FC2ブログ
こんにちは^^相変わらず暑い日が続いています。今年は7月が暑くなかった分、残暑が厳しいのかなと勝手に考えています。夏の名残をもう少し楽しみましょう。


さて、「おならについて」という事ですが、今朝NHKのあさいちにておならの特集をしていました。皆さんご覧になりましたか?

放送によると、おならの成分の7割は口から入り込んだ空気によるもので、残りは腸内細菌が作り出すガスによって生成されているようです。

おならで気になるのは臭いですが、強い臭いの原因になる成分も腸内細菌によって作り出されているとされています。

この、ガス及び臭気を予防する方法として紹介されていたのが
①腹部マッサージ
②食事を日本食中心にする
③乳酸菌などの善玉菌を積極的に摂取する
④憩室を予防する
⑤食事はゆっくりよく噛んで食べる
などです。

①のマッサージは仰向けに寝て膝を曲げた格好で、右骨盤上→右肋骨下→左肋骨下→左骨盤上と、時計回りに優しく大腸をマッサージを行いガスを積極的に追い出します。

②は欧米風の食事や中華など脂肪分の多い食事と、日本古来からの食事とでガスのにおい成分を比較した所、14倍の差がありました。原因は、脂肪が多い食事だと消化に問題が起こり腸に未消化の飲食物が増え、それが腸内悪玉細菌を増やすからだと考えられています。

③は善玉菌を取り入れる事によって胃腸の環境を良好にして、腸内悪玉菌の増殖を防ぐから有効だと考えられています。

④の憩室とは大腸にできるこぶのようなもので、大腸の壁にこぶが発生して、そのこぶの空洞に飲食物が詰まり、そこに悪玉細菌が繁殖してガスが発生しやすくなります。更に悪化すると憩室に炎症が引き起こされ憩室炎へと発展する可能性があるので注意が必要です。憩室の予防には食事を日本食中心としたり、食物繊維の摂取が有効とされています。又、トイレでいきみ過ぎるのも憩室を作る原因になるので、便秘にも注意して下さいませ。

⑤は早食いすると口から入る空気量が増える事や、咀嚼がされていない事による未消化物が増える事などの影響により、ガスの量や臭気が増す原因になります。ゆっくりよく噛んで食事すると、それら原因を改善できると共に、健康維持にもとても有効です。

番組を見終わった後の私なりの結論ですが、繊維たっぷりの日本食中心の食事をゆっくりよく噛んで腹八分目、漬物や味噌汁などの発酵食品で善玉菌の補給をして、適当な運動で体を動かして腸への刺激を増やす事など、昔からの一般的な生活をしていれば全て解決できると思いました。

又、この考え方以外にも、ストレスや胃腸虚弱によっても胃腸の働きが低下し、未消化物が生成され悪玉細菌が増殖し臭いガスの原因になります。この場合は漢方での改善が有効で、その方の胃腸へ引き起こされている原因を改善する事によって不快症状改善に役立てます。



ニンニクなど食物由来の臭いガスは別物ですが、臭いガスが続く場合は胃腸に何らかの不快症状が引き起こされているサインです。是非積極的に改善し、健康維持に繋げて下さいませ。






DSC_0298.jpg
とても食べきれません(-_-;)



プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ