こんにちは^^朝から雲が多くムシムシとした天気となっているここ鹿嶋地方です。気温はさほど高くないものの、湿度がとても高いのでかなり不快に感じますね。


さて、「夏は立ちくらみが増える時期」という事ですが、色々な不快症状を訴えてご来店なさるお客様に「立ちくらみしませんか」と聞くと、この時期はかなりの高確率で「はい、します」という返事が返ってきます。

夏に立ちくらみが多くなる理由としては、何度も当ブログでも書いている、「暑さによる血管の拡張」が理由の一つになっています。人間の体は常に一定に保たれており、外気温が上がると体温も上昇するので皮膚表面の血管を拡張させて熱を排出させなければなりません。

体表部の血管が拡張するということは、内臓や脳への血液供給が低下し不快症状の原因になります。その不快症状の一つとして立ちくらみがあるのです。

当然人間の体にはそれを回避する術があるので、暑いからといって必ず脳貧血等が引き起こされるとは限りませんが、体がまだ暑さに慣れていない今のような時期には様々な不快症状が引き起こされやすくなります。

暑さによる不快症状改善策として
●急な動作はしない
●夜はしっかりと体を休息させる(深酒や夜更かしはしない)
●昼寝などでリフレッシュ
●三食しっかりバランスのとれたものを食べる(特にタンパク質)
●冷たい飲み物で胃腸を冷やさない
●水分補給をしっかりと(汗をかいたらその分補給する)
●下痢や食欲不振、夏風邪時は絶対に無理はしない
●ストレスから遠ざかる
●規則正しい生活習慣を送る
●気力を充実させ、毎日前向きに
などがあります。

漢方では、気力・体力を補うもの、血や水分を補うもの、余計な熱を発散させるもの、内臓の働きを補うものなどをその方、その症状によってお勧めして喜ばれています。是非ご利用下さいませ。


立ちくらみなどは一過性ののものが多いですが、症状が続いたり強く出る場合などは何かしらの疾患が原因になっている事も考えられますので、医療機関などで検査するといいでしょう。異常がなければ漢方療法での体質改善が症状改善に有効です。







DSC_0130.jpg
最近カメラを向けるとこのポーズをします。園で怪しい遊びでも流行っているのだろうか・・・
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ