしましょう。

インフルエンザにはA型B型があります。

A型はインフルエンザらしく
・高熱
・悪寒
・激しい咽頭痛
・咳
・頭痛
などの症状が出ますが、B型は
・微熱程度
・咳
・ちょっとした下痢
くらいの症状で済んでしまうこともあります。もちろんこれは個人差があり、B型でも人によってはA型同様の激しい症状が出ることがあります。

よって、このくらいなら大丈夫といって検査、治療をしないのではなく、人によっては重症になってしまうこともあるので、しっかり検査して白黒はっきりさせるということをしなければなりません。

軽度の風邪なのにも関わらず検査をしなければならないのはインフルエンザが流行しているこの時期だけです。流行していない時は症状が軽微であれば自己判断でOKだと思います。

よく、病院を受診したら逆にインフルエンザをもらってしまうかも…という懸念をなさる方がいます。ごもっともな意見で、軽度な風邪なのにも関わらず受診してインフルエンザをもらってしまってはリスクが大きすぎます。しかし、もしかしたらインフルエンザの可能性もあるので、疑いがある場合は完全防備をして受診して下さいませ。但し、熱がなく症状も強くない場合で、小児、高齢者、慢性病を抱えている方など以外の場合には、それほど神経質になる必要はなく、様子見でいいと個人的には思います。


ということで、十分注意してインフルエンザになってしまわない、なってしまった場合には人にうつさないようにして下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





1516359rthtr114294.jpg
こんばんは^^日中はまるで小春日和のような暖かさだったものの、さすがに夜になると冷えてきますね。来週は再度真冬の寒さが戻ってくるようなので注意しなければなりませんね。


さて、「血流悪化と免疫の関係性」ということですが、皆さん体調の方は如何ですか?冬は寒さによって免疫が低下して、風邪やヘルペス、膀胱炎などの疾患が増える季節です。

免役というのは皆さんもご存じ「外敵から身を守ってくれる」兵隊です。風邪ウイルスなどの病原菌が侵入すると、速やかにそれを撃退してくれます。

この免疫細胞が病原菌を撃退する際に重要になってくるのが「血流」です。血流が悪いと毛細血管の末端に位置する皮膚や粘膜への血流が一番に悪化します。皮膚や粘膜は病原菌の入り口となるので、そこへの血流が悪化してしまうと、免疫細胞が到達することができなるので、病原菌が繁殖しやすくなり風邪やヘルペス、膀胱炎などの疾患が引き起こされやすくなります。

特に冬は体温を逃がさまいと体が緊張しやすくなるので、末端への血流が悪化してしまうので病原菌に犯されやすくなります。

よって、冬場の免疫向上法としておすすめするのが体表部への血流を活発にするという方法です。
・入浴によって体を温める(入浴後にストレッチをすると完璧)
・体を冷やさないようにする
・みかんやイチゴ、納豆、タマネギ、青魚など血流を良好にする作用のある食べ物を積極的に食べる
・体を温める作用のある食材を摂る(豚肉、羊肉、牛肉、人参、生姜、ニンニク、レンコン、ネギ、ニラ、タマネギなど)
・リラックスしてよく笑う
・心身を酷使しない(冬は無理せず養生を心掛ける)
・適度に筋トレして筋肉を付ける
・適切に水分を補う
などの方法がおすすめです。

特に冬は寒いので喉の渇きを感じにくくなり、水分の摂取が不足しがちになり血流が悪化しますので、意識して水分を補うようにすることをおすすめします。(とはいっても摂りすぎは逆効果になるので「適度に」というのをお忘れなく)

これからインフルエンザが猛威を振るう季節になるので、ぜひ「血流」を意識して生活し、風邪予防に努めてみて下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





1516272037fdrdegbed849.jpg
こんばんは^^昼ごろから急に雨足が強くなり、現在もまだ冷たい雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。雨に濡れると体力が奪われてしまうので注意して下さいね。


さて、「便秘と善玉菌」ということですが、皆さんお通じは如何ですか?今回は便秘と善玉菌の関係性についてご説明したいと思います。

便秘を解消する方法の一つとして便秘薬があります。漢方でも麻子仁丸、調胃承気湯、防風通聖散などの便秘薬があります。病院で出されるアローゼンという薬がありますが、あれも漢方生薬のセンナが主成分となっています。

これら漢方生薬が便秘を治す時に必要なのが腸内に生息する「善玉菌」です。善玉菌により生薬成分が分解され始めて「腸壁を刺激する」という作用を得ることができます。

ある研究にて抗生物質によって腸内細菌を死滅させた後に漢方生薬を用いると、瀉下効果を得ることが出来なかったという結果が得られています。

漢方生薬以外にも、普段我々が口にしている食物の中には、腸壁を刺激する作用のある成分が大量に含まれています。全部とはいいませんが、その多くは漢方生薬同様、腸内細菌によって分解され蠕動運動を促すという作用を得ることができます。

また、腸内に生息する善玉菌は腸管内の老廃物を吸着して便の嵩を増すことによって腸の蠕動運動を促すことや、腸内を酸性にして悪玉菌や病原菌の進入、繁殖を防ぐというメリットももたらしてくれます。

以上のことから、腸内を常に意識してその環境を良好に保つということは、便秘の解消はもちろん、その他健康を維持していくために非常に大事なことになります。

便秘薬を飲んでも便秘が解消されない…という方は、一度腸内環境を徹底的に改善してみては如何でしょうか。

みやわき健康薬局では、腸内環境改善セットをご用意しています。気になる方はぜひ一度ご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





1516185vvdf861314.jpg
こんばんは^^朝から気温が高く過ごしやすい一日となったここ鹿嶋地方です。厳しい寒さが続いていたのでほっと一息という感じでしょうか。


さて、「頭髪を気にしている方は「血糖値」に注意した方がいい」ということですが、皆さん髪の毛は元気ですか?薄毛といえ中年男性の代名詞のような感じがしますが、今は女性の方でも薄毛で悩まれている方が数多くいらっしゃいます。

髪の健康を維持するためには、皮脂の分泌を高めてしまう男性ホルモンが諸悪の根源のようにいわれていますが、実はそれだけではなく血糖値によっても左右されています。

血糖値が高くなると、血液中の糖を排出させようと尿量が増えます。すると血液中の水分量が減少してしまうので、血液がドロドロになり血流が悪化します。また、血液中の糖には糖化という働きがあり、血管及び細胞の老化、線維化を進めてしまいます。それにより血管がボロボロになり益々血流が悪化してしまいます。

また、糖化はコラーゲン層を破壊するという作用があるので、コラーゲン層にある毛根も破壊されてしまい、脱毛が進んでしまうということも考えられます。

漢方の世界では「髪は血の余り」という言葉があり、血液がたっぷりとある状態だと髪の健康状態も維持されるという意味になります。これは当然であり、髪の毛などの細胞は全て血液からの栄養供給によって健康が維持されているということを意味します。

この栄養を供給してくれる血液が血糖値の上昇でドロドロになり、且つ血管がボロボロになってしまっていると、当然、髪の毛への栄養供給が滞るので髪の毛の状態が悪くなるということになります。

もちろん、血液自体が少ない場合や、血液中の栄養素が少ない場合、血液中に毒性物質が混ざっている場合、逆に栄養素が多すぎる場合(脂質異常症など)の場合にも髪質は悪化します。


このように、血糖値の上昇は百害あって一利なし。毛髪の状態はもちろん、ガンへの罹患率上昇、骨がボロボロになる、肌の老化促進、血流悪化による各種血管の病気、目や腎臓の機能低下など様々な病気及び不快症状の原因になります。

生活習慣由来の血糖値上昇は自分で予防、改善することができるので、ぜひ普段より気にして予防に努めて下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




151609752vnvn6632.jpg
こんばんは^^朝から冷蔵庫の中のような寒さとなっているここ鹿嶋地方です。この寒さで日本海側では大雪になっているようです。被害がないことを祈ります。


さて、「こんな時代だからこそ人に優しくする」ということですが、当店にお越しになられたお客様よりとてもためになお話を頂いたのでご紹介します。

そのお話とは「世話になった人には倍以上のお返しをする」というものです。お世話になった時というのは礼をするというのは当たり前のことですが、その当たり前ができないというケースがあります。

例えば歯医者さんに行ったとします。虫歯があるから治療に行き、歯医者はその虫歯を治療する。そしてその対価として治療費をもらうという一連の流れはよくある日常の一コマです。この時、患者側のあなたならどうしますか?日常によるある「客⇔店」のやり取りなので、機械的にありがとうございますというか、心をこめて礼を言うか、それとも何も言わずに立ち去るかに別れます。

この時、冒頭に紹介したお客様は「心を込めてありがとう」と言い、併せて手持ちに何かある時には感謝の意として差し上げるという行動を取るようです。

この行動に対しては賛否両論あるでしょうが、お客様曰く「自分の為にやっている」というのです。人に喜んでもらえると嬉しいし、めい一杯礼をしないと気分が悪くなる、更に「人様があっての自分」なので常に関わった人に対して感謝するようにしているということです。また、相手の立場に立って考えると自ずとこのような行動になるということです。

これは私の推測ですが、その方は御年85歳なので、色々と経験してきてそのような思想に至ったのだと思います。

この話を聞いて、「なるほど…」と思いました。やらしい話、損得勘定で考えて、相手に見返りを求めて裏切られることがあったとしても、相手に好意をもってもらい自分の為に繋がる可能性を高める確率が飛躍的に上がります。また、自分自身のストレスも減少することにより心身の状態を向上させることもできます。

また、おっしゃる通り、人は一人では生きることは出来ません。人は人と関わることによって心身が豊かになり、健康にもなることができます。更に発展や向上も求めていくことができます。これは人類にインプットされた本能であり、生きていく上で欠かすことのできないツールであるといえます。

現代は他人との関わりあいが少なくなり、人間関係や人情が希薄になっているといわれています。これは豊かになったことにより、仕事や情報が忙しくなり心身に余裕がなくなったことが要因の一つではないかと思われます。こんな時代からだこそ、人に優しくすることで人としての優位性を高められるということも考えられます。

バーチャルな世界や妄想に没頭するのも快手段の一つですが、生身の人間の世界の人付き合いにもう少しウエイトを置いてみてもいいのではないでしょうか。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



こんばんは^^引き続き雪こそ降らないものの、厳しい寒さが続いているここ鹿嶋地方です。春が待ち遠しいですね。


さて、「腸内環境を改善すると病気が逃げていく」ということですが、皆さん腸内環境を意識して生活してますか?腸内環境を意識して生活を送ることで病気にならない体を作り上げることができるので、ぜひ今日から意識するようにしてみて下さいませ。

今日のニュースですが、腸内環境を改善することで免疫細胞が活性化させるということが明らかになったという情報が入ってきました。そのニュースがこちら
乳酸菌が腸内の免疫細胞活性化 初めて解明

今まで腸内環境の有用性及び乳酸菌の効果は色々と叫ばれてきましたが、乳酸菌が作り出す多糖体によって免疫細胞が活性化されたことが明らかになったのは初めてのことです。

乳酸菌やビフィズス菌は腸内に生息する善玉菌であり、積極的に摂取することによって善玉菌が優勢となり、腸内の環境が良好に維持されるということが分かっています。

腸内環境を良好に保つことにより、腸の周辺の生息している善玉菌が活性化することや、ビタミンB群の生成、毒性物質の分解排泄、栄養素の吸収などの腸の働きはもちろん、悪玉菌が減少することによって、悪玉菌が腸壁より体内に入り込み悪さすることや、悪玉菌によって生成される毒性物質の度合いを減少させるというメリットもあります。

腸内環境は乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌などを積極的に摂ることはもちろん、
・過食をしないこと
・ストレスを低減させること
・甘いもの、あぶらっこい物を避けること
・飲酒、喫煙を減らすこと
・食物繊維を積極的に摂ること
・食品添加物を減らすこと
・便秘を改善すること
・肥満を改善すること
・口内を清潔に保つこと
・よく噛んでゆっくり食事をすること
・体を冷やさないこと
・適度な運動を日課とすること
なども大事になります。過度のストレスを感じていて、それを飲酒でごまかす。食事は店屋物やコンビニばかり、酒やたばこをやめることができないなどのツケをヨーグルトや納豆で解消しようとする、という生活では腸内環境は改善されません。まずは、腸内環境を悪化させるリスクを排除し、その上で食物繊維やヨーグルトなどを積極的に摂取するようにすることで理想の腸内環境を手に入れることができます。

・美貌を手に入れたい
・仕事のパフォーマンスをアップさせたい
・タフな心身を手に入れたい
・頭の回転をよくさせたい
・運動パフォーマンスを上げたい
・病気にならない体を手に入れたい
などの願望を達成させる第一歩は腸内環境の改善です。

逆に、腸内環境を悪化させると、糖尿病や肝臓病、高血圧、ガン、心筋梗塞などの各種血管由来の病気などの原因になります。特に高血圧と糖尿病とは関連性が強いので、これら疾病の予防、改善を考えている場合には、腸内環境を意識するようにするといいでしょう。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15156663ddd95855.jpg
こんばんは^^昨日の暖かさから一転、今日はまた真冬の寒さに逆戻りしてしまいました。気温差が激しいと体力を消耗しやすくなるので注意して下さいね。

さて、「飲酒と女性の夜勤はガンのリスクが上昇するらしい」ということですが、まずはこちらのニュース記事をご覧ください。
アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に
夜勤の女性はがんになりやすい、研究

まずは飲酒とガンの関係性です。これは今回DNAの損傷がガンの罹患率を高めるという研究結果が明らかになっていますが、以前より両者の関連性は指摘されていました。アルコールは毒であり、毒は体内に入ってくると解毒という処置がなされ体外に排出されます。ということは、毒が分解されるまでに体に与える悪影響、そして毒を分解する臓器に負担が掛かるということになるので、当然、その負担が体力及び免疫の低下を促進させるのでガンの発生率を高めるということになります。

特にアルコールを分解する能力の低い人はガンの発生率が高いというデータがあるので、無理して飲んでいる方などは注意が必要です。

とはいえ、少量の場合には血行促進させることや、少量の毒は逆に体の機能及び免疫を高める(ラドンなどがいい例)という働きがあるので一概にアルコールがダメということではありません。あくまでもケースバイケースであるというのが前提です。


次に女性の夜勤ですが、こちらは欧州と北米に限り、夜勤をしている女性はしていない女性と比べて約20%ガンになりやすくなるというデータが出ているようです。なぜ地域限定なのかというと、この地域に住む女性は女性ホルモンの量が多いから、という見解がなされています。夜勤をしている期間が長いほどリスクが増大するようなので注意が必要です。

日本でも女性ホルモンの量が多い方は同様の注意が必要だと思うので、意識して夜勤を行うようにしなければなりません。

夜勤は自律神経やホルモン分泌など様々な心身への負担をもたらします。よく「規則正しい生活習慣」をいう言葉を聞きますが、これは健康を守る上で一番大事なことです。規則正しく生活することで、体内はそのリズムに従い無理なく健康を維持していくことができるのですが、夜勤などで不規則になると、リズムが崩れて大きな負担が生じます。


ということで、ガンへの罹患率を高めてしまう生活習慣の紹介になりました。リスクは一つずつ確実に減らすことに意味があります。ぜひ参考にして下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



15155782848dsf53.jpg

こんばんは^^朝から春のような生暖かさとなっているここ鹿嶋地方です。気温が急激に変わると何となく変な感じがしますね。


さて、「amazon Fire TV Stickの素晴らしさがヤバい」ということですが、皆さん映画やドラマ好きですか?私は大好きというレベルじゃないものの、ハマれば自分でもびっくりするくらい見続けてしまいます。

そんな映画やドラマを観る手段が日進月歩となっています。ついこの間までスカパーやhulebなどが主流になっていたと思っていたら、今はamazonFireTVやダゾーンなど様々なサービスが台頭しています。

その中で自分が使ってその素晴らしを実感しているのがタイトルにある「amazonFireTV」です。アメリカの企業を勧めるのはちょっと気が引けますが、amazonでショッピングをしている方は絶対にお得なので入った方がいいといえるでしょう。

何故かというと、プライム会員になっているだけでドラマや映画が見放題だからです。プライム会員費用は年単位で払っていると3,900円なので、月単位で計算すると325円で動画が見放題ということになります。この価格は破格だと思います。

しかもFireTVにはいいところがあり、スカパーのようにテレビ方式で放送しているのではなく、観たい動画を選んで視聴することができるので「見忘れる」という心配がありません。また、スマホアプリともリンクするので、スマホでもfireTVのドラマや映画を観ることができます。

もちろん、コアなユーザーには物足りないと思うこともあるので、そのような場合に対してはfireTV内にてネットフリックスやhuleなどを新たに契約して視聴することも可能です。(この場合は新たな契約金が必要になる)


ということで、まるでamazonの回し者のようなブログとなりました。

興味があり使ってみたいという方は、家に光回線がある状態でamazonよりamazonFire Stickを購入してテレビのUSBジャックに突き刺し、amazonプライムに入会するだけでOKです。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






151549225ddd9211.jpg
こんばんは^^今日は朝から厚い雲が空を覆い、さむーい一日となっているここ鹿嶋地方です。体を冷やしてしまうと体力が低下してしまい、食欲不振や風邪を引きやすくなるなどのリスクを招いてしまうので、なるべく冷やさないようにして下さいませ。


さて、「インフルエンザ注意報が発令されています」ということですが、まずはこちらの記事をご覧下さい。

インフルエンザ注意報発令・地域警報発令について

茨城県よりインフルエンザ注意報が発令されました。

インフルエンザが疑われる症状が出た場合には速やかに医療機関を受診するようにして下さい。
・火照り
・発熱
・喉の痛み
・倦怠感、眠気、めまい
・悪寒
・節々の痛み
など、いつもの風邪とは明らかに異なる症状が出た場合には医療機関を受診してインフルエンザの検査を受けるようにします。インフルエンザの検査キッドはウイルスの数が少ないと正常に検査できないケースがあるので、陰性と出ても、インフルエンザが疑われる場合には再度検査することをおすすめします。

インフルエンザは飛沫感染によって人から人へ感染するので
・マスク
・換気
・手洗い
・うがい
・歯磨きをしっかり行う
などを徹底することである程度感染を防ぐことができます。

更に
・腸内環境を良好にする
・運動を行い体を鍛える
・体を冷やさない
・入浴にてヒートショックプロテインを活性化させる
・睡眠をしっかりとるようにする
・バランスのとれた食事を心掛ける
・ストレスを解消する
などを普段より意識して免疫を高めておくことも大事になります。

また、漢方の世界で有名な
・板藍茶
・板藍のど飴
をこまめに利用するとインフルエンザ予防効果を高めることができます。


インフルエンザは治ったと思ってもウイルスをまき散らしてしまうことがあるので、
・発熱してから5日間
かつ
・解熱してから2日経過してから登校、出社するようにしなければなりません。

一番よくないのは明らかにインフルエンザなのに、「休めない」といって出社してしまうというケースです。このようなことをしてしまうと間違いなくウイルスをまき散らしてパンデミックを引き起こす原因になるので、冒頭に書いたような「明らかにいつもの風邪と違う…」という症状が出た場合には、休みをとって医療機関を受診するようにしなければなりません。

インフルエンザは早く治療を始めれば始めるほど改善しやすいという傾向がありますので、なるべく早く治療するよう心掛けるようにしましょう。

インフルエンザ治癒後に咳や痰、鼻づまり、咽頭痛などが残り、鼻汁や痰に色がついている場合には体力の低下によって細菌感染を起こしている可能性があるので、再度医療機関を受診して異なる治療を行う必要があります。インフルエンザが長引いてると自己判断せずに病院を受診するようにしましょう。

もちろん、症状が軽い場合には漢方療法にて改善することができますので、その際はみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15151460ggg10848.jpg



新年あけましておめでとうございます。今年もみやわき健康薬局並びに当「健康ブログ」をよろしくお願い致します。

今年は天気こそ晴れて気持ちがいいものの、風が強く気温が低いお正月となっています。身が引き締まる感じで気持ちいいといったら気持ちいいのですが、取りあえず寒い…というのが私の感想です。

この寒さのような厳しい環境があるからこそ暖かい環境や春に対して喜びがあり、また経済の発展性もあるというメリットもありますが、何年経験しても1~2月の寒さは体に応えますよね。

というような寒さが厳しいお正月ですが、休みボケの頭&体を奮い立たせて本日より新春初売りをスタートさせました。新春初売り!といっても、特に何を用意してある訳ではないのでちょっと自分で突っ込みたくもなりますが…。とにかく、初売りには間違いないので、景気よくおまけを付けつつ頑張って参りますので、ぜひみやわきまで足をお運びくださいませ。

毎年になりますが、今年も例年以上に皆様のご期待に応えられるよう精いっぱい頑張って行く所存でありますのでよろしくお願い致します。漢方薬やサプリメント、そして生活習慣、食生活など、健康に対するアドバイスをさせて頂きます。直接お越しになりご相談されるのはもちろん、電話やLINE、メールなどでも対応させて頂いておりますので、お好みの方法でご相談下さいませ。


それでは今年も一年間よろしくお願い致します。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




1515056024ccc709.jpg
(暗いですね…こんな写真ですみません)
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ