FC2ブログ
images121133.jpg
鍋が美味しい季節になりました

こんにちは^^昨日ニュースを見ていたら「いよいよ冬将軍到来!」今週半ば1月下旬の寒さが来そうですなどとやっていたのですが、全然暖かいですよね!?ワイシャツだけでも全く寒くないここ鹿嶋地方であります。


さて毎日気温の変動が大きい日が続くと、体調が崩れる方も多いのではないでしょうか。特に気を付けなければならないのが「風邪」ですよね!大阪の方ではインフルエンザが大流行して、学級閉鎖が相次いでいるそうです。

その風邪の初期症状で多いのが、タイトルにある「喉のかさかさ感」です。あれっちょっと寒いかな?顔がぽっ~っとするな。と体に違和感を覚えると同時に、喉のかさかさ感を感じる時ってありませんか!?

そう感じる時が「風邪の引き初め」の時が多いのです。ちょうどウイルスが粘膜に付着し免疫と出会った頃です。

この時に治療しておくと一番効果が早く治りも早いのです。がこの時期を逃しウイルスの増殖を許してしまい炎症が激化してしまうと、なかなか治りが悪くなってしまいます。発熱したり、咳が長引いたり、鼻の症状が長引いたりと不快症状が発生し、こじらせるとなかなか治らない事もしばしば、、


そのかさかさ感を感じる初期に効果を発揮するのが「漢方薬」です。体質に合ったもの常時持ち歩けば、これほど心強いものはありません!風邪を引くのが怖いという方にはぜひお勧めです。

喉にかさかさを覚えなんかいがらっぽい感じもするな~と言った時に良いのが「板藍茶」「銀翹散」などの抗ウイルス作用のある漢方薬です。これらの漢方薬は、粘膜に付着しているウイルスや細菌などに効果があり、自己免疫と一緒に悪者を退治する役目をしてくれるのです。初期のウイルスの増殖を見ない時期であれば、これら(自分の場合は板藍茶のみ)の漢方薬で十分対処できます。

もちろん効果の方は絶対ではありません。冷え、悪寒が激しい方、体力の落ちている方、ウイルス等が増殖しきった後(発熱)、炎症が強くなった後などでは、板藍茶や銀翹散単独では治りが期待できない時も多く(使用漢方が違う)、病院での治療を優先すべき場合もありますので、実際の服用には専門家の指導の元という事を付け加えます。


上手に味方に付けて風邪症状を緩和できたら良いですよね!





プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ