FC2ブログ
Archive
タイトル通り拾ってきた子猫の飼い主さんを募集していたのですが、無事飼い主さんが決まりました。

ご協力頂いた皆様本当にありがとうございました。


寂しさの中数日間の間震えていた子猫ちゃん。やっと温かい家庭で過ごすことができますね。

本当によかったです^^
こんばんは^^今日は久しぶりに気持ち良く晴れましたね。とはいっても、また明日から台風によって天気が悪くなるようなので注意が必要です。


さて、「男性ホルモンは飲酒、肥満、寝不足で減少する」ということですが、昨今は晩婚化が進み不妊症で悩まされている家庭が増えています。その不妊症の原因の一つとして男性不妊があります。男性不妊は男性ホルモンの低下によって引き起こされることが多く、その原因として考えられている飲酒、肥満、寝不足を改善する必要があります。

まずはこちらの記事をご覧ください。

男性ホルモンが減る? ビール飲み過ぎや寝酒に注意


記事によると長期に渡る飲酒や大量の飲酒は肝臓はもちろん、精子の細胞分裂を阻害して男性ホルモンを低下させると共に、精子事態にも悪影響を与えることや、肥満と寝不足は男性ホルモン低下に関与していることなどが書かれています。

肥満と睡眠不足は統計上テストステロンレベルが低いことが分かっているとされており、更に寝酒は睡眠の質を低下させるのでよくないと説明されています。

ということは、仕事でストレスを感じ、そのストレスを酒や暴飲暴食で紛らわし、睡眠時間も削る傾向にあるというよく見受けられる光景はテストステロンレベルを著しく低下させているということになります。

テストステロンレベルが低下すると、男性不妊だけではなく、全身の血流が著しく悪化するので
・インポテンツ
・心臓疾患
・脳梗塞
・目の異常
・腎臓疾患
・見た目の老化
・頭痛や肩こり
・痔疾患
・冷え症又は顔ののぼせ
・顔色が悪い
・情緒不安定
・不眠
などの疾患が出やすくなるので注意が必要です。


このように男性ホルモンは単に精力や髭の成長、筋力の増強だけではなく、全身の健康全てに影響を及ぼしています。

よって、男性ホルモンをいかにして維持していくかということを考えていく必要があります。単に精のつくものを一生懸命食べるのではなく悪影響を及ぼすものを排除するということにも着目していかなくてはなりません。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい



DSC_2ccccc366.jpg
こんばんは^^今日は朝から気温が低く、夕方から雨が降り更に寒くなってきたここ鹿嶋地方です。体を冷やすと風邪を引きやすくなるので注意して下さいね。


さて、「抑肝散加陳皮半夏と桂枝加竜骨牡蠣湯」ということですが、先ほどN様より漢方薬を服用してすっかりイライラや不安感が落ち着いたという報告を受けたました。

N様は51歳で更年期真っ只中、更年期障害に悩まされていて、特に手足の冷えと心身の疲れ、動悸、イライラと不安感に悩まされていました。体の線が細く色白でいかにも「冷え性」という印象を受けました。胃腸の方もあまり強くなく、気持ちが不安定だとお腹も空かないことが多いということです。

その他色々とご相談させて頂き、心陽虚、肝陽化風などの症状があるということで抑肝散加陳皮半夏と桂枝加竜骨牡蠣湯をおすすめさせて頂きました。

その結果

約2週間の服用で見事諸症状が8割がた改善しました。N様にはもう少し同処方を服用して頂き、ある程度自信がつきましたら桂枝加竜骨牡蠣湯に少量のハチミガンで様子をみてもらおうと思っています。


更年期の不定愁訴は非常に多種多様で症状が重い場合は外出も家事も困難になるケースもあります。なので、なるべく症状が軽いうちにその人の症状に合った改善法を行わなければなりません。

漢方薬は個人の症状に合ったオーダーメイド治療ができると共に、依存症などの心配もないことから非常に有用であるといえます。また、更年期障害の原因となっているホルモンの低下も改善することができるので、「根本から症状を改善できる」というメリットもあります。

お困りの方はぜひ!お電話やメール、LINEなどで相談した後に漢方薬をお送りすることができます。お近くに漢方薬局がない場合にはみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_241kuyk4.jpg
こんばんは^^今日は一日強い雨が降り続いたここ鹿嶋地方です。明日は娘の遠足の日なので晴れて欲しいですがちょっと難しそうですね…。


さて、「子猫をもらってくれる方を募集しています」ということですが、妻が昨日うちの駐車場で泣いている子猫を見つけて拾ってきました。このところ雨が多かったで、その中をずっとこの小さな体で生きていたのかな?と思うと「しんどかっただろうな…」と思ってしまいます。

子猫は大体生後2~3カ月くらいでしょうか。人懐っこくて誰にでもすぐに慣れて遊び、なでるとゴロゴロと喉を鳴らします。健康状態もよくエサもよく食べて元気に遊びまわっています。

見つけた当時はノミだらけで痒そうだったのですが、全て退治して今ではもう綺麗な状態です。

毛質は日本猫タイプではなく、やや細く長いペルシャ猫系でしょうか。写真では真っ黒にみえますがやや茶っぽい感じです。

性別は「オス」です。


ということで本日は子猫を飼ってくれるくれる方の募集となりました。


欲しい!!!!という方はみやわきまでご連絡下さいませ。
TEL0299-82-6897
LINE「takashi6897」




153779dfw6177227.jpg
こんばんは^^朝からずっと今日は冷たい雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。気温が一気に下がっていますので体を冷やさないように注意して下さいませ。


さて、「漢方で考える口臭の原因と対策」ということですが、最近はエチケットが重要視されており、先日の体臭と共に口臭もしっかり自分自身で管理して改善する必要があります。

それでは口臭の原因と対策をご説明します。

まず、口臭の原因として一番多いのが「胃熱」による口臭です。文字通り胃に熱が入っていることにより、飲食物及び消化器の粘膜、粘膜上に住みつく細菌などが蒸されてむせ返るような強い口臭を発します。

原因はストレスや飲酒、あぶらっこい物、味が濃いものの食べ過ぎです。舌が赤い、口内炎、歯茎からの出血、口が渇く、便秘、尿が濃い、舌のコケが黄色いなどの特徴があります。

改善法は飲酒はNG、あぶらっこい物、肉食を減らす、ストレスから遠ざかる、便秘の改善、睡眠時間の確保、野菜や海草を茹でて食べるなどを心がけます。漢方薬では黄連解毒湯、インチンコウトウ、大柴胡湯、ハンゲシャシントウなどを用います。


次に多いのが消化不良の口臭です。胃腸の機能低下、食べ過ぎ、胃の冷えなどによって発生ます。食べたものが消化されずに胃腸に残るので、その飲食物が腐敗臭を発します。酸味のある口臭、腹の張り、ゲップ、食欲不振、軟便、臭いガスなどの特徴があります。

改善法は腹八分目でよく噛んで食べる、間食はしない、甘いものは食べないなどとして消化を促進する作用のある紫蘇やニラ、生姜、わさび、ハトムギ、サンザシなどを利用するようにします。漢方薬では晶三仙、平胃散、ハンゲコウボクトウなどを用います。


三番目として挙げられるのがストレスによって唾液の量が減少して口内が乾燥し口臭が発生するという状態です。精神的緊張やイライラ、不安感、胸や脇の張り、のぼせ、目の充血、便秘と下痢が交互、不眠などが付随する傾向にあります。

改善法はストレスから遠ざかる、軽い運動、ストレッチ、瞑想、ぬるめの入浴やセロリ、酸っぱい食べ物全般、あさり、しじみ、そばなどを利用するようにします。漢方薬では逍遥丸、加味逍遥散、柴胡加竜骨牡蠣湯などを用います。


以上以外として
・肺炎や気管支炎:膿の腐敗した臭い
・歯槽膿漏:腐敗した臭い
・ダイエット:ケトン臭・甘酸っぱい臭い
・糖尿病:ケトン臭・甘酸っぱい
・虫歯:苦い臭い
などもあります。



健康な人の口臭のほとんどは食べ物や飲みものの影響を受けています。よって、自分の口臭を自覚した場合には飲食物に注意するようにするといいでしょう。


お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




DSC_2fd360.jpg
こんばんは^^朝から雲が多くいつ降るかな?と思っていたら3時頃から冷たい雨が降っていたここ鹿嶋地方です。気温が急降下しているので冷やさないように注意したいですね。


さて「腰痛の漢方治療」ということですが、日本人にとても多い腰痛の原因と漢方治療についてご紹介したいと思います。

まず一つ目の要因としてあるのが「冷え」です。冷えは筋肉の緊張を引き起こすので腰部の神経が圧迫されて強い腰痛が生じます。風邪を引いて寒気がした時に関節が痛くなる仕組みと同じです。

症状としては
・悪寒
・頭痛
・背中の痛み
・ゾクゾクした寒気
・全身の関節が痛む
・鼻水
などの症状があります。急性の症状なので、症状をすぐに取り除く葛根湯、麻黄湯、桂枝湯などを利用します。体を温めると共に温かい飲み物や食べ物を摂取するようにします。


次は冷え性で代謝が悪化しているのが原因の腰痛です。冷えによる筋骨の緊張と水分代謝が悪化していることによる細胞のむくみが原因となっています。症状としては
・温めると痛みが軽減する
・軽度のむくみがある
・重怠い痛みがある
・痛む時と痛まない時とがある
・血色が悪い
などとなります。やや慢性に推移することが多いのでじっくり改善するようにしなければなりません。冷えが強い場合は桂枝加朮附湯、むくみや重怠さが強い場合はヨクイニン湯を用いるようにします。入浴や運動などで体を温め、更に代謝を上げてくれる食べ物を食べるようにします。


三番目としては「腎虚」があります。老化や心身の酷使、先天的な体質虚弱により、腰部の骨、軟骨、筋肉、神経の損傷、老化が回復出来ない為に痛みが生じます。症状としては
・高齢
・心身が疲れている
・下半身がだるい
・精力低下
・腰を使うと症状が悪化する
・頭がふらつく
・頻尿又は尿が出にくい
などがあります。改善法としては全身を元気にして自然治癒力を高めるという方法を用います。漢方薬はロクミガン、ハチミガン、杞菊地黄丸、独活寄生丸、鹿茸、人参などを用います。腎虚には黒い食べ物黒米、黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、昆布などの海藻、しいたけ、蕎麦や粘りや渋みのあるもの(山芋、もち米、蓮の実、銀杏、牡蠣)、温性のもの(ラム肉、牛肉、鶏肉、エビ、生姜、シナモン、ニラなど)、海苔、昆布、海草類、なまこなどを意識すると効果的です。


最後はおけつといって血流の悪化、患部の癒着などが原因の腰痛です。腰部の打撲や骨折、ウイルス感染、糖尿病などによって腰部の血流が悪化して痛みが発生します。症状としては
・一か所が刺すように痛む
・手で触ると違和感と痛みが増す
・腫れがある
・幹部の皮膚の色が黒っぽい
・運動障害
などがあります。患部の血流を促すことが治療となります。漢方薬としては冠元顆粒や冠脈通塞丸、田七人参などが主となります。ナス、ニラ、パセリ、セロリ、紅花、紅麹、シナモン、酢、納豆、イワシ、サバなどを適度に食事に取り入れるようにすると◎



以上、腰痛の漢方治療でした。ぜひ参考にして下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





DSC_23dds08.jpg
こんばんは^^今日は朝から気持ちのいい秋晴れになりましたね。「気持ちがいい」の一言です。


さて、「ワキガの漢方治療」ということですが、最近は「スメハラ」という言葉がよく聞かれるようになっていることからも分かる通り、「臭い」に対して非常に敏感になっている社会となっています。

ワキガはもちろん、汗の臭いや柔軟剤、香水、食べ物など、鼻から入ってきて「不快」と感じるものは全てハラスメントの対象になるようです。全てに対応する必要はないと思いますが、ある程度個人個人周囲の人に不快にならないように配慮する必要がありそうです。

ということでワキガですが、遺伝的要素が強い為に治療法は手術して臭いを発する原因となる汗腺を取り除くという方法や、汗腺に蓋をして汗が出ないようにする方法などが現代では主流となっています。

しかし、体質の変化や食生活、清潔にしてない外的要因、ストレスなどによって臭いが強くなるということも分かっているので、積極的にそれら要因を改善することも大事になります。よって、まずは要因となる
・脇の下を不潔にしている
・肉食過多の食事
・精神的ストレス
・肥満
など、臭いが強くなる原因を取り除くようにします。

そうした上で漢方でいう「湿熱」を改善するようにします。漢方ではワキガは肝系の湿熱によって生じるとされており、肝系の湿熱は主に
・肉食や脂肪、甘いものの過食
・アルコールの摂りすぎ
・運動不足
・水分の摂りすぎ
・精神的なストレス
・暑熱環境
・肥満
・ストレス+過食
などが原因と発生します。体内において過剰な水分と熱が生まれている状況です。

改善にはこれら要因を排除・改善すると共に、たまねぎ・白菜・大根・トマト・すいか・もやし・ごぼう・なす・にがうり・豆腐・シジミ・あさりなどを積極的に摂取するようにします。また、適度な運動を取り入れるようにして体から余計な水分と脂肪を落とすことも大事になります。

漢方薬では「竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)」が適応になります。

最近体臭がきつくなってきたな…と思ったら湿熱が体内にある証拠かも知れません。湿熱は体臭だけではなく皮膚炎や関節痛、尿路結石、頭痛、便秘、痛風、インポテンツなどの原因になるばかりか、長期化すると各種ガンや心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす要因になるので注意が必要です。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





1537352dd812335.jpg
こんばんは^^気温は下がったものの湿度の高さを感じる一日となりましたここ鹿嶋地方です。ちょっと動くと汗が噴き出してきます。


さて、「咳が止まらなくなる原因の一つ」ということですが、皆さん原因不明の咳が止まらなくなったことってないですか?病院で検査してもよく分からない…という時は一度漢方療法を試してみるといいでしょう。

最近、咳が止まらないという原因として多いのが、漢方でいう「陰虚」といって喉の粘膜が乾燥して咳が止まらなくなるという状態です。

それぞれ風邪や声の出し過ぎなどによって咳が出始め、抗菌剤や咳止めなどをいくら飲んでも止まらないという状況が1~2か月続き、困り果てて当店のドアを叩かれました。

色々お話をお聞きした結果
・空咳
・空気の乾燥によって悪化
・朝型に悪化
・咳が長引いていること
などを加味して考え、喉粘膜の乾燥が原因として判断し、喉を潤す作用のある漢方薬をおすすめさせて頂きました。また、同時に咳によって食欲不振や不眠、のぼせなど神経の高ぶりの症状もみられたので高ぶりを抑制する作用のあるものも同時におすすめしました。

その結果、服用1週間で8割方改善し、その後1週間の服用でほぼ消失しました。

喉の粘膜が乾燥しやすくなる原因は色々とありますが、多いのが心身を酷使した後の疲れや更年期です。学生だと勉強の頑張りすぎ、働き盛りの場合は働き過ぎやストレス、更年期以降は更年期障害、季節の変わり目、エアコンによる乾燥、加齢などが目立ちます。

これら原因に「元々喉が弱い」という先天的な体質が加わり発症します。

症状が軽い場合はバクモンドウなどを主とする喉のみを潤すもので改善可能ですが、重い場合には体の根本から保水力、修復力を向上させる「補腎薬」という漢方の服用が必要になります。

いずれにしてもじっくり腰を据えて改善するということが望まれます。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。





ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





153692047bbbb5818.jpg
こんばんは^^朝から雲が多くハッキリしない天気となっているここ鹿嶋地方です。明日は雨で気温が下がるようなので体を冷やさないように注意したいですね。


さて、「40代の平均睡眠時間が6時間未満って本当ですか?」ということですが、まずはこちらの記事をご覧ください。
40歳代の半数が睡眠6時間未満 国民健康・栄養調査

ちょっと驚きの記事ですね。私も40代なのですが、毎日8時間半寝ています。

皆さんタフなのか忙しすぎるのかどちらかだと思いますが、5~6時間の睡眠で働き盛りの40代が日々生活しているという事実は自分にとってちょっと信じられない数字ですね。

何事も自分を軸に考えてしまうのでどちらが正解か分かりませんが、朝起きた際に「よく寝た気持ちいい~!」と感じ、その後心身が元気なのであれば恐らく問題ありません。しかし、目ざまし時計が鳴った瞬間、まだ夢の中でいきなり起こされたという感覚でしかもまだまだ寝足りない、そして日中もだるい、眠い、疲れやすいといった場合には睡眠時間が足りていない可能性が高いです。

更に、常に全身又は頭部、顔面部が火照ったような感じがして、精神的に安定しない、食欲にムラがある、血圧の下が高いといった時も恐らく睡眠時間が足りていません。

・食事の内容
・睡眠時間及び睡眠の質
・規則正しい生活習慣
・ストレスの有無
・心身の酷使の有無
は健康を営む上で最も重要なことなので、何かを削ってでも適切な睡眠時間を作って頂きたいと思います。

睡眠というのは面白いもので「習慣」がその質や量を決めるという側面もあります。即ち、7~8時間の睡眠時間が必要だとしても、日々5時間しか眠ってないのであれば、それが普通になってしまい5時間の睡眠で目が覚め、それで自分も納得してしまうというリズムが作られてしまう傾向があります。

よって、明らかな睡眠不足であってもそれに気が付かないという方が大勢いらっしゃいます。そして、「これではダメだもっと睡眠時間を長くしないと」と思い早く寝るようにしても、なかなか寝付けず逆にだるくなってしまうということがあります。

これは全て体に刻まれたリズムが引き起こしているものであり、決して睡眠時間が少ないのが適切ということではありません。なので、少しずつそのリズムを改善していくという姿勢が望まれます。

ぜひ自分の適切な睡眠時間を見つけて健康維持に役立てて下さいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






1536834trrt090107.jpg
こんばんは^^一気に気温が低下して秋の装いとなったここ鹿嶋地方です。昨日は毛布を引っ張り出して眠りについたのですが、朝方少し寒くて目が覚めてしまいました。


さて「納豆菌の恐るべきパワー」ということですが、当店にはバイタレジーナという納豆菌を主成分とした製品があります。売り始めて5年程度が経過しますが、ここにきて素晴らしい効果を連発しているのでご紹介します。

まず驚いたのが免疫が原因と思われる口内炎が多発する疾患に対して用いた症例です。病院治療や他店にて漢方治療をしていたのにも関わらず悪化の一途を辿っていた口内に多発していた口内炎を、バイタレジーナ1か月の服用で寛解に持ち込めました。

病院の検査にて免疫が関与していることが濃厚となっていたので、まさかバイタレジーナのみで寛解に持ち込めると思っていなかったので正直驚いています。

バイタレジーナの口内免疫及び腸内免疫を高める働きが功を奏したののだと思います。


更に、壊血病ではないですが、慢性的な歯茎からの出血が治癒した例です。こちらの方も病院及び他店の漢方薬にて治療していたのですが、芳しい効果を得ることができず当店にご来店されました。歯茎からの出血と共に歯槽膿漏、強いストレス(漢方でいう肝陽上亢)の症状があったので、黄連阿膠湯とバイタレジーナをおすすめさせて頂きました。すると、わずか1か月の服用で嘘のように歯からの出血が止まりました。現在はバイタレジーナと黄連阿膠湯1日1包+1カプセルの服用で症状が落ち着いています。

その他挙げればきりがないほど効果を上げてしますが、この2例は最近の大ヒットなのでご紹介させて頂きました。


納豆菌は今注目されており、家畜などに抗生物質の代わりに用いられるなどされています。抗生物質は家畜の体にダメージを与え、更に耐性菌を生み病気を完全に抑え込むことはできません。しかし、納豆菌は家畜の体及び内臓にダメージを与えないばかりか、逆に健康状態を良好に保ちます。また、抗菌作用により家畜を病気から守り、更に免疫及び体力を高めて様々な病気から家畜を守るというメリットも併せ持ちます。

このように素晴らしい納豆菌を利用しない手はありませんよね。

気になる方はみやわきまでご相談下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




15367483344brebgre12.jpg
こんばんは^^今日は朝から一日中雨ですね。たまに止み晴れ間が見えた時もありましがた、その後もれなく雨が降ってきます。


さて、「子供には刺激を沢山与えるべし」ということですが皆さん子供さんを外で遊ばせていますか?子供というのは心身が成長している時期であり、もちろん一番大事な「脳」の成長時期でもあります。よって、この大事な時期に最適な教育法を選ぶというのは親の義務と言えます。

そんな子供の心身を成長させる時に重要なのが「刺激」です。
・光
・臭い
・風
・雑音
・自然との触れ合い
・社会的な環境での刺激
などなど、五感によって入ってくる刺激が大事になります。この刺激がないと特に「脳」の成長が芳しくなくなってしまい、将来勉強をしても伸び悩む原因になってしまうこともあるようです。

先ほども書きましたが五感の刺激が最も大事なので、五感を効率よく刺激してくれる「外遊び」を積極的に行うということが大事になります。公園や雑木林などで遊ぶのはもちろん、図書館や博物館、遊園地などで遊ぶのもイイでしょう。更に親や兄弟だけではなく友人と遊び小さな社会を経験させるにも大事です。

このような大事さがあるものの、現代は子供の安全を優先させるとう考えやテレビゲームなどの台頭により、外で子供だけで遊ぶという環境が減っているように感じます。また、○○禁止の公園が多いことも子供の遊び場を少なくしている原因としてあります。

これは社会全体で考えなくてはいけないことです。国や地域自治体なども、授業料無料、医療費無料もいいですが、安心して遊ぶ公園などの整備、子どもが自然と触れ合えるようなイベントの実施などを積極的に行っていただきたいと思います。

また、現代の子供たちは日光浴不足だというデータもあり、これも含めて外遊びの重要性をもう一度再認識しなければならないと思います。


こんな田舎に住む私でさえ、子供の外遊びが減っている、子ども徒歩で遊びに行ける公園がないと思っているのですから、東京はもっと切実なのでしょうね…。


ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





153657ggggg5335019.jpg

こんばんは^^朝から蒸し暑い夏が戻ってきているここ鹿嶋地方です。しかし、日中は暑いものの、夜半~朝方は気温が下がりますので体調管理には注意が必要です。


さて、「秋バテに有効な長芋」ということですが、皆さん体調は如何ですか?今年は夏の暑さが厳しかったので心身共に疲れ果ててしまっている方が多いようです。

夏の暑さによって疲れている状態を最近では「秋バテ」というようです。秋バテは暑さによる心身の機能低下、汗のかきすぎによる衰弱、粘膜の機能低下、自律神経のアンバランスなどが原因で引き起こされます。

このような秋バテの改善に役立つのが「長芋」です。

長芋には胃粘膜を守るタンパク質を始め、消化を促進させる作用のある消化酵素、エネルギー代謝を活発にするビタミンB群、粘膜強化に役立つビタミンCなどがバランスよく含まれています。

東洋医学では補腎薬と呼ばれる体を根本から元気にする働きのある漢方薬に含まれており、主に
・胃腸虚弱
・肺機能低下による咳
・精力減退
・頻尿
・体内水分量の低下
などに用いられています。

このような働きにより、夏の暑さによって疲れた体を元気にしてくれる秋にぴったりの食材です。

トトロご飯が定番ですが、すりおろして鍋や味噌汁に入れるとフワトロな食感でめちゃうまです。温かいものが食べたいな…という時におすすめです。

ということで今週もお疲れ様でした。よい週末をお過ごしくださいませ。



ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい






food_tororo.png
こんばんは。台風が去ったと思ったら今度は大きな地震が北海道で発生しました。本当に辛いニュースばかりで心が痛みます。


さて、「健康寿命を延ばすには40代が一番重要」ということですが、皆さん健康寿命をご存じですか?健康寿命とは医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる状況をいいます。

即ち、ある程度健康な状態のまま生きられている状態をいいます。寝たきりで介助なしにトイレに行けない状態や食事が出来ない状態は健康寿命には入れることはできません。

この健康寿命を延ばすにはどうすればいいのでしょうか?

答えは内臓や筋肉、骨、神経、血管、脳など体全体・全ての細胞を元気な状態に保つことです。これら全部の細胞を元気に保つためには40代からケアしていくことが求められます。

なぜ40代かというと、40代から急激に人間の細胞は老化が進むからです。老化が進んでいるのにも関わらず、細胞を更に老化させてしまう行動を行っているのと、逆に若々しく保つための行動を行っているのとでは、70代80代になった時に雲泥の差が出ています。

細胞の老化は病気などによって急激に進むこともありますが、多くの場合何十年もかけて少しずつ進んでいきます。よって普段の生活が細胞の老化に直結しているということは把握しにくいのですが、確実に関わっており、普段の生活の良し悪しによって健康寿命はもちろん、寿命も左右されます。

40代というと私もそうですが、ちょっと体力的な衰えを感じるものの、その他はあまりこれといった衰えや内臓の機能低下は感じないので、つい仕事で無理をしたり、暴飲暴食、寝不足が恒常化していたり、健康診断の結果を軽視したりなどの傾向が強くなります。

しかし、タイトルにもある通り、40代からの生活習慣がその後の人生を大きく左右するので、今が楽しければいいという刹那的な考えではなく、将来の病気の有無に大きく関係すると考え、日々の生活を節制していくということが望まれます。

特に今は孤独な高齢者が多く、自分の面倒は自分でみるという傾向があるようなので、健康寿命をいかに伸ばしていくかが大事になると思います。

40代からは
・寝不足
・脂質の摂りすぎ
・甘いものの摂りすぎ
・過度の飲酒
・喫煙
・過度のストレス
・生活のリズムが崩れる
・筋力低下
・過度の肥満
・科学薬品などへの暴露
・虫歯や歯槽膿漏
・添加物の過剰摂取
・冷たいもの、熱すぎるものの摂取
などを避けつつ、逆に
・適度な運動
・バランスの取れた食生活
・規則正しい生活習慣
・前向きな思考
などを心掛けるようにします。

特に痴呆症やガン、心臓病、胃腸病、腎臓病、ロコモティブシンドロームなど深刻な病気と深く関係しているので注意が必要です。

現代は色々な誘惑がありますが、正しい知識を持って生活していくようにしましょう。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい





15362304rttrt86556.jpg
こんばんは^^昨日の台風は凄かったですね。大阪では車や屋根が吹っ飛ぶなど、常識では考えられない被害が続出したようです。


今回の災害を見て思ったのが「災害は想像を超えてくると思った方がいい」ということです。

ニュースでは再三再四に渡って「不要不急の外出は避けた方がいい」といっていました。にも関わらず、マスコミは現地取材陣に外での取材を行っていたり、またある場所では宅配ピザの配達員がバイクごと風に飛ばされているなどの信じられない行動が報道されていました。

その他でも普通にトラックなどの商業車が道路を走っていたり、外を歩く人がいるなど「災害に対する意識」が足らないと捉えられるような映像もありました。

人には正常性バイアスというのがあり、自分に都合の悪い情報を過小評価してしまうという傾向があります。また、過去の経験によって「台風くらい大丈夫だろ」と勝手に判断してしまうことがあります。これらによって、昨日の台風でもピザを注文したり、トラックにて仕事をさせてしまう業者などが散見されたのだと思います。

しかし、ご存じの通り最近の大雨や台風の被害は我々の想像を大きく超えてきます。よって、今までの常識を全て投げ捨てて新たな情報をインプットしなければなりません。

雨、風、暑さ、寒さ、そしてこれら天候の変化のスピードに対して十分に注意して生活しなければならないと思います。

ぜひ早め早めの行動で自分及び家族の命を守るようにして下さいませ。




ご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さい




15361416818hhhhh83.jpg
こんばんは^^ちょっと涼しくなったものの、台風が接近しているせいかちょっと動くと蒸し暑さを感じますね。


さて、「歯磨きをしっかり行おう!デンタルケアの恐るべき効果」ということですが、皆さん歯を磨いてますか?歯を磨くという行為は単に健康な歯を維持するというけではなく、全身に影響することなのでしっかり意識して歯の健康を守っていくようにしましょう。

歯を健康に保つとしっかり噛んで質の良い食事を得ることができます。これにより全身の栄養状態及び、美味しいものを噛みしめるという行為によってドーパミンという神経伝達物質が脳から分泌されます。それによりやる気維持、向上や代謝の活性などが維持されています。

更に歯を綺麗にすることにより口内に繁殖する病原菌を減らすことができます。これら雑菌は歯周病や口内炎、口腔カンジタ、咽頭炎などの原因となり、口、舌、咽頭、喉頭部の不快症状はもちろん、ガンの発生も上昇させることが分かっています。歯磨きをすることにより口腔がんのリスクを8割減らすことができます。

またそれだけではなく、歯を磨かないことによって増えた雑菌は口から体内に侵入して肝臓病や心臓病、糖尿病、腸内環境の悪化、各種全身のガン、痴呆症などにも関係していることが分かっています。

その他、口腔環境は精神状態にも影響するということが分かっています。食事をしっかり食べることができることや、病原菌の増減、体全体の免疫の状態、炎症反応の有無などに関係していることが要因となっています。


歯を綺麗にするには一日2回の入念な歯磨きと定期的に歯医者に行き磨き残しをケアしてもらうようにすることです。更に甘いものの摂取をなるべく減らすこと、夜寝る前に歯及び口の中を清潔に保つようにするなども大事になります。

マウスウォッシュやイソジンうがい薬は口内免疫を低下させる恐れがあるので、毎日は行わない方がいいでしょう。虫歯がある時や咽頭部の痛みがある時のみに利用するようにします。





1535971224gfbg829.jpg
トイレで視線を感じると思ったらカエル君が!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ