FC2ブログ
Archive
こんばんは^^今日は昨日までと比べると格段に過ごしやすかったですね。5月だというのに真夏のような暑さはホント勘弁して欲しいです。


さて、「漢方における糖尿病改善の基本」ということですが、今、急速に増えているのが糖尿病疾患です。日本はもちろん、中国やインドなどでも増加しまくっているようです。

そんな糖尿病は漢方相談でも増加の一途を辿っています。そんな糖尿病の漢方における改善法の基本について書かせて頂きます。


普通、薬というと風邪には咳止めと痰切り、痛み止め。胃痛というとガスターのような胃酸分泌を止めるもの。めまいというと内耳の血流を増すメリスロンといった具合に薬が決まっているように考えられがちですが、漢方の場合はちょっと異なります。

漢方の場合は同じ病気、同じ症状でもおすすめする薬が異なります。そして、糖尿病の場合は特にこの傾向が強くなります。
何故かというと症状や体力の有無が千差万別だから。

糖尿病の場合は体力が十分にあって「単純に食べ過ぎ」という方から、病状が進行してやせ細り体力が乏しくなってしまっている方、全身の毛細血管が糖化されてしまい血流が著しく悪くなってしまっている方など様々あります。

よって全く適応となるお薬が違うのです。


では具体的にどのような決め方をしていくのか説明します。

お薬の決め方はその方の体質、症状、臓器の状態、体力の有無、血流の状態などをみながらきめ細かくみていきます。

指標としては
・体力、免疫力共に充実していて単純に食べ過ぎが原因の場合→大柴胡湯、若蘇源、黄連解毒湯など

・体力・免疫共に充実していてストレスが原因のもの→四逆散、竜胆瀉肝湯、清営顆粒

・痩せて体力が乏しく免疫も低下している場合→シベリア霊芝、人参養栄湯、麦味参顆粒、田七人参など

・過労、性生活過多、ストレスによる消耗など→杞菊地黄丸、亀鹿仙、シベリア霊芝など

・飲酒によって肝機能に問題があって発症している場合→田七人参、シベリア霊芝、麦味参顆粒など

・尿の出が悪い、皮膚感覚が乏しい、腎機能低下など血流の悪化→冠元顆粒、桂枝伏苓丸、霊芝、田七人参

・下痢便秘、食欲にムラがある、胸焼け、腹痛など胃腸に問題がある→半夏瀉心湯、六君子湯、因陳高湯など

・尿量が増える、喉が渇く、体がだるいなどが顕著→六味丸、杞菊地黄丸、麦味参顆粒など

などがあります。


要するに原因と結果、両方によって用いる薬が異なり、更に体質や臓器の状態などを考慮していくことにより改善に導くという方法です。結果の方は関係ないと思われがちですが、糖尿病Jになると弱い場所に症状が出やすくなり、その症状によって更に血糖値を上げてしまうという負の連鎖が行われてしまうことがあるので、結果についてもしっかり改善しなければなりません。


以上、ちょっと難しいですが一番大事なのは正しい知識を持って患者さん自身が改善することです。食生活や運動、ストレス管理などを徹底して改善していくことなしには糖尿病は完治しないことを肝に銘ずる必要があります。


お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 





IMG_20190511_225557_741.jpg
スポンサーサイト



こんばんは^^朝からとても気持ちのいい晴れの天気となりましたここ鹿嶋地方です。とはいっても、各地で熱中症の救急搬送が相次いでいるようなので注意が必要です。


さて、「脳が疲れている方が増えています」ということですが、皆さん「脳」疲れていませんか?日々接客をしていると脳が疲れている方がかなり多いという印象を受けています。

脳が疲れると
・頭が混乱しやすい
・冷静に物事を考えられなくなる
・難しい問題が読解できない
・読書や新聞、ネットで何かを読むということがしたくなくなる
・とにかく疲れやすい、続かない
・怒りや不安など感情の起伏が激しくなる
・何に対してもやる気が出ない
・人と関わりたくないという感情が出る
・出不精
・いくらでも寝られるor睡眠障害
・性的欲求はあるけど長続きしない(性欲減退)
・胃腸に不快感がある
・下痢便秘
・目の疲れ
・動悸・不整脈
などの症状が出やすくなります。

脳は全身の神経の中枢なので、主に神経の疲労が出やすくなります。


なぜ脳が疲れてしまうのか、それは脳を使いすぎているからです。
・スマホ
・ゲーム
・人間関係
・自己の健康への悩み
・睡眠不足
・SNS
・強い光(LED)
・味の濃い食事
・食品添加物(グルタミン酸)
・糖質過多

これらに
・運動不足
・紫外線暴露不足
・清潔すぎる環境
などによる耐性低下が影響します。

脳が慢性的に疲れていると先ほど挙げたモノ以外にも
・結論や結果をすぐに求める
・交渉に粘りがない
・場当たり的な対応ばかり
・予習復習がない
・気分にむらがある
などが出やすくなるので仕事や学業、スポーツの成績に問題が生じやすくなります。

対策としては生活にメリハリをつけることです。3時までは一生懸命脳や体を使い、それ以降は「しっかり休む」又は「楽しむ」ことに重点を置くようにします。そして「睡眠時間は絶対に削らない」ということを守るようにします。

日本人はダラダラと仕事を続ける癖があり、それによって脳を疲れさせて生産性を下げているという状況となっています。働き方改革が導入されたことを機に、メリハリをつけた働き方、勉強、スポーツなどを取り入れ、脳の疲労を招かないような取組を行うことが大事になります。

3時以降の休暇、楽しむ時間帯にスマホをいじるのはよくないという風潮がありますが、「純粋にストレスを感じることなく楽しめる」ならばスマホだろうがパソコンだろうが問題ないと思います。要は脳がリラックスしていればいいのです。しかし、「細かい文字」「細かい映像」を長時間凝視すると楽しんでいても脳疲労が引き起こされるのでそこは注意が必要です。

余談ですが脳疲労を招く一番の原因は「マイナスの感情」です。自分にとってマイナスとなる妄想や過去の思い出を永遠と考えてしまう…という状況は脳疲労→うつ病を招く原因になるので、マイナスな思想、妄想だけは絶対にしないということを覚えておいて下さい。

脳疲労でお悩みの方はぜひみやわきまでご相談を。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 









line_19649947596409.jpg
こんばんは^^今日は朝から台風のような大雨、強風が吹き荒れました。近所のミニストップの大きな看板が根元から折れていたのは衝撃でした。


さて、「観賞魚が体調を悪くする要因」ということですが、我が家では熱帯魚とメダカ、ザリガニ、カニを飼育しています。その飼育の中で「これをすると観賞魚たちの具合が悪くなる」ということについてご紹介します。

えっ興味ないし…

なんて言わないで下さいね。


観賞魚たちが具合を悪くする原因として「これだけは絶対!」といえるのが「水質の変化」です。

PHや水温、汚れ↭綺麗など水質が急激に変化する、酸素不足などがあると一撃で体調を悪化させます。


次に悪化させるのが「水質の悪化」です。飼育水に「アンモニア」などの毒性物質が増えてしまうと病気が蔓延してしまいます。エサ食いも悪くなり、ヒレなどがボロボロになっていきます。


三番目としてあるのが「ストレス」。バンバン水槽を叩いたり、相性の悪い魚を一緒の水槽で飼う、光の当てすぎ、温度やphが合ってないなどがあると、ストレスを感じて体調を悪化させてしまいます。ディスカスなどは肌が黒くなってしまいエサを一切食べなくなります。


四番目としては「感染症」があります。各種病気が持ち込まれると感染してしまい体調を悪化させます。が、元気な個体はあまり感染しません。


最後に挙げるのが「餌のあげ過ぎ」です。エサをあげ過ぎると老化の促進、病気への抵抗力低下、水質の悪化などを招いて魚たちの体調が悪化します。


以上、観賞魚を飼っている方なら誰もが知っている調子を悪化させるリスクになります。ここまで書いてピンと来たのですが、この原因って人間と同じですよね。

気温差で体力が低下し、環境汚染で体が弱り、ストレスで精神が病み、感染症は言わずもがな、食べ過ぎは肥満や成人病の原因になります。

熱帯魚などは自分で回避することはできず、更に病気になったら治療してもほぼ治ることなく死んでしまいます。

それに比べて人間は自分で改善することが可能でしかも治療法もあります。

が、やはり観賞魚と同じで病気になってしまったら「完全に治す」ことは難しいです。大事なのは未病のうちに治すこと、病気にならないような環境を作り上げていくことです。そのために何ができるのか、考えてみることが大事です。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_3255.jpg
こんばんは^^朝からとっても爽やかな気持ちのいい陽気となったここ鹿嶋地方です。一番過ごしやすい時期ですね。


さて、原因のない「体の痒み」は深刻な病の前兆ということですが、皆さん体に痒みなどありませんか?

痒みが出る時というのは
・虫刺され
・アレルギー
・蕁麻疹
・乾燥
・汗疹
・湿疹
・擦り傷
・飲み薬の副作用
などなど「理由」があるものですが、全く原因がなく、しかも痒い部分に「皮膚の変化もない」というケースがあります。

このような「原因のない痒み」には注意が必要です。

何故かというと
・黄疸
・がん細胞による痒み成分の分泌
・肝臓や膵臓、腎臓の障害
・ストレスによる自律神経の失調
などの病気が原因のことが多いからです。

特に肝臓との関連が深く、肝臓疾患に罹患しているとβエンドルフィンと呼ばれるオピオイドの分泌が進み、それが原因となり皮膚が痒くなるという症状が出やすくなります。また、胆汁の逆流も起きやすくなり、それによる肌の痒みも生じやすくなります。

そして、あまり軽度ではなく「ある程度症状が進んでいる時」に出るという特性があるので、思い当たる節がある場合には注意が必要です。

特に胸~へそまでの「胴体部」に原因不明の痒みがある場合にはその可能性が高くなります。すぐに血液検査などで体に異常がないか調べる必要があります。

肝臓に異常があると痒み以外にも
・顔色が士気色になる(土色)
・疲れやすくなる
・黄疸
・食欲不振(特にあぶらっこいもの)
・下痢便秘
・原因不明の難治性皮膚疾患
・痔がひどくなる
・体臭(脂臭又はアンモニア臭)がきつくなる
・眠りの質が悪くなる
・頭の回転が鈍くなる
・吐き気がする時が多い
・右側ろっ骨の下に違和感を感じる
・腹部に張りを感じる
・むくみ
などを感じやすくなります。

肝機能を低下させる要因としては
・ストレス
・食事の偏り
・アルコールの摂取、喫煙
・薬の摂取
・サプリメントの摂りすぎ
・性ホルモン過多
・歯周病
・腸内環境の悪化
・甘いもの、あぶらっこい物の摂りすぎ
・脂質異常症、肥満
・毒性物質の摂取
・寝不足、不規則な生活習慣
・その他、各種肝臓疾患
などになります。


肝臓という臓器は常に増殖と消褪を繰り返している臓器なので、ある程度の弱りは改善することができます。が、ある一定以上の損傷及び体全体の衰弱がある場合には元に戻りません。よって、軽度のうちに改善することが大事になります。

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_3215.jpg
こんばんは^^朝からとてもいいお天気となりましたここ鹿嶋地方です。本当に今の時期は過ごしやすいですね。


さて、「不妊症に胃腸薬の必要性」ということですが、当店でNO1といってもいい相談内容が「不妊症」です。

昨今は晩婚化によって「妊娠したくてもできない」ご夫婦が多くなっているようです。

現代医学でも人工授精や顕微授精、排卵促進薬、ホルモン剤などを駆使して妊娠に役立てようと忙しいようですが、漢方による改善もとても需要があり忙しいといえます。

そんな不妊治療において「胃腸薬」の必要性が増しています。

元来、漢方薬による不妊症としては妊娠に必要なエネルギー(女性ホルモンや血液、代謝器官の強化)などが一般的だったのですが、最近ではそこに胃腸薬をプラスしていくという方法がスタンダードになりつつあります。

その理由は胃腸が弱いと内膜、卵巣、乳腺などの成長に必要不可欠な栄養素が吸収されないからです。また、各種漢方薬も吸収されないので効果が薄くなるという懸念もあります。

日本人は神経質な人が非常に多いです。これは日本人の癖みたいなもので、それ故「物つくり」や「接客」などに長けているのでしょう。それはいいのですが、神経質な場合、どうしても「胃腸の働き」が悪くなってしまいます。

胃腸というのは神経の影響を受けやすく、緊張すると吐き気がする、下痢がする、胃痛がするなどがあるように、神経が不安定だと胃腸の働きも不安定となり、各種栄養素の吸収が悪くなります。

よって、まずは胃腸の働きを良好にする漢方薬をご利用いただき、しっかり栄養素を吸収できるようにした上で、女性ホルモンや血液、代謝器官の向上などの作用のある各種漢方薬を用いるという方法が有効なのです。


もちろん、不妊症だけではなく
・普段より疲れやすい
・自律神経のアンバランスがある
・ストレスに弱い
・運動負荷に耐えられない
・皮膚トラブルがある
・各種アレルギー疾患
・肌や髪が綺麗じゃない
・水虫
・糖尿病
・高血圧
・風邪を引きやすい
・ガン
などにも関係しています。

胃腸は胃腸薬を服用することが有効ですが、個々合う胃腸薬が異なります。ぜひ試してみたいという方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。直接ご来店なさる以外にも、TEL、メール、LINEなどでも相談できますのでご利用下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_3220.jpg
こんばんは^^朝から真夏のような暑さとなったここ鹿嶋地方です。熱中症も多くなっているようなので無理せず行動するようにして下さいませ。


さて、「腸内環境の悪化が血圧を上昇させる」ということですが、皆さん腸内環境って意識していますか?

便秘はもちろん、口臭や体臭、ダイエット、薬の効き方、風邪を引きやすくなるなど軽微なものから、大腸がん、肝臓がん、心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症など重大な疾患にも関係しています。

なぜかというと腸内にはいい菌から悪い菌まで数多くの菌が住みついているからです。

当然、腸内環境が良好だと体にいい作用をする菌が多くなり、逆に悪いと悪さをする菌が多くなります。悪さをする菌は腸壁から体内に侵入して血管や臓器に炎症や細胞破壊を発生させ、血管の硬化や脳神経の障害、臓器の機能低下などを引き起こします。

これらにより先ほど挙げた各種不快症状、疾患が引き起こされやすくなります。

そしてタイトルにもある「高血圧」にも深く関係しています。悪い菌の増殖が血管に炎症を発生させ、その炎症によって血管内皮が傷害されて硬化しやすくなり、血液の圧力を吸収できなくなるので血圧が症状します。

血管内皮細胞は生まれ変わるので腸内環境を改善すれば血圧が戻ることも考えられますが、腸内環境が悪い=食生活が悪いことが多いので、肥満、塩分過多、エネルギー過多を解消しないと改善は芳しくない可能性が高いです、更に、脂質過多プラス悪玉菌の増殖により肝機能も傷害されている可能性が高いので、それによる全身の代謝悪化が引き起こされ、血管の生まれ変わりが障害されている可能性もあります。

このように、一言で腸内環境といっても、その原因及び関連が多岐に及ぶので健康への害は計り知れないと考えられます。

腸内環境の改善はすぐに行うことができますが、「今までの習慣」が邪魔をして改善出来ないケースが往々にしてあります。

すぐに改善できるものの、それを実行することができないという習性があるということです。


今は禁酒や禁煙も医学の力を借りないとできないという方が多いので、やはり腸内環境改善然りです。


腸内環境を良好に保つには
・バランスよく生鮮食品を料理して食べる
・火を通した野菜、果物、海藻を積極的に摂る
・加工食品(冷凍食品、パン、菓子類、ジュースを排除する)
・緑茶、納豆、梅干を毎日摂取する
・腹八分目でよく噛んで食べる
・適正体重をキープする
・大酒を飲まない
・ストレスから遠ざかる
・運動を日課として筋力を維持する
・十分な睡眠をとる
などが大事なります。

思っている以上の素晴らしい健康効果ありますのでぜひ参考にして下さいませ。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_3199.jpg
こんばんは^^皆さんお仕事に慣れましたでしょうか?連休明けは誰しも辛いものですが、無理せず淡々と日々を送っているといつの間にか体調も戻ってくると思うのでしばしの我慢を。


さて、「趣味を持った方がいい理由を考えてみた」ということですが、皆さん趣味ありますか?

精神的な悩みを抱える今の日本では「趣味を持った方がいい」という声をよく聞きますが、これはなぜなのでしょうか?理由についてまじめに考えてみました。

まず、精神的な悩みを悪化させる原因について考えます。原因として考えられるのが
・直接的なストレス(対人ストレス、嫌な仕事、嫌な緊張、劣悪な環境)
・嫌な妄想や想像によるストレス
・食生活や生活習慣の悪化
・内臓の病気、腸内環境の悪化
・働き過ぎ、遊び過ぎによる心身の疲弊
などです。

このうち、最も毒性が強く精神を悪化させるのが「嫌な妄想や想像によるストレス」です。過去のトラウマを思い出して一人悩んだり、起こりもしないリスクを心配する、ねじれた妄想による被害妄想などは血流の悪化、ストレスホルモンの分泌、脳内ホルモンの悪化などを招き、心身に対して大きな悪影響をもたらします。

趣味はこの「嫌な妄想や想像によるストレス」の緩和に役立ちます。

私も実もこの変な妄想をしがちな人間なのですが、大好きな趣味である水槽やキャンプに行くなどしている時は一切変なことを考えなくなります。逆に「楽しい」と思いウキウキするので、逆に心身にいいホルモンが分泌されるので精神や体の状態がいい方向に導かれます。

これはヨガや瞑想と似ており、結局「思想を今に集中」させて、「マイナスに働く思考を一掃する」ということが出来るが故に、趣味は持っておいた方がいいということになるのだと思います。

なので、特に趣味ではなく「仕事が大好き」という場合には仕事が趣味でもいいのだと思います。(但し仕事の場合は定年がある)

以上のような理由なので、特に悩みもなく普段より「あっけらかん」としていて「深く悩むことはない」という方は特に趣味を持つ必要性はないと思います。(ストレス対策として)

その他、趣味を持つことによるメリットとして
・意欲の向上
・認知機能の向上
・ホルモンの活性
・自律神経の安定
・知り合い、友人が増える
・恋人や結婚相手と知り合う確率が増す
・経済に貢献する
など、一般的に言われるメリットも享受することができます。


日本人は欧米の方々に比べてストレスを発散するのが下手といわれています。それ故、同じストレス下における精神疾患罹患率も高いといわれています。精神疾患予防には、ストレスの早期解消が大事です。

嫌なことがあったら誰かに相談し、更にそれを忘れることのできる趣味に没頭するという癖をつければ解消できるケースが多いです。もし、それでもストレスが解消できないのであれば、それは相手に問題があるケースが多いので、然りべき処置を第三者に頼むという措置を取るか、もしくはその場を離れる決断をするというアクションをとる必要があります。

いずれにしても自分で解決しなければ、いずれ病気として自分自身に返ってくるということを認識しなければなりません。趣味はその改善方法の一つとして大きな役割を果たしています。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_3170.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ