こんにちは^^今日も朝から素晴らしい天気となっているここ鹿嶋地方です。空を見上げると、青が強く空が高く見えます。晴れの日は本当に気持ちがいいですね。


さて、「寒い日が続くと胃腸の調子が悪くなる」という事ですが、このような訴えをなさりご来店される方が増えています。

マスコミなどでも連日報道されていますが、今年は寒さが厳しいので、その寒さによって様々な影響が人間の体にも及んでいます。

ではなぜ寒くなると胃腸の調子が悪くなるのでしょうか。その原因について考えてみたいと思います。

冬というのは気温が低下します。恒温動物の人間は、外気温に左右されることなく、体温を一定に保たなければなりません。なので、体温に近い温度の夏はそれほど体温維持に体力を奪われないのですが、外気温が低い冬は体温維持に体力を消耗しやすくなります。

人間の体というのは、体温を上げようとする時に筋肉の働きを上げようとします。これは、熱は筋肉によって生み出され、又体内の熱は筋肉によって遮断されるというメカニズムによるものです。よって、筋肉働きを向上させるといった時に、主に体を緊張させる交感神経の働きが高まるので、副交感神経によって動きがよくなる胃腸に影響が及ぶ原因の一つとなているのだと思います。

以上のメカニズムにプラスして、交感神経の緊張を維持するにはしっかりとした栄養補給が必要です。胃腸の働きがよくしっかり栄養を補給できていれば、それほど緊張感は高まりませんが、胃腸の働きが悪かったり、栄養の補給がしっかり行われていないと、更に体の緊張が高まるので、冷えを自覚すると共に胃腸の働きが悪化し調子の悪さを助長してしまいます。


寒い冬の胃腸養生方法として
◎体を冷やさない
◎しっかり栄養を補給する(バランスのよいものを良く噛んで)
◎筋肉の働きを良くする(適度に運動)
◎ストレスから遠ざかる
◎あぶらっこいものは避ける
◎一日一度は入浴などで体を温める習慣を
などが考えられます。


漢方では
●血流改善、ストレス軽減作用のあるもの
●栄養保持力を向上させるもの
●体を元気にさせる作用のあるもの
●滋養強壮作用のあるもの
●アミノ酸製剤
などを主に用います。



寒い日が続くのもあと少しです。もうひと踏ん張り頑張りましょう。




hatuyuki.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ