FC2ブログ
こんにちは^^昨日の夜から一気に冬がやってきたここ鹿嶋地方です。水戸などでは霜が降り、氷が張っているところもあったようです。急に気温が低下しましたので、体を冷やして風邪などひかないよう注意して下さいね。


さて、「生理痛の原因となっているものとは」ということですが、生理痛でお悩みの方が本当に多くなっています。多くの方々はイブやセデスなどの消炎鎮痛剤系の薬にて対応しているようでうすが、漢方薬でも生理痛は改善できますので、ぜひご利用くださいませ。

その生理痛の原因の一つとしてあるのが、「動物性タンパク質の摂りすぎやストレス」です。なぜ、これらが生理痛の原因になるのかといいますと、動物性タンパク質の摂りすぎや過剰なストレスがあると、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌が亢進します。

分泌が良くなるというところまではいいのですが、エストロゲンは多くなりすぎると子宮の収縮力も高めてしまいますので、生理痛を引き起こす原因になります。

よく生理痛の痛みは「絞られるような痛み」といいますが、あれは月経時に子宮が子宮内膜をはがそうとして収縮する為に引き起こされる痛みだとされています。その収縮がタンパク質を過剰に摂取することにより、収縮が激しくなってしまうと、激しい月経痛の原因となってしまうのです。

もちろん、月経痛の原因は他にも無数にあり、全てが動物性タンパク質の過剰摂取とはいいませんが、その確率は確実に増していると考えられます。

動物性のタンパク質というのは何も肉や魚、卵だけではなく、牛乳や各種乳製品などもその範疇に含まれます。よって、それらも含めて考える必要があります。

また、大豆イソフラボンなども女性ホルモン様作用があり月経痛緩和に有効だとされていますが、摂取しすぎると逆にエストロゲンの生成を高めてしまい、同様に子宮の過収縮を引き起こしてしまい生理痛の原因となりますので、摂取する際には「程々に」というのを基本とします。

更に甘いものの過剰摂取も細胞の糖化により、子宮内膜の細胞を硬化させてしまい生理痛の原因になります。なので、生理痛がある方は甘いものは食事で炭水化物を摂取する以外、なるべく摂取しないようにした方がいいでしょう。

最後にストレスについてですが、過剰なストレスがあると体内でのホルモンの合成が過剰になったり不足したりと非常に不安定になるということが分かっています。当然不安定になると生理痛が悪化します。更に血流の悪化や、筋肉の緊張などを招き輪をかけて生理痛を悪化させます。



以上が、生理痛の原因として最近非常に多くなっています。ダイエットで栄養不足の人がいる反面、過剰な栄養摂取によって不快症状が引き起こされているというケースもあります。何事もバランスが大切なようです。




jinguu.jpg




プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ











FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ