FC2ブログ

こんにちは^^最近天気悪いですよね、、天気図を見ても、日本列島が厚い大きな雲に覆われ当分良い天気が期待できない感じになっていますね。 こんな日は家でゆっくりとくつろいでいたいですね。


さて最近よく店頭で聞かれる事の一つに「抑肝散が認知症に良いと聞いたのですが」「温胆湯が・・」「桂枝茯・・・・」などとテレビや雑誌などで調べて来られる方がいらっしゃいます。



お気持ちはよ~~~く分かるのですが、認知症の原因というのはその人それぞれ違います。簡単に言いますと

○ストレスなどで血管が収縮し血流が良くない方
○胃腸が弱く栄養が不足している方
○腎が弱く栄養を上手く活用できていない方
○心が弱く栄養がうまく循環していない方
○頭部に余分な熱が入っている方
○冷えていて血流が良くない方
○余計な水分や不純物が多く血流が悪化している方
○体内水分量の減少で血流が悪くなっている方

などなどちょっと考えただけでも、以上のような原因が頭に浮かんできます。上に書いた原因も一つの場合もあれば3~4コ当てはまる方もいらっしゃいます。もちろんですが、用いる漢方薬や生活する上での注意点も違ってきますので、一概に全ての方に「抑肝散」などが認知症に良いとは言えないのです。

漢方薬は、その人によって認知症に至っている原因を探り、そこを改善させる事によって少しでも症状が進むのを抑える、又は良い方向に進むといったような気持ちで用いると良いのです。



一つ予防的に用いるのに一番良いのでは!?と思うのは『補腎活血』という方法で、腎機能を補い血流を良くするというものです。腎は漢方の間では精を作り出す臓器と考えられています。精というのは精力はもちろん、血や津液、ホルモンなども網羅し、言ってみれば体の栄養全てを作り出し調整する臓器と見る事が出来ます。そこを強化する事によって、脳に栄養を偏ることなく供給する事が出来るのです。更に活血といって、血管を正常に拡張させ、血流を良くする「活血剤」を用いる事で、作り出した栄養を滞りなく脳に循環させる事で、認知症の予防に用いるには良いと思います。

もちろんご紹介した「補腎活血」という方法に用いる漢方薬も、その方の体質に応じてという事になります。用いる漢方薬の種類は全部で10種類以上になりますので、その中からその方にあった1~2種類の漢方薬を服用するという事になります。



上手に利用して気持ちいい生活を送っていきたいですね!
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ