FC2ブログ
こんにちは^^朝から夏空が広がっているここ鹿嶋地方です。いよいよ夏本番ですね。熱中症に注意して夏を満喫しましょう!


さて、「夏の食欲不振は脱水が原因の事も」という事ですが、夏になると増えるのが食欲不振のご相談です。夏になると水分の需要が増える事から、冷たいものの過剰摂取で胃腸機能が低下してしまうのが原因として最も多いのですが、それが発展して脱水となり食欲不振が慢性化しているケースも比較的多く見受けられます。

暑くなり汗をかく日が多くなり、水分の摂取が多くなると胃腸の機能が低下します。胃腸の機能が低下すると水分やタンパク質、各種ミネラルの吸収が悪くなり体全体の水分量が減少し脱水が引き起こされます。脱水になると胃腸への循環血液量が減少しますので、更に胃腸の機能が低下し栄養状態が悪化して慢性化する原因になります。
胃腸機能低下以外にも夏風邪をひくとすぐに脱水が引き起こされるので特に注意が必要です。

脱水症状として
●尿が濃くなる
●汗が止まらない
●だるい、手足が重い
●食欲不振
●頭が重い、頭痛、めまい
●動悸息切れ
●手足の冷感又はほてり
●スタミナがない
●胸が苦しい
●精神状態の悪化
●体重減少
●体のしびれ
●皮膚や脇の下の渇き
●爪を押しても色が変化しない、色が戻らない
●皮膚を引っ張った後元に戻らない
●便秘、下痢
●口の渇き
●血圧低下
●汗や尿からすっぱいにおいがする
などが考えられます。

改善法としては比較的軽症で胃腸が吸収できるのであれば、OS-1などの径口補水液などで補給し、胃腸や全身状態が芳しくなければ点滴などで補給します。その後体の状態が安定していればOS-1などを毎日少しずつ補給し、消化の良い食事をきちんととるようにして改善します。

避けるべきこととして
○日焼け
○過剰な運動、長風呂
○飲食の不摂生
○寝不足
○ストレス
○飲酒、カフェイン、たばこの過剰摂取
などがあげられます。

漢方では
★胃腸や肺の機能低下があれば向上させるものを(必要最小限)
★単純な脱水であれば全身の保水力をあげる作用のあるもの
★ストレスが強ければストレス緩和
★熱や炎症の症状が強ければ緩和させるものを
など症状にあった改善法を用います。

注意点として、脱水がある時は乾燥させる作用の強い生薬や発散、興奮作用のある麻黄や附子含有製剤、血管を拡張させる開キョウ作用のあるもの、活血作用のあるものなどは、脱水を助長させたり内臓に負担をかける為慎重に用いるようにします。


夏の慢性的な食欲低下は脱水が原因になっている事が少なくありません。脱水があると熱中症にもかかりやすくなるので、なるべく早めに改善しておいた方がいいでしょう。







DSC_0168.jpg




DSC_0180.jpg

夏の花達
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ