こんにちは^^朝から厚い雲に覆われているここ鹿嶋地方です。午後から雨が降るようなので、お出かけの際は雨具の用意したほうがよさそうです。


さて、「胃腸の機能低下によるアレルギー」という事ですが、食べ物によるアレルギーで悩まれている方本当に多いですね。その中で胃腸の機能低下がレルギー発症に関係していると考えられるケースが多くなっています。

アレルギー反応といえば色々ありますが、当店で相談が多いのがアトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、じんましんです。これらアレルギーの原因とされているのが、アレルゲン物質が体に触れる、又は体内に入る事によって、自己免疫が細胞に結合することにより、ヒスタミンなどのアレルギー反応を引き起こす物質を放出する事が原因とされています。

問題はアレルゲンとされていますが、小児などを例に挙げますと、アレルギー反応を引き起こしている食べ物でも、成長し体全体が強くなる事によって、同じ食べ物でもアレルギー反応を起こさなくなるという事を考えますと、食べ物が悪いのではなく、体が弱いが故にアレルギー反応を引き起こしていると考える事が出来ます。

胃腸虚弱が原因となりアレルギーを起こしている場合は、自己が消化できないが故に、アレルギーという拒絶反応を起こしていると考えられます。


改善法としては、アレルギー反応が強い時は消化の良くないもの(タンパク質や乳製品)は極力避け、なるべく心身に対してストレスを与えないような生活習慣を送るようにします。段々と落ち着いてきたら少しずついろいろなものを食べるようにし、体を鍛えるようなスポーツや乾布摩擦、ふろ上がりの冷水などを取り入れるようにして、体質改善を行うと効果的です。

特に食生活では注意が必要で、タンパク質や乳製品以外にも、加工食品、カフェイン、アルコール、味の濃いもの、あぶらっこいもの、古いもの、寝る前の飲食などは控えるようにして、消化の良いもの、各種発酵食品(漬物や納豆・・・納豆はタンパク質なので慎重に)や食物繊維を積極的にとるように心がけます。

漢方薬では、炎症のひどい時には抗炎症作用、利湿作用の強い副腎を助けるようなものを主にして、落ち着いてきたら胃腸の働きを助けて体を強くする作用のあるものを主に用いるようにします。


アレルギー反応は先ほどあげた鼻炎や皮膚炎だけではなく、腎炎や肝炎、紫斑病など重い病の原因にもなります。アレルギーがひきおこされる原因は、漢方の知恵を借りて考えると、先ほどあげた胃腸虚弱だけではなく様々な要因が考えられ、とても難しい疾患の一つです。現代医学では諸説ありますが、基本的には原因不明とされています。



≪5月25日のブログに書いた迷い猫ですが、無事飼ってくれる方が見つかりました。ご協力して下さった方々本当にありがとうございました。≫



DSC_0116_01.jpg

紋白蝶




DSC_0126_01.jpg

アジサイの季節になりました




DSC_0011447.jpg
!?




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ