こんにちは^^台風から熱帯低気圧へと変わった雨雲の影響か、朝から大雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。早くスカッとした青空の続く天気になってほしいものですね。


さて、「腹痛下痢とのどの痛み」という事ですが、これはうちの長女の症状です。一般的に腹痛下痢といいますと、胃腸炎が考えられノロウイルスやロタウイルスなどの感染症を疑いますが、喉の痛みが付随してくるとちょっとこれらウイルスの感染とは違うようです。

よく見られるノロウイルスなどの胃腸炎を引き起こすウイルスに感染すると、腹痛下痢以外に激しい嘔吐が伴います。全ての方に出る訳ではありませんが、結構多くの方に共通するのが激しい嘔吐と腹痛、下痢です。

今回の長女のように腹痛下痢はあるものの、嘔吐が無く、喉の痛みや咳、痰などが付随するような場合は、アデノウイルスといって比較的よく見られる風邪ウイルスの感染が濃厚です。このアデノウイルスという風邪ウイルスは、発熱、喉の痛みや咳、痰などの一般的によくみられる風邪症状にプラスして、酸に強い為胃や腸でも繁殖できるのが特徴です。当然胃や腸で繁殖すると、胃腸はその機能を失い腹痛や下痢が引き起こされます。

治療法ですが、一般的には対症療法とされています。ウイルス感染なので抗生剤の適応ではなく、熱が高いなら解熱剤、咳がひどいなら鎮咳去痰作用のあるもの、胃腸症状が激しいならビオフェルミン製剤などが主になっているようです。しかしウイルスが繁殖している時は便乗して細菌の繁殖が考えられたり、細菌感染の可能性もセロではないため抗生剤が必ずしも不適切とはいいきれません。

経過としては、症状は次第に良くなり、5日前後でほぼ症状が治まるのが一般的ですが、中には重症化するケースもあるので注意が必要な風邪ウイルスです。

漢方薬ではのどの痛みが激しければ銀ギョウ散製剤、胃腸の症状が激しければ柴胡桂枝湯、咳には五虎湯など症状や体質によって使い分けると効果的です。最近ではストレス社会の為か、風邪に便乗して激しいストレス症状を訴える方も増えています。そのようなケースには各種サイコ剤や牛黄製剤、各種カルシウム製剤を用いるといい効果が得られます。



本当に風邪って嫌ですね。この世から撲滅されることを祈ります。





DSC_0145.jpg
虫を捕まえて食べちゃう植物みたいです
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ