こんにちは^^朝晩は本当に涼しくなりましたね。暑さ寒さも彼岸までといいますが、昔の人の言葉というのは本当に的を得ていますよね。


さて、「アレルギーやアトピーの体質改善」という事ですが、その方法の一つをご紹介します。


アレルギーやアトピーの原因は不明とされている部分もありますが、徐々に解明されている部分も数多くあります。
その解明されている事として有名なのが、自律神経や免疫細胞が関与しているという事です。一般的にアレルギー疾患では、自律神経では副交感神経、免疫細胞ではリンパ球の働きが共に亢進しています。

これら働きが亢進しすぎると、肥満細胞を刺激してアレルギー反応が引き起こされます。

しかし、副交感神経、リンパ球が多い状態の方が全てアレルギー症状を発症する訳ではありません。アレルギー症状を発症する時というのは、体質プラス花粉などの抗原物質にさらされた時、強い精神的、外的ストレスを受けた時などになります。


改善法として考えられるのが、副交感神経の亢進を改善する事です。
副交感神経の亢進する原因として
●寝すぎ、休み過ぎ、座り過ぎ
●働き過ぎ
●慢性的なストレス
●刺激や欲求の無い生活
●運動不足
●日光に当たらない生活
●食事の偏り
●寝不足
●人と社会的接触がない
●酒、たばこ
●感染症
●慢性病
などに先天的な体質が関与しています。

この中で自分で改善できるものは自分で改善するようにして、更に腸内環境改善が体質改善に役立ちます。

腸内環境を改善すると、免疫細胞の好中球の働きを強化する事が出来るので、免疫細胞のバランスを整えることが出来、更に自律神経のバランス調整にも役立ちます。

腸内環境を整えるのに有効なのは
●規則正しい生活習慣
●食事はバランスよく日本食中心で(タンパク質を減らしすぎない)
●よく咀嚼する
●睡眠はしっかりと
●乳酸菌やビフィズス菌、納豆菌などの善玉菌を積極的に摂取する
●食物繊維を積極的に摂取する
●ストレスから遠ざかる
●冷たいもの、熱すぎるものはとらない
●インスタント食品はほどほどに
●アルコールは少量


漢方ではイサゴール製剤や晶三仙を主として、各種胃腸薬、プラセンタ、藍藻製剤、ストレス緩和作用のあるもの、抗炎症作用のあるものなどを適宜服用するようにします。


アレルギーは分からない部分も多いですが、以上のように原因の一つが解明されており、それにより治療の成果も上がってきています。漢方療法では、きちんとした現代の医学的エビデンスはありませんが、古来より受け継いできた経験法に基づき治療を行い成果をあげています。今後は現代医学による原因解明と伝統的な漢方医療が、各種疾病に役立つ事を期待したいと思います。




DSC_0330.jpg
まだまだ現役です


プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ