こんにちは^^昨日に引き続き朝は晴れていたものの、段々と雲が厚くなってきたここ鹿嶋地方です。これから夜にかけて雨が降る予報が出ていますので、お出かけの際は注意して下さいね。


さて、「漢方ダイエット薬の売り上げが落ちているようですが・・・」ということですが、去年あたりから、ドラックストアやネット販売などでの漢方ダイエット薬の売り上げが落ち込んできているようです。

商品名を上げると
・ナイシトール
・コッコアポ
・へんせき
などが主な商品となっているようですが、軒並み売り上げが落ち込んでいるといいます。

なぜ売り上げが落ちてしまったのかというと、「ブームが去ったから」というのが一番しっくりきそうです。ダイエットに効果がある無しに関わらず、ブームになってしまった商品というのは、必ずその後に下降するというのがマーケットのルールとなっています。

各種漢方ダイエット薬も、ブームに乗せられて一時期飛躍的に売り上げを伸ばしましたが、ブームが去った現在は流通のルールに則り売り上げが落ちています。

更に付け加えると、漢方薬というのは体質や症状に合って初めて効果を発揮するというのが大前提であり、太っているからといって誰にでも同じダイエット効果のある漢方薬を販売するというのは乱暴であり、効果を感じることが出来なかったというのも売り上げの落ち込みに拍車をかけているのだと思います。

症状が同じであれば、誰にでも同じ漢方薬を勧めるのであれば、我々専門家は必要なくなり、漢方の知識がまるでないアルバイトでも販売できるということになります。もっといえば、ネット販売などでお客様が指名して購入すれば、人が管理していなくてもコンピューターだけで販売が可能になります。

このような販売方法にて漢方薬を服用し「漢方薬は効かない」と訴えている方がいれば、それは漢方薬が効かないのではなく、服用する漢方薬が間違っているので効かないという方が正しいのです。

また、漢方薬の効果は体に無理なく効いていくものが多いので(特に慢性病や体質改善の場合)、例えばダイエットに用いる場合には年単位で服用して行く必要があります。よって、一か月程度服用して「効果がない」と訴えること自体が間違いであり、漢方に対する認識を変えていくことがまず必要になります。

これは需要側に問題があるのではなく、どちらかといえば供給者側がその説明義務を怠っているが故に引き起こされる弊害だと思われます。そして、この問題はこれからネット販売が進むにつれ益々増大していくと思われます。

以上の問題解消には「納得のいく説明が行われない販売店では購入しない」ということに尽きます。漢方薬を購入する際は、しっかりと説明してくれる路面販売を行っている漢方販売店でするようおすすめ致します。






miharasimiha.jpg
プロフィール

漢方で悠々生活

Author:漢方で悠々生活
茨城県鹿嶋市
「みやわき健康薬局」
宮脇崇です。
毎日せっせと健康ブログ更新中です。

「みやわき健康薬局」
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中2048-20
TEL 0299-82-6897
FAX 0299-82-6928
営業時間AM9:00~PM8:00
定休日:日曜・祭日

★みやわき健康薬局の「HP」もご覧くださいませ。薬局情報など様々な情報が記載されています。

★フェイスブックやツイッターも行っています!
友達やフォロワーを無制限に募集していますので、気兼ねなく友達登録、フォローの方して下さいませ。フェイスブックやツイッタ-では一味違った情報を発信しています。

→→→→→https://twitter.com/miyawakikenkou
☆☆右側のリンクタグよりご覧くださいませ。


漢方ブログランキング↓ 漢方に関するブログ盛り沢山!
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ

人気ブログランキングへ













FC2ブログランキング
ブログ内検索
月別アーカイブ