こんにちは^^一時期からすれば、このところだいぶ寒さが和らいでいるここ鹿嶋地方です。寒さが和らぐとなんとなくホッとするのは自分だけでしょうか。


さて、「胃腸風邪が治った後も胃腸の不快症状が続く」という事ですが、このような訴えでご来店なさる方が増えています。

皆さん10日以上前に吐き下しをする胃腸風邪にかかり、その後症状は落ち着き普段通りに戻ったものの、食後に胃もたれやゲップ、胸やけ、お腹がすかないなどを感じる事が多くなったと訴えられています。

通常、胃腸風邪を引いている時というのは、胃腸にウイルスや雑菌が増えている状態なので胃腸は弱ります。その後、時間経過や薬によって原因となるものが排除されれば、少しずつ機能を取り戻しいつも通りの働きをする事が出来るのですが、胃腸が弱い方や自律神経が乱れている方、寒さや虚弱体質などで体力が低下している方、暴飲暴食しがちな方などは、その後も回復が悪く胃腸炎の時の症状を引きずってしまいます。

改善法としては
◎規則正しい生活習慣を送る
◎ストレスから遠ざかる
◎余計な事を考えすぎない
◎あぶらっこいもの、繊維質の多いもの、乳製品、冷たいもの、生ものなどは控える
◎体を冷やさない
◎寝不足、寝すぎはしない
◎カフェインや炭酸飲料、すっぱすぎるもの、アルコール類、水分の過剰摂取は控えめに
◎働き過ぎ、体の酷使に注意
◎よく咀嚼して食べ、腹八分目
などが考えられます。

漢方としては、その方の体質や症状によってですが「晶三仙」「平胃散」「柴胡桂枝湯」「半夏瀉心湯」「小柴胡湯」「因陳高湯」「補中益気湯」などをお勧めして喜ばれています。


胃腸の状態を健全に保つという事は、健康を維持する上で必要不可欠です。日頃から養生する事が大切ですが、胃腸風邪を引いた後はよりしっかり養生を行い、胃腸の機能維持に努めてくださいませ。





女性従業員さんに、「最近バニラの香水つけてるよね?」とい聞いたところ、「えっ私つけてないです」という返事。
「もしかしてこの花じゃないですか?」
その花に近寄り香りを嗅いでみると、なんとバニラとチョコレートを足したようないい香りがしました。
mkkkko.jpg
花の名前は「オンシジウム」
黄色のオンシジウムはよく見ますが、茶色は珍しいそうです。




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ