FC2ブログ
Archive
いつもみやわきのブログをみて下さって本当にありがとうございます。

昨日(6月28日)よりFC2ブログよりWIXのブログへと引っ越しました。

今後も引き続きみやわきの健康ブログを宜しくお願い致します。


引っ越し先
引っ越し先のWIXブログです


にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



こんばんは^^引き続き「蒸し暑い」日が続いてますね。風呂上りはまさにホットホットな真夏という感じで季節がいつなんだかわけ分からなくなります。


さて、「睡眠のルールをもう一度確認しましょう」ということですが、睡眠にはルールというものがあります。これを守るのと守らないのとでは睡眠の質が違ってきますので、もう一度確認の意味で読んでみて下さい。

睡眠のルールを守ると睡眠の質がよくなり、結果、健康維持、病気の予防、脳の機能維持、日中のパフォーマンス向上に繋がります。

以下、箇条書きで睡眠のルールを記していきたいと思います。

○日中は脳、体を使い、また適度に日光を浴びるようにする:自律神経を整えます
○朝起きたら5分以上朝日を浴びる(外を見るでも可):メラトニンをストップさせます
○朝起きたら顔を洗う、お手洗いを済ます、朝ごはんを食べる、挨拶を交わす:体を覚醒モードにします
○腸内環境を意識して改善する(日本食、緑茶、納豆、みそなどを意識して):自律神経を安定させる
○夜ご飯はなるべく暖かいものを食べる:消化の促進、全身の血流改善
○就寝の2時間前に入浴して体を温める:体温の急激な低下が眠気を誘う
○夕方以降は心身を休めるプラス楽しむことに徹しよう:自律神経の調整
○入浴後に軽いストレッチを行う:血流改善、リラックス効果
○就寝の1時間前からはスマホ、テレビ、ゲームは見ないやらない:交感神経刺激作用があるため
○就寝のみにベッド、布団を使うようにする。それ以外の時は使わない(ベッドを寝る場所と認識させる)
○寝る時は真っ暗、無音、心地いい室温とする:神経刺激を避ける
○寝酒、寝たばこはしない:交感神経を刺激して睡眠に質を下げる
○水分を取りすぎない:尿意で睡眠が邪魔される
○神経質な人はパートナーやペットと一緒のベッドは避ける:神経刺激を避ける
○胸を圧迫するようなことはしない(重い布団、うつぶせ寝):眠りの質を悪化させる
○イビキを改善する(飲酒や食べ過ぎ、肥満、ストレス、疲労の改善):睡眠時無呼吸症候群を誘発、痴呆の原因
○夜間尿の改善(漢方の改善、投薬治療):睡眠の質を下げる
○便秘や下痢の改善:深い刺激が眠りを阻害
○就寝3時間前からは何も食べない:夜遅くは消化酵素、消化液の分泌が悪くなり胃腸の負担、刺激が増加する
○貧血の改善:貧血があると睡眠障害の原因になる
○肝機能の改善:悪夢の原因
○眠れない時は一旦起きて読書しよう:そのままベッドにいても眠れないので
○規則正しい生活を送る:ホルモンの分泌が一定になり眠りやすくなる
○パジャマを着て眠る:通気性、吸水性、保温性に優れている
○最低6時間以上は眠る(理想は7~8時間):ショートスリーパーは病気の原因に
○昼寝は20分以内にする:夜に眠れなくなる
○過敏症の方はカフェインを終日摂取しないようにする(緑茶、コーヒー、エナジードリンク):覚せい作用あり
○スポーツを日課とする:スポーツは睡眠に関わるセロトニン、メラトニンの分泌を活発にする
○朝目が覚めたらダラダラせずにすぐに起きる:二度寝は睡眠の質が悪く余計に心身を疲れさせる
○休日に寝だめしすぎない、休日に生活リズムを崩しすぎない:平日にも影響を及ぼす
○自分に合った寝具選びをする(枕、シーツ、布団など):リラックスできる環境作りが睡眠を深くする
○添加物過多、消化の悪い食べ物に気を付ける:胃腸の状態を悪化させ睡眠の質を下げる
○こだわりを捨てる(色々な人がいる、色々なやり方があると考えストレスを軽減させる):脳の充血を取る→熟睡
○体を清潔にする:不潔→深い刺激で眠りの質を悪化させる
○以上のことを2週間以上続ける:睡眠のリズムは2週間区切りで変化します

このように睡眠にはルールがあります。ぜひ参考にして日々の睡眠の質改善に努めて下さいませ。





LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 



DSC_3gtnyj327.jpg
こんばんは^^朝からムシムシと真夏のような暑さとなっているここ鹿嶋地方です。湿度が上がると熱中症にかかる人が増えますので注意が必要です。


さて、「気を補いすぎると血流が悪くなる」ということですが、皆さん「気」って分かりますか?何となく「元気」の気かなと思った人、ビンゴです。

気とは車でいうとエンジンです。エネルギーを爆発させてタイヤを回して車を走らせる中枢に当たる部分です。人間の体に置いては神経や脳、内臓の働き、筋肉の働きなどを指します。生命を維持するための指令→実際の動きです。

元気がないと疲れるというのは、気が低下しているから全身の機能が低下してだるい、動きが悪いという状況が作られます。

例として
○脳が疲れると指令がいかなくなるのでだるさ、疲労感を感じる
○暴飲暴食によって胃腸が疲れると食欲がなくなる
○筋肉を使いすぎると筋肉が疲れてだるくなる
などがあります。

この気の働きに大きく関与するのがエネルギーです。人間の体でいうと血液やホルモン、水分、脂質、糖質、タンパク質などが該当します。これらエネルギーがないと気の働きは低下します。逆に気がないとエネルギーも吸収、代謝されないので無用の長物となってしまいます。


この気ですが、普通にある分には健康状態が保たれますが、有り余るほどあると血液の流れを著しく悪くさせます。当然、気が余ると神経が高ぶりますので、血管や筋肉が収縮し、また血液中から水分がこしとられます。軽い場合はのぼせや血圧上昇などで済みますが、ひどくなると関節の痛み、節々の痛み(風邪の時のような)、頭痛、脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こします。

気は何もしなければ亢進することはありませんが
○ストレス
○神経を刺激する飲食物の過剰摂取
○違法ドラッグ
○体に合わないサプリメント、処方薬、一般薬の摂取
○運動、労働、性行為の過剰
○エネルギーの摂取過剰(食べ過ぎ、飲み過ぎ)
○遊び過ぎ、寝不足
○過剰すぎる筋トレ
などがあると亢進することがあります。

急に元気な人が脳梗塞などで倒れることがありますが、そのほとんどは「気の過剰」が原因です。


このような気の過剰症状の改善には「引き算」をするようにしなければなりません。ストレスがあれば改善する、労総過剰があれば休むといった具合に過剰分を引き算します。○○の食べものが体にいいとよくありますが、食べ物のほとんどは足し算になるので注視しなければなりません。

各種漢方薬には足し算になるものと引き算になるものとがあります。最近では食の欧米化からか引き算の漢方を処方することが多いです。漢方生薬もそうですが、引き算の食べ物は「苦いもの」が多いです。ニガウリ、タマネギ、食用菊、ウド、キャベツなどがそれに当たります。

健康維持は「バランス」が大事です。ぜひ参考にして下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_3324.jpg
こんばんは^^今日も素晴らしい天気になりましたね。でも明日からまた大雨になるような予報が出ているので注意が必要です。


さて、「霊芝の素晴らしい働き」ということですが、皆さん霊芝って知ってますか?何となく聞いたことがあるけどよくわからないという人がほとんどではないでしょうか。

この零芝、漢方薬局では非常にメジャーな生薬となっており、当店でも大活躍しています。

霊芝とはサルノコシカケ科のマンネンタケをいい、一般的に「赤霊芝」が高級品として使われています。当店ではこの赤霊芝を始め、白樺の樹液を吸って成長するキノコであるチャガから生成された「シベリア霊芝」を取り扱っています。

霊芝は薬用のキノコですが、医薬品ではなく「健康食品」となっています。

主な作用として
・抗血栓作用
・免疫強化作用
・自律神経調整作用
・血圧降下作用
・脂質代謝活性作用
・血糖値降下作用
・抗炎症作用
・抗アレルギー作用
・止痛効果
・エネルギー代謝活性効果
・肝機能改善効果
・水分代謝改善効果
などがあるとされています。

当店でも、各種ガンでお使いになられている方、アレルギーの改善でお使いの方、肝機能改善、肝炎改善、脂肪肝、糖尿病、高血圧、各種皮膚疾患、アトピー性皮膚炎、血栓症予防、風邪予防などで服用されている方が大勢いらっしゃいます。そして、皆が想像以上の効果を実感されています。

私自身、疑い深い性格なので、製薬会社や漢方の先生方から霊芝の凄さについて聞かされていたものの、正直全く信じてしませんでした。何となく「売る為の宣伝文句」又は「先生方においては合包(他の漢方薬と併用)されていたので漢方の効果が大きい」などの理由で信じていませんでした。

しかし、自分でお客様にお出ししていると、その凄さが「本当だったんだ」と分かるようになり、「やっぱり本当だったんだ」と今更ながら自分を恥じています。

先ほどの作用をみると、まるで万人に効く魔法のようなキノコというように感じてしまいますが、もちろん、漢方薬と同じで「その人の体質、症状」に合致していないと効きません。

なので、服用なさる際は必ず「漢方の専門家」に相談するようにして下さいませ。もし相談するところがない場合にはぜひみやわきに相談下さいませ。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




こんばんは^^今日は気持ち良く晴れたものの、ちょっと肌寒い感じがした一日となりました。季節の変わり目ということもあり、日々気温の変動があるので注意したいですね。


さて、「漢方薬で下痢又は便秘になる時の対処法」ということですが、漢方薬を販売していて一番よくあるご相談がコレです。

「大黄などの特に下痢をするような生薬が入っていないにも関わらず下痢をしてしまう」

「利水作用のある生薬じゃないのに便秘してしまう」

など、特に理由がある訳でもないのに下痢や便秘をするというケースが多いです。


一般的に腸への刺激がある大黄やセンナなどで下痢するのは誰でも分かりますが、その他生薬で下痢する場合には中々判別できないというのが一般的です。

しかし、普通の食事でも生姜で下痢する、イカを食べると腹痛がするなどがあるように、一般的に考えられなくぃ生薬でも消化器官の粘膜へ刺激を与えてしまい、下痢や便秘が引き起こされることがあります。

よって、漢方薬を服用して下痢や便秘などの不快症状が生じる場合には
・量を減らす
・食前→食後に変える
などをして様子を見るようにし、それでもダメな時は中止するようにします。

無理に服用していると粘膜に炎症などが生じて胃痛や腸の痛み、ひどくなると出血やガンなどの原因になることがあるので注意が必要です。


下痢の場合には下痢を治すような漢方薬やその他薬をプラスする
便秘する場合には便秘改善薬をプラスする

などの方法もありますが、それはメリットとデメリットをしっかり見極めてから行うべきです。安易に行うのは体に悪影響を与えることがあるので慎むべきだと思います。


胃腸は後天の精といって体の栄養を吸収する大事な場所です。よって、この胃腸の状態を乱す薬はなるべく使わない方が無難です(特に長期に及ぶ場合)

お悩みの方はぜひみやわきまでご相談下さいませ。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




DSC_32gregre98.jpg
こんばんは^^朝からずーーーーっと雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。明日も冷たい雨が降り続けるみたいです。ちょっと憂鬱ですね…。


さて、「アレルギーでもないのにアレルギーのような症状が出る時」ということですが、皆さんも経験ないですか?アレルギーでもないのに、やたらとくしゃみが出る、鼻炎が続く、肌に蕁麻疹が出るなどの症状。

これら症状はなぜ出るのでしょうか?

もちろん、その日から突然アレルギーが発症する場合もあります。しかし、多くの場合「一過性」です。


その原因として考えられるのが「免疫の低下」です。
・体力の低下
・ストレス
・ストレスによる性ホルモンの活性
・風邪などの感染症による免疫の低下
・各種慢性病
・妊娠、出産
・仕事による過労、寝不足
・アレルゲンへの大量暴露によるもの
・更年期による性ホルモンの低下(男女共)
・暴飲暴食による内臓機能の低下
・過度の飲酒による肝機能低下
・薬による影響

などにより一時的又は慢性的に免疫が低下するためにアレルギー症状が出ます。免疫とは免疫細胞だけではなく体を守る皮膚や免疫、血液、水分保持力、消化液の分泌、腸内細菌、自律神経のバランス、各臓器の状態なども含まれます。

これらにより、普段は正常に動いている各種免疫細胞に狂いが生じてしまいアレルギーが発生します。そして、この免疫細胞の乱れはアレルギーだけではなくガンや肝臓疾患、腎臓疾患、リウマチ、胃炎、心筋梗塞、脳梗塞、痴呆症などの発生にも深く関与しています。

よって、問題ない場合もありますが、いきなりアレルギーが出てきたという場合には、体内にて「他の病気のリスクも増大している」と考えてアクションをとるようにしましょう。

何が原因か、を特定するのは難しいと思いますが、人間の心身は「バランス」が一番大事になります。栄養、休養、活性、自然との触れ合い、ストレス、孤独と調和、日光浴、仕事と休日、遊びetc…色々とバランスを取りながら「心地のいい」生活を心掛けるようにしましょう。


漢方の知恵はこのバランスを重要視しています。バランスを整えてあげることで自然と病気や不快症状は改善されていきます。



LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 







daf64a98c071064072966ce49a6afae9_s.jpg
こんばんは^^いや~今日は蒸し暑かったですね。7月を通り越して8月が来たような錯覚を覚えました。


さて、「夏風邪予防は胃腸の健康維持が大事」ということですが、皆さん風邪など引いていませんか?これからのシーズンは冬に流行る風邪とは全く異なる風邪の流行が始まりますのでその説明をしたいと思います。

冬の風邪というとインフルエンザやRSウイルスなど「乾燥に強い風邪ウイルス」が流行します。湿度の低い状況下で飛散して人から人にうつるのが特徴で、主に上気道に感染して増殖します。

それに対してこれからの季節「夏」に流行る風邪の原因菌は「手足口病やヘルパンギーナ、プール熱」などと言われている菌で、主に「ジメジメした環境」を好みます。

それ故、人間の体でも水分が多い「胃腸を好む」という傾向があります。よって、夏風邪は下痢や吐き気、腹痛といった胃腸症状を伴うことが多くなります。

このような傾向があるので、夏風邪の予防は「胃腸の健康維持」が大事になります。

胃腸が健康であれば風邪の原因菌が入ってきても打ち克つことができるので無症状又は軽度で済むことができますが、胃腸が弱く消化液の分泌がよくないといった場合には、原因菌の増殖を許してしまい症状がひどくなりやすいという傾向があります。

もちろん、咽頭部や鼻腔にも増殖するので胃腸だけに気を付けていれば大丈夫ということではなく、うがい手洗い、鼻うがいなどで予防、改善することも大事になります。


漢方の世界では「胃腸は乾燥を好む」という言葉があります。じゃぶじゃぶと余計な水分が停滞している状態よりも、しっかり水分が吸収されている状態を維持することが健全な状態維持に繋がるということです。

よって、胃腸薬のほとんどに「水分吸収を促す」作用のある生薬が含まれています。

この働きを助けるために大事になるのが
・暴飲暴食をしない
・冷たいものを摂らない
・水分の摂りすぎに気を付ける
・適度に汗をかいて発散する
・バランスのよい食生活を心掛ける
・ストレスから遠ざかる
・心身の疲労を改善する
などを意識するようにします。

夏はのどが渇くので冷たい水分やアイスを摂りたくなりますが、なるべくこまめに少しの量を回数を分けて摂取するようにし、温度は常温~温かいものをチョイスするようにします。あぶらっこいものや甘いもの、繊維質が多すぎるもの、味の濃いものなどは消化不良に繋がるので避けるようにします。

風邪の原因菌を始め、人間の体にとって脅威となる細菌やウイルスを撃退してくれる
・梅干
・ニンニク
・紫蘇
・緑茶
・わさび
・ネギ
・タマネギ
・生姜
・唐辛子
なども適度に取り入れていくようにしましょう。


夏風邪に関してのご相談はみやわきまで。




LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 




IMG_20190526_223747_0trfhbtf96.jpg
こんばんは^^このところ過ごしやすい日々が続いてますね。とはいうものの、日中と朝晩との気温差が激しいので、体調を崩している方も増えています。衣服や寝具で調節して体を冷やさないようにして下さいね。


さて、「疲れている時は粗食にすべき理由」ということですが、一般的には「今日は疲れてるからスタミナがあるものを食べよう!」と考える方が多いようです。がしかし、疲れているからこそ粗食にして欲しいというのが私からの提案です。

何故かというと、疲れている時というのは「胃腸も疲れている」からです。胃腸は自分自身のミニチュア版だと思って下さい。自分自身が疲れている=胃腸も疲れているのです。

なので、なるべく胃腸の負担を減らしてあげることが大事なのです。胃腸の負担を減らすためにはなるべく消化の悪い脂質や沢山の肉は避けて、消化の良いご飯(おかゆでもいい)に煮物(根菜類やお肉の)などをメインにします。野菜を用いる時はしっかりと煮るか炒めるかして食物繊維を壊すような料理法を選択します。

量も腹八分目とし、殺菌作用のある紫蘇やわさび、ニンニク、生姜、ネギなどを薬味として用いるようにします。

このように、疲れている時は栄養素よりも「体の機能」を意識するようにすると立ち上がりがよくなります。

疲れている時に寝ずに遊びまわっていたら疲れちゃいますよね?疲れている時はしっかり寝て回復するというのがセオリーだと思います。胃腸においても全く同じこと。消化の良いアッサリしたものを腹八分目として休ませることが先決です。

人によっては疲れすぎて食欲がないというケースもあります。そんな時は体に従いまずは休むようにして、その後に栄養を補うようにします。病気の時も同様です。(脱水になることがあるので水分だけは摂取するようにしましょう)

ということで疲れている時に粗食とすべき理由について説明しました。


薬やエナジードリンク、栄養ドリンクも同様ですね。まずはしっかり休み、それでもどうにもならない時に用いるようにしましょう。





LINE 「takashi6897」でID検索してメッセージ下さいご相談は直接お越しになる以外にも、お電話、メール、LINEなどで対応しております。ぜひお気軽にご利用くださいませ。

TEL 0299-82-6897
(お電話の場合はすぐに対応出来ない場合があります。予めご了承くださいませ)
mail miyawaki-kenkou@amber.plala.or.jp 







DSC_320tr3 (1)


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ