こんにちは^^朝から夏空が広がっているここ鹿嶋地方です。暑さが厳しいので熱中症に注意して下さいね。でも夏の暑さより熱いのが先日開催されたオリンピックですよね。時差の関係で寝不足の方も多いのでは?


さて、「気温差が自律神経を疲れさせる」という事ですが、こう暑いとついつい頼ってしまうのが冷房ですよね。冷房は熱中症予防にも効果があり素晴らしい人類の英知ですが、あまり頼りすぎると体にとって良くない作用をもたらします。

良くない作用とは、あまり冷房の温度を下げ過ぎると、冷房の効いている部屋と外気の気温差が大きくなり過ぎるので、体表部の毛穴の開け閉めを調節している自律神経に負担がかかるのです。

冷房の効きすぎている室内では体温を逃がさないように毛穴を閉じているのに対し、暑い室外ではめいいっぱい毛穴を開き体内の熱を外に逃がそうとします。この働きがどちらか一方だとそれほど自律神経に対して負担にならないのですが、頻繁に暑かったり寒かったりを繰り返すと自律神経が疲れてしまいます。

自律神経が疲れると、一例として、先ほどの毛穴の開け閉めがうまくいかなくなり、寒いのに毛穴が閉まらなくなり体が冷え切ってしまったり、暑いのに汗が出ないといった症状が出やすくなり体全体のバランスが崩れてしまいます。


改善法としては気温差をなるべくなくすことです。しかしこれは「なるべく」というだけで、外気温が40℃近くになる猛烈な暑さの時などは、気温差を減らす事を意識して37℃にしては、熱中症にかかってしまいますので、ある程度快適に過ごせる温度まで下げる事が必要になります。ケースバイケース室温を調節する事が健康維持に繋がります。

夏場は何かと自律神経に負担をかけますので、温度差を少なくすること以外にも
○ストレスから遠ざかる
○直射日光を浴びない
○冷たいものをとり過ぎない
○味の濃いもの、あぶらっこいものをとり過ぎない
○規則正しい生活習慣を送る
○夜はしっかりと眠る習慣を
○酒タバコはほどほどに
○何事も無理はしないでゆっくりと
などが有効です。


厳しい夏ですが、暑い時しかできない楽しいレジャーも沢山あります。健康的な生活を心がけると共に、夏を楽しんで下さいませ。





DSC_0052.jpg
素晴らしい夕日



hana花子___01
花子、恒例の砂浴び(プライバシー尊重の為、一部フィルタリング処理を施しています)



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ