FC2ブログ
こんにちは^^朝から素晴らしい秋晴れとなっているここ鹿嶋地方です。空気の乾燥や気温の低下に伴い、風邪を引いている方が多くなっていますので、マスクやうがい手洗いなどで予防して体調管理して下さいませ。


さて、「風邪を引いた時は体を温めた方がいいですか?というご質問」という事ですが、つい先ほどお越しになったお客様よりご質問頂きました。その答えをブログにもご紹介したいと思います。

昔から、よく「風邪を引いたら布団を多めにかけて汗をかくようにすると治る」という言葉を聞くように、風邪を引いたらます温めるという風潮があります。これは先人からの知恵で、実際布団を多めにかけたり、暖かい飲み物などで体を温めると風邪が治ってしまったという経験を持つ人も少なくないと思います。

漢方の世界でも、風邪の初期には体を温める作用のあるものが多く効果を発揮しています。

では、風邪の初期に体を温めるという行為は、本当に風邪の治癒を早めるのかどうかですが、私は初期であれば治癒を早めると思います。

何故かといいますと、体を温めると風邪ウイルスを攻撃する免疫の働きが活性化したり、ウイルスの活性が弱まるからです。風邪をひくと発熱するのも、体が免疫を活性させたりウイルスを弱らせたりする反応の一つなのです。

以上の理由で、風邪の初期には体を温めるのはとても有効な事だと思います。しかし、初期を通り越して発熱や咽頭痛、火照り、火照りを伴う頭痛など、熱や炎症による不快症状が出てきた場合には、逆に体の熱や炎症を抑制させるという方法を主に行います。


体を温めるという行為は、風邪の初期や日常の生活において健康維持に対して有効だと考えられますが、その方、その時の状態によっては、逆に体の熱を抑えるという方法が用いられる事もあります。人間の体質は季節や生活習慣、年齢などによって日々変わり、風邪の症状は数分ごとに目まぐるしく変化します。

何時も一概に温めるという行為を続けるのではなく、その時々によって使い分ける事が健康を維持していく秘訣です。





DSC_0511.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ