こんにちは^^引き続き爽やかな青空が広がっているここ鹿嶋地方です。引き続き日陰などでは先日降った雪が残り滑りやすくなっていますので、十分注意してくださいね。


さて、「スギ花粉症、漢方療法推進会、臨時トピックス」という事ですが、昨日クラシエ薬品の営業さんから資料を頂いたのでそれをご紹介します。

以下資料

◇アレルギー性鼻炎(花粉症)
2013年のスギ花粉の飛散時期は例年並か例年より遅く、2月中旬に九州、四国、東海、関東から花粉シーズンが始まるでしょう。

スギ花粉飛散量は、東北、関東では例年より遅く、九州、四国では例年より少ないと予想します。

(日本気象協会ホームページより)


今回はアレルギー性鼻炎における各先生方の経験方を紹介します。

①小青龍湯合麻黄附子細辛湯
まだ寒い時期の花粉症、冷えると悪化する場合に

②五積散合麻黄附子細辛湯
まだ寒い時期の花粉症、冷えると悪化する場合に

③小青龍湯合銀ぎょう散
スギ花粉症のファーストチョイス、風寒、風熱の混在型に適応

④辛夷清肺湯合ケアピローサN
黄砂が絡むとき、ヒノキの季節に適応

⑤川弓茶調散合五虎湯
ヒノキの季節、鼻詰まりがひどくなった時に適応

以上になります。


私の場合は花粉症の不快症状に対して、あまり積極的に合包(2種類以上の漢方薬をお勧めする)は行わないのですが、今回の資料では全て合包されていることに少々驚いています。

これは、各先生方が今まで試行錯誤しながらお客様の症状がいかに良くなるかを考え抜いた末に出来た処方であり、その末に合包という方法を導き出した結果だと思います。是非参考にさせて頂きたいと思いますが、今回の資料の説明では少々説明不足で、添付されている症状だけで同じ漢方薬をお勧めする事は出来ません。十分噛み砕き自分のものにしてから実際の接客に役立てたいと思います。

花粉症に対する漢方薬の有効性としては、「症状、体質によってピンポイントで選べる」という事です。ピンポイントに選べるという事は、余計な薬が減るので副作用低減に役立ちますし、効き目も期待できます。是非ご利用下さいませ。




roubai1.jpg



roubai2.jpg

駐車場の蝋梅が見頃です
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ