FC2ブログ
こんにちは^^朝から台風の影響でハッキリしない天気となっているここ鹿嶋地方です。このままいくと台風は2つとも東に大きくそれて、あまり大きな影響を及ぼす事はないように思われます。


さて、「不妊症に対する漢方薬の役割」ということですが、病院での不妊治療がどんどん進化している現状がある今、漢方の役割というものをより明確にしなければならないという世論の高まりを感じています。

現代はネット社会でも垣間見えますが、物事を白黒ハッキリとさせないといけないという風潮があります。これはネット社会から始まった傾向です。ネットでは対面で会話していないが故に、自分の思いや役割をキッチリと伝えなければならないという傾向があります。その傾向がそのままメディアや日常社会でも反映されているのです。

そこで不妊症に対する漢方薬の役割ということですが、病院での不妊治療は体の機能的(内臓やホルモンの働き、血流、免疫など)側面をあまり意識しないで、卵管閉鎖、卵巣嚢腫、子宮筋腫などの病気や器質的な不妊の原因を改善するのを得意とします。更にホルモン分泌や排卵などを強制的に行うような命令形のものや、ホルモンを直接補充するような方法などが多用されています。

それに対して漢方薬は内臓の働きを良好にしたり、血流を良好にする、免疫系を強化するなどの体の機能的な面を強化する働きに優れています。更に、これは西洋的な治療と同じになるのですが、ホルモン分泌を刺激したり量を増やすなどの働きがあるものや、血液や津液を増やすなどの働きも併せ持ちます。

要するに漢方の最大の役割として考えられるのが、体の機能や免疫を向上させたり、悪いものを排除する働きを向上する、血流を良好にするなどの体の働きを向上させるということにあると思います。

この作用は漢方薬だけであり、他では考えられません。

よって、不妊治療では漢方薬を併用した方がいいと結論付けることが出来るのです。もちろん、病院治療をしていなくても器質的な原因や原因となっている病気などがなければ、十分漢方だけで妊娠することが可能です。


漢方薬の役割を理解すると、不妊症への応用が広がると思います。上手に活用して未来の扉を開くのに役立てて下さいませ。




thumb (11)

プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ