FC2ブログ
Archive
こんばんは^^今日は朝から寒かったですね。離任式で登校していた子供たちが真冬の上着を着ていたのが印象的でした。


さて、「更年期以降は性ホルモンを補充した方がいいのか?」ということですが、更年期の不快症状の対策法として足らなくなった性ホルモンを補うという方法がありますが、果たしてこの方法は正しいといえるのでしょうか?

更年期になると男女ともに「性ホルモン」が減少します。その減少によって自律神経がアンバランスになったり、ホットフラッシュ、老化が促進する、貧血になる、心臓の調子が悪くなるなど様々な不快症状が出てきます。

なので、それら不快症状を改善するために、足らなくなった性ホルモンを補ってあげるというのはとてもいい治療法のように見えます。が、しかし、その考えは少々荒っぽいというか体全体のことを考えていない方法と捉えることもできます。

何故かというと性ホルモンが減少するのには理由があるからです。性ホルモンは文字通り男性は男性らしく、女性は女性らしくあるために必要なホルモンです。しかし、一方で細胞の増殖を活性化するという作用や分解して排出しなければならない臓器に負担をかけてしまう、性ホルモンによって活発に動く場所に負担をかけるなどのデメリットがあるからです。

細胞分裂が活発になればガン細胞が増えることに繋がりますし、性ホルモンを分解排出する肝臓の負担も増えます。また、性ホルモンの刺激によって動く筋肉(心臓)への負担を増やしてしまうという懸念もあります。

性ホルモンを補充するという時にはこれらデメリットのことも考えなくてはなりません。

現在は医療機関にてホルモンを補充するという方法以外にも、サプリメントや漢方薬などで補充するという方法もあります。例を挙げるとプラセンタや鹿茸、マカ、トンカットアリ、亜鉛、ガラナなどがあります。更に合成されたテストステロンを補充できるようなものもあります。

これらには強弱があり、強いものは注意が必要ですが弱いものならさほど神経質になる必要はないなど「幅がある」という特徴があります。よってどれがいい悪いとは識別できません。しかし、継続して大量に摂取すると必ず「リスク」が出てきますで「注意しなければならない」というのは頭に入れておく必要があります。

これらに比べて杞菊地黄丸や八味地黄丸、知柏地黄丸などの漢方薬は一概にはいえませんが、今までの歴史が示している通り、リスクは少ない割に症状の改善には役立つという特徴があります。

よって自信をもっておすすめできるのですが、やはり安全性に裏付けのないものに関してはあまり積極的に摂取するのはお勧めできません。特に科学的に合成されたものに関しては危険性が高いので継続は遠慮した方がいいといえます。

特に体が弱い方や心臓に自信がない、疲れやすい、神経質、慢性病を抱えている、飲酒している期間が長いなどがある場合にはおすすめできません。


ということで性ホルモンの補充(特に長期摂取)にはリスクがあるというご説明をさせていただきました。ぜひ参考にして下さいませ。ご自分で判断されて服用されるのはあまりおすすめできません(サプリメントでも同じ)。必ず専門家のアドバイスの元服用して下さいませ。


LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 





DSC_2995.jpg
スポンサーサイト



こんばんは^^朝からとても暖かい一日となりましたここ鹿嶋地方です。何となくですが、季節が20日くらい進んでいるという感じますね。夏が厳しくならないことを祈ります。


さて、「家から出られない人のためのネット画像通話相談サービス」ということですが、現代は医療においても「遠隔医療」が行われており、更に医薬品のネット販売も許可されているという現状があります。

この流れは変えられないものであり、医療関係もその流れに徐々に飲み込まれていくと思われます。

そんな時代において漢方薬局はどのような役割を果たせばいいのでしょうか?今まで通り店を構えていればいいかもしれませんが、時代に乗りインターネットを使い「相談」を行うということも行っていかなくてはならないと思っています。

それがネット画像通話相談サービスです。文字通り、インタネット回線を使い、漢方相談を行うというものです。対面と違い臭いや雰囲気などは分かりませんが、望診、聞診、問診などは行うことができます。

すでに行っている薬局さんもあるかと思いますが、やはり個人店では限界があります。その限界が普及を滞らせてしまい、また競争に勝てないという状況を作り出します。

これらを打開するには漢方メーカーさんにお願いするしかありません。当店ですとイスクラさんやクラシエさんですね。これらメーカーが主導となり、サイト作成及び宣伝を行いネット画像通話サービスを大々的に行います。

相談を受けるのは個人店で、空いている時間に「待機態勢」をサイト管理者に知らせておき、お客様とマッチングさせます。そこに中医師やドクターなども常駐させて参加させお客様の信頼性及び間違い是正に繋げます。

ネット画像通話終了後の商品発送及び金銭のやり取りは個人店toお客様で行いメーカーは関与しません。(これだと問題が発生する恐れがある時は窓口をメーカーが括り一か所とするのも案)。

2回目からの相談は窓口は同じでネットから予約する制度にするか、それとも個人店↭お客様にするか選べるようにします。

メーカーのうま味は「売り上げのみ」。普及して行けば恐らくすぐにペイできるはずです。


色々と問題はあるかと思いますが、きちっと戦略も持って挑めばイケるはずです。また、お客様の利便性も高まり、精神疾患や足が悪い人など外に出られない人の利便性も高まると思います。

今までの電話相談、ネット相談、メーカーのwebサイト→個人店を紹介という流れもよかったですが、全て一括りとして宣伝することによりその勢いは間違いなく増すと思われます。

ぜひアプリを開発してスマホ又はpcから手軽に相談できる仕組みを作って頂きたい。


というような案があるのですが漢方メーカーさん如何ですか?





LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 





line_86841508004162.jpg
こんばんは^^朝からとても暖かい陽気となりましたここ鹿嶋地方です。春を通り越して夏になっちゃはないかちょっと不安になるほどの気温でしたね…。


さて、「ブログの更新に積極的じゃなくなった理由」ということですが、最近(去年の秋くらいから)、ブログを更新するのがおっくうになっています。以前はよほど何か都合が悪くない限りほぼ毎日更新していたのですが、このところめっきりそのやる気がなくなってしまいました。

その理由が「グーグル先生」です。

そう皆さんが知ってる大手IT企業、検索で利用しているGoogle先生です。

私のブログ更新と何の関係が?ということですが、我々薬局がブログを書く理由は一つです。そう「集客の為」です。それ以外ありません。もちろん、既存のお客様のため、漢方を知らない人のために広げたい、困っている人を助けたいというのもありますが、それも集客に入ります。

この集客の為にブログを書いている訳ですが、集客に繋げるためにはグーグル先生に「検索上位」で拾って頂かなくてはなりません。例えば「腹痛 原因 漢方」と検索した時に少なくとも3ページ以内に入らないと誰の目にもそのブログあるいはHPは入らないといっても過言ではありません。目に入らなければ集客に繋がらないということになります。

なのでグーグル先生に検索上位にしてもらうというのが大前提なのです。

ちょっと前までは当ブログ、お蔭様ですが漢方関係の検索でかなり上位に来ていたのですが、あの事件以降全く拾ってもらえなくなってしまったのです。

あの事件とは…

そう健康、医療関係の「フェイクニュース」事件です。

ニュースサイトが意味不明で全く根拠のない記事を上げていたことが大問題になりましたよね。それによってグーグル先生も信頼度の低い健康、医療系の記事を取り上げなくなったのです。

その中には訳の分からないサプリメントや化粧品、健康器具も含まれていました。そして我々個人店も一緒にされてしまったのです。

もちろんSEO対策などを専門家に依頼している場合などは今でも検索上位に掲載されていますが、お金をかけていない、しかも信頼度の低いとされる個人店のブログやHPは、訳のわからないサプリメントアフィリエイトサイトと同様の扱いとなり検索上位には浮かび上がることはできません。

ちょっと理不尽ですよね。

ちょっと理不尽ですよね。

大事なので2回言ってみました。

一生懸命書いてるのに涙。。


まー、訳の分からない情報サイトが増えすぎたのでそれを守るための措置なので仕方ないのかな…と思っています。けどやる気は湧きませんね。だって書いても評価してもらえないから。

とはいえ、楽しみに閲覧して下さる方がいらっしゃるのも確かです。本当にありがたい話です。なのでなるべく有意義な記事を今後も書いていきたいと思っています。

ということで少しずつアクセルを踏んで行こうかな。グーグル先生を見返し、SEO対策なしでも検索上位になるように頑張ってみようかなとも思っています。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 
こんばんは^^朝からザ、小春日和といった素晴らしい陽気となりましたここ鹿嶋地方です。春の訪れは本当に素晴らしいものですね!


さて、「アレルギーと風邪の併発」ということですが、ここにきてまた風邪が流行してますね。流行っているのが胃腸風邪と恐らく細菌性の風邪です。

これに伴いスギ花粉によるアレルギーも過渡期を迎えています。そして、この花粉症と風邪を併発しているという人も…。

この場合、鼻炎や咽頭痛、リンパの痛み、だるさがひどくなり、症状が治まったと思っても今度は咳や後鼻漏に悩まされる…といったことが多く、不快な症状が強く出て、しかも治りにくいという状況が作り出されます。

特に鼻炎の症状が憎悪して鼻のかみすぎで鼻の下が赤くなる、鼻の穴が切れるなどの事態に発展することも。

対策としてはきちんと病院で治療すること。そして補佐として漢方薬などを症状緩和に役立てることです。漢方薬はギンギョウサンや柴胡桂枝湯、小柴胡湯、葛根湯加川弓辛イ、荊芥連翹湯などその人体質、症状に合ったものが適応になります。

それ以外にも
・寝る前にマウスウォッシュで喉を洗ってから眠る
・板藍茶で口内、咽頭部を殺菌
・スカーフなどで首を温める
・過労や睡眠不足はしない
・体を冷やさない
・消化が良くバランスの取れた食事をする
・花粉への暴露を減らす
なども大事になります。

とにかく花粉症の方は風邪は絶対にひかない!という気合が必要になります。以上を徹底していればその精度は確実に増します。


冒頭にも申し上げたとおり、春は本当に素晴らしくおめでたいシーズンですが、花粉症をお持ちの方は逆に辛い季節になってしまいます。花粉症は体質によって発生するのでどうしようもない…という側面もありますが、工夫次第で軽快することもあります。その工夫には漢方療法、生活習慣の改善もあります。みやわきではそれを提案できますのでぜひご相談下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_3013.jpg
こんばんは^^朝からちょっと風が冷たく感じる一日でした。春は日によって気温差がありますので衣服などで調整して自分自身を守る必要があります。


さて、「漢方薬の処方は千差万別」ということですが、皆さん漢方薬はどこで入手されてますか?今は病院や薬局、通販など様々な入手方法があります。

それぞれ、病院の先生、薬局の店員、通販の相談員などに相談し、それによって自分自身の症状や体質に合ったものを処方してもらうというのがほとんどだと思います。

通常、薬というと同じ症状であればどの病院、薬局であってもさほど違いはありませんが、漢方薬となるとタイトルにある通り「千差万別」となります。

その先生の考え方、捉え方によって大きく異なります。また、勉強してきた内容、流派、専門かどうかなどによっても異なります。

今日も面白いことがあり、同一の症状で2つの病院と当店とにかかりそれぞれ漢方薬を処方してもらったというお客様がいらっしゃいました。

まず当店からは
・桂枝加竜骨牡蠣湯+玄武顆粒(田七、プラセンタ、紅参、杜仲などが配合)

病院Aからは
・抑肝散

病院Bからは
・十全大補湯


それぞれ処方されました。

面白くないですか?同じ訴えなのにこの違い。


何が正しくて何が間違っているかは誰も分かりません。患者さんは本当に困惑すると思います。

これに対する当店の答えも分かりません(笑)

がしかし、これが漢方の特徴なのです。一番大事なのは「見立て」何が原因なのかを見抜き、見合った漢方薬をおすすめすること。それができればどんな流派でもいいのです。

見合った漢方をおすすめできるかどうかは普段より何が原因なんだろう→どのくらいで治るのだろう→漢方処方が適当なのだろうか?→適当なら処方決定→効果の有無→処方の見直し→まとめて次回に生かす

ということがしっかり出来ているかどうかです。これが出来ていて、精度(治癒の割合)が向上していっているのであれば問題ありません。

それは患者自身でも確認することができます。見極める点はちゃんと真剣に考えてくれているかどうか、そして改善の道筋を提示しているか、改善しているかどうかです。

ぜひ参考にして下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_29bnfg89.jpg
こんばんは^^今日は本当に暖かかったですね。「小春日和」とは今日のような日のことをいうのでしょう。しかし暖かいのは今日までで明日からはまた冬に逆戻りするみたいです。


さて、「筋肉とうつの関係性」ということですが、皆さん筋肉使ってますか?私もそうですが、便利な時代になったのでほぼ毎日キーボードと漢方薬の箱を持つ、レジを打つ程度しか筋肉を使っていません。

筋肉は使っていないと衰えます。それにより問題になっているロコモティブシンドロームや各関節痛、筋肉痛などで悩まれる方が増えています。

それだけではなく、タイトルにあるように「うつ」との関連も指摘されています。うつ病は精神疾患の要因であり、心身を酷使することにより脳神経系や内分泌系が疲労困憊状態となっている状況をいいます。

そのうつがなぜ筋肉と関係しているのかというと、筋肉を活性化するイコール全身の代謝アップ、活性化アップに繋がるからです。また、男性ホルモンの分泌も刺激して(女性でも分泌され大事)分泌を高めるという作用も改善に作用します。

これらはちょっとしたことと考えれがちですが、うつになってしまった原因(心身の疲労)から解放されており、更に心身が完全に立ち直った後でも「うつ症状が抜けきらない」という時に「多大なる効果」を上げる方法なのでとても重要です。

ボディービルダーばりに鍛えろとはいいませんが、適度に筋トレすることは間違いなくうつ症状の改善及び、疾病の予防に繋がりますのでぜひ行うようにして下さいませ。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_2hng985.jpg
こんばんは^^朝から安定しない天気となったここ鹿嶋地方です。ザ・季節の変わり目!といった感じですね。



さて、「バランスの悪い食事は肥満や糖尿病の原因になる」ということですが皆さん食事には気を使ってますか?

食事は体を構成する材料や体を動かすエネルギーになるものなので、しっかり滞りなく摂取したいですね。主に体に材料になるのが肉や魚、豆、卵などに含まれるたんぱく質とミネラル、動かすエネルギーになるのが米やパンなどに含まれる炭水化物、そしてエネルギーの触媒や細胞の働きを正常に保つ役割があるのが各種ビタミン、更に胃腸の健康及び全身の免疫活性に働くのが食物繊維です。これら栄養素をバランスよく、しかも「質」を意識して摂取することが大事になります。

これら多種多様の栄養素(酸化されていないフレッシュなもの)を摂ることによって健康が維持されています。そして体も全ての栄養素を求めています。

体は栄養バランスの取れた食事を求めており、栄養バランスの悪い食事は求めていません。その証拠として例えばお菓子などを食べても、脳は満足していても、体は物足りない…と思っているのでいくら食べても満足しないという状況が作り出されます。

皆さんも経験があるかと思いますが、思いっきり空腹な時にお菓子で食欲を満たそうと思いますか?恐らく思わないと思います。それは体が求めていないからです。ほとんどの方はバランスの取れた栄養たっぷりの食事を求めていると思います。これは体に意志がある証拠です。

なので、栄養価の低いお菓子やカップラーメンなどでは心身は満たされないので、体は食べ物を求めます。これにより必要以上に食べてしまうので肥満や糖尿病に関与してくるのです。

心身が満たされる栄養バランスの取れた食事をしている場合には、それ以上求めないので食べ過ぎることはありません。

実際にはバランスよく食べていても、「過食する傾向が強い」人は肥満や糖尿病に繋がることがあるので「絶対」ではありませんが、バランスの良い食事をしている方がそのリスクは間違いなく少ないといえます。


糖質だけを抜くダイエットがいけないというのは以上のような意味合いがあるからです。冒頭にも申し上げた通り、心身は色々な栄養素を求めています。よって、常に「バランス」を念頭に置いた食事が求められます。それが健康に繋がって行きます。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 





DSC_29gb73.jpg
こんばんは^^朝から雲が多いものの、気温が高くしのぎやすい一日となったここ鹿嶋地方です。少しずつ春が近づいているのを感じることができますね。


さて、「健康診断の数値がパーフェクトになったご婦人」ということですが、お客様よりお喜びの声を頂きましたのでご紹介します。


今回ご紹介するのは超常連さんのO様。カレコレ10年弱のお付き合いになります。

O様は脳に動脈瘤があることや血圧が不安定なこと、湿疹、各種アレルギー、疲労、各種流行性の疾患など多岐に渡りご相談させて頂いてきました。

不快症状が主なので病院での診断数値にそれほど乱れはありませんが、それでも血圧や肝機能に若干の不安がありました。

が、漢方薬を色々とお出ししているうちに、この度、お体の調子が万全になると共に、健康診断の数値が全てパーフェクトになりました。

お年が60歳を超えているということを考えると、健康診断の数値がパーフェクトでしかも慢性疾患がゼロ、病院にも通っていないということは素晴らしいことだと思います。

これからもぜひ漢方薬を味方につけて状態を維持して頂きたいと思います。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




IMG_20190306_171nhnh956_906.jpg
こんばんは^^朝から台風のような雨風となっているここ鹿嶋地方です。学校から帰ってきた娘が「寒くて死ぬかと思った」という言葉が印象的でした。


さて、「性ホルモンによる免疫の変化について」ということですが、男性ホルモンや女性ホルモンは免疫と密接に関係しています。

性ホルモンといえば男性では精子の生成や活性はもちろん、髭を伸ばす、筋肉を増やす、心臓の働きを正常に保つ、健全な精神を保つなど多岐に渡る働きがあり、健康維持に必要不可欠です。一方女性は女性らしい体つき、妊娠出産、愛情で周囲を包み込むなど女性らしい特徴をもたせるために大事な働きをしています。

これら以外にも性ホルモンは免疫と綿密な関係性があります。これを証明するものとして、妊娠中にエストロゲンの分泌が高まると関節リウマチなどの免疫疾患が軽減するというデータがあります。また、これら自己免疫疾患が女性に多い理由として「男性ホルモン」が関係しているということも分かっています。

当然、このように免疫に関係しているということは花粉症などのアレルギー疾患とも関連性があると考えられます。性ホルモンは軽度のストレスで分泌が増し、長期の強いストレスでは逆に生成分泌が悪くなります。また、脂質や糖質、タンパク質などが材料となるのでこれらの食事が多いのも性ホルモン分泌に関係しています。

勘のいい人は分かると思いますが、現代は刺激が多くそれが軽度のストレスとなり分泌を促し、更に食事が追い打ちをかけます。

これら傾向により免疫が影響を受けてアレルギー疾患が増えている可能性があります。


また、以上は性ホルモン亢進タイプですが、逆に運動不足や清潔な環境、寒暖差のない生活、食品添加物の影響などにより性ホルモン云々ではなく免疫の活性が低下しているが故にアレルギーが発症するというケースもあります。


このように、性ホルモン過多又は免疫の低下など様々な要因がアレルギー発症に関係しています。これら以外にも様々な要因もあります。よって、改善治癒が難しいのでしょう。

漢方は原因によってその人に合ったオーダーメイドの治療を行うことができます。お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_reg2904.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ