FC2ブログ
こんにちは^^朝から冷たい雨が降り続いているここ鹿嶋地方です。気温はさほど寒くはありませんが、雨にぬれると体力を奪われます。雨に濡れた際はその後のケアをしっかりとして体調維持に努めて下さいませ。


さて、「手が冷たい人、温かい人」という事ですが、皆さんの手は如何ですか?私は根っからの冷たい手の持ち主で、小さいころはよくしもやけに悩まされました。

この手の性質の差について、よく冷たい人は心が温かいなどといわれていますが、実際に心や体と関係あるのか考えてみたいと思います。

まず、手というのは体の末梢に位置しています。漢方では体に熱がこもりやすい「陰虚」という状態があるのですが、その陰虚の代表的な症状の一つとして「手足の火照り」があります。手足という場所は、体内の冷却装置の一つで、体の中に過剰な熱があるとそれを冷却させるべく熱を帯びると考えられます。よって手が温かい方というのは、体内にエネルギーがしっかりある、もしくは熱に対して相対的にそれを冷却する体内水分量が足りないということが考えられます。

手の冷たい人は、逆に考えると体内のエネルギー量が乏しい状態、もしくは余計な水分がだぶついている状態と考える事が出来ます。

以上の考えは物質的な考えで、体内の状態だけを考慮していますが、実際には物質だけではなく、心の状態の方が手足の温度には大きく影響している事が多いと思います。

心の状態がどのように手の温度に影響するのかといいますと、心の状態が不安定で緊張していると、血管や筋肉が収縮します。これらが収縮すると、当然末梢への血流が滞りますので手が冷たくなります。又、精神的に緊張している場合は、冷たくなるだけではなく、手のひらや足の裏、脇の下などに汗をかきやすくなるので、手は冷たく湿った状態になります。逆に、緊張がなくリラックスしている状態だと、末梢への血流がスムーズになりますので手は温かく乾いた状態になります。

これら体内の物質的、精神的影響が複雑に絡むと同時に、外気の影響、筋肉量、内臓の状態などが複雑に影響しあい手の状態に反映されます。なので、一概に冷たいからどうのこうのとは言い切れませんが、おおよそ「体内の物質的影響」と「精神的影響」「内臓の状態」を反映している事が多いと考えられます。



「手が冷たいと心が温かい」とは、手が冷たい人は以上の理由で内向的な性格になりやすく、何事にも神経質に考えすぎてしまう傾向にあるので、接する相手に対してもよく考えて行動する事が「心が温かい」という風に捉えられているのではないでしょうか。






DSC_0641.jpg
蟻?のオブジェ
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ