Archive
こんばんは^^今日はちょっと雲が多かったですが、風が爽やかでとても過ごしやすかったです。明日以降もいい天気が続くみたいです。


早い人では明日からゴールデンウイークのようです。1日2日に休みをとれば9連休になります。いや~羨ましいですね。JTBによると、総旅行者数は1969年以降最多だということです。

ということで、当店のゴールデンウイーク中の営業予定をお知らせします。

4月28日       通常営業 AM9:00~PM8:00
  29日        休み
  30日~5月2日 通常営業 AM9:00~PM8:00
5月 3日~6日    休み
   7日~      通常営業



誠に勝手ながら上記の期間をゴールデンウィーク休業とさせていただきます。 ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いします。


皆さまはどこか行かれる予定はありますか?どこかに行きたいものの、どこに行っても混んでるのでちょっと憂鬱になりますよね。我が家は、盛んにCMでやっている「ツインリンクもてぎに行きたい!」という子供達のエールを無視して、いつも通り北茨城でのキャンプに決定しました。ツインリンクもてぎでもキャンプができるのですが、「死ぬほど混んでるよ」という友人のタレこみによって10月に延期になりました。

ということで、皆さん素晴らしいゴールデンウイークをお過ごしくださいませ。




152482511354teryrew1.jpg

こんばんは^^朝から気持ちいい快晴となったここ鹿嶋地方です。ただ風は冷たいので、薄着をして体を冷やさないように注意する必要があります。


さて、「なぜ胃腸の働きは大事なのか」ということですが、漢方では繰り返し「胃腸の重要性」を説く文面があります。また、薬膳なども胃腸の働きを良好にすることを意識したものが多くなっています。

私のツイッタ-や当ブログでも幾度となく胃腸の働きを良好にすることについてお知らせしています。

そして今回もまた飽きることなく胃腸の重要性について書きたいと思っています。またか…と思った方はどうぞスルーして下さい。(書くネタがないもので申し訳ございません)

漢方では胃腸は「後天の精」といわれており、生まれてきてから健康を維持する上で最重要となる臓器とされています。胃腸がちゃんと動いていることにより、口から入ってきた栄養素を吸収することができるので重要なのです。

もし、胃腸の機能が低下していると、皆さん胃腸の調子が悪い時を想像して頂くと分かると思いますが、食欲がなくなり、更に無理に食べても胃もたれして気分が悪くなり、次の食事が入らなくなります。

皆さん分かっていると思いますが、人間の体は物体があり、その物体を動かすエネルギーを得るためだけに食事を摂るのではなく、細胞全て、筋肉や髪の毛、爪の垢に至るまで全てが食べ物から出来ています。日々細胞が入れ替わり食べ物が体の一部となっているのです。

よって、胃腸が弱り栄養素を吸収することができなくなると、途端に全身の細胞が入れ替わることができなくなるので
・顔色が悪くなる
・肌がかさつく
・体が重い、だるい
・風邪を引きやすい
・機嫌が悪い
など、調子が悪いという症状が出やすくなり、その調子の悪さが病気に繋がっていきます。

胃腸が丈夫だと、常に新鮮で潤沢な栄養素が入ってくるので、心身共に健康で若々しくエネルギッシュで病気知らずな状態を保つことができます。しかし、毒性物質を分解する能力も向上するので、悪いものも取り込まれにくくなります。

要するに、あまり体によくない食べ物ばかり食べていても、胃腸が丈夫ならばさほど悪影響がないといえるのです。

よく、栄養学などでビタミンやミネラル、アミノ酸などをしっかり摂るようにということが書いてありますが、それも大事ですが、胃腸の機能を維持することの方が実は大事なのです。

胃腸の機能を維持するには
・冷たい物、生ものは控えめに
・食べ過ぎはしない、腹八分目
・食物繊維をしっかり摂る
・炭水化物、脂質、タンパク質をバランスよく食べる
・睡眠の3時間前からは飲食しないで胃腸を休める
・ストレスから遠ざかる
・よく噛んでから飲み込む
・甘いものは控えめに
・歯と歯茎を清潔に保つ
・運動をして体力を高める
・規則正しい生活習慣として食べる時間をいつも同じにする
ことなどが大事になります。


胃腸の不快症状に関してはみやわきまでご相談下さいませ。






ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




15247391105gnmf11.jpg
こんばんは^^今日は朝から体が重いと思っていたら案の定夜になって雨が降り出しました。これから外出という方は雨に濡れないように注意して下さいね。


さて、「体が弱い人ほど体質改善はゆっくりやる必要がある」ということですが、皆さん体質改善行っていますか?

・花粉症だから腸内環境を改善する
・アレルギー持ちだからスポーツを日課として心身を鍛える
・胃腸虚弱だから漢方薬及び薬膳で改善している
・不妊症だから漢方薬及び生活習慣の改善で体質改善している
・冷え性だから食べ物及び入浴で改善する

など、ウイークポイントを治そうと体質改善を試みている方もいらっしゃると思います。

そんな時に注意して欲しいのが「急激に行うと必ず失敗する」ということです。

特に体が弱い人ほどその傾向が強くなるので注意が必要です。何故かというと、心身が弱い方の場合には、例えば筋力トレーニングをして体力を付けようとする場合、体力が足らないので体力が付く前に体力の低下によって続かなくなってしまうからです。

精神疾患の罹患歴が長く、漢方にて体質改善するという場合にも、体力が乏しい場合には神経が必要以上に過敏になっている場合が多く、漢方薬の軽微な刺激に対して過剰な反応を示してしまい、それが不快症状を引き起こして続けることができなくなってしまうことが往々にしてあります。

よって、体が弱い人は
・生活習慣の改善
・食事のバランス改善
・ストレスの緩和方法
・漢方薬
・運動
・カウンセリング
を包括的に少しずつ進めていく必要があります。

とにかくゆっくりと、疲れたら休み1歩後退するというのを繰り返して辛抱強く行っていくことにより前進していきます。とにかく投げやりにならないこと、刹那的にならないことを肝に銘じてゆっくりと淡々と前向きに歩いていくことです。

お悩みの方はみやわきまでご相談くださいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



152456afg6634597.jpg
こんばんは^^朝から雲が多くちょっと肌寒い一日となりましたここ鹿嶋地方です。日々気温差が大きいので体の調子を崩さないように注意したいですね。


さて、「安い商品を探していると自分が悪者になったような気分にさせられる」ということですが、このところ、自分にしては10万~20万円という大きな買い物が続きました。

生活必需品なのですぐに購入しなければならないものばかりです。

以前ならば、お世話になっている業者さんにお願いし、価格もその業者さんの言い値で少しおまけをして支払い納得していたのですが、今は情報化社会。ちょっとネットで調べれば
・どのような商品を購入したらいいのか
・現在流通している商品の最安値
が分かってしまいます。

なので、電話でお世話になっている業者に価格を聞き、更に地元の量販店などにも聞いた挙句、やっぱり最安値の通販業者で購入するという方法をとってしまうと、「自分が悪者になったような気分」になります。

私自身も小売店の店員をやっているので、お客様が最安値という価格だけに注目してそちらで買い物をするという状況をあまりよく思っていません。

消費者にとっては安い=素晴らしいことですが、売る側にとっては消耗戦となってしまい共倒れの原因になるからです。

更に、店舗と人材を抱えている実店舗とシステムと貸店舗だけで経営しているネット販売店とでは価格競争になる訳がなく、圧倒的にネット販売店の方が「有利」なので、実店舗側である自分にとってネットを優先するというのが何とも許せないのです。

今はamazonなどの進出により実店舗が次々と廃業に追い込まれているという現状があります。これはこれで時代の波なので止めようはありませんが、何となく機械的な味気ないネット販売が主になるのは寂しい気がしますね。

そのうち、目で買い物を楽しむショッピングもなくなってしまう日が来るのかな?という気もします。


ある映画で、未来の人間は宇宙人のように手や足が退化して頭と目だけが大きくなるというのを観たのですが、このままだと自分で動くことなく暮らせることができるようになるので、本当に人間はそのように進化していくのかもしれませんね。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




152447ddd7575334.jpg
こんばんは^^引き続き気持ちのいい春の陽気に包まれているここ鹿嶋地方です。明日はかなり暑くなるようなので、外で作業する方は熱中症対策などをして行ってくださいませ。


さて、「歯茎の腫れ、出血に外れナシのサプリメント」ということですが、皆さんの歯茎は元気ですか?口の中というのは意外に菌だらけで、唾液の分泌や口内温度、免疫の活性などが低下してしまうと、一気に病原菌が増えて歯茎に炎症が生じます。

もちろん、口内環境だけではなく虫歯による歯茎の腫れもありますので一概にはいえません。もし歯医者さんに行き「特に虫歯ではない」といわれたのにも関わらず、歯茎の腫れや出血が続くといった場合には、口内環境の悪化が原因かもしれません。

そんな時に抜群の効果を発揮するサプリメントがあります。そのサプリメントは「バイタレジーナ」という枯草菌が主成分となっている商品です。

枯草菌は納豆を作る際に使われている菌です。この菌がなぜ歯茎の腫れや出血に効くのでしょうか?それは病原菌を死滅させる働きがあるからです。

枯草菌は納豆にも使われている安全で無害な菌ですが、その働きは比較的鮮烈で、口内に放たれると急激に増殖して病原菌のエサを食い尽くします。エサがなくなった病原菌は死滅するしかなくなるので、病原菌によって生じた歯茎の腫れや出血といった症状が改善されます。

枯草菌はそのまま食道~胃~肛門へと移動する過程で同じように病原菌のエサを奪いながら増殖するので、エサがなくなった病原菌が死滅しますので、消化器系全般の環境が良好になります。約3~5日で便として排出されるので、増えすぎて体の健康が損なわれるということもありません。

病原菌のエサを奪うなら善玉菌のエサも奪い善玉菌も死滅させてしまうのでは?という考えになりますが、善玉菌は死滅させる逆に増殖させるという作用が確認されています。


このような病原菌への作用があるので、当然風邪ウイルスや細菌に対しても抑制効果が期待できます。風邪予防としても販売していますが、効果はビックリするくらい高く皆さん口を揃えて「全く風邪をひかなくなった」とおっしゃられます。

以上、素晴らしいバイタレジーナという商品の紹介になりました。

気になる方はぜひみやわきまでご連絡下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





1524220111gregt262.jpg




こんばんは^^朝から気持ちのいい天気になったここ鹿嶋地方です。雨上がりの日って本当に空気がおいしいですね。


さて、「糖尿病を改善する方法の一つ」ということですが、今、世界的に爆発的に増えている疾患の一つとして「糖尿病」があります。

糖尿病のほとんどは生活習慣が原因で生じる2型糖尿病とされており、食べ過ぎや運動不足、飲酒の習慣、ストレスなどで発症し、悪性ガンや目の病気、骨がスカスカになる、腎臓の機能低下、感染症の罹患上昇などのリスクがあります。

正に病気のデパートと呼ばれている疾患なので早期のうちに治さなくてはなりません。

一般的に糖尿病の治療としては
・カロリー制限
・運動
・規則正しい生活習慣の確立
・飲酒制限
・ストレスフリー
などが有効とされており、まずはこちらの方法を実践しながら改善を試み、ダメな場合や数値的に厳しい場合には投薬治療によって糖の吸収を抑制、排泄を促進するという治療法を用います。

これらは糖に標準を当てている治療法であり、いかにして血液中から糖を追い出すかということを目的としています。


漢方薬による治療法は、以上の方法とはちょっと違う方法を用います。漢方による治療の目的としては、臓器の機能を向上させて血液中の糖を標準に戻すということを行います。

血糖値が上がる理由は
・胃腸の機能低下(膵液の分泌や吸収調整能力の低下)
・膵臓の機能低下(インスリン及びグルカゴンの分泌調整不能)
・肝機能低下(糖新生機能の亢進及び低下)
・自律神経機能の低下(命令形の機能失調)
などが原因として挙げられます。

これらは全て食べ過ぎやストレスによって臓器や脳が疲れてしまっていることによって発生します。原因は機能低下なので、機能を戻してあげることで改善に導きます。

これが出来るのは漢方だけです。厳密にいえば、食事を制限させることやストレスフリーに勤めることによって、臓器が休められて機能を向上させることができるので、「休む」「制限する」ということも臓器の改善になりますが。

漢方には内臓及び脳神経の働きを高めることができます。それによって糖尿病を改善に導きます。改善するためには時間を要しますが、効果は上々であり、合併症の予防、改善効果があることからお客様から非常に喜ばれます。

お悩みの方はぜひご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





152413529greg6071.jpg

こんばんは^^朝から厚い雲に覆われてちょっと肌寒く感じる一日となったここ鹿嶋地方です。日によって気温差がありますので、体を冷やさないように注意したいですね。


さて、「漢方がモヤモヤしているのか現代医学がモヤモヤしているのか」ということですが、皆さん漢方に対してどのような印象をお持ちですか?漢方は現代医学のように「胃潰瘍には胃酸抑制薬」というように治療方法が決まっている訳ではなく、胃潰瘍でも胃酸を抑制させるものもありますし、逆に消化を促進させるもの、その他、胃の働きを助けるもの、胃を温めるもの、逆に冷やすものなど多岐に渡ります。

このように、同じ症状、疾患でも用いる薬が異なるので、人によっては「モヤモヤ」した印象を受けるケースもあるようです。

更に、治療の期間においても、人によってはすぐに治る場合もありますが、2~3年かかってしまうケースまで幅があることもモヤモヤポイントようです。

このモヤモヤですが、実は我々専門家からすれば至極当たり前のことであり、むしろ現代医学のように同じ症状=同じ薬の方がモヤモヤします。

人間の体は皆個々違います。体が温かい人もいれば冷えている人もいます。免疫が強く血液が濃い人もいれば、免疫が弱く年中貧血傾向の方もいます。更に、内臓に関しても胃腸が強い方もいれば弱い方もおり千差万別となっています。

体全体としてみても、いくらタフな運動を続けても全く動じないばかりか、逆に強靭になって行く方もいれば、日に日に弱ってきてやがて病気になってしまう人もいます。同じストレスを受けても、精神疾患を発症する人もいればしない人もいます。

このように皆心身の状態が異なるので、例えば同じ胃潰瘍であっても治療法が異なるのです。更に、その病状の軽重、罹患期間の長い短い、その他の病気、症状、体質、五臓の状態などを加味すると、治療法が異なるのは当たり前のことです。また、治療の期間も違ってきます。

現代は現代医学が標準治療となっており、漢方薬は未だに民間療法的な見方をされていることが多いので、ハッキリと画一的ではない医療の漢方薬に対してモヤモヤするのはどうしようもないことですが、そのモヤモヤが実はその人に一番合っているオーダーメイド医療だということを分かって欲しいですね。

このような特徴があるので、処方を決定する際も毎回かなり悩みます。その悩み故、「本当に大丈夫かな?」「自信ないんじゃないの?」と見受けられることもあるようですが、これも漢方故の特性であり、逆に「すぐに処方が決定する方が怪しい」といえます。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



1523961ffffff684843.jpg
こんばんは^^朝から気持ちのいい天気となったここ鹿嶋地方です。気持ちはいいものの、ちょっと肌寒い風が吹いていますので、体を冷やさないように注しなければなりません。


さて、「偽物が大問題になっているみたいですね」ということですが、このとこニュースにて
・漫画村などの海賊版サイト問題
・偽ブランド品が世界的に増えている
・日本の食品や化粧品を模倣した偽物が出回っている
・ネット通販の偽物問題
・Amazonやその他通販サイトの偽サイト問題
などが連日報道されています。

その他、中国などでは漢方薬の偽物が数多く出回っており、それを危惧して日本の漢方薬を買い求める中国人が多くなっているというニュースも入ってきています。

もう何が本物か分からない!

というのが消費者の本音ではないでしょうか。

ここで頼りになるのが「本物しか取り扱わない店舗での買い物」です。amazonの偽サイト問題のように、ネットでは本物だと思って買い物していても、サイト自体が本物そっくりの偽物という件も数多くあるので、真の安心を手に入れたいのであれば信頼のおける路面店で購入するしか手はありません。

と、この考えはちょっと極端ですが、もし漢方薬及び医薬品を購入したいというのであれば、きちんと地域に根を下ろして逃げも隠れもしない日本の企業より購入した方がいいというのは言うまでもありません。

当店でも「相談した後」であれば通信販売を行っておりますので、もし「時間がなくて薬局に行けない」「遠いので行くことができない」などの都合がある場合には対応しますのでぜひご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




1523876274ffff912.jpg

駐車場がやっと完成しました。
こんばんは^^朝から気持ち良く晴れて初夏のような暖かさになっていたものの、夕方から急に気温が下がり4月の気候に戻ってしまったここ鹿嶋地方です。


この春特有の気候によるものか分かりませんが、「風邪」を引いてご来店される方が多くなっています。

皆さん真冬のような悪寒や発熱といった症状ではなく、咽頭痛や咳といった細菌性の風邪を疑わせるような症状を訴えてご来店されています。

細菌性の風邪といえば抗生物質ですが、生憎漢方薬局では取り扱っていないので、炎症を緩和させたり、自己免疫力を向上させるような漢方薬をおすすめしています。

細菌、ウイルス問わず、自己免疫を向上させると共に、炎症や咳を抑えるなどの対症療法をとることにより寛解に持ち込むことができます。

この時期は特にインフルエンザウイルスのような毒性の強い風邪は流行していないので、口内や皮膚に生息している常在菌(細菌)による風邪が多いことが推測されます。

要するに、体を冷やしてしまう、ストレスで体力を消耗してしまう、気温差による自律神経のアンバランスなどにより、免疫が低下して常在菌が増えて風邪症状が出てしまいます。(もちろんウイルス感染もあると思います)

よって
・体を冷やさない
・無理をしない
・冷たい飲み物を摂りすぎない
・風に長時間体を晒さない
・寒暖差に気を付ける
などを徹底して体力及び免疫を低下させないということが大事になります。

また、新年度ということで、慣れない環境に身を置くことによる心身の消耗なども考えられるので、夕方以降はしっかり体を休めるようにするということも大事になります。

更に、花粉症などのアレルギーによって粘膜が傷ついていることによって感染症になりやすい、ということも風邪への感染を高めます。


ということで、以上のようにこの時期は心身へのダメージが増える時期になりますので、しっかり体を養生して風邪予防、治癒に努めて下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






1523529gggg351812.jpg
こんばんは^^今日は風がめっちゃ強かったですね。畑のあるところなどでは土埃で前が見えなくなっていた場所もあったようです。


さて、「筋肉がピクピクとする原因と対処法」ということですが、皆さん手や足の筋肉や頬の筋肉がピクピクと痙攣することってありませんか?

そのピクピクの原因はズバリ「ストレス」です。筋肉は神経の刺激によって動くのですが、その神経刺激が誤作動を起こしてしまうと付不随意にピクピクと筋肉が刺激を受けて動いてしまいます。

ストレスは自律神経を狂わせて自律神経失調症という病気を引き起こしますが、それ以外にも血流の悪化や血管の炎症、活性酸素の発生を高めてしまうことによる老化の促進、免疫の低下など様々な不快症状を生じさせます。

当然、神経に対しても炎症を引き起こしたり、脳の過興奮による誤作動なども起こり得ますので、神経の動きに誤作動が生じてピクピクという何とも不快な症状を生じさせる原因になります。

腕や足の筋肉はもちろん、頬や瞼などの痙攣を引き起こすこともあります。


ストレス以外にも
・飲酒
・カフェインの摂取
・アレルギー
・睡眠不足
・辛いものなどの摂取
・運動負荷
・風邪などの感染症
・貧血
などによっても神経が刺激されて出ることがあります。


改善法としては何か原因が考えられる場合にはそれを改善し、ない場合にはストレスフリーを心掛けて心身を休めることを心がけます。

漢方薬では逍遥丸や抑肝散など神経の高ぶりを抑えるものが適応になります。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




1523442errtt828018.jpg
こんばんは^^今日は朝から爽やかという言葉がしっくりくる一日となりました。本当に過ごしやすい日が続きますね。


さて、「妊娠したい!と思う人は葉酸の摂取よりも食事のバランスを整えましょう」ということですが、妊娠初期に葉酸が不足すると胎児の発育障害が出るというアナウンスがされているので、それが周知されて葉酸を摂取している方は増えてきていると感じられるようになりました。

しかし、一方で食事のバランスや生活習慣の改善をしっかり行っているという方はあまり見受けられません。

これにはものすごくギャップを感じます。本来、妊娠前の母体の健全化、妊娠した際の胎児への栄養供給などに対して大事なのは食事と質の良い生活習慣の確立です。何故かというと、人間の体は食べ物から出来ており、生活習慣によって健康、免疫、ホルモン分泌、自律神経のバランスがとれているからです。

もちろん、葉酸やビタミンB12も大事ですが、これら栄養素もバランスの取れた食生活を心がけていれば不足することはありません。もっといえば、葉酸だけではなくタンパク質やビタミンA、C、EPA・DHA、各趣ミネラルなども必須の栄養素であり、結局はバランスの取れた食生活が大事だということに行きつきます。

食事で意識するのは
・加工食品は摂らない(スーパーの惣菜も×)
・生鮮食品(魚、肉、野菜、果物)を調理してバランスよく食べる
・甘い清涼飲料水やチョコレートなどの間食は程々に
・味付けは薄味に
・旬のものを意識して食べるようにする
・冷たい飲みものは×
・外食は控えめに
・なるべく多種多用の材料を使い料理する
などが大事になります。

それを意識しつつ、自分のベスト体重が維持できる(痩せすぎは×)ような食事の量に調整するようにします。太っている場合には急に量を減らすのではなく、腹八分目程度に減らし、食事のバランスはしっかり守るようにします。

現代は仕事をしている方が多く、更にスーパーなどに便利な惣菜が多いことなどにより、自分で生鮮食品を料理して食べるという家庭が減ってきているようです。しかし、妊娠も健康も全て食事によって決まる!といっても過言ではないので、食事だけはしっかり守るようにして行って欲しいと思います。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい







1523270219rt824.jpg
こんばんは^^朝から真冬のように寒い…とかじかんでたら、ニュースで平年並みという報道がされていて、何となく自分の弱さが嫌になっている今日この頃です。


さて、「現代人のお腹にカビですか!?」ということですが、皆さん、自分の大腸の中がカビだらけ…と聞いたらどう思いますか?ちょっとショッキングですよね。まずはこちらの記事をご覧ください。
感染症を生む悪循環に…現代人のおなかに“カビ”が増えた理由

ちょっと大げさな感じはしますが、クリニックの院長先生が責任もって書いている記事なので本当なのだと思います。カビの正体はカンジダという真菌です。カンジダ膣炎や咽頭炎、性病の原因になることでも有名です。

ジメジメした場所を好み「常在菌」なので誰でも体内に多かれ少なかれ持っているのですが、免疫や善玉菌などによってその数は抑制され、健康にとって脅威とならないくらいに保たれているのが現状です。

しかし、体力の低下や妊娠時など免疫の低下があると、一気にその数は増えて粘膜に炎症を起こすことがあります。更に増殖して血液中にて増えてしまうと全身性カンジダ症を引き起こすこともあります。

そんなカンジダ症ですが、腸内にて増殖している例が多いと書かれています。その原因は抗生物質や胃酸抑制剤の多用、甘いものの過剰摂取、気密性の高い住居が増えたことなどとされています。その他、保温性の高い衣服を着ることが多くなったことや、ステロイド剤の使用、運動不足による体力の低下、清潔すぎる環境による免疫低下なども原因だと思います。


改善には腸内環境を健康に保つことが大事です。
加工食品の摂取や食べ過ぎ、食物繊維の不足、冷たい飲みものなどを改善すると共に、規則正しい生活習慣、ストレスから遠ざかることなどを意識するようにします。加えて納豆やヨーグルト、味噌汁などの発酵食品の摂取も併せて行うようにします。

特に私が問題だと思うのは「胃酸を抑制する薬」の乱用です。胃酸は消化を促進するという働き以外にも、病原菌を殺菌するという働きもあります。この胃酸を抑制してしまうと食べ物に混ざって入ってくる病原菌が殺菌されないので、体内に病原菌が多く取り込まれてしまうということになります。事実、呼吸器疾患や腸内環境の悪化、肝機能障害などとの関連性が指摘されています。

胃に不快症状がある場合には、まず食生活や生活習慣を見直して改善に導くということを行い、必要であれば漢方薬程度で改善していくという方が健康的だと自分は思います。

もちろん、胃炎や胃潰瘍などがあり、絶対に胃酸を止めなくてはならないという場合は別になります。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






15229220449xzscs84.jpg
こんばんは^^朝から真夏のような暑さとなったここ鹿嶋地方です。しかし、明日は一気に気温が下がるようなので、服用を調整して体を冷やさないようにしなければなりません。


さて、「親のモラルが低下しているらしい」ということですが、まずはこちらの記事をご覧ください。
最近の親はモラル低下? 「注意しない、スマホばかり見てる」と厳しい声も

記事はちょっと偏った意見もあるので何ともいえませんが、何となく給食費未払いの問題も含め、モラルというか常識というか奥ゆかしさというか何かが欠如しているのは間違いありません。

しかし、人間というのは完璧というのは難しく、何かが秀でていれば何かが欠落しているというのが常であり、そう考えるとモラルの低下も仕方ないことなのかなと思います。

今の親たちは核家族で育ってきたものがほとんどであり、自分を教育してくれたのは自分の親だけというケースが多いです。それにより昔のようにおじいちゃんおばあちゃんや親せき、近所の人からというように、沢山の人から教育を受けるということがありません。

また、親にしても共働きやストレスが多いのでどうしても子供にかける時間が減ってしまいます。

このような状況によりモラル教育が不足しているということが考えられます。

更に、ネットにて自分の意見を包み隠さず言えること、接客が「お客様は神様です」になったこと、皆の生活水準が上がったことなどにより、モラルというか社会全体の考え方が変わってきていることなども関係しているような気がします。


このような理由によりモラル低下が叫ばれ始めているのかなと思います。

一ついえるのは、子供は親を見て育つので、その辺をしっかり意識して親は責任ある生活を送らなければならないということです。今日から心を入れ替えて頑張らなければ…。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



15228gggg38053797.jpg
こんばんは^^朝から初夏のような暑さとなったここ鹿嶋地方です。桜もあっという間に散ってしまい、今年のゴールデンウイークは30℃を超える感じでしょうか?(笑)


さて、「体重を落としたいと思った時にやるべき事」ということですが、皆さん体重管理はきちんとされていますか?体重が適正に保たれていないということは、健康へのリスクが高まっているというケースに繋がることが多いのでしっかり管理するようにしましょう。

そんな体重ですが、体重を落としたいと思った時にやるべきことがあります。ごく当たり前のことなので「なんだそんなことかよ」と思う方がほとんどだと思いますが、意外と忘れていたり、気付いていないケースがあるのでしつこく念を押したいと思います。

まず体重を落としたい思ったら、摂取カロリーを制限することが大事です。人間は消費カロリーというものが決まっていて、その消費カロリー以上のカロリーを食事やおやつにて摂取しなければ、健康であるという前提の場合、絶対に太るということはありません。

もし、食べてないです。と言い張るなら食べているものを全部書きだしてカロリーを計算してみて下さい。1800~2000kcalよりも多ければ太る原因になるということになります。

実は食事を3食しっかり食べればそれだけであっさりと摂取カロリーに達っするケースがほとんどです。それ以外に、甘いコーヒーやおやつ、寝る前のスナック菓子、弁当と一緒に食べるカップラーメン、疲れた時に飲む栄養ドリンクなどは全て身になってしまうと考えた方がいいでしょう。

人間は一度楽な生活、美味しい食事という「快楽」を知ってしまうと元に戻れないといわれています。それが人間の本能であり、ここまで進化できた力になっています。そのような本能がある訳なので、それを覆す(高カロリー食やおやつを制限する)というのは本当に難しいことです。

よって、よほど心を決めてしっかり取り組まないと「摂取カロリー<消費カロリー」にはなりません。

薄々痩せない原因が食事のカロリーや間食、甘いおやつにあることが分かっているあなた!ズバリその通りです。今からその自覚をしっかり持ち改善するようにしましょう。


肥満は
・高血圧
・高血糖
・脂質異常症
・心臓への負担増
・老化の促進
などを招きます。

見た目だけではなく、内臓や血管など全てにおいてリスクとなるので改善するようにしましょう。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






1522751528ergfew388.jpg
お客様より「自家製蕎麦」を頂きました。ものすごく美味しかったです。何より「気持ち」が嬉しかったです。
こんばんは^^本当に春ですね~。桜は散り始めましたが、チューリップや水仙など、様々な花たちが咲き乱れています。何となく気分があがりますよね。


さて、「花粉症が軽くなった人々」ということですが、皆さん今年の花粉症は軽いですか?それとも重いですか?当店に起こしになられているお客さまで劇的に軽くなったという方が数名いらっしゃるのでその理由についてご紹介したいと思います。

皆さん、毎年花粉症に悩まされており、当店にて花粉症状の緩和に役立つ漢方薬をお求めになるのですが、よく効くといわれる時もあれば、病院の薬と併用しないと効果が感じられないという時もあり、非常にバラつきのある方ばかりでした。

そのような方々に対して、体質改善として抗酸化作用のある漢方薬を、症状が無い時もずっと継続して服用するようにおすすめさせて頂きました。

漢方薬の種類はその方の体質や年齢などを考慮して合うものをご紹介しました。

その結果…


皆さん見事花粉症の症状が劇的に軽くなりました。花粉症の薬飲まなくても大丈夫な方がほとんどで、必要なケースでも症状がある時だけ頓服として利用するだけで症状を抑制させることができます。

このような結果は今年になり始めて得られたのではなく、もう何年も前から得られている効果なので、私自身としてはそれほど珍しくないのですが、それでも何となく嬉しくなったのでご紹介させて頂きました。

抗酸化作用のある漢方薬を服用すると、毛細血管の血流がよくなることや、細胞の老化や損傷の緩和、免疫バランスの安定などの作用があるので効果を得ることができます。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15226653379rrrr36.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ




FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ